2010年07月19日

全童連

今日も市会はありますが、荷物が散らかってるのと、なにより暑いので屋内作業をすることに。
ボチボチとラジオを聴きつつ在庫整理など。

今日の「谷五郎 心にきくラジオ」によると、「全国童貞連合」なるものがあるそうな。
なんと会員700人。
でも集まるとすぐ揉め事になるらしい。
しかも会議をしても全部、机上の空論&聞いた話なので役に立たないらしい。
〝卒業〟したOBに話を聞こうとすると、あからさまに上から目線で腹立つから呼ばないらしい。

哀しい色やね。


その後、武田和歌子の居ない「武田和歌子のぴたっと」な流れる。

今日の「中継ちょばーん」のコーナーは中津からの中継ということで、どこが紹介されるかちょっと楽しみにしていたのですが、結局中津近辺ではめぼしいポイントを見つけられず、淀川河川敷で練習してる野球少年にインタビュという、ちょっと残念な形に。

中津にもユニークなお店とかあるにはあるんですが、中崎のようにいい感じにまとまってないから、今ひとつ目立たないんですよね。

と思ってると、番組の途中に「中津商店街」のCMが!
CMでも言ってましたが、細くて短いちんまりした商店街であります。

それはともかく、もうちょっと開いてる店があれば…ね。  

Posted by チェリー2000 at 21:26Comments(0)ラジオ

2010年07月19日

片腕ブンボーグ

以前、こちらで書きました〝残芯を可能な限り使い切るシャーペン〟。

<前回までのあらすじ>
B2を使っている僕は、早い芯の減りに対抗するべく、なるべく最後まで芯を使うようにしていたが、継ぎ足しの芯は押されて戻った分を調整しないとならないのと、ホールドを失って芯が回ってしまう為、極めて使い使いづらくストレスを感じていた。
そんな時、三菱の「ミリノ」を発見する。
「ミリノ」はペン先が芯を保持し回ることがない「ツインチャック方式」で、残芯1mmまで使い心地が変わらず使い続けられる優れものであった。
しかし引越しの際、以前使っていた物が無くなってしまい、しかも探してみるがどこにも売っていない。
その代わり100円程度の安価な物が〝芯を使い切る〟の謳い文句で出回っていたので、試しに使ってみることしにたのだが…。


結論はとっくに出ていまして、ハッキリいってまったくダメでした。

やはりツインチャック式でなければ、芯のリリース部分から離れた途端、芯がくるくる回って書き難いのです。
確かにノック後の〝もどり〟による隙間が出来ないようにはなっていますが、これだけで〝芯を使い切る機構〟なんて謳い文句は笑止千万です。

「やはりミリノしかない」と再び探していると、以前ネーム入りで100本からの記念品注文しか無かったアマゾンで、10本の通常品セット売りが出ていました。

個人使用なので、10本もいらないけど…と思いつつも、買える範囲ではある。
結局、逡巡しつつも買ってしまいました。

届いた品を見てみると、デザインがちょっと変わってました。
フレームが安っぽくなって、金属パーツが減っています。
そういえば以前の物は一本500円くらいする、高級シャーペンだったと思いますが、今回のは一本あたり300円程度。

まあ機能さえちゃんとしてれば問題ないので、安くなったのは大歓迎。

とりあえず自分用に二本ほどキープしておいて、残りは店で売ってみようかなと思ってます。  

Posted by チェリー2000 at 02:20Comments(0)