2017年11月15日

いつか、花は咲くだろう

この秋、ラジオ界に激震が走った話題といえば、TBSラジオでナイター中継の撤退が検討されるに至った事と、ぶっちゃあブラザーズのぶっちゃあ氏が芸歴36年にして初の冠番組『ぶっちゃあのロッカールーム』を始めたことです。

長い芸歴で培った人脈を活かしたゲストとのバーターが大前提というとちょっとアレな感じもするのですが、事務所の力でなく人望で繋がったゲスト達のウェルカム感と、どっちがゲストかわからない位に緊張して喋れないぶっちゃあ氏の一生懸命感で、なにやら好感度だけはやたらにある番組になってます。

慣れてきたらどう変化するのか、そもそもそんなに続くのか、今後を見守っていきたい番組です。

明日、16日(木)は野暮用で臨時休業になります。

最近臨時休業が多くて何なんですが、まあ考えてみれば告知が必要なほど人来ないしなぁ、なんてやさぐれた気分になってしまったりもします。
いかんいかん。
一生懸命大事ですね。  

Posted by チェリー2000 at 15:19Comments(0)ラジオ

2017年10月22日

臨時休業のお知らせ

買取り作業が悪天候に祟られて想定外に手こずってしまい予定を大きく遅れ、整理まで手が追いついていないので本日も急遽休業といたします。

まあこの天気なので頼まれたって行かねえよ、てなもんでしょうが、何しろ大量なので床が見えてる所がほとんど無い有様で人が入れる状態じゃありません。

ちなみに明日は定休なので、なんとか火曜日には営業レベルまで持っていきたい所存です。  

Posted by チェリー2000 at 10:49Comments(0)

2017年10月19日

ガバメントを持った少年

風呂帰りの信号待ち。
隣に並んだママチャリの前乗せチャイルドシートに埋もれた2、3歳くらいの男の子を後ろから愛撫するお母ちゃん。

ありふれた優しさの光景が目に刻まれた理由は、シートの影に隠れていた男の子の手に握られた、妙に生々しい造型のオモチャの自動拳銃のスパイスが効いていたから。


最近は涼しくなって日中でもシャワー浴びに行ったりできるので、予定のやりくりがやりやすくて助かります。
ただ、あいにく雨が多くてスムーズに行かない事も少なくありません。

かねてよりの懸案だった大口の買取作業も、月曜で済ませるつもりが段取りの悪さが相まって日を分ける形になってしまったため、21日の土曜日は臨時休業にします。

ひとつよしなに。  

Posted by チェリー2000 at 22:42Comments(0)

2017年10月11日

臨時休業のお知らせ

暑いやん

10月やけど

暑いやん



季語は10月です。
まあ暑いとはいえ、なんとか日中でも活動可能な陽気になってきまして、ボツボツ夏にサボってきたツケを払わねばなりません。

そんな機運を何かが察してか、なんやかんやと案件を持ち込まれまして、それがここ1週間に集中していて、前後の作業まで含めるとけっこう10月中詰まった感じです。
ただ、これがガバッとマニーに変わる気が全くしないのは、長年の不遇に感覚が鈍化しているせいばかりではありません。

とりあえず11日はバイトで手堅く稼ぎにいってくるので臨時休業になります。  

Posted by チェリー2000 at 00:21Comments(0)古本屋

2017年08月22日

あんまりソワソワしないで

今日。

相変わらずの暑さを例年通りのセーフモードでしのぎつつ、開店時間に重い足取りでシャッターを開けると、前の魚屋から爆音で笑い声が響き渡ってくる。

目を向けると何人かの人。
よく見てみると、どうもテレビクルーらしい。

そういえはちょっと前に、関テレの町ブラ企画でこの辺のロケハンに来ているという人に話を聞かれたことがありました。

けっこうギリギリのスケジュールで企画してるもんなんだな、と思いつつ開店準備をする背後に、爆音で“こんなにもう来んでエエ言われたん初めてや!”との声が聞こえてくる。
何気なく喋ってるようで、さすが芸能人。
ちゃんとテレビ用に声張ってることが日常の中で聴くとよく判ります。

設営を終えたころ、ちょうど次のところへ移動しようとしている後姿が目に入る。

カメラの前を歩く一人の豆タンク。
後でよく考えると、たぶん兵頭大樹だったと思います。

兵頭大樹といえばABCラジオ「兵動大樹のほわ~っとエエ感じ」がお馴染みですが、常々気になっているのがあやつるぽんに対する兵頭大樹のイジリのマイルドさ。
以前のレギュラーだった小泉エリには、鼻ネタで血が出るほどいじり倒しコスり倒していたのに、あやつるぽんには妙に甘い。

トークに入るタイミングを掴めないと“ぽんは何か無いの?”と水を向けてあげたり、微妙なエピソードトークからを無理くり突っ込み代を拾って“お前オモロイな~”とまとめたてみたり、随分と甘やかしてる感じがするのです。

邪推かも知れませんが「嫌われたくない感」、もっとハッキリ言うと「ちょっと好きになって欲しい感」がするのです。
決して家庭を壊したくはない、だからこそ「ちょっと」でいい、そんな感じがです。

確かに好みの問題はあれど、小泉エリよりはあやつるぽんのほうがアイドル系のルックスではあるのですが、こんなにあからさまに態度変わるもんかと思わなくもありません。

ああ、男の人っていくつも愛を持っているんだなぁ。  

Posted by チェリー2000 at 21:26Comments(0)ラジオ

2017年08月03日

臨時休業のお知らせ

「夏でええ事なんか何ひとつないわ!」

この時期の僕の口癖です。

今年はスーパー猛暑だと聞いてましたが、凄い暑いのかとおもったらピークではなく、暑くなるのが早くて長いというとても迷惑な代物のようです。
おかけで7月の電気代が前年比25%増に達して、忍耐的にもマニー的にも非常に辛い。

さらにてっきり忘れてましたが、今年も淀川花火大会が。
そんな訳で5日の土曜は花火客で商売にならないので臨時休業にします!

ホンマ、夏でええ事なんか何ひとつおまへんな。  

Posted by チェリー2000 at 21:14Comments(0)古本屋

2017年07月26日

アニキ

いろんな分野においてある種、独特のカリスマ性を持つ人に“アニキ”と呼ばれる存在があります。
そして関西ラジオ界のアンダーグラウンドなアニキといえば、やはり“たけうっさん”こと竹内義和じゃないでしょうか。

「サイキック」終了後、トークイベントなんかを続けていたことは知ってましたが、メディアでは見かけなくなっていた竹内氏。
たまたま第七藝術劇場を検索したら、シアター7で「コードレスでいこか」なるトーク番組を公開収録(?)していて、動画配信してたことを知りました。
しかも、もう3年くらいやってるっぽい。

ありがたい事にYouTubeで過去分が上げられているので、最近ちびちび聴いています。

難点はタブレットだとYouTubeのバックグラウンド再生がやりにくくてアレな感じなことでしょうか。  

Posted by チェリー2000 at 23:08Comments(0)ラジオ

2017年07月07日

存在の耐えられない軽さ

今年から隣に出来たビリヤニ屋。
このところカレーづいてた中津メインストリート(?)に、ここに来て変化球。
まあ、同じインド料理なのであんまり変わらんといえば変わりませんが。
ちなみにインド料理屋ですが、お店をやってるのはネパール人らしい。

換気が貧弱なのか臭いが建物内にこもるので、紙もの商売の身としては臭いが染み付きそうで気になります。
まあ、このへん食べ物屋が増えてるんで、今に始まった話ではありませんが。

あと最近はお客さんも増えたようで、だいたいウチと同じ間取りで狭いため、週末は行列になりがち。
遠い異国で頑張ってらっしゃるので何よりなんですが、行列がウチの方向に並ぶのが閉めてる時は構わんのですが、週末はウチも昼から営業なので玄関をブロックされてチト困る。

“反対方向なら余裕があるのになぁ”と思いつつ、これも存在感の無さゆえかと思わんでもない。
飯に並ぶ人の気持ちは全く理解できませんが、これも世の流れという事でしょう。

なるようになりゃいいサ。
  

Posted by チェリー2000 at 17:57Comments(0)古本屋

2017年07月05日

ルーフトップ7月号



ロフトプラスワンウエスト今月のチラシが届きました。

ざっと見た感じでは、やっぱり「VーZONE 廃盤、絶版ビデオ祭り」が興味をひきます。

あと飛車角落ちで来シーズン復活の目がなくなった「夜はこれから」を偲ぶ意味でも「あいはら・正男のざらつく金曜日」は気になります。

「レトロゲームファンミーティング」や「誰も知らないエロ本自販機とエロ本小屋の話をしよう」も面白そうです。
っていうかエロ本小屋って何だ?

他にも興味深いイベントが盛り沢山。
当店でもチラシ設置してますので、ぜひ手に取って確認して見てください。  

Posted by チェリー2000 at 17:50Comments(0)

2017年06月30日

あなただけの人生の物語

個人的な印象ですが、日本におけるSNSの盛衰で長らく定着していると言えるのは「Twitter」ではありますまいか。

ブログと違い前提として短文で、会話形式で直接的にリアクションできる手軽さに加え、漢字という文字単位で意味を持つ表記言語が、字数制限に対し親和性が高い点も奏功しているのかも知れません。

ただ、SNS弱者の僕はいまだにTwitterの使い方をよく分かっていなくて、ブログのリンクをTwitterに上げるという二度手間チックな使い方くらいしかしてないため、世界と繋がるどころか“ネットぼっち”とでも言うべき隔絶さえ感じるこの頃。

そんなコミュニケーションの壁を乗り越える難しさで大部分が占められた地味なSF映画「メッセージ」を観ました。

笹かまみたいな宇宙船に乗ってきたタコみたいな宇宙人が、スミ噴いて書いた文字の解読に腐心する様に“それぁ、わからねえよ!”と思わずお手上げ気分になりますが、そこは映画なのでちゃんとやってくれます。

実際には同じ文化内にいてもなかなか文字をマスターするのは難しいもので、最近では「うんこ漢字ドリル」なるものが大ヒットしたのもその証左といえましょうや。

過日、某おばちゃんとの世間話にもそんな「うんこ漢字ドリル」が話題にあがり、おばちゃん曰く、自分も子供にウンコで興味をひいて文字を教えたものだと話し始めました。
なるほど昔から子供はウンコ好きなんだなあ、と思って聞いてると

“難しい字は無理よ。「あ」とか「む」とか”

と仰る。

は~そんなもんか、と聞き流しかけるもハタと気付いて反芻してみる。
難しいも何も、平仮名なんか並びでいっぺんに憶えないと却ってややこしいじゃないか!だいたい「あ」の何が難しいというのか?!

と、ここで衝撃の気付きを得る。

“ウンコで書くには難しい”のだと。

つまり、いわゆる尻文字からウンコのインク、言わば“ウンク”を垂らして書いた文字で字を教えていたという事なのか?!

おばちゃん、得々と自らの先見性を主張し続けるも、脳裏に浮かぶその光景に、すっかり意識を持っていかれてまるで心に届きません。

仮にその先見性を発揮できていたとしても、その手法はオリジナル過ぎて誰の心にも届かなかったろうと思いました。  

Posted by チェリー2000 at 20:54Comments(0)SF

2017年05月28日

愛していると云ってくれ

昼なお暗い中津商店街。
“昭和”の一言で片付けるには、あまりに異世界感に満ちた中津の名所です。

この頃は昔ながらの店と、最近始めた店とが混在する斑な景観となってますが、その流れのわりと先駆的存在だったミニコミ専門店「シカク」さんが、春先くらいから休業中なのを最近知りまして。

かなり長期間なので、以前も買い付け旅行とかしてたし、どこか遠出してるんだろうと思ってたら、バッタリ出くわす。

訳を聴いたところ、なんと此花に移転中なんだとか。

移転といっても現在の店を引き払う訳でなく、本拠を此花に移しつつ、中津の店はギャラリーやイベントなどに利用していくつもりとのこと。

たしかに改装にずいぶん手間暇金かけて大変な思いをしてた様を傍目に見てたから、むざむざ手放すのは気術なかろうと察します。

まあ此花の改装も同じような事態になってるとかなので、(経営の苦労は身に染みてますが) 開店の苦労を知らない僕としては、そのバイタリティーに頭の下がる思いです。

そんな事もあり、界隈をチョロッと回ってみると、いつの間にか閉めてる店や移転する店、実は中身が入れ替わってた店やら、ガワ変わってるけど中身一緒だったりとか色んな所がありました。

世の中はいつも変わっているから、頑固者だけが悲しい思いをするものらしいのですが、今更そんなに変われるモンじゃないので悲しみ背負って生きてく覚悟ではあります。

まあもう少しご愛顧頂けるようにしないと頑固者でもいられませんけどね。  

Posted by チェリー2000 at 19:36Comments(0)中津

2017年05月12日

アリよさらば

気付いたら四月も終わってて、すっかり暑くなってきました。

最近このあたりでは荷物整理が流行っているのか、短期間にそこそこかさ張る量の買取が立て続けに入って、ありがたいけど急に作業量が増えて、やや持て余し気味です。
週末の夜、路肩に突っ伏す酔人のように、とば口まで溢れてきている荷物の山を納める必然を待つべくもなく、そろそろ夏に向けて在庫整理をカマしていかねばなりません。

冬に果てる覚悟はとうに出来ているキリギリスを自認してる筈なのに、何故ゆえにアリの真似事を続けているのか。


次の日曜日、5月14日は野暮用のため臨時休業といたします。

翌月曜日は通常通り定休です。
一見すると連休のようで、たぶんどっちも作業で埋まることでしょう。

まだまだアリの振りを続けねばならないようです。  

Posted by チェリー2000 at 18:15Comments(0)古本屋

2017年03月29日

冬のライオン

すっかり忘れてましたが、一月に受けた取材2つの本が今月出てたみたいです。

もちろんどちらも猫目当てです。

ひとつは雑誌サヴィ、もひとつはたぶんムック本で関西の動物とかそんな感じのヤツでした。
まだ書店にあるか分かりませんが、ここ最近ちょいちょい本見てくる人がいたので、それなりに気に留めてくれた人もいたようです。


思うところあってKindleを買い直しました。
せっかくなのでワンサイズ大きいヤツにして、フィルムのみでカバー無しのスリムスタイルでいくことに。
難点は自立しないところなんですが、百均のレシピ立てが代用するかたちにおさまりました。

クロームとLINEの引越しに苦闘しつつも、なんとか使えるところまで持って来れたので、しばらくこれで不都合ないか確認していくことにします。

いろんな計画を水面下で、様子みながら進めてるこの頃。

蒔いた種が店と関係ある形に育つかどうかはまあ、努力と運次第ですかね。  

Posted by チェリー2000 at 01:34Comments(0)よもやま!

2017年03月02日

心を吹き替えて

気が付いたら三月。
なんとか今日、確定申告を済ませてきました。

元日以来、更新がとまったままだったので“いよいよトンだか”と思われていたかもしれませんが、一応まだ踏みとどまっています。
とはいえ右肩下がりの売り上げを目の当たりにしたばかりですので、踏みとどまる気持ちも挫けそうではありますが。

まあ稽古不足を幕は待たないように、努力不足がてきめん数字に出てきてるということもあるでしょう。
ただ言い訳をさせて頂くと、やはり純粋に人が少ない面があり、努力すれど見る人なを増えざれば、その甲斐無くて努力続かずといった負のスパイラルに陥りがちである点を主張したくもあります。

結局それで困るのは自分なので、誰に向けての弁解だっつう話ですが。

とはいえ、やはり打てば響く店は育つものだなと思うのは、最近のAmazonプライムビデオが個人的に予想の斜め上を行くラインナップで充実してきてるから。
僕は特に数見るときは吹替を好んで観るんですが、プライムビデオは吹替えが少ないので、吹替作品を中心に観続けていれば増やしてくれるかも知れません。

古本屋なんか、仕入れからして客頼みな商売ですから、客に育てて貰う度の高い店だと思うのですが、やはり認知度の低さが問題なので、今年は仕切り直して、そこから頑張っていこうと思います。
  

Posted by チェリー2000 at 22:47Comments(0)古本屋

2017年01月01日

あけおめ

年末年始も特に関係なく、曜日通りの通常営業です。

1日開けて2日は閉めるという、空気読めない感じで今年もやっていきます。

もうちょっと商売になる年になってくれますように。  

Posted by チェリー2000 at 13:11Comments(0)よもやま!

2016年12月25日

わが青春のトラウマ映画

今日はクリスマスということで。

今年も気付けば十二月、しかも下旬となりました。
世間的にも十一月ころから年末感が出てきますが、十二月も下旬となればもうほぼ来年です。

世のオッサンよろしく、僕も月日の経つ感覚が年々早くなっているわけで、店を開けたら向かいの魚屋がしまってて祝日なのを知り、次の日に天皇誕生日だったのをタイムフリーでラジコ聴いてて知ったのがまるで昨日の事のようです。

まあ、これはだいたいジャスト昨日の話なんですが。

こういった時間の加速感というのは、経験の蓄積と日常のルーティン化によるものだと言われますが、時間がたってもそんなに人間が変わる訳でなく、大抵の人は中学生くらいに身に着けた価値観や性質を核に生きてるから、そりゃあルーティン化もする訳だと思うのです。

気が付くと定期的に往年の名作を振り返ってしまうのもその現象の証左で、単にノスタルジーに浸るのと違いおなじ感動で足踏みしていることに満足を覚えてしまう。
そんな僕に、今年はサンタさんからのプレゼント。
中高生時代に僕の悲劇好きを加速させた作品のひとつ「ファントム・オブ・パラダイス」BD版です!

ブルーレイって結局あんまり需要がないのか、かつて買ったDVDは中々なお値段たったのですが、これ実勢価格でいま千円しないんで思わずポチリました。

内容はいまさら&思い入れ強すぎなので割愛しますが、とにかく画質がパッキパキにクリアで最高です。
あと細かいところでDVDで字幕の“消火器”が“消化器”になってた誤字が直ってたのも気持ち的にスッキリしました。

(あとでカードから引き落とされるとはいえ)サンタさんに頂いた個人所蔵品なので店には出しませんが、商品的にとても良いので悲劇好きでブルーレイが観れる環境の方にはお勧めです。  

Posted by チェリー2000 at 17:47Comments(0)映画DVD

2016年11月23日

バーチャファイター

今年は異常気象が続いている印象でしたが、ここしばらく妙に温かい日が続くと思ったら、夕べからゴウゴウ北風が吹きだして今日は変にひやい。
明日は真冬並だとか。

ただでさえ曜日以外の感覚が無くなりがちな僕にとっては、この季節感バラバラの陽気は今が何月なのかさえ判らなくさせます。

いつもどおり店をあけようとシャッターを上げると、通りが休日モードの雰囲気であるのに気づいて、一瞬正月気分になってしまったけれど、そういえばラジオで休日だと言ってたことを思い出して納得。

この時点で何の日なのかまでは分かってなかったのですが、ちょっとヘッドラインを見てみると、なんと今日は「ゲームの日」なのだそうです。

そうか、それで休日なのかと納得しかけるも、さすがに御上がそこまでシャレの通じる奴らじゃないだろうと調べたら、みなさんご存知と思いますが「勤労感謝の日」でした。

まあしかし、なんだって今日が「ゲームの日」なのかが気になって、こちらも調べてみたところ実は「勤労感謝の日」と関りがあって、“娯楽があるのも勤労あればこそ”から“ゲームを通じて勤労にリスペクトしようゼ!”という想いを込めてアミューズメント協会が制定したらしい。

アミューズメント協会が作っただけあって、どうやらこの「ゲームの日」はいわゆるゲーセンの為のものみたいで、アーケードゲームをやらない人にとっては特に何もない日のようです。

この間、ゲームのダウンロードを促すメールが来て、見てみるとAM2研が作ったスマホ用のゲームでした。
かつてのアーケードのトップブランドも、指先でちょいちょいやる世界に来てんのかと思うと、業界もずいぶん細分化したもんだなぁ、と複雑さについていけない、というか、ついていきたいとあんまり思わなくなってる自分に気付いてしまう。

まあそんなことを言いながら、何だかんだで僕らの世代はゲームが娯楽のメインストリームにあったし、これからも架空世界で戦い続けると思いますが。

そんな感じに、意外なほど「ゲームの日」していた11月23日でした。  

Posted by チェリー2000 at 21:02Comments(0)ビデオゲーム

2016年11月08日

自由はタダじゃない

気付けば11月。
しつこかった暑さが去り、ようやく秋らしい気候になってきて、あきらかに体調とやる気が向上しております。

だいぶお寒い感じだった来客もいくらか戻ってきてくれた感じで、すこし息を吹き返した今のうちにちょっと頑張っとこうと、最近利便性が良くなっていたヤフオクをやっていこうと思い立ち、興味はそそるが店で持て余してる本をピックアップ。
あんまり期待しないで出品していくと、何だかんだでポツポツ買い手がついて“やっぱりネットは違うな”と、実店舗を維持することに付きまとう疑問を再燃させながらも、久しぶりの梱包&発送作業をこなしておりました。

現在、発送はおもにクリックポストで行っており、かつてのメール便より規定が緩いのが気に入っていたのですが、ここにきて突然の返送事案が。

何事かと思ったら、“QRコードが読み込めないから”とのこと。
確かにプリンターの不調でところどころ白抜きラインが出来ており、これだと読み取れないだろうとも思いましたが、バーコードは大丈夫だろうし、なんといっても住所が書いてあれば届くもんは届くだろうさと全然気にしてませんでした。

まあでも考えてみればいるから記載されてるわけで、それが使えなければ何かしら不都合があってしかるべきな訳です。
しかもそれをちゃんと手元に返送してくれた上、それなりに人が動いてくれたにもかかわらず、この件に関しては一切料金が発生しませんと言われたら文句どころか屁も出ません。

人様の都合を考えず雑な事をしてしまった自分を深く恥じ、落札者様に遅れる旨を伝え、改めて手続きして発送し直しました。

そして後に出した荷物があり、こっちの伝票のほうが抜けがひどかったことを思い出して、次のやり直しを覚悟して確認すると配送済みに。
「なんで?」と考えてみると、後に出したほうは局員さんに直接手渡ししてたのでした。

クリックポストはポスト投函ができる点でも便利なんですが、僕は商品に対してなるべく丁寧に扱いたいというポリシーがあるので、基本手渡しにしています。
件の荷物は時間がないうえに人がかなり並んでたので諦めてポストに入れたものでした。

ということはこの荷物は問題あるけど手渡しで受け取っちゃったから、局側のチェックミスという事で配送を完了したということでしょうか。
だとしたら受け付けた人は後で「ちょっと~」って言われただろうなと思うと、大変申し訳ない気持ちであります。

便利なものを便利に使い続けるには、ちゃんとルールを守ること。
肝に銘じなおす実店舗を続けるにはちゃんと儲かるようにしなきゃならない、けど出来てない僕でした。  

Posted by チェリー2000 at 19:12Comments(0)よもやま!

2016年10月15日

時間よ止まれ

radikoの新サービス、タイムフリーを試して久しぶりに「北野誠ズバリ」を聴いてみたら、いつの間にかバーターで片山淳子がアシスタントに。
ここしばらく全く姿を見なかったと思ったら、まさか中京で確認されるとは意外でした。


そんな想定外の確認はともかく、タイムフリーの使い勝手については、個人的に現状では改悪と言わざるを得ない状態です。

まず最悪なのが配信形式が変わったらしく、従来の録音アプリが使えなくなってしまった点。
ラジクールはいち早く対応してくれたけど、対応版を導入するとスリープに入らない不具合を併発してしまい、省エネ的に具合悪い感じになってます。
罪なヤツさAh PACIFIC!

タイムフリーがあるから録音いらなくない?と思われがちですが、タイムフリーは聴きだしたら聴き続けないといけないし、3時間たったら聴けなくなるし、そのくせスキップがないので意味のない交通情報や天気予報なんかをとばせないと、録音ファイルに比べると使い勝手が悪くてストレス。

まだお試し企画なので今後どうなるかわかりませんが、当面は各アプリの対応かradiko自体が便利になるよう工夫してもらうのを期待するしかなさそうです。

「どうやら俺の負けだぜ…」と、まぶた閉じる僕でした。  

Posted by チェリー2000 at 13:25Comments(0)ラジオ馬鹿

2016年10月09日

ゴールデン・アームボンバー

radikoで以前からささやかれていた、過去の放送を一週間分遡って聴けるストリーミングサービスが始まります。

おおむね歓迎ムードの中、ときどき目についたのが“「raziko」に圧力をかけて潰した事を許さない”という怨嗟の声。

「raziko」とはradikoをハッキングして地域制限を越えて聴取できるアプリで、これに録音機能を有料でつけて商売していた完全真っ黒な代物なんですが、イリーガルだけに必要経費も各所への配慮も必要ないぶん、本家より高機能で低価格なため利用者も多かったようです。

長引く不況のせいで節約が美徳となるのは仕方ないことでしょうが、行き過ぎて「金払ったら負け」みたいな流言を本気にする人が出てくると、ちょっとシャレになりません。
他人のふんどしで相撲とるどころか、他人に相撲とらせて勝手に刷った格安チケット売りさばくなんてやらずぶったくりが通用すると思うほうが頭おかしい。

そんな頭おかしい人が頭おかしい事をやって、しかも本にまでしてしまったのが「西原理恵子の人生画力対決」。


有名漫画家を呼んで、人の漫画のキャラを描かせて、その出来てなさ加減を笑うという趣旨の企画物漫画です。
いかにも描けなさそうな人から、画力のしっかりした人まで参加しているのですが、その出来具合から感じ取れるのは“これは画力というより記憶力対決だ”ということ。

モチーフが明確に頭に浮かんでるものは、似てるかどうかは別としてその人なりに描けてるんですが、知らないものは似てる似てない以前に絵としてのレベルが途端に下がっています。もう線からダメになってる。

絵って完成イメージが立たないと全く描けないものなのだと納得させられました。

そしてこれ自体はライブイベントなので、下書きからしっかりやるタイプの人よりサクサク早描きするタイプの人のほうが断然有利っぽかった。

この企画、いっけん他人のふんどしで相撲とってるようですが、実際のところ本にする上で少ながらず表現はデフォルメしており、有名漫画家のイメージとの落差を口汚く罵ることで笑いを取り、そして同時にそれ以上に自分がヒドイ出来でちゃんと負ける自虐ネタで笑いを取るというヒール芸として成立しているところが、相撲というよりプロレス的です。

あちこちに角が立つ芸風という意味で、好角家ではあるかもしれませんが。


結論。
とはいえradikoプレミアムは確かにちょっと高いし、西原理恵子はちょっと頭おかしい。


珍しく本の紹介をしました。  

Posted by チェリー2000 at 19:18Comments(0)マンガ