2018年09月19日

ブルースは加速していく

タイトルを通信に変えてからは、せめて月イチペースくらいの更新頻度を守ろうとしてますが、僅かこのひと月にずいぶんいろんな事が起こって、いろんな有名人が死んだりして、日本人にとって長く酷な夏だったように思われます。

個人的にも自転車パクられフォローに手間取ったり、台風直撃の直前にシャッターが壊れた挙げ句、台風被害で立て込んでるので来年まで修理の手が回らないだとか、まだ解決しない問題を抱えながら歯車の噛み合わない日々を送っております。

人生に懊悩は付きものですが、人間なんてもののはずみで産まれつき、もののはずみで生きてるものですから、結局のところ楽しい以外取り柄なんて無いので、問題はなるべく直視しないで、あくまで楽しいを目標に生きて行きたいものです。

まあそんなこと言ってられるのも、便利な都会の吹き溜まりを抜け出せない負け犬独特の甘えたニヒルかもしれませんが。  

Posted by チェリー2000 at 21:44Comments(0)よもやま!

2018年08月07日

シェリー

モグリとはいえSF・ホラーファンであるにもかかわらず、最近になってフランケンシュタイン博士にモデルがいる説を初めて聞きました。

まあ説と言ってもフランケンシュタインがツギハギ死体を動かそうとした実験記録を詳細に描いた「フランケンシュタインの日記」という二次創作的な本があるって話で、言うなれば「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」と「バタリアン」の関係みたいなもののようです。

そんな膨大なフォロワーを生み続ける偉大なメアリー・シェリーも想像だにしなかったであろう文明の利器、PCの復活を目論んで行動をしはじめました。
実際のところ普段やってるほとんどの作業はタブレットだけでも賄えるので、PCの必要性を感じなくなってたんですが、思うところありPCを復活させることを決意。

しかしお亡くなりになったノートPCは病巣を探ることさえ難しく、動作不安定なミドルタワーもどうも破損したファイルがあるらしいけど単独では初期化もできないっぽい。

とりあえず自分の勢いを逃したくないのでOSかノート本体をオークションで探してみて、中古ノート本体を買ってしまうことに決定。

とどいたPCを早速立ち上げてみたものの、無線LANが繋がらない。
それもそのはずで、受信状態になってませんでした。
“じゃあ切り替えたらええんやん”と、チャチャっと調べてみたら、どうもいくつかのデバイスドライバに抜けがあり復旧困難な模様。
説明に細かい点が記載されてなかったので、目立った問題がないのだろうと高を括ってたのが間違いで、出品がリサイクルショップで詳しい事がわからないけど立ち上がればいいやくらいの状態確認だったっぽい。
“現状品で”とあれば、質問もしてないこっちの問題。

マジか。
シェリー、俺は焦り過ぎたのか?

たしかに甘い。
慎重派の僕にしては、昨日と違う甘い経験と言わざるを得ません。

しかし甘いのには訳がある。
このPCはオシャカになったのと同系機なのでパーツの流用が可能なハズ。
症状から察して無事であろうハードディスクが使えればデータがサルベージできる、そんなパーツ採り的な意味合いもあったのでした。

気を取り直して腹を開き、ブラケットの形状が違ったので、はずして件のHDDを組み込み電源オン。
とりあえず認識してくれたものの同系統といえ別の型。
同じメーカーでもチップセット構成とかは違うだろうし、果たして動いてくれるものか…。

しばらくの同期作業を見守ること10分ほど。

見事に蘇りました!!
なつかしいゼ、この壁紙!

まだ実際の使用に耐えるものかどうか、細かいところはわかりませんが、時には無様な格好でささえていっていただきたい。

しばらくはツギハギPCの逆襲に怯え、卑屈な笑顔でご機嫌をうかがう現代のプロメテウス気取りでありましたとさ。  

Posted by チェリー2000 at 16:15Comments(0)よもやま!

2018年07月22日

夏なんていらねえよ、夏

僕は10メートル先のヤニ臭を嗅ぎ分けては心で死の呪いを詠唱するくらい筋金入りの嫌煙家ですが、屋内はともかく街なかでタバコも喫めないような世界が理想的とは思いません。
なるほど副流煙は有害なんでしょうが、今ほどの徹底した排除意識が必要なほど特別に深刻な影響を及ぼしているかは怪しいと思っています。

どっちかっていうと直接・間接に人命を脅かす自家用車に規制をかけるのが筋ってもんじゃないかと思わなくもない。

しかし目下、最も僕を悩ませているのは「夏」。

暑くて何も捗らないし、汗かいて不快だし疲れるし下手すりゃ死ぬし、洗濯物も電気代も増えるし、街中あちこち腐敗臭してるし虫わくし、夏でいい事なんか何も無いのだす。

あと長くなった猫地雷の危険性も増します。


そんな夏が、しかも必ず毎年やってくる。
なんなら今年は早く来た。

この人生の不条理に対抗する武器に、僕はなけなしのユーモアしか持ち合わせません。
と、これまた毎年同じ結論に辿り着いた事に気付かせてくれたのは、毎年口をつくセルフカバー謎かけのせいでした。


ここで謎かけをひとつ

炎天下とかけまして、涅槃で待つとときます

そのこころは

〝ひかげ〟が恋しいでしょう。


  

Posted by チェリー2000 at 06:39Comments(0)よもやま!

2018年05月29日

繋がれざる者

「潰せ!」の指示がなくても、いつでも自重で潰れられる我がぷれこぐ堂です。

四天王寺のバイトの際に富田林の古本屋「緑の小道」さんが来られていて、以前ウチに来てもらった縁もあり、入った金はすぐ流す主義に従って月曜日の定休を利用して暑くなりきらないうちに行ってみようと計画するも、富田林まあまあ遠い上に月火水定休という事で断念。


そこで予定変更して店に先駆けて潰れた備品の修繕をすることに。

まずウンともスンともいわなくなってた電灯看板。
中のすっかりくたびれた蛍光灯ユニットの不具合を調べるのも面倒だったので、丸ごと入れ替えてしまおうと考えるも入手方がわからず、単純なソケット式に換装してしまいました。


丸型蛍光灯から電球になったので光り方が真ん中集中になってしまいますが、輝度は前より高くなってます。


次に入口の踏み板。
これは錆びて抜け落ちた木ネジの代わりに長さと太さに勝る木ネジをぶち込んで完了。

さらに富田林行きの代替行為を近所で済ますべく、ひさしぶりにエフロノットへ。

毎度の事ながら専門のヘブライ雑貨でなく、かえるグッズを買って帰りました。
まあ実際一番目立つところにあったのがドラえもんだったりしたんで、そこは自由な感じでエエんやと思います。

でもオマケに貰った冷マ的なヤツはちゃんとヘブライしてました。

カッコイイ!

一本筋を通すのは大事にしても、自分の意思が潰されないようありたいものです。  

Posted by チェリー2000 at 21:08Comments(2)よもやま!

2018年02月27日

だましだまし

気付いたらもう二月もおわり。

去年の大買取作戦で蓄えた在庫によるヤフオク戦線への戦力の投入が奏功し、年末からはまずまずの成果を出せています。

いろいろキツい点もあった(&ある)けど、停滞してた案件を強引に進めざる得ない状態にしてもらえた事は、結果的に良かったと、諸々に感謝の思いです。

そんなこんなで、タブレットを使いだしてグッと出番の減ったノートPCに火を入れ、クリックポストのラベル印刷に勤しむ日々でした。

が、突然画面が緑色になってオダブツ。

慌ててタブレットにプリンターの紐つけ設定して事無きを得ましたが、ノートPCに任せていたいくつかの案件を古いPCでリカバリーしたりで、環境構築に今日までかかりました。

新しいPC買うって手もありますが、もうあんまり使う機会ないだろうし勿体無いかな、と。

いろいろガタのきてる環境ですが、中でも難儀なのが体でして、どうも妙な動悸が出るなと思ったら不整脈でした。
しかし不整脈自体はそれほど深刻ではなかったのですが、血液検査で高脂血症の診断が出てしまい、生活習慣の改善を余儀なくされることに。

先日、見かけた家族が以前ちょこちょこ来てた家族だったことに、子供の大きさと小さいのが追加されてた為にすぐに気付けなかったけれど、それだけの月日が流れてる訳です。

過ぎた日は戻りませんから、これからもポンコツに囲まれガタピシいいながら、なんとか行ける所まで行くだけですな。  

Posted by チェリー2000 at 21:47Comments(0)よもやま!

2018年01月24日

ゆめ、の、はなし

学校行事の、なにやら旅行のおしまいで、三々五々の駅。

同じ方向の集団に散れぢれ、後に思い返すに見知らぬ同級生たちと別れを、交わす。

何故か光浦靖子が手を振り、(ばいばーい)と、暗がりに去るのを見送る。

ひとり。
日の暮れたホームの、不思議とま新しい階段を降りると、その奥にボンヤリ灯った電球色の部屋の中に、焼菓子を分ける数学の問題に思案する少年を見つけた。


目を覚ますといつもの寝床で、ああ、あれは森山君だ、彼には不義理をしたなぁ、と、軽いリグレットに浸っていると、ふと。

なんだか皆に別れの挨拶をしているような夢だったなァ、などと感じ、チョッと薄ら寒い気分になるが、そうするとあの見知らぬ同級生たちはなんだろうと思い至り、ひょっとして逆に「見送る駅」だったりしてなどと、あやしい気分になってしまったり。

そんな、夢のはなし。  

Posted by チェリー2000 at 23:30Comments(0)よもやま!

2017年12月31日

正しい街

気がつけば今年も今日でおしまい。

本来なら年末年始の営業予定を告知すべきであり、そのためにこそ残しているこのブログである訳なのですが、もはや年末には間に合わなくなってからようやく更新という、この腰の重さが常に僕の人生の足を引っ張ってきたんだよな、と今年どころかこの数十年を振り返って中核派よろしく総括してしまい、赤ならぬブルーな気分に。

ちなみに例年通りの完全曜日基準で通常営業を予定しています。

来年はバイトでも始めようかなどとボンヤリ考えながら、バイト情報なんか検索してて店舗系の募集が飲食以外あまり無いことに気づく。
何年か前からウチの通りが飲食店ばかりになってきている事に気づき、そのうち飲食店とコンビニと医者以外ない町並みを宅配業者が走り回る世の中になるんじゃないか、と考えたことがありましたが、ほんの何年かでもう結構なってました。

世の中の構成要素が偏りすぎたのか、予兆が見えたと思ったら一気呵成に流れてしまういっぽう、景色は未来都市を夢見た80年代当時あたりとさほど変わってなかったりして、気持ちと現実が同期しません。

まあでも、人も気持ちと体が同期しなくなりがちなものだし、人の拡大投影が街であるならば、これが正しい姿と言えなくもないのかもしれません。

それが成長なのか、老いによるものかはわかりませんが。  

Posted by チェリー2000 at 15:19Comments(0)よもやま!

2017年03月29日

冬のライオン

すっかり忘れてましたが、一月に受けた取材2つの本が今月出てたみたいです。

もちろんどちらも猫目当てです。

ひとつは雑誌サヴィ、もひとつはたぶんムック本で関西の動物とかそんな感じのヤツでした。
まだ書店にあるか分かりませんが、ここ最近ちょいちょい本見てくる人がいたので、それなりに気に留めてくれた人もいたようです。


思うところあってKindleを買い直しました。
せっかくなのでワンサイズ大きいヤツにして、フィルムのみでカバー無しのスリムスタイルでいくことに。
難点は自立しないところなんですが、百均のレシピ立てが代用するかたちにおさまりました。

クロームとLINEの引越しに苦闘しつつも、なんとか使えるところまで持って来れたので、しばらくこれで不都合ないか確認していくことにします。

いろんな計画を水面下で、様子みながら進めてるこの頃。

蒔いた種が店と関係ある形に育つかどうかはまあ、努力と運次第ですかね。  

Posted by チェリー2000 at 01:34Comments(0)よもやま!

2017年01月01日

あけおめ

年末年始も特に関係なく、曜日通りの通常営業です。

1日開けて2日は閉めるという、空気読めない感じで今年もやっていきます。

もうちょっと商売になる年になってくれますように。  

Posted by チェリー2000 at 13:11Comments(0)よもやま!

2016年11月08日

自由はタダじゃない

気付けば11月。
しつこかった暑さが去り、ようやく秋らしい気候になってきて、あきらかに体調とやる気が向上しております。

だいぶお寒い感じだった来客もいくらか戻ってきてくれた感じで、すこし息を吹き返した今のうちにちょっと頑張っとこうと、最近利便性が良くなっていたヤフオクをやっていこうと思い立ち、興味はそそるが店で持て余してる本をピックアップ。
あんまり期待しないで出品していくと、何だかんだでポツポツ買い手がついて“やっぱりネットは違うな”と、実店舗を維持することに付きまとう疑問を再燃させながらも、久しぶりの梱包&発送作業をこなしておりました。

現在、発送はおもにクリックポストで行っており、かつてのメール便より規定が緩いのが気に入っていたのですが、ここにきて突然の返送事案が。

何事かと思ったら、“QRコードが読み込めないから”とのこと。
確かにプリンターの不調でところどころ白抜きラインが出来ており、これだと読み取れないだろうとも思いましたが、バーコードは大丈夫だろうし、なんといっても住所が書いてあれば届くもんは届くだろうさと全然気にしてませんでした。

まあでも考えてみればいるから記載されてるわけで、それが使えなければ何かしら不都合があってしかるべきな訳です。
しかもそれをちゃんと手元に返送してくれた上、それなりに人が動いてくれたにもかかわらず、この件に関しては一切料金が発生しませんと言われたら文句どころか屁も出ません。

人様の都合を考えず雑な事をしてしまった自分を深く恥じ、落札者様に遅れる旨を伝え、改めて手続きして発送し直しました。

そして後に出した荷物があり、こっちの伝票のほうが抜けがひどかったことを思い出して、次のやり直しを覚悟して確認すると配送済みに。
「なんで?」と考えてみると、後に出したほうは局員さんに直接手渡ししてたのでした。

クリックポストはポスト投函ができる点でも便利なんですが、僕は商品に対してなるべく丁寧に扱いたいというポリシーがあるので、基本手渡しにしています。
件の荷物は時間がないうえに人がかなり並んでたので諦めてポストに入れたものでした。

ということはこの荷物は問題あるけど手渡しで受け取っちゃったから、局側のチェックミスという事で配送を完了したということでしょうか。
だとしたら受け付けた人は後で「ちょっと~」って言われただろうなと思うと、大変申し訳ない気持ちであります。

便利なものを便利に使い続けるには、ちゃんとルールを守ること。
肝に銘じなおす実店舗を続けるにはちゃんと儲かるようにしなきゃならない、けど出来てない僕でした。  

Posted by チェリー2000 at 19:12Comments(0)よもやま!

2016年09月04日

悲しい知恵がまたひとつ

今日も今日とて経済的に死に体の我がぷれこぐ堂は補修懸案を慢性的に抱えており、アレからやろうかコレからやろうか心に引っかかり続けている訳なんですが、とりあえず手を出しやすいペダル交換なんかやってみたりしてました。

10年落ちの古い自転車なので、錆び付いてなかなか思うようにいかなかったけれど、何とか完了。
新しいフォールディングタイプのペダルの利便性に満足しておりました。

そんな折、座敷のモニターが猛烈にフリッカーし始める。

かれこれ一年くらい前から、たまに一瞬ブラックアウトする症状が出てましたが、もはやまともな視聴が不可能なレベルなため、いよいよ買い替える覚悟を決めました。
オークションで頃合いのモニターを探しながら、「中古で買うとけっきょく寿命短いから、結果的に高いんだが安いんだかわからんよなぁ。でも当面のキャッシュフローがなぁ」なんてごちておりますと、今度は壊れたモニターの廃棄問題が頭をもたげてくる。
捨てるにも金かかるし、廃品回収だったら持って行ってくれるかしら、などと考えてるといつもの悪い癖が。

「どうせ捨てるんだったら、とりあえずバラしてみよう!」
当方、電子工作に全く暗いもので、この手の事をやっても開けてから途方に暮れるだけなんですが、ダメもと精神でついやってしまうのです。

とはいえ今はネット社会ですから、自分に無い知識もクラウド化して電脳空間に転がっておりますので、「モニター 修理」でググると存外単純な話が出てきました。
曰く、電化製品の故障はほとんどコンデンサーの不良が原因なんだそうです。
つまり劣化したコンデンサーがあれば、交換するだけで直る可能性が高いということ。
ちょうど半田吸い取り線買ったところだったし、チャレンジする価値はあります。

そこでさっそく分解開始。
見よう見まねと雰囲気で外装をはがしていく。
同機種の分解動画があればベストなんですが、そこまでは望めません。

が、ここでいきなりトラブル。
スイッチャー基盤につながってる配線を抜こうとしたら、ハーネスから配線を数本ぶっこ抜いてしまう。
小さいうえに固いので、ペンチでつまんで慎重にやったんですが、ツルリと滑ってやってしまいました。
ていうか固すぎだよ!

やむなく基盤をはずしてから、ハーネスを押し上げる形で抜く。
その後は大きなトラブルなく目当ての電源基盤に辿り着きました。

ざっと見た感じであきらかに異常があるコンデンサーを一つ発見。
円筒形の一番大きいコンデンサー。
これが正常なもの。

こちらが劣化したヤツ。
てっぺんが膨張しているのがおわかり頂けただろうか。

これを半田吸い取って除去。
同じコンデンサーは異常が見られなくても同様に劣化が進んでいるから、同時に交換するのが基本らしい。
電池や蛍光灯と同じ理屈ですね。
ということで上の画像の奴も除去。

形は同じだが数値が違うのを発見してソッと戻す。
何もない。
何もなかった。

気を取り直して新しいコンデンサーを調達して取り付ける。

ここで後出し情報で恐縮ですが、当方、電子工作にはとんと暗くて、当然半田付けの技術も全くの素人。
というかすごい苦手。
我ながら下手糞なイモ半田ながら、とりあえず仕上げて電源オン!

フリッカーどころかウンともスンともいいません。

がっかりしてフテ寝。


もうモニターは買うことに決めて、でも手を入れて悪くなってんならやった事に問題があった訳だから、その辺だけでも究明したい。
あと半田付けの練習にモチベーションを得て、ふたたび分解。

やることは一つなので、ひたすら半田付けしては吸い取り、付けては吸い取りを繰り返す。

ランドが次第に熱で変色し荒れてくる。
やっぱり下手ながら、いくらかマシになったところでとりあえず切り上げることに。

期待せずに電源入れたら、なんと反応あり!
いそいそとHDMI端子をつないでみると映った!!映りました!!!フリッカーもしてない!!!!


最初の配線ぶっこ抜き事故のフォローはできず、けっきょくスイッチング機能は失われてしまったし、イモ半田は耐久性に難があり、いずれまた不具合が出る可能性が高いと、けっきょく直したのか壊したのかわからない状態ではありますが、もともと最近じゃHDMI入力以外使ってなかったし、部品代150円で当座は問題なく使えるのは助かります。

なにより自分でモニターの修理をできるという事の充足感が大きい。
もうちょっと電子工作の技術があれば、家電品の寿命を飛躍的に伸ばせるかもしれません。

そんな夢をひろげながら、山積する補修懸案からいっとき目をそらす。

そんな九月。

もうちょっと涼しくなったらね。  

Posted by チェリー2000 at 16:18Comments(0)よもやま!

2016年09月03日

マンマミーヤ、マルミーヤ

丸美屋の懸賞が当たった。

内容は丸美屋商品の詰め合わせ。
Wプレゼントでメインの商品がはずれた中から、さらに抽選した敗者復活賞です。

坊主だった前回の分を足しても切手代は500円かそこらなので、まあ元は取れてます。


  

Posted by チェリー2000 at 14:45Comments(0)よもやま!

2016年07月22日

歩いて探せ!

「PSVR」がハイエンドな遊びとして注目され、予約も転売屋の暗躍によって瞬殺という一部マニアの間でだけ話題になったのに対し、やはり桁違いに本体が普及しているうえに基本無料という敷居の低さもあってか、さんざん前評判が伝えられていた「ポケモンGO」が、ついに日本でも開始になったのをラジオのニュースで知りました。

うちはタブレットしかないし、ポケモンにも興味ない世代なので、まったくのよその話ですが、ゲームが社会現象になったのって一体いつ以来だろう。
もっと言えば、日本製(じゃないけど)のゲームがここまで人の口端にのぼったのっていつ以来だろう。

斜陽の日本ゲーム業界を思いそんな感慨に浸っていると来客が。
以前たまに来てたおっちゃんでした。

ひさしぶりだと思ったら、おっちゃん手に箱を持ってやってきます。
なんでも訳あって仕事を辞めて困窮しているとのことで、ひとつ100円で買ってくれとおっしゃる。
箱の中身は食玩系のフィギュアで、“店で買い取ってもらえなかった物”とご本人が言うとおり、ばっちりガラクタ。

う~ん、いらない。
さすが、すでに何軒かで断られていると言うだけあって、いくらか力になろうかと思って贔屓目に見てもいらない。

しかし大の男が無理を承知で情けを請うているのを無視して帰すほど100円が惜しいワケじゃなし、逆に100円でウチの困窮がどうにかなる訳でもないと思いひとつ貰うことにしました。

おっちゃん帰ったあと“厳しいなあ”なんてひとしきり思い、ちょっと間わすれて再び“厳しいなあ”と世知辛さを反芻していて、そこまで思うなら500円くらい渡してやりゃ良かったのに、とセルフ突っ込み。

人間、損得じゃなく100円って言われたら100円出しちゃうもんですね。

100円ぽっちではそう何食もできるわけないので、ふたたび仕事と日銭を求めてこの炎天下を歩き回る事になるであろうおっちゃん。
この行軍に比べれば「ポケモンGO」で無謀な歩行者が増えるだ何だなんて、社会的問題でもなんでもないや。  

Posted by チェリー2000 at 21:52Comments(0)よもやま!

2016年06月08日

神様ヘルプ!

最近来てなかったエホバの証人がまた来るようになりました。
とはいっても以前まで来てたオバちゃんではなく、新たなオバちゃんです。

“結局オバちゃんかよ”と思わなくもないですが、まあそこそこ暇のある人じゃないとやりにくい活動ではありますから、経済活動面ではまだまだ男社会である日本においては、必然的にオバちゃん率が高くなるんだろうなと勝手に得心しつつ応対。

しかし、こういった活動にも思い入れに個人差があるのか、前回のオバちゃんが極めてご近所さん感覚で冊子を見せて「こういうのどう思います?」といったやり取りを何回かして終わりなのに対して、今回のオバちゃんはわりとやり手っぽい。

アシスタント(というかたぶん見習い)を連れて現れ、タブレットで動画とか使って解説。
段取りも決め込んでるようで、ある程度自分なりにマニュアル化している感があります。

僕は無信仰で、宗教の類には少なからず懐疑的な人間ですが、こういう草の根活動をしてる人は基本的には善人だと思ってます。
実際のところそこが問題で、善意の人を否定して傷つけることが多くの善男善女にはためらわれるものです。
そのためらいが曖昧な態度になり、それが相手に頑張らせてしまうことになって、最悪気を使わされた挙句恨みを買うことになったりすると、こっちとしては踏んだり蹴ったり。
いつも来るおじいちゃんのルーティン・トークじゃないけれど、“宗教は九分九厘クソやわな”になるワケです。

前回のオバちゃんは頑張ってしまうタイプだったので、関係が長期化してしまっていましたが、今回のオバちゃんはドライなので僕的にはやりやすいタイプ。
冊子見るくらいならいいけど、宗教に興味ないしそちらの活動にも参加する気はない旨を伝えると、けっこうあっさり退いてくれました。

とはいえ、またアプローチを変えて現れるでしょうから、たまには良いとはいえ純粋まっすぐチャンの相手はいささか疲れるものがありますし、けっきょくそれでは上手くいくことは無いと思います。

下手な詐欺師に付き合うのは意外に嫌いじゃない僕でも、いきなり“私の言うことを信じてください”は捻りが無さすぎる。

七つの大罪に「面白くない」を入れとけば、もっと布教しやすかったんじゃないかと思うのですが、これも神の試練というヤツでしょうか。  

Posted by チェリー2000 at 01:16Comments(0)よもやま!

2016年04月02日

久しぶりに粘土細工



ちびっこに以前から次に作ったらあげるといっていたものの、すっかり放置してました。
卒業というこれ以上ないきっかけを逃すまいとぼちぼち制作開始。

さりとて作らないにも、これといったモチーフが見つからないという理由があったワケで、思わず手が止まる。
が、あまり残された時間がないので、無難ではありすぎますが猫フィギュアに決定。

おもむろに粘土を引っ張り出すと、久しぶり過ぎて固まりかけてました。

時間も無いのに、コイツを水につけてコネる。ひたすらコネる。
なんとか戻し作業を終えた時点で完全にお疲れさまモードでしたが、ここで一休みとはいかないのでそのまま制作作業に。
考えてる時間も無いので、具体的なデザインも決めずに出たとこ勝負でコネコネコネコネ。

なんとか形を付けてペイントに入る。
どうせだからと、どり蔵をモデルにしましたがこれが失敗でした。
キジトラの色具合というのはミニチュアで表現するのは中々むずかしい。

納期も差し迫っていたのであまり試行する余裕はなく、そこそこで仕上げにしました。

マットに仕上げるつもりなのにトップコートが半ツヤしかなかったので、シタデルカラーの塗膜の強さに頼むかたちでアップとさせていただきました。


固まりかけた粘土がひとパックまるまる以上残っていて、ふたたび戻し作業は勘弁してほしいので、ちょっと続けて作っていこうかと思ったり思わなかったりしています。  

Posted by チェリー2000 at 20:20Comments(2)よもやま!

2016年02月04日

サベッジピープル

昨日は節分ながら、福も鬼も、そして客も来ない一日でしたが皆さんいかがお過ごしでしたでしょうか。

節分といえば豆まきが醍醐味な筈ですが、近年ではクリンネス的な意味か、資源的な意味か、昔のような景気いい豆のまきかたをする人はめっきり居なくなって、せいぜい小袋入りの豆を軽く放り投げる程度になってひさしいように存じます。

僕が子供の頃は節分のあくる朝に登校中、道端にばらまかれた豆をポリポリ踏みながら歩くのを楽しんだりもしましたが、今日びじゃひんしゅくを買う習慣となってしまい隔世の感があります。

まあ食べ物を大切にという理念には文句つけようもないし、社会の意識が向上したということなんでしょう。

そんな大切な食べ物が大量に棄てられようとしていたのを、水際で救った廃棄業者が吊るされたのは、こっそり転売したからですが、棄てること自体は別段やり玉に上がらないことになんとなく違和感が無くもない。

訳を説明してB品として堂々と売れるだろうに、コスト的に合わなかったりするのだろうか。


かつて悪事を白日に晒すにはマスコミを動かすか、稲川淳二をいじめて脅しをかけた上で自白させ、自白部分だけが実は公開されてました的な手間隙をかける必要があり、なかなか市井の民にはハードルが高かったものですが、ネット時代になって誰でも姿を見せずパブリックに声をあげれるようになったので、いまや一億総名高達郎状態で落ち着かない世の中になってしまった気もします。

雑な時代を生きてきた人間としては、こうなると“監視社会だ! 魔女狩りだ!”という声もでてきましょうが、これも人類が賢くなる過渡期のひとつなのかもしれません。

伝統を盾に食べ物をオモチャにする背徳感を楽しみたい想いを正論の前に屈する我ら蛮人の奥歯に挟まった物言いを、豆を投げないのが普通のヤングメン世代に尻に挟んでる感じでカマしていただきたいものです。
  

Posted by チェリー2000 at 20:59Comments(0)よもやま!

2015年12月23日

あなたの知らない世界

血も凍る真冬の夜

誰もが安らかに寝静まるころ

この世ならざる異界の御子の誕生を祝い

子供たちを快楽の世界へ堕落させる道具をたずさえ

全身を血のように赤いコートに包んだ怪爺が訪れるという…


そんな伝説が残る日、クリスマスが近付いていたことに、つい今しがた気づいた僕です。

海外ではこうした冬の怪談を目にすることもよくありますが、日本ではやはり夏の風物詩だけあって、話自体も冬設定は少ないように思います。
そんな常識にとらわれず年中怪談をリリースする番組がラジオ関西「怪談ラヂオ~怖い水曜日」。

メインの木原浩勝はじめアシスタントの二人もボソボソ喋りで、前で耳をそばだててるような臨場感があり、ジングルも含めわりとしっかり怖い番組づくりになっているので、小学生なら夜中に聴いてトイレに行けなくて布団に冒険地図を描いたちびっこコロンブスが、翌朝ママの検閲というリアルな恐怖を体験する羽目になるかもしれません。

ラジ関は以前「伝説探偵団」という都市伝説系番組がやってたりしましたが、怪談枠でもあるんでしょうか。


それでは締めに僕からも冬の怪談をひとつ。

クリスマスに一人でいるのが肩身狭い?
でもあなた、その前の日も、その後の日もひとりじゃないですか

暖かい人の情けも、胸を打つ熱い涙も知らず
ずっと

かわりに寂しさも知らない?

いえいえ、それはあなた




忘れてるだけですよ




  

Posted by チェリー2000 at 23:11Comments(0)よもやま!

2015年12月09日

男なら戦うときが来る

生八つ橋でおなじみの「おたべ」が「美十(びじゅう)」に社名変更したらしい。
京都・和菓子といったイメージにとらわれない心機一転が一応の理由らしいが、今までもじゅうぶん洋菓子展開してたし、いまさらわざわざ定着してるブランドを捨てる理由が他にあるのじゃないかと思わなくもない。

さて、心機一転とはちょっと違うかもしれませんが、一部民放局でワイドFMがスタートしました。
こちらは明確な理由があって、建物の高層化に対応するために影響を受けにくいFM波を平行して発射していこうと言う、スカイツリー作ったのと大体同じヤツです。
ラジオというすでにニッチになってしまったメディアのさらにAM波が受信困難な状況の人が対象という、radikoがある今となっては力の入れどころを間違ってる気がしなくもありませんが、まあ盛り上げていこうというお祭り感覚は悪くない。

とはいえ、FM対応しないラジオ日本のマイペースぶりもけっこう好きで、「真夜中のハーリー&レイス」なんかはとてもAM的でいい。

伝統を継承しつつ挑戦を続けることも大切。
ハーリー・レイスもNWAチャンピオンに8回返り咲いています。

そういえばハーリー・レイスも美獣(びじゅう)でした。
8という数字も妙に符合しているし、ひょっとしてあのモミアゲをイメージした主力商品を開発してるのかもしれません。  

Posted by チェリー2000 at 21:16Comments(0)よもやま!

2015年11月24日

キンドラーのリスト

Kindleを買った

Wi-Fi導入から気にはなっていたタブレットだったんですが、なにしろ知識が乏しい&マニーが乏しいため二の足を踏んでいました。
しかし、Kindleが破格に安いうえ、プライム会員になると年会費ぶんバックしてくれると言うじゃないですか。

Kindleがどれくらい使えるのか、プライム会員がどんなサービスを受けれるのかを精査したうえで購入に踏み切ったしだいです。
決めてはプライムビデオがわりと充実してて、「虹男」があったのが決め手になりました。

かくしてキンドールマンとなった僕こと三矢一心ですが、新しいデバイスは使い勝手を取り戻す設定に苦心させられるのが常であり、まして不案内なタブレットでは基本のルールがピンとこない。

とはいえ、事前調査でKindleは純正の状態ではほとんどAmazonを便利に使えるだけの専用端末になってしまうのは把握してたので、なんとしてもアンドロイド用アプリを使えるようにせねばなりません。
Googleプレイのアプリリストを使えてこそ、真のキンドラー、キンドレストといえるのです!!

そうしてノートパソコンと首っ引きでいじくり回し、ようやく今この記事をKindleで書けるまでに至った次第。
radikoもちゃんとエリアフリーで流しながらでっせ!

持ち運びも楽だし、二階でも無線ちゃんと届くし、遅れて我が家にやってきた未来感。
「こりゃあ便利だぁ!」と、毒蝮三太夫風にはしゃいで使ってたらすんごい指紋まみれになってることに気付く。

Kindlerのタッチパネルが光沢タイプなので非常に目立つ。
しかし、実質五千円の本体に千円くらいの保護シートを貼るのもなんだかなぁって感じです。

とりあえずヨレヨレのティッシュ指に巻いてタッチ。
一気に所帯染みて、遅れてきた未来感もいささか居心地悪そうにしてますが、まあそれはそれってことで。
  

Posted by チェリー2000 at 19:06Comments(0)よもやま!

2015年11月04日

Sail on!更新丸よ!

ウチの前のコンビニが閉店しました。
まあこの辺もコンビニ増えてきてたので、収益が悪化してたろう事は想像に難くなかったわけですが、真っ先に逝ったのが古参兵だったのは、後発の優位に負けてしまうほど地域に根付けてなかったということなのでしょうか。

さて、いったん終わりながらしれっと再開した当ブログ。
再開の告知をツイッターにも投稿したのはいいものの、それが興味本位で作った別アカ側に飛んでたことに気付く。

この別アカウント、明らかに業者臭いアダルト系フォローって何のためにやってんのかが気になって、その手の奴をフォローして観察する目的で作ったものでした。
「こんな中の人が居るかどうかさえ怪しいフォロワーに告知してどうする…」と己のドジっ子具合いに萌え萌えしつつ、こうやって誤爆がおこるんだなと、しみじみアカウントを切り替えて再投稿。

ちなみに業者IDとおぼしきフォローは次ぎつぎに舞い込んでいましたが、いっとき流行った“主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました”的なのではなく、どれも“ラインIDを送ってくれたら動画を送ってやる”とかいった感じで、おそらく名簿業者系だろうと思われます。


IT弱者の僕の更新失敗などは単なるあるある話ですが、ウチのPCがウインドウズ10に更新失敗するのはちょっとどうかと思うところで、べつに更新できなくても現状困りはしないのですが、性分で機械がきっちり動いてくれないのはやっぱり気持ち悪い。

そこで自動更新をあきらめて、ファイルを落としてきて手動による更新をする事に。
IT弱者のおぼつかない作業であることに加え、更新処理自体に結構な時間がかかったので終わったころには夜が明けかけてました。

更新を終えたのを見届けて、ちょっと触ってみて“前のほうが慣れてるから使いやすかったな”と、予想通りの結論を得てからPCと自分をシャットダウンしました。
そのうちこなれていい感じになるでしょう。


潰れたコンビニ跡はこれまでとうって変わって街角の暗さを更に引き立てるように暗く、うっそうとした雰囲気を醸し出しておりますが、早晩つぎの何かが入ることでしょう。
そうやって街並みも更新されていくのでしょうが、その結果が〇となるか✕と出るかはともかく、せっかく都会の荒波の中に向けて帆を広げ漕ぎ出すのなら、人と違う航路を選んでほしい。
そんなユニークな更新であってくれたら良いなあと勝手な期待をする若大将こと僕なのでした。

海は苦手です。









絶賛冬毛に更新中のどり蔵。  

Posted by チェリー2000 at 15:53Comments(2)よもやま!