2014年11月02日

ローリング・ストーン

もう十一月になりましたが、まだ妙に蒸し暑くてときどき扇風機を回しております。

そんな年末ムードの予感さえさせない月頭、高架下のスタジオを引き払うので本を処分したいとの申し出を受ける。

雑誌類が沢山と聴き、かつ大体の内容を聴くに、正直うちでは質・量ともに持て余す感じの申し出だったので、とりあえずもっと処理能力のある同業者に丸投げさせてもらうことにしました。

それはそれとして、ちょっとした雑談をしながら引き払う理由を聞いてみるとやはり例の耐震工事だそうで。
その後はどうなるのかというと、どうやら今のような昼なお暗い倉庫街は無くして、ぜんぶブチ抜いて見通しの良い高架下にしてしまうらしい。

現在かなり進行しているJR貨物線撤去と合わせてみると、グランフロントとスカイビルあたりからこの中津までひとつながりのランドスケープになり、これがいわゆる北ヤード再開発のホットスポットとなるんだろう絵が見えてきます。

そういえばこの一年くらい、どこから来たのかこの辺りの物件を押さえて回ってる人がいるとか何とかって話を聞くことがありますが、再開発の波に乗っちゃおうという魂胆も現実味を帯びてきた感じでしょうか。

期待半分、不安半分といったところですが、まあ僕がどう思ったところでお金持ちのお偉いさん方がいいようにやらはるだけなので、どうでもいいっちゃどうでもいい話です。

しょせん持たざるものは風が吹けば吹くほうへ、わがまま気まま吹かれるままに流されるまでなのですが、なんだかんだで中津での関わりも増えてしまい、それなりに根をはれないものかと思いを巡らせてしまうのでした。

転がる石にも苔はつくものです。  

Posted by チェリー2000 at 22:20Comments(0)古本屋

2014年10月03日

ビッグウェーブ、光る海につれだして!

いつのまにやら10月になりました。
涼しいような、でも結局エアコンつけてるような、そんな微妙な陽気。
僕にとってはそんな微妙な暑さも、猫にとっては丁度良い感じみたいで、非常に良い感じに長々と寝とります。


涼しくなれば売り上げも良くなるかと思いきや、増税以来の客足の鈍りはなかなか戻らず、こちらの眠りも覚めるそぶりはおろか寝返りさえうたない、おじいちゃんだったらちょっと不安になるレベルです。

景気は回復してきてると聞くのですが、実感としてはむしろ悪くなってるのではなかろうか。
そんなことを思いながらちょいと本屋でも行ってみようと、紀伊国屋グランフロント店があることを知って歩いて梅田方向に向かっていると、実は思いのほかグランフロント大阪が近い事を発見。

はじめて入ったGFOは、お金使いそうな感じの人たちが沢山ひしめいてきらびやかでした。

これまでも中津は意外なほど梅田まで程近いのに、不思議なくらい寂れた町だと思ってましたが、中心地から考えればそれなりに繁華にもグラデーションがあったのですが、GOFは淵いっぱいまで人波が打ち寄せてる感じで、これは本当に貨物線跡地に商業施設なりできたら中津付近まで人が流れて来そうな雰囲気があります。

果報は寝て待て、待てば海路の日和あり、意外と客足の目覚めは近いのかもしれないし、ここはひとつどり蔵に習って良い波来るのをのんびり待つのもありかも知れません。

もうちょっとここで踏ん張ってみましょうか。

  

Posted by チェリー2000 at 22:49Comments(0)古本屋

2014年08月23日

またひとつ星が消えるよ

PCを買おうか思案中。

現在ウチのPCはすべてサポート切れのXPなので、格上げしてやる必要も確かにあるのですが、最大の理由は今のメイン機のスピーカーがビビってること。

かなりの時間をラジコかけっ放しにしているなか、スピーカーの不具合はかなり大きな問題なのです。

最初に考えた対応はもちろん修理。
ここ3回ほど、どり蔵が端に飛び乗ってテコの原理で転落させられていたので、その衝撃でコーンの接着が甘くなり使用を続けるうちに悪化していると見ているので、直す事はそれほど難しく無いんじゃないかと思うのですが、それ自体よりノートPCのカバーを開けることのほうが難儀な気がしてしまう。

次に考えたのは外部スピーカーの接続。
とはいえスピーカーぶら下げてては取り回しが悪いため、無線スピーカーを検討することに。
現実に設置する事を想定してみると、置き場所の確保、電源の確保、予算の確保と必要条件の負担が意外と大きい。

店内にはBGMを流して個人的にイヤホンで聴くというのもどうも煩わしい。
二階用のサブ機と入れ替えて使ってみてますが、根本的にちょっと動作がもっさりであまりバリバリ使うのには向いてない。

諸々の事情に前述のOS問題が相まって、この際PC買い替えようかな…に行き着いた次第です。

ただ今の環境でも実務上ほぼ問題がないので、安易に買い替えに走るのもちょっとどうかと思わなくもない。


そんなこんなで、とりあえず例によってなるべく安いセコハンのPCをオークションで探しておりますと、しばらくご無沙汰のお婆ちゃんが来店。

お年寄りというものは、しばらく来ないと〝ひょっとしてあちら側に…〟と、ふと物悲しい気分にさせられる郷愁感製造機能を搭載してたりするのですが、意外とひょっこり現れてくれて〝人間も案外しぶといもんだな〟と妙に感心したりもします。

当たり前ですが、こちらの脳裏で生死不明状態だったのに対して、ご本人は日常を継続してただけなので感覚に温度差があり、いつもけっこう話していく事もあるし、今日はゆっくり話しに付き合おうかという気分になっていたにもかかわらず、電話で話しながら会計を済ましてしれっと帰って行かれました。

いろんな人がいろんな日々を、それぞれのペースで生きてるんだなと思うと、世界は膨大なマルチタスクで並列処理されてるんだな、自分はそんな中の小さな一部に組み込まれた一本のネジなんだな、とちょっと感傷的かつ気楽な気分になったりもします。


省みてまだまだ使えるPCを無闇に現役を退かせるのも、ちょっと考えものかもな…と思案しなおしているところに、これまた彼岸系お久しぶりお爺ちゃんが現れる。

こちらは変わらずいつも通りの一人語りがはじまり、こうしてまた会えたのも喜ばしい事に違いないし、まあゆっくり聞き役になるかという気分でいたのですが、まあ眠くなる。
例によって幾度か帰るそぶりを見せながら話は継続。

なんちゅうか、こう…
引き際?潮時ってあるよね!


そろそろXP卒業も近いか。  

Posted by チェリー2000 at 20:40Comments(0)古本屋

2014年08月17日

君と僕の甘酸っぱい挫折

下鴨神社の古本まつりが昨日で終わりました。

僕は金曜しか行って無いんですが、事と次第によっては緊急ヘルプが要請されうるという話だったので、何事もなく終了したようで晴れてミッション・コンプリートとなったもようです。


片道二時間は見とかねばならない距離、滅多に行く事がない場所と、引きこもり体質の僕としてはイレギュラーの宝庫。

まず中津に停まらない阪急京都線に乗るという非日常から始まります。
長時間になるし座れるようにと梅田から乗り込むと、歩きながらいきなり背もたれを動かし、自分の座る場所を対面から独立シートに速やかに隔離するお姉ちゃん。
なるほど、と手馴れた動作にも感心しつつその結果生み出された対面シートに座る事になる僕。
正面に座ったのは、どこか似た雰囲気の固太り中年男性コンビ。
こちらはこちらで手馴れた感じで車内を撮影して、ふたりしてコンパクトに座席に納まる。
朝早いため、多くの座席がブラインドを下げ居眠りに備えるなか、このふたりはまず車窓からの景色を楽しむ事にしたもよう。

自分の側のブラインドを下げ、録音したラジオのボリュームを下げ、軽く目をつむり居眠りモードにはいる僕。
ふと目を上げると前のふたりもブラインドを下げ、足を軽く広げ浅めに腰掛け、軽く仰向けにのけ反るような姿勢で左手で右手を握りこれまたコンパクトに安定した姿勢で居眠りをしている。
ふたりとも全く同じ姿勢なので、何かマニュアル化されたものなのではと思われました。

似たような中年男がちんとイスに納まってる感じが、タンデム乳母車に乗る双子の赤ちゃんのようであり、どっかの民芸品の人形のようでもあり妙にユーモラス。
このふたりは終点まで時々起きては車外の景色を見たりしてました。


ちょっと遅れたものの一応オープン準備に間に合い、一日の段取りを聞いてからは例によって眠気と暑さをひたすら耐えながら、組合を辞めて以来なかなか話す機会もなかった他の古本屋さんの話を聞いたりしていました。

大人というのはそれぞれの生き方の中から、それぞれの流儀を生み出し身に付けていくんだな、と。


帰りの道中、盆休みという事も会って親子連れを多く見かけましたが、子供はたいていグッタリやボケーとしており、行動の主導権を完全に親に任せ、生きた荷物と化していました。

親だって疲れてるだろうに。
しばしば無条件に称えるられる子供ですが、やっぱり基本は体力、忍耐力、集中力、計画力などほとんどの点で大人は子供を凌駕していると確信します。

子供が勝るのは吸収力と時間がある事ぐらいじゃないでしょうかね。
そして彼らもいずれはそれぞれの流儀を身に付け、電車で二人並んでちんとイスに納まる中年になるのでしょう。


大人って素晴らしいですね?  

Posted by チェリー2000 at 23:44Comments(2)古本屋

2014年08月14日

就労マッチング

明日は朝から下鴨バイトに出る予定になっています。

今のところ若干の雨模様が予報されているものの、最終日でも無いしそれほど面倒な話にはならないと思うのですが、なにぶん野外なので油断はなりません。
滅多に行かない場所だけに、前回よろしく道を間違えたり時間を読み間違えたりも心配です。

とはいえ最大の懸念事項である暑さが緩むであろう事を思えば、ちょっとばかりの苦労は許せる気もします。


古本屋という商売はガッチリ金儲けの為に作業的にやってる人もいれば、お遊び的要素が少なからずあるセレクトショップ系の人もいますが、近頃ではネットゲームの成果を履歴書に書いて就活する人がいるらしい。

がっつり遊びのゲームが仕事に関係あんのかといえば、どうもゲームと職種によっては必ずしもマッチングしなくもない、つまり履歴書に書いて効果があるケースがあると言うんだからべらぼうな話です。

最近やってる「ワールド・オブ・タンクス」でついに7人小隊でのプレイが実装され、今までのはなんだったのかと思うくらい別ゲーになり面白くなって来たのですが、人数比が悪くなり試合のマッチングがしにくくなったせいでどうしても時間がかかってしまう。

もっとやりたいけど、他の事が出来なくなってしまうので節度を持たねばなりません。


ああ、フリー経験値を金にかえれたらなあ!




ということで、明日は臨時休業になります。  

Posted by チェリー2000 at 21:38Comments(0)古本屋

2014年06月30日

晴れ、ときどき

気付けばもう7月にならんとしてます。
梅雨にしては雨は少ないものの温度・湿度はグングン上昇して電気代も例年並に上がってますが、景気のほうはどうも上向いてる感じしません。

それでもこの頃は仕事も選べるくらいにはなってるそうで、不人気サービス業は人手不足で営業が困難になってるとか言われてるんですが、その割には周りに介護の仕事してる人スゴイ増えてるんですけど、ホントのところどうなんでしょうかと渡辺典子「少年ケニヤ」ばりに真実を渇望する僕です。
ホントはそうでもないです。


世の流れに添うでも無い、そうでもないケニやんとしては暇な店で持て余す諸手の持って行きようをラジオ聴きながら模索する日々。

最近は朝「ゆうゆうワイド」から昼「たまむすび」とTBSで継投してから30分だけCBC「北野誠ズバリ」を聞きながら店を開け、その後はABCで「ぴたっと」。
「毎日がパラダイス」が終わるとほぼ野球に染まっていくのでNIKKEI第二とかで音楽垂れ流し状態にするか、あるいは録音した音源から適当に流すかになります。

土日は開拓できて無い時間帯がけっこうあるので、機会をみてはチューニングを変えてみるのですが、やはりいかんせん番組表が無いとやり難いので「ラジオ番組表」が欲しいところです。
ただこのシーズンはナイターに大部分潰されるのでイマイチ買う気にならない。

なんだかんだ言っても、ケニやん的にはそろそろセーフモード期間に入りそうなので、ナイターオフに入る頃にラジオ聴きながら良い感じに出来る次の手を仕込んでおかなければ、いよいよ店がオフに入りかねません。

店のオフにはストーブリーグも来シーズンもない、崩れた積み木はそうそう元には戻らないのですよ!  

Posted by チェリー2000 at 23:18Comments(0)古本屋

2014年05月01日

いまはおやすみ

月末のバイト期間も本日で無事満了いたしました。

慣れない連勤ながら大きな問題も無く、雨に祟られたりもしたもののバイトの身であれば売り上げとかは特に気にする訳でもない、のんきに差し入れのドーナツなんか食っていた「なにわのエルビス」こと僕なのでした。
ドーナツ食って死にてえよ!

まあ雨で弁当食って待機してるだけなのはある意味、宵っ張りの僕が無理して朝から活動している事に対しては、眠気との戦いこそが最も苦しいものであったかもしれませんが。

最後には〝また秋に〟と声を交わして帰路に着きましたつきましたが、果たしてその時バイトに入れる状態である可能性はどれほどのものでしょうか。

〝世の中変わっているんだよ 人の心も変わるのさ〟と日吉ミミも歌っていましたが、僕のまわりでもいろいろ変化が起こりつつあるようです。
かく言う僕自身もひとつの転換点を迎えており、今後はこれまでとは違う体制で生き延びる道を模索していかねばなりません。


なにはともあれ今日からはまた日常に戻りますので、とりあえずゆっくり寝て休む事にしたいものです。



と思ったらけっこうな量の買取り持ち込まれたわー。

すごい樟脳臭いわー。

面倒臭いわー。

  

Posted by チェリー2000 at 02:32Comments(0)古本屋

2014年04月22日

ぼくらの七日間戦争

バイト週間突入しました。

今日はひさしぶりに古書会館に行って来ましたが、明日以降はみっちり四天王寺勤務となります。
基本として夜7時からの営業。
月曜定休に加え土日も半端なので休みにしてしまいます。

増税効果が如実にでたか、売り上げもイマイチなので日銭稼ぎでしのがせていただきます。
  

Posted by チェリー2000 at 21:50Comments(0)古本屋

2014年03月23日

アングラ・アングル

選挙いってきました。
やっぱりというか閑散として人少なく、投票率はそうとう低くなると思われました。
僕は政治には興味が無いタイプですが、投票率の低さを橋下叩きのネタにするんだろう連中も鼻持ちならないので、とりあえず投票だけはしましたが、けっきょく同じ事の繰り返しになりそうで期待はできません。

まあ今回の選挙にはガッカリ要素満載なので足の向かない人の気持ちも良くわかります。

投票から帰ると正午をすこし過ぎていたので、少し遅れて開店。
件の宣伝効果のおかげか最近は週末の客足がすこしマシでチラチラと来客があり、そういうお客さんはわりと無難な本を選びがちなところが、今日は意外な本が売れました。
アードマンのモデルアニメ解説の洋書、しかも高価という興味深いけど売れる要素が限りなく少ない
〝まさかコイツが売れる日が来るとは〟と感慨ひとしおでしたが、さらに意外なのは買ったのがおそらくご夫婦と思われる女性のほうでした。

以前からときどき来てくれていたサブカル夫婦とはまた別のタイプのようで、どうやら奥さんのほうが特にSF・特撮に興味を持ってるような雰囲気。
僕は結婚には興味が無いタイプですが、趣味の合うパートナーというのは続柄問わず日々を豊かにしてくれるものだろう期待はできそうです。

さらに意外にも洋盤の「鬼畜大宴会」が売れました。
こちらは以前に目を付けていたようで、一直線にDVDコーナーに向かっておられました。

こういう判らない人には本当にまったく存在価値を見出せないアンダーグラウンドなコンテンツも、見る人が見ればマスト・バイになり得る。
最低も逆からみれば最高なのです。
価値観を多様に保つ事は世知辛い日々を豊かにしてくれる希望を残してくれるように思います。

新市長が誰になるか(一応)わかりませんが、どっかのアングルから希望が見えればいいんですけどね。  

Posted by チェリー2000 at 20:17Comments(0)古本屋

2014年01月10日

野生のめざめ

今シーズン最大の寒波が到来しているとの事で、体調崩しやすい時期、皆さんお達者でしょうか。
僕はキンと冷えた水で顔を洗うのが、感覚が麻痺するのに反比例して意識と代謝が活性化する感覚を憶える感じが好きです。
特に今日のように

〝薬師丸ひろ子…ヤク…ヤク、シャブ、ひろ…ヤクシャブるヒロポン子…快…感…〟

などと、起き抜けに妙なダジャ連想ゲームを始めてしまう日なんかには、覚醒に非常にいい感じなわけです。
いちおうフォローしておきますが、薬師丸ひろ子がお目覚め系のお薬を連想させた訳ではなく、単に最近「野生の証明」を見たからだと思われます。

さて年末年始は例年、目も覚めるような客足の鈍さで凍え死ぬ思いになりますが、今年もそう変わりません。
三が日あたりこそちょっとマシだったものの、押しなべて閑散としております。
暇なら暇なりにやる事は色々あるし、うまくいかない間は当然テコ入れを続けないといけないので、今年も貧乏暇なしをやらざるを得ないんだなぁ、と途方に暮れるものです。

とりあえず手を付けられるところからと、棚の入れ替え。

人も来ないしとぼちぼちやってると、隙間がどり蔵の野生を目覚めさせたのか、どり蔵ダイブ・イン。


アンタそれどうやって降りんのん。  

Posted by チェリー2000 at 23:35Comments(5)古本屋

2014年01月03日

日常Get Back

三が日はけっきょく「オーナーの気まぐれ営業」といった感じの、具体的に時間を決めず早めに開けて早めに閉める形になりました。
明日からは通常営業にもどすつもりですが、土日なので大体おなじような感じの営業時間になります。

売れた本は百均がほとんどですが、例年に比べると思ったより客足があったので、いちおう開けておいて良かったという所です。

偶然通りかかったのだろう時々来るおっちゃんとおばちゃんのコンビは、おっちゃんが趣味人気質なようで本を買いたがるのだけれど、どうも買うと満足するタイプなのか〝そんなん買うてどうすんの、ホンマに読むんかいな〟とおばちゃんに横槍を入れられ、しばしば手にとって見ているところを制されてたりしています。

この二人、普通に考えれば夫婦なんでしょうが、現れるときは常に二人セットなので、なにかの理由がありそうに思え、あるいは血縁関係とかもありえるかもと思わなくも無い。
やいやい言いながらも〝ホンマに読むんやったら買うてもええけどな〟と吐き捨てるような言い草ながら、けっきょく許しているおばちゃんに何だかんだでこんなんでずっとやって来てるんだろうな、と彼らの日常の光景が目に浮かぶようでした。


僕の日常といえば、ジム変更によって年末年始においてもシャワーが普段どおりに使えたのが便利が良く、正月気分に流されて宵っ張りの本領発揮で完全に日が昇ってから床につく日々となっております。

世間的に帰省ラッシュもはじまってそろそろ日常に戻る算段を立てておられることと思いますが、僕も今年は全体的にいろいろ調整していかねばなりません。


それにしても正月って雨が降りませんね。  

Posted by チェリー2000 at 23:01Comments(0)古本屋

2014年01月01日

謹賀新年

新年になりまして、とりあえずシャワー浴びて身を清めて年を越しました。
例年通り「年の初めはさだまさし」を見て、ちょこっと「朝まで生テレビ」を見てから映画でもみるべえと物色。

借りたDVDからより、ハードディスクの容量の不安もあったので録りためたビデオから「プラトーン」をチョイス。
新年早々、鬱々とした戦争映画というのもどうかと思われますが、戦争映画は画面の激しさに反して展開自体は緩やかでまったりしている面もあり、正月気分に奇妙にマッチする気がするのは僕だけでしょうか。

「プラトーン」は以前にも見ていますが、それだけに緩い感じで見れるし、また未見の作品をどんどん見ていくより同じ作品を繰り返し見るのが意外に好きだったりするのです。

特に理由も無いので、正月も曜日通りの営業でいく予定です。
気分次第で早仕舞いはありえますのであしからず。

と、書いてるそばから今日は正午から21時までの土日形態に変更します。
理由は8時くらいに寝たのに11時半に目が覚めたから。
これに象徴されるように、表にどれくらい出るかは不明ですが、今年はいろいろ変更することになりそうです。

そんな訳で、本年もよろしくお願いします。  

Posted by チェリー2000 at 12:10Comments(2)古本屋

2013年10月14日

二転三転

「女心と秋の空」なんてな事を申しますが、この時期の気候というのはどうにも安定しないものだと昔から決まっているようで、今回の四天王寺古本祭りのように完全野外の催事となりますと、その影響をモロに受けてしまうものであります。

設営から入ってあまりの暑さに脱水で体が火照るわ腕は焼けるわと、灼熱の下鴨とは比べるべくもないもののそれゆえの油断でまあまあのダメージを受けてしまったりしました。
かと思ってしこたま水を持っていったら思ったより涼しくて結局半分手を付けない仕舞いとか、あげく台風のせいでテント業者から撤退勧告を受けて会期を一日繰り上げる羽目に。

そんな訳で突然の通し宣言からはじまった今回の古本祭りは、明日の昼ごろまでで終了になるようです。

なんだか慌ただしい事態に段取りもいまいち見えてこない有様で、ひょっとしたら明日は雨の中撤収作業をする羽目になるかも知れません。

たぶん早く終わるだろうけど何時くらいになるのかもわからないので、通常の開店時間で良いのやらどうやら。
とにかくこれで眠さと雑事に追われる忙しない日々もひと段落となるようです。
やっぱり連勤バイトはいまの僕のライフスタイルにはちょっと厳しかったかな、と。

天気よりも生活がもうすこし安定してくれれば、と物思う秋でありました。  

Posted by チェリー2000 at 21:29Comments(0)古本屋

2013年10月10日

前夜祭

四天王寺古本まつりの設営に朝から出動。

朝こそ涼しくて、幼稚園バスに併走しながら回収される園児たち各々のリアクションを楽しむ余裕もありましたが、昼前には佐藤B作ばりに〝あちちだ~ッ!〟と叫びたくなる陽気に。

ところで四天王寺の客層はだいたいアラフィフ以上の男性客が多い。
ウチの主な客層はもっと若く、どちらかと言えば女性比率が高いのですが、何人かはおっちゃんの常連客が居て、大抵この年代の人は歴史ものやノンフィクションを好まれ、あまり興味の無いウンチクを披露したがります。

僕は実話系は読み物だと犯罪とか陰謀などの鬱ネタが多く、映像だとテレビのドキュメンタリーをわりと何でも見る事が多いのですが、先日見た「7年ごとの記録」日本編に出てた歌舞伎役者の子が元AKBの前田さんと付き合っててちょっと笑いました。

彼のお父ちゃんは外様で歌舞伎界に入り、苦心の末にわりと良い役を貰えるまでになったけれど、やっぱり出世が遅かったのでどちらかというと名脇役的な位置づけだったそうなんですが、二代目の彼はその点で恵まれているものの重圧もあり、中学生くらいの頃は普通の役者のほうが興味あるなんて言ってたけれど、現在はプレッシャーをバネに必死に前に進む努力をしている、という話でした。
なんて言いながらも、売れっ子アイドルと〝あちちだ~ッ!!〟状態なんざ二代目にしてしっかり梨園の色に染まってるようですなぁ。




一日の更新に天丼とはいえ二回も佐藤B作のギャグが飛び出す21世紀離れした古本屋ぷれこぐ堂は、利益からも遥かイスカンダル並みに遠く離れているため明日からバイト週間に入ります。
なるべく営業しますが土日月は三連休が予定しておりますのでひとつよしなに。

古本まつりには会期中出張ってますので、お出掛けついでに本部を覗いていただければ青息吐息のシケた面でお愛想のひとつも言えると思います。  

Posted by チェリー2000 at 22:53Comments(0)古本屋

2013年09月26日

トラブルマン~イキると吊るすゾ~

復興は不要?! 年寄りは早く死ね?!
ネットなら何でも言って良いってもんじゃないだろう!

たしかに現状で復興はとうてい期待できないし、少子高齢化に起因する問題は今から子供が増えたところで手遅れなので、高齢者が減るのが手っ取り早いとは思うけど、もうちょっとデリカシーのある言い方が出来ないものか。

どうもこの頃はネットで無茶をして目立ったら勝ちだと思ってる人が多いように思います。
市井の民がネットで目立ったところで勝ちも負けも無い、いやむしろ負けしかないだろうに、と。

デリカシー保有量にあまり自信の無い僕が、どれほど言葉を飲んで飲んで、飲まれて飲み込んでいることか。
〝ほんとかよ、お前もけっこうアレな感じだぞ〟と思われるかも知れませんが、そうなのです。


さて、そうは言ってもネットで目立つのが大事な場面もあります。
ただいま開催されてる「ゆるキャラグランプリ2013」において、我が大阪古書組合から出馬したコショタンもまた、目立たねばならないのです。
いまやゆるキャラが生み出す経済効果は無視できないものがあり、縮小傾向著しい古書業界において様々な施策の一環としてこの場においてアピールすることは、コショタン的にマストなお仕事な訳です。

ただ、そんなシビアな大人の策謀が渦巻いてる割に、この選挙はAKBよりザルな組織票ウエルカム状態のようで、メールアドレスさえあればいくらでも投票アカウントを量産できるっぽく、本気でやってるところはフリーメールでIDしこたま作って、マクロ組んで毎日自動投票とかやってるに違いないと思います。

コショタンに関してはわりとマジメにお願いして投票してくれる人を集めようとしてるので、まあそんなに上には行かないだろうと個人的には思うのですが、そんなガチっぽくないところがいかにも緩くていいんじゃないの、と思わなくもありません。

目立たぬように、はしゃがぬように、そんな時代遅れ感が古本屋らしい、なんて言っててはいけないのかもしれませんが。

とりあえずリンク貼っとくので、もし気が向いたら一票入れてあげてください。
http://www.yurugp.jp/index.php  

Posted by チェリー2000 at 22:50Comments(0)古本屋

2013年08月14日

臨時お盆休業

〝客単価5000円を想定している〟
そんな話を聞いて表面上ではなるほどと首肯しては見せていても、心の奥底からひんやりとした嫌な汗が湧き上がります。

いや、来客数は場所にほとんど依存するし、そうなれば必然的に客単価は算出されてくるものですから、ウチにとってもそのくらいが妥当な金額なのは確かなので、納得してない訳じゃないし、まったく気付いてなかった訳でもないのです。

ただ、もう少し現実から目をそらしていたい。
というのは半分冗談ですが、より現実的な話としては自分に実現可能な方法をとる必要があり、客単価5000円は僕にはどうも無理臭い、という話。


15・16日は下鴨神社での即売会に急遽手伝いに行く事になりました。

お盆は例年ほとんどお客さんが居なくなるので、開けるか閉めるかちょっと迷いながらも、積極的に閉める理由もないので一応開けてみてはガッカリがパターンでした。

その点ではバイトしたほうが断然稼ぎになるし、助っ人で徳も積めるなら人の来ない店を無理に開けるよりはいいんじゃないかと思うのですが、この暑さに耐えるのはけっこう厳しい話かもしれません。

時間的に帰ってから遅れて店を開ける段取りも考えていたのですが、コンディション調整のために臨時休業体制で挑もうと思います。

  

Posted by チェリー2000 at 23:32Comments(0)古本屋

2013年08月09日

ファジー休業

明日は花火大会なのでたぶん休みます。

おとなりのタコ焼き屋さんは、花火に合わせて今日から仕込みをするために休んでてそれはいい判断ですが、ウチはウチでこれはいい判断だと思います。

ただ外回りの用事とかも考えたけど、見物客がウザイし体力的にも厳しいので、なんか結局ダラダラしてそうなのが引っかかってるので〝たぶん〟としときます。

なんか考えよう。  

Posted by チェリー2000 at 23:22Comments(0)古本屋

2013年07月14日

ドキュメント714

日曜日なので昼から営業。
でも一時間遅れてしまいましたが。

まあセミもやっと出てきたくらいのレベルなので、まだ暑さになれないで昼日中から出歩く人も少なかろう、とタカをくくってゆるゆる開店。
百均棚を出してると子供の嬌声。
前の魚屋さんのチビッコがビニールプールで水浴びしてました。
それをお母さんがカメラで撮影している幸福の図。

将来的に児ポ法にひっかかったりしませんように。

PCを立ち上げメールをチェックするとアマゾンからの注文が。
それ見たことか、と来店客が居ないことを無駄に勝ち誇る矛盾を抱えながらも注文品を取りに行こうとしたらお客さんが入ってきました。

キャップをかぶったどちらかと言えばアクティブな印象のお嬢さんでしたが、まさかの丸尾末広お買い上げ。
更には帰りがけに目に付いたようで、マッチラベルの本もお買い上げいただけました。

どうやら昭和レトロなテイストがお好みということだったのでしょう。
この建物自体もジャスト昭和レトロだし、再来してもらえればありがたいな、と思いつつアマゾン注文の梱包作業。

無理詰めした梱包資材を取り出そうとすると、色んな物がぼろぼろこぼれ落ちたのを拾っていると、中から丸尾本の帯が…。

ああ、そういえば袋を出したときになんか落ちたけど、無理詰めした何かだと思ったらこれか。

傷みもあるしそんな大した物じゃないけど、ある物が無くなったのはやっぱり良い気はしないはず。
冷やかしでいいから何かのついでにでも取りに来てもらえないかなぁ…と、違った意味でも再来を期待しておるのです。  

Posted by チェリー2000 at 16:41Comments(0)古本屋

2013年06月21日

休業のお知らせ

今日も雨です。
明日から25日までは休業になります。
土日は微妙に開けれるんですが、時間的にタイトで半端なので一応開けない前提でいきます。

久しぶりだから装備の点検をしといた方がいいでしょう。
あとどり蔵の給餌マシーンも電池入れ替えて動作確認をせねばなりません。

ここのところ諸々の用事で物理的にも精神的にも忙しなかったから、強制的に何もできない状況に置かれるのは、割り切って久し振りにのんびり出来てちょっとしたキャンプ気分もなくもない。

  

Posted by チェリー2000 at 00:57Comments(0)古本屋

2013年06月19日

ショートカット

ここに来て急に梅雨らしい雲行きになっているのかと思いきや、すでに台風だったりするようで。

あまりの蒸し暑さと不快感、くせ毛の大暴走に業を煮やしてバッサリいこうとひさしぶりに床屋へ。
普段はセルフカット派ですが、長いのをすくぐらいは出来ても短くするのはさすがにリスキーなので。

僕は短髪はあまり似合わないと思っていたのですが、雨の中やってきたちびっこの〝前のほうがいい。キモイ〟の言葉に確信をもちました。
最近のちびっこは気に入らないことは全部〝キモイ〟で表現します。

今日はまとまった雨で、雨とくれば開店休業状態なので、ぼちぼち適当に店開けてからはちびっ子たちとDSで脳トレ系のゲームをやらせてもらい、その後はオークション用の商品ピッキングと画像の撮影とかしながら適当に過ごしています。

今週末からはオークのバイトなので金曜から火曜までは臨時休業となりますが、どうも週間予報によれば会期中はあまり天気が良くないようなので丁度いいといえば丁度いい。

まあどちらにしても商売に集中していく為には余分な用事は切っていかねばならないので、このバイトもこれを最後にできるよう頑張って雨にも風にも負けない新体制を作っていかねばなりません。  

Posted by チェリー2000 at 23:09Comments(0)古本屋