2010年03月31日

奇跡の復活劇

この春からABCラジオの「パワフルアフタヌーン」枠が大改編。
時間帯が12時~2時55分までに前倒しになって、これまで月・火を担当していた上沼恵美子さんが月曜だけになり、そのかわり木曜を担当していた桑原征平が絶好調の「粋も甘いも」が水・木の2曜日に拡大。果たして桑原征平パワーが荒れ狂うのか、それとも番宣どうり体ならぬネタがもたずに薄まってしまうのか。

そしてその結果「スラスラ水曜日」は消失。
まあオリジナルメンバーが二人まで抜けてしまったこの番組はいつ終わってても不思議はなかったかも。

しかし今回で最も白眉だったのは、火曜日に一年ほど前に終了した帯番組「全力投球 妹尾和夫」が週一とはいえ復活したことです。
何がめでたいって、ウチのお母ちゃんが好きだったから喜ぶだろうと。

個人的には「モンスターエンジンのバリバリラジオ」ってのが気になります。
ネタは見たことあるんですけど、フリートークは知らないので。  

Posted by チェリー2000 at 22:53Comments(0)ラジオ

2010年03月30日

海外で買い物

「元気一番」もラストウィークに突入したので、普段は聞かない火曜日も一応かけておりましたら、ヤク(ルト)中みたいな顔でおなじみのヒロTがメッセージを送ってきていました。
いよいよ改変を超えるとラジオは本格的に野球一色に染め上げられてしまいますので、680ギガの大容量を誇るUSBメモリーに取りためた深夜ラジオの出番となる事でしょう。

しかし深夜らしいド下ネタ番組を宵の口から流すのも考え物ではありますが。



アマゾンで注文していた海外DVD「恐怖 奇形人間」が届きました。
注文したのは「レッドバロン」同じくらいだったんですが、こちらはマーケットプレイスで海外発送だったからかちょっと時間差が出来た模様。














内パケもなかなか凝っています。






こういった日本作品でありながら国内では商品にできないものが手に入るのも海外DVDの利点ですね。

それにやっぱり安い。
プレーヤー自体がヤフオクで2,3千円ていどで買えますから、それだけで激安&極レアDVD天国への無期限チケットをゲットなワケです。

あんまり詳しく調べてませんが、BOXセットなんかでも国内版とでは2、3万くらい差があるケースが散見されます。

ただ国内版には独自の特典とかあるでしょうから、オマケ要素に2,3万だして惜しくないって業の深いマニア様には無粋なお話でしょうか。  
タグ :ラジオ映画


Posted by チェリー2000 at 21:11Comments(2)

2010年03月29日

傾城

いやはや、「底底ラジオ」がこんな急に終わるとは。
たぶん3日くらい前に決まったんじゃないかと思ってます。

タイミング的に謹慎がとけるまでの一年間、留守を守った。みたいな感じもしなくもない…か?
でもさすがにいわく付きのあの枠に復帰、ってのはヤバ過ぎるからないでしょうね。
それこそ「おまえら行くな!」ですわ。

それより気になるのは、もう一つの謹慎者排出番組「それいけメッセンジャー」。
正直、週変わりゲストの今のほうが面白くなって無いだろうか。

あくまでメッセンジャーの冠番組な訳ですから、無事復帰したあかつきには番組に戻ってくることは当然なんですけど、いまの形が無くなるのもかなり惜しい気がします。


話かわりまして、先日のラジー賞で過去10年で最低だった映画として「バトルフィールド・アース」が吊るし上げられ、その脚本家がわざわざ言い訳をしたんだとか。
その言い訳がなかなか揮ってて、〝新興宗教の会合にいけばおネエちゃんが簡単にGETできる〟と思っていったら、信者のトラボルタに捕まって脚本を書く羽目になっちゃったそうで。

目ぇいっちゃってるのでも良いから女にモテたかった、という狂おしいほどの思いと行動力。
「作家たるものこうありたいね」とむしろ好印象です。
結局あまりに注文がうるさいからと抜けたあと、別の脚本家がリライトしたものが使われたそうなんですが、名前を消すとギャラも貰えない事になるから名前を残して共同脚本ってことにしたのだとか。


まあなんにせよ、いつの世も男は女で功を成し、女でしくじるものだったりするようで。

ナンパ目的が鼻毛宇宙人に引っ掛かっちゃったり。

ガールズバーでボッタクリ店長にからまれたり。

男だけど女だとか…いや、あの人はタチでしたっけ?

  
タグ :ラジオ映画


Posted by チェリー2000 at 23:29Comments(2)

2010年03月28日

エバーグリーン

今日「こんにちよう原田伸朗です」が最終回。
あまり長く続かなかった番組の最後に番宣に出たのが22年目に突入という「青春ラジメニア」のおふたり。

もうそんなにやってるのか…と思うと同時に、元をただせば岩崎アナが「歌謡曲まかせなさい」で担当曜日にアニソンかけまくったところからの豪快なスピン・オフなわけで、ひょっとすると岩崎アナはもう半生をアニソンと共にあるのじゃないかと思うと、なかなか数奇な人生だな~と感慨深いものがあったりします。


以前に掲載したインポート版「レッドバロン」を一日一話のペースで見始てます。
後番組の「マッハバロン」に比べ細部のディテールを含め画面に厚みを感じるのは、マッハバロンがオイルショックの影響下で予算的に厳しかったのでは…という思い込みがあるせいかも知れません。

しかしまあ、レッドバロンの兵装は強力で、決まれば一撃で木っ端微塵なのがけっこう爽快。
エレクトリッガーはもちろん、バロンミサイルでもビッグバイソンを一撃で葬るとは恐れ入ります。

僕、ゲームでも削りあいで終始するのより、こういう一発のあるのが好きなんで、パワータイプを選ぶことが多いんですよね。
「バーチャファイター」のスプラッシュマウンテンとか、「バーチャロン」アファームドのトンファーとか。
単発で決めるのは難しいけど、コンビネーションに織り交ぜたり、先読みで置いといたり。
決まると引っくり返る爽快感。大好物です。

「ギアーズ・オブ・ウォー」も結局は〝ショットガンでミンチ〟のゲームでしたし。 デザイナー的には不本意だったようですが。

話がそれましたが、ミニチュア特撮とかそんなに出来が良いわけじゃないんですが、わりとしっかりシークエンスが描写されてて、特オタフィルターを通してみるとかなりカッコイイです。

でも紅健の顔はどこの田吾作どんだ?って感じです。
お兄ちゃんは鏡京太郎なのにね。


昔はそれこそ「歌謡曲まかせなさい」とか「アニメ玉手箱」にリクエストするくらいしか手が無かったし、実際ラジオで初めて聴いた曲は沢山ありますが、今ではこういう古い作品もいろんな方法で目にすることが出来るようになりました。

そのせいか「ラジメニア」もここ十年はまともに聴いてなかったです。
以前はあまりに大量のリクエストのため、採用率が極めて低い番組という印象がありましたが、聴きたきゃ何とでもできる現在はどうなんでしょう?

ある意味「ラジメニア」は本来の役目を終えてしまった番組なのかも、とふと思いました。

まあ、あそこは〝ラジメニアン〟たちのサロン的役割があるんでしょうけどね。
  
タグ :ラジオ特撮


Posted by チェリー2000 at 16:07Comments(0)

2010年03月27日

あいぼん

三月も終わろうとする中、一向に仕事が減らない状況にちょっとウンザリします。
まあ実際のところ、営業時間に縛られてあまり思い切った作業がやりにくいので、大きな作業はずっと残ってしまい、細かい作業をブツ切りの時間にいかに当てはめていけるか、って状況ですので、見た感じには全然忙しそうではないでしょうが、決して暇ではありません。

松崎しげるが「お前なんかラジオじゃない!サイマル放送のラジコだー!!」ってCMやったら面白いかな、とかくだらない事を思いついてしまうからといって決して暇という訳ではないのです!


とにかく何かをはじめよう!レッツ・ビギン!
というと村野武範 より山田雅人を思い出してしまうのですが、まあ手を付けやすいところからやっていってます。

まずは戸の隙間を無くすよう、戸車の調整。
それからさきごろ製造中止になったからという訳ではないのですが、電気代を節約すべく白熱球にかわって蛍光球を一部導入し、ついでに座敷の照明器具を取り替えて、光量を得られるようにしました。
散らかり具合は件のスペースの問題なので今すぐにはちょっと改善しにくいですが…













高所の作業をしたら結構ホコリやらゴミやらが降ってきて、これが目に入ると痛いし、といってこすってもいかんし、水で洗ったりもいまいち歯がゆく、それはもう難儀します。
そんな時にぜひ使ってみたかったのが「アイボン」。

ネットで調べてみると目の免疫機構を損なってしまうため、使い過ぎは危険らしいんですが、ゴミが入ったまんまとか、指でこするとかよりは全然マシだと思いますのでレッツ・トライ。




  




薬液は500ml。防腐剤が入ってないという事なので、控えめな使用頻度ならタップリ目に使っていって調度いい感じかもしれません。
低刺激タイプなので使用感は限りなく水でした。









カップは軟質素材でちゃんとフィットします。
まあぶっちゃけこのカップがあれば水で洗っても良いんじゃないかな~と思います。

洗ったあとの薬液を見るとホコリがチラホラと漂っていました。
実際の効果もさることながら、気分的にもスッキリしますね。

僕は目薬をさすのが苦手なので、目をスッキリさせたい時にも使い勝手良さそうです。  

Posted by チェリー2000 at 18:05Comments(0)

2010年03月26日

油断禁物です

ゆうべはナイナイの「ANN」が終わったら玉出に買出しに行こう思いながら聴いてると椿鬼奴さんが登場。
はじめて見たのは確か「ピエール靖子」だったと思うのですが、けっこう好きだったけどよもやこんなにメジャーになるとは思いませんでした。

それにしても酷い声だなぁ、とか思ってたらズコっと眠り込んでしまって、目が覚めたら朝8時でした。
そこから更に二度寝で昼1時に。

さすがに寝すぎだわ!と反省の意味を込めて布団を洗濯することにしました。

大物洗いはランドリーに持っていくのも大変なので、ここでもカーゴバイクを使用。

何事も慣れた頃に失敗しがちなもので、余裕こいて通り道を迷いながら曲がるか進むかでフラついてたら初めてコケてしまいました。
ほぼ立ちゴケ状態だったのでちょっと塗装が剥げた程度ですみましたが、デカくて小回りの利かないカーゴバイクのこと、気の緩みが命取りになりかねないので気をつけないと、と改めて思うのでした。

そして洗濯の間に扉の補修。
建物の歪みのせいで、引き戸を開けるときにきつく詰まったりして開きにくくなって、無理にやってるうちに戸車が割れてどうしようもなくなっていたので以前に補修したのですが、調整が甘かったようで雨が降ると湿気で木枠が膨張してちょっときつくなってしまうのです。
この状態が続くとまた戸車が破損しかねないので、梅雨が来る前に調整し直さねばならないと思ってたのをやりました。

が、

二点のうち、片方の戸車だけを掘り込んで干渉しないようにしたために、思ったより大きく戸に角度が出来てしまい、閉めた時に斜めに隙間が出来てしまいました。

う~ん、これまた調子に乗って彫りすぎたか?
暑くなるまでには再々調整が必要みたいです。


  

Posted by チェリー2000 at 22:40Comments(0)

2010年03月25日

僕らの地球はうつくしい

生きている不思議、死んでゆく不思議~。
アマゾンでレッドバロンのDVDをカートにいれるとクイーンズブレイドとかのエロースなフィギュアがオススメされる不思議~。

おそらくはチェックしている人が少な過ぎるため、ごく限られた人物のかなり偏ったデータから導き出された結果なのでしょう。
そんな訳で今日届きました、「スーパーロボット レッドバロン」全39話収録のインポート版。

39話を4枚のディスクに詰め込んでるので、画質に関しては普通にテレビで再放送見てるくらいの感じです。そして英語字幕が消せません。もちろんリージョン1が再生できるデッキが必要です。

とはいえ1500円足らずというコストパフォーマンスの高さを考えれば、この程度を欠点といってあげるのは酷というもの。

あとジャケットが妙にカッコイイ。

特撮巨大ロボはスーパー戦隊を加えれば相当な数があることになりますが、作品のメインとして存在するものとなると意外なほど少ないと思います。

ロボット大好き国・日本ですらそうですから、海外ではほとんど見かけません。
まともなので思いつくのは「ロボジョックス」くらいでしょうか…?
「トランスフォーマー」はロボット物って感じじゃないし。

特撮リボルテックで出ないかな、マツモト14号。


なにはともあれ、前々から通して見たいと思っていたレッドバロンが手に入ったので、これからチビチビ見ていこうと思います。


と、ふとジャケ裏をみると「IRON KING」の文字が。
どうやらこれもインポート版が出ているらしい…どうしよう。  

Posted by チェリー2000 at 20:30Comments(0)特撮

2010年03月24日

知らないって悲しい

水曜日は定休日であり、その根拠となったサブカルメインの市会、金曜クラブがあるのですが、生憎の雨模様。
紙モノをあつかう商売で、しかも自転車移動しかない僕にとっては最近の雨の多さは厳しい拘束となります。

かなり逡巡しましたが、けっきょく参加中止に決定しました。

こういう時つくづく思うのが、ちゃんとした雨具を用意しとけば良かった…という後悔。

僕は良いポンチョが欲しくて探してるんですが、着るものは実物を見てみないと難しいもので、とくに雨具となると〝濡れない〟という目的がハードルを高くします。
やはり理想を言えば、実際に着て、動いて、これならきっちりカバーしてくれるというのを確認したいところ。
値段も千円くらいのものから一万超えるものまでイロイロあるだけに迷ってしまい、結局いまだに用意できずであります。
梅雨までに調べて買おうと思ってたんですが、既に梅雨並みに降りまくっていてかなりやられちゃってます。

そんなわけで今日は室内で出来る作業をしてます。

主に整理作業になるのですが、部屋の整理をしてると本を開いてしまって作業がとまるのはこの場合にも同様。
むしろ面白そうだと思って仕入れてまだ見てない本なわけですから、尚更に止まりまくりです。

そんな事をしてると、あるページで手が止まりました。
こ、これは…
もちろん権利とか無視してのことでしょうね。
まあ、あんまり似てないのが救いといえば救いでしょうか…。














林家正楽さんという方の切り紙芸の本に出てたのですが、正楽さんいわく「不気味なネズミでも漫画にするとかわいいものですね。ネズミはミッキーマウス、カバはムーミン…」

正楽さん!ムーミンはカバじゃないっスよ!妖精!  

Posted by チェリー2000 at 13:52Comments(0)

2010年03月23日

卒業式で泣かないと

昨日は夜警のバイトあがりで、市会に出て、日本橋に向かいフォンブランを訪ねた後、SKL日本橋店のグランドフィナーレを見に行く予定だったのですが、以外に眠くてうたた寝してしまい、結局目が覚めたのは夕方だったため、予定変更して
アマゾンの注文処理→銭湯→SKL
にしました。

それでも以外にタイトな時間でキッズランドに着いた時は8時15分前。
ギリギリのタイミングでした。

中に入ると入り口に涙目のスタッフが。

「なんしてんすか?!」「もう六時くらいからこみ上げちゃって…」

なんでも始めての職場で、特別に思い入れがあったらしいのですが…
まあ彼にとっての卒業式みたいなものになっていたのでしょうか。

いやいや、全然卒業とかじゃないでしょ!
翌日にはつい100m程度いった本店で普通に働くんだから!
スタッフも大部分残留するし。

まあ、なにはともあれ無事にラストを迎えた日本橋店を後にして帰宅。

しばらく忙しくて手を付けてなかった整理をやっていると違和感。
…静か過ぎる?

そういえばどりさんが居ない。
家中探しましたが、やっぱり居ない。
餌皿をみると最後に見たのと同じ状態でカリカリがそこしてありました。
どうやら夕方家をでたときに、気付かないうちに脱走してしまっていた模様です。

これはイカン!と外へ出てどりさんを捜索していると、目の前に夜目のせいか妙にキレイな白猫が。

大きさは似たようなモンでしたが、探してるのはキミとちゃうねん!と思うも、猫の居そうな場所だったので行ってみると、居ました!
キジトラはどれも同じような感じですが、ポッキリ折れてるかのごとき鍵シッポは見間違えようございません。

苦も無く捕まえ抱き上げると、件の白猫がじっとこちらを見つめていました。
この時間までいっしょに遊んでいたのかもしれません。

これまでは外に出てもほとんど軒先程度のところまでだったのですが
一時とはいえ、自由に表を歩いて、猫仲間を見つけ危うく座敷猫を卒業しかけたどりさん。

今後、積極的に脱走を目論まないかが心配です。  

Posted by チェリー2000 at 18:02Comments(0)

2010年03月21日

風ニモマケズ

昨晩からは電波の絶海の孤島、弁天町のオークで行われている古書即売会の営業終了してからの夜の番というバイトにいきまいた。
ホントにほとんどの局が入感しないのにびっくりです。

〝ほとんど寝てるだけ〟という楽なバイトのはずが、この暴風雨のおかげで本棚にかけたブルーシートの補正で〝あんまり寝れない〟夜となりました。
あと結構寒かったですが、これは回避できたはずのところを天気予報で聞いてたのを僕が忘れてただけなので自業自得。

そんなこんなで眠い目こすって現場を出たのが11時過ぎ。
12時には店を開けねばなりませんから、これまた寝てる間はなし。

でも開店まもなくやってきた小中学生くらいの女の子が、以前から目を付けてたんでしょう、迷い無く棚からケータイ小説をもってきて、ウキウキに抑えきれない笑みを浮かべながら剥き身の千円札を出したのがとても素敵だったので、頑張って開けて正解でした。

キッズの笑顔は世界のお宝。でございます。

今夜も同じく夜の番に行かねばなりませんが、もう様子はわかったので、今日はもっと要領良く快適に過ごせると思います。
風が治まっててくれれば、ですが。

ちなみに僕のバイトは今日までですがオークの即売会はまだ数日続くようです。
鉄道関係の本が多数出品してあるので、テツの人は行ってみては。  

Posted by チェリー2000 at 14:58Comments(0)古本屋

2010年03月20日

どりさんはお留守番

世間では三連休ですが、僕はこの三日は通常営業できないほどに用事が詰まってしまっております。
ですので

20日 12時~18時
21日 12時~18時
22日  臨時休業

という形にさせていただきます。

営業時間を聞かれて平日は24時までやってるというと、「そんな時間にお客さん来んの?」とよく言われます。
まあ確かにあんまり来ないですね。

僕の中で古本屋と銭湯は夜12時や1時くらいまで開いてるイメージだったので、なんとなくこの辺に設定しただけなんで。

だからあんまり人が来ないと、早めに閉めちゃおっかな~、と思うことはしばしばです。
昨日も最近は自転車で走りまくってて足に疲労が溜まってたので、早めに閉めて銭湯でゆっくり浸かろうかな、と思ってたらお客さんが。

それがまた件のご近所さん、僕の期待度NO.1ゲーム「ヴァンキッシュ」の制作がかなりの修羅場でお馴染みのプラチナゲームスのクリエイターさんだったのでちょっとテンション上がりました。
発売まで間のあるタイトルなので公開されてる以上の話はまだ聞けませんでしたが、「かなり期待してますよ」のプレッシャーを、即答で「間違いなく面白いです」と断言で跳ね返されたので、今後の続報が待ちどおしい限りです。

そのあと12時直前に入ってきたお客さんは30分くらい居て、結局ひやかしで帰ったのですが、店在住の僕的にはどうせシャッター閉めてるかどうかの違いなので、折角あけてるんだから来てもらった方が良いわけです。

ひとりで店をやるのは、イロイロ都合をつけるのが大変な面もありますが、なるべく時間内はちゃんと開けてたいところですね。

明日の朝までの仕事に出るので、猫のゴハンもむづかしい。
タイマーつきの給餌マシンが必要だろうか。  

Posted by チェリー2000 at 15:28Comments(0)古本屋

2010年03月19日

実用的なのがいい

本日から「たにまち月一即売会」が開催。
午前中のうちに様子見を兼ねた補充をしに会場である古書会館へ。

今回の作業ではカーゴバイクBULLITT(正確にはBULLITTのモデルのひとつCLOCKWORK)がかなり重宝しました。
欲を言えばもう少し積載量が欲しいところですが、まあ高速・省スペースの二輪車の利点を考えれば、都市部での利用に最も適しているだろうという期待通りの100点をあげれます。

なんだかんだ言っても普段の使用ではそこまで大量の荷物を積まないので、固定のしやすさから現在は写真のように箱を設置して、これに入れて運ぶことが多いです。

箱は屋根裏部屋に眠っていた古めかしい木箱が調度良いくらいのサイズだったのでそのまま使用。
なかなか味のある感じになりました。
専用のアルミボックスも出てるんですが、箱だけで6万くらいするので話になりません。
ちなみに本体には荷台の床板がなく、これも専用オプションでは2万します。
もちろん自作しました。 








隣のママチャリにくらべると横から見たロングノーズが際立ちます。


なぜかゲバラ








けっこうお財布的に無理してまでこの自転車にして良かったなと思うのは〝見た目〟。
珍しくもカッコイイという点でも、従来のカーゴバイクの常識を破っているBULLITTの野心的なデザインはかなり人目を引くので、これのお陰で組合でも話しをするきっかけができ、少し顔が売れました。
新人の僕にとっては業界をゆく足としても役立ってくれたと言えるかもしれません。  
タグ :実用車


Posted by チェリー2000 at 18:20Comments(4)古本屋

2010年03月18日

そうしてみんなネットに向かうのね

ラジコでラジオ大阪を聴取中。
別に普通にラジオで聴いてもいいのですが、このところあまりに耳にするので。
せめて雑音の多いラジオ大阪を選びました。

ちなみにラジオで聴くより5秒くらい遅れて入ってきます。

PCで聴いててもやはりAMはAMで、ネットラジオとは違うかけっ放し、垂れ流しっぱなし感がやはり心地よいです。
源泉かけ流しって感じで。

近年のラジオ離れの大きな原因は「ラジオ=時代遅れ」的な認識が、あえてラジオを聴く装置を用意しよう、装置はあるけど聴ける状態にしよう、と思わせないところじゃないかと思います。

そのてん、ラジコはラジオらしい〝~しながらのついで〟の気軽さを、IT時代に復活させる可能性を秘めている、そんな希望的観測さえ浮かんでくる僕です。

あるいはこれまで以上に距離の近いメディアとして番組とリスナーを結びつけるものになるかも。
楽しみです。


今日は週末の即売会のブース設営に行ってきました。
思ったのと違ってて、あまり上手く出来なかったので、明日午前中にちょっと手を入れに行くべきかなと
も思いますが、けっこう疲れたので気が向いたらで良いかって感じです。

正直、急ごしらえの上、方向性が定まらないまま作った棚は、自分の目で見てもあまり魅力的とは言い難いものがありました。

そのてん隣に作った駒鳥文庫さんの品揃えはさすがに映画専門店をうたってるだけあって、迷いの無い感じでした。
まあ当人には当人の迷いがあったりするもので、それを知らないノープラン親父が隣の芝生理論でよけいにそう感じたのかもしれません。

なんにしても今回の売り上げによっては即売会を販路として組み込むことも考える必要があるかも知れませんので、勉強にはなったと思います。
逆に言うと売り上げ悪ければ無理に時間繰りしてまでやりたくないなぁ、というのが正直な感想。  


Posted by チェリー2000 at 22:16Comments(0)

2010年03月17日

迷い道くねくね

今日は定休日なので、もろもろの確認と便利ステーションの開拓を兼ねた遠征に出てました。
手始めに先日ヤフオクで買ったリージョンフリーのDVDプレイヤーを使うため難波にあるという輸入DVD店へ。
本当は同時期に落としたレッドバロンのセットを見たくて買ったのですがなぜか連絡が取れず、それなら恐怖奇形人間でも買おうかと思い、どうせならイロイロ見てみたいと店舗に足を運んでみようと思い立ったのでしたが…残念ながら見つけた場所は既に空き店舗に。
HPにはそんなこと書いてなかったんですが。

まあ仕方ないとその場を後にし、ついでにフォンブラウンさんの場所を確認。
まだ行かないといけない所があったので、後日の再訪のため確認だけして更に移動。

週末の仕事場を確認しようとケータイのGPSと首っ引きでウロウロ。
どうも自転車では川を越えられなさそうだと確認して、当日は電車で行くことに決めたまでは良かったのですが、そこから適当に帰路に付くといつの間にか迷子に。

一旦居場所をロストしてしまうとGPSも混乱の元でしかありませんで焦りましたが、「方角は間違ってないはず」と知らない道を行くことに。
知らない道を行くのは知ってる道を行くより長い道のりに感じて精神的・肉体的に疲労が大きいもので、途中で見つけたリサイクルショップに寄り道して体を温めてから再出発。

ほんとはお腹も空いてきてたのでどっかで食べて行きたかったのですが、どりさんの食事の時間を越えてしまっているのに自分だけ食べる訳にも行くまいと、先を急ぐことに。

なんとか知ってる道に出て、そこからは無駄なく帰宅できました。

どりさんにご飯をあげてから僕も昼夜兼用の食事をしました。
そこから明日の搬入の準備などをやり始めて、途中でスーパーに水汲み、そのまま銭湯に行ってやっと今って感じです。

なんか結構忙しい一日になってしまいました。

こやつはメシを喰らってこんな有様ですが。  

Posted by チェリー2000 at 23:19Comments(0)

2010年03月16日

三月後半戦突入

昨日の市会の成果を電話で問い合わせると、4品落札できてました。
たぶん全部で10ちょっとくらいの入札だったので思ったよりは落とせてた感じです。

けっこう弱気の値をつけての低空飛行で勝負を挑んだので、落とした札も次点に
2、30円の僅差で落ちたものばかりでした。
今回はあまり無駄本が多くなかったので、そこそこ実弾を仕入れられたかなと。
ウチの商売の規模から言えばこれくらいの仕入れペースでも悪くないかもしれません。

今回の釣果の一部。









































映画関係がぼちぼちと戦記系ミリタリーものが一本、「SAS戦闘マニュアル」は「マスターキートン」で出てきたテクニックも載ってます。
ほかに歴史系のが一本。




3月の「たにまち月いち古書即売会」がこの週末にある事をすっかり忘れていました。

いや、正確に言うと「ぼちぼちだろうけど、まだ先じゃなかったかな。確認してないけど。」
を思い出すたび繰り返して記憶の隅に追いやっていたのですが、当然ながら時間はちゃんと
過ぎていた訳です。
これといって準備もしてないんですが、もともと店をやってるのでその気になれば搬入時に
適当に見繕って持っていけばそれで済みますし、そもそも客層やら何やらが分らないので
適当に見繕うしかないとも言えますので、そこんとこはもうザックリやっていこうかなと。

あと日雇いバイトがこの期間にバッチリ丸被りしている、キダ先生状態であることもちょっと
背筋をヒヤリとさせましたが、ここも元から店の営業時間に被っているのを融通する段取り
になっていたので、コレといった問題は無さそうです。  たぶん。
  

Posted by チェリー2000 at 21:04Comments(0)

2010年03月15日

ラ~ジコ~思い通りに~

もうすぐ終了の「元気一番」番組内、芦沢アナがラジコのPRで「SACHIKO」の替え歌をあまり達者とはいえないながら披露されてました。

僕の中でCMで聴きなじんでるけど、実際になにがどうなのか良く分らないさ加減では国民読書年のコトバダイブに並んでいたラジコが先頃から動き始めており、そして今、アクセス殺到で接続が難しくなってるらしいなどと、けっこう話題をさらっているみたいです。
本格的なサービス開始が期待されます。

ラジオを愛好する者として、AMラジオを見直してもらえる機会になればいいなと思う所存であります。


今日は市会があったので雨を気にしながら出撃。
出品数が多くて、一度見たところも再び回ってると〝おや〟と思う出品もあり、入札した数だけはわりと多かったのですが、例によって弱気な札なので最終的にあまり落ちないのでないかな、と予測しながら普段なら3時くらいまでは居るんですが、このところ何かと宿題が多いので開票前に会場を後にしました。

今日は春一番が吹いたとかで、もう暑いくらいです。
夏になると仕入れに出かけるのも大変になるだろうから、今のうちに多めに仕入れといて夏は店に籠ろうかと思っているので、なるべく落としたいのですが現状置き場所がちょっとキビシイのです。

打開策のひとつである文庫棚はまだ手付かずですが、ついでにやるつもりだった釣り棚は作ってみました。
本来ふたつ並べるのですが、文庫棚ができてから位置や高さを調整するとき面倒なので、とりあえず。  

Posted by チェリー2000 at 19:01Comments(0)ラジオ

2010年03月14日

精神的斜陽族

〝消費者たるもの貴族の心得を〟みたいな事をぶった舌の根も乾かない内にナンですが、僕はお買い得品に目がありません。

スーパーの半額惣菜は重要な狩場ですし、ヤフオクで興味ある品のめぼしい出品を一通りウォッチリストに入れといて、店番中の自由度を活かした巡回警備で入札が弱いのを見つけ、サクっと美味しいところを頂戴するのもお手の物です。

あくまで貧乏人の努力であってケチでやってる訳じゃないので、テレビに出てくるような過剰な倹約まではしてないのですが、逆に〝これくらいなら取り入れたいな〟と思える節約術もあります。
たとえばこの本「年収150万円一家」

子供が一人いる点を除けば全然楽勝な気がしてしまうのは「年収60万円一人暮らし」が僕の心の本棚に入っているからでしょう。

この本で僕が使えそうな情報はパンの耳とフリマくらいでしょうか。
実際のところパンの耳は競争率が高いことが多かったりして、そこそこ懇意にしてないと入手しにくかったりとか、フリマにはオッサンの一人暮らしに向いたお宝はあんまり無かったりする現実にぶち当たって断念していたりするのですが、中津に越してきて環境も変わってますので再チャレンジしてみるのも良いかもしれません。

三月も半ば、春から新生活を始めるという方もおられる事かと思います。
無駄を省いていけば、自然と生きたお金の使い方が身に付いてくるものですので、今まで何気なく使ってたものを一つひとつ見直して見てはいかがでしょう。

手始めに便利につかえる近所の古本屋を探してみては?
これから引っ越す方なら、かさ張る本はこの際売ってしまえば身軽になってお小遣いもGETできますよ。
ぜひ。  

Posted by チェリー2000 at 15:14Comments(0)

2010年03月13日

精神的貴族

西靖アナが「わくわく土曜リクエスト」から卒業だと聴いて、ふとHPを覗いてみると…ズル剥けですやん!
すぐに企画で丸坊主にしたことを思い出しましたが、それにしても…。
なんていうか、知っているというのとズバリ目の当たりにするのは、やはり違うなぁと思いました。

相変わらず持病の貧乏をこじらせまくってる僕ですが、実はこのところ結構財布の紐を意識的に緩めております。
それは年頭に死に損なったこともいくらか影響してるのかも知れんのですが、とにかく世の中があまりにも貧乏臭くなってしまったため、ミスター天邪鬼としては世間の流れに逆らいたくなったのが最大理由であろうと自己分析。単純なもんです。

そんな訳でだいぶ前にちょっと欲しかったけど諦めた物なんかを、あちこちでイロイロ物色して買い物しております。
まあもともとそんなに物欲のある方ではないので、すでにネタ切れ気味ですが。

そうこうしてると、まさしく時代を象徴するような本が入ってきました。
「「嫌消費」世代の研究」
ようはかつて消費の花形世代だった20代~30代のコらが金を使わない事をデータを添えて〝劣等感〟をキーワードに悪し様に検証した本です。

僕の感想としては今の若いコは昔みたいに右へならえで同じものを買ってくれるほど消費自体にロマンを持ってないだけで、使うところには使ってるんじゃないかなと思います。

ただ、賢い消費者になるのは良いことだと思いますが、時には敢えてバカになることも必要だなと。

昔は貴族のような極端に持っている人が、ステータスとして道楽で無駄な文化を維持してあげたりしたのかも知れませんが、文化の世界も民主主義化。いまやその役割は一般に分担させられてるのじゃないか、と思ったりします。

ゲームでもシリーズだからとにかく買う、ってのもどうかと思うけど、凄い期待してる物でもとにかく中古待ち、ってのもイカンです。

ちゃんと自分の中のバランスに従って一番良い形を想定しつつ、財布と相談しながら良い消費者になりたいものであります。
親も、金も、好きな物も、あと髪の毛も、大事なものがいつまでもあると思うな、ですから。
  

Posted by チェリー2000 at 21:28Comments(0)

2010年03月12日

テコ入れ準備

南海キャンディーズのしずちゃんがアマチュアボクシングで結構良いとこに食い込みそう、という話を聞きました。
どうやら国内では競技人口がかなり少ないらしく、ましてあのサイズとなるとほとんど居ないからいきなり代表クラスになってしまうのでは、という事らしいです。
ニッチを狙えるというのもひとつの才能ですね。


さて、我がぷれこぐ堂はといえば、あいにくニッチとは言えないが大メジャーとも言えない半端なポジションになってしまっていると言わざるを得ないかもしれません。

もっとヘンな本が沢山あつまるとか、美術系技法書・資料などを専門レベルで扱えるとかすれば、梅田はデザイン系の専門学校が多いので、結構狙いどころだとおもうんですが…。

まあその辺は今後の課題として、とりあえず手の付けられるところからやっていこうと、チラシをつくってみました。






予算をかけないために白黒コピーで作るシンプルなものに。
でも折角だから黒を基調にして、ちょっとでも味気なさを隠そうとしています。
よそでコピーするので、どうせならしこたまトナー使わせたる!との貧乏臭い発想もございます。

こちらは裏面。
大きくわかりやすい地図を心がけてみました。
本当は中津近辺のスポットを紹介した便利地図にしたかったのですが、難しかったので断念。
裏面はウチのプリンターで刷るため、表とはうって変わってインク節約を念頭に白くなってます。




おおむねこれで行こうと決まったのですが、問題はチラシに書いてる事がまだ店の機能として実装できていないため、今すぐは配れないという事です。

いまいろんな用事が重なってるので、今月中は無理かな…。  

Posted by チェリー2000 at 21:09Comments(0)古本屋

2010年03月11日

ふがいない

このところ、アマゾンでの売り上げ比率がまあまあ上がっています。
注文数自体がそんなに伸びた訳ではありません。
理由の主たるところは、組合に入って仕入れが安定してきたという事と、比較的高めな本が売れてくれているからと思われます。

そして店舗の売り上げが横這いであることも大きな理由でありましょう。

だいたいが組合で仕入れている本は基本、僕が店に欲しいと思って入札したものなので、店で売れてくれるのが一番望ましい訳なのですがそうならないのは、結局そういう客層を集客できていないからに他ならない訳です。

その結果アマゾンで売らねばならなくもなりますし、アマゾンで消化してしまったりもしてしまう訳です。

まあ買ってくれる人に上下があるわけじゃないですが、僕がそれなりに労力を使って集めた本が、買い手にとっては単にアマゾンでの買い物になってしまうのは何となく虚しいモノがあるような…。

やはりわざわざ足を運んでもらうにも、そしてある程度の安定した売り上げを得るにも
「ぷれこぐ堂に行けば何か面白い本がある」そんな期待を持って来てもらえるお客さんを獲得することが必要なわけですね。

そうと分っていながら未だ足踏み状態。忙しくて手が回らないこともありますが、今ほどテンテコマイになるまでに出来たことは幾らもあったろうと、やはり自分の不甲斐なさに臍を噛んでおります。

店ではまず売れない三千円の本をアマゾン注文で梱包しながらそんな事を思いました。  

Posted by チェリー2000 at 19:27Comments(0)古本屋