2014年10月12日

気をつけろ!ぷれこぐの牙

相変わらずの喉に血反吐見せて狂い鳴く閑古鳥が名物となりつつある我がぷれこぐ堂ですが、〝人なんて大して来ないし…〟といっていつまでも同じ棚では尚更人が来なくなりますので、仕入れをしないと言う訳にもいきません。

買い取りもいくらかあるものの、やはりそれだけではなかなか棚に見合った本は手に入りません。

日頃から仕入れ先に腐心している僕ですが、天神さんの古本祭りがやってるので月曜あたり覗きに行こうかな、なんて思ってたら台風接近にともない天神さんの古本祭りが今日で終了するらしい。

今日は日曜で昼から営業ですが、午前中に起きれれば何とかなるかと心積もりしてました。

が、無理!
起きれません!

このところサイクルが完全に夜型なのと、折りしも秋模様で午前中の寝心地良さ、さらには季節変わり恒例のヨガの眠りの襲撃をうけてはひとたまりもありませんでした。


気を取り直して店を開け、ラジコを起動すると道上さんの声。
ああこれがTBSで始まったヤツか、と思ったけどあまりにも番組のテイストが違ったので調べてみると別にTBSとかじゃなく、ABC制作の全国ネット番組という事でした。

という事はこの枠でやってた由紀さおりの番組は終わったのか?


仕入れチャンスをひとつ逃しましたが、実はすでに良い本が入ってたりします。
ということで実に一年数か月ぶりにぷれこぐファイト。

今回ご紹介するのは戦争劇画のナンバーワンにしてオンリーワン、小林源文の単行本が画像以外にも多数入荷。


コアなファンが多いゲンブンだけに、なかなか古本屋でこれだけの品揃えを目にする機会は少ないのではないでしょうか。
  

Posted by チェリー2000 at 21:00Comments(4)ぷれこぐファイト

2013年05月26日

ぷれこぐ堂戦車に吠える

SF画集二点。

シド・ミード「センチネル」

クリス・フォス「21st Century Foss」

ガチガチ工学系のシド・ミードはとにかく洗練されたデザインとメタリックの美しい色彩でスパルタンかつスマートな未来観を余すところなく表現しています。

対してフォスはマットな色合いにケレン味の強いデザインが、まさしくセンス・オブ・ワンダーの見本のようです。

実はどちらも以前に扱ったことがあるんですが、いい物はいいという事で再入荷しました。


ところで日本のSFアートといえば、いわゆるスーパーロボットが世界でも非常に評価が高いと耳にしますが、かと言ってその後国内で主流となっていった「ガンダム」とか「エヴァ」とかがそれほどの評価を獲得してる訳でもなさそうなので、このジャンルにおいてもガラパゴス化現象が起こってるって事なんでしょうか。



こちらの商品も現在ヤフオクにて出品中です。

「ぷれこぐ堂オークション出品リスト」
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/precogdo

入札されてない商品はお申し付け頂ければ、スタート価格で店頭販売可能なので目録としてもご活用ください。  

Posted by チェリー2000 at 14:06Comments(0)ぷれこぐファイト

2013年05月21日

もう駄目だぷれこぐ堂

「小栗虫太郎全作集」全巻入荷。
有名なのは三大奇書のひとつ「黒死館殺人事件」なんでしょうが、個人的に目に付くのは「二十世紀鉄仮面」。

そう、「シルバー仮面」企画時のタイトル「二十一世紀鉄仮面」の元ネタでしょうね。

あと「人外魔境」は「天外魔境ZIRIA」の元ネタでしょう。

実は中身はどれも読んだことないんですけど、タイトルが抜群にセンスいいですね。

全集セットとなるとそう安くないので、長居しそうなちょっと手をつけてみたい気もします。  

Posted by チェリー2000 at 22:01Comments(0)ぷれこぐファイト

2013年05月14日

ぷれこぐ死の大吹雪

別館「ぷれこぐファイト」併合第一回。

「ぶるうふいるむ物語」

古今東西のブルーフィルムを網羅した研究書。

その資料的価値は見返しで推薦文を書いている若き日の藤本義一先生のお墨付きで、巻末の索引900タイトルのうち〝三十分の一くらいしか見てない〟とのこと。

十分です。


















「ぷれこぐ堂オークション出品リスト」
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/precogdo

入札されてない商品はお申し付け頂ければ、スタート価格で店頭販売可能なので目録としてもご活用ください。   

Posted by チェリー2000 at 21:40Comments(0)ぷれこぐファイト