2010年08月04日

〝シーソーは法を知る〟

奥歯の具合が悪くなったので、歯医者に行きました。
そこそこケアをサボってたので、今度こそ相当な事になってるに違いないと覚悟を決めて、口を開いてみると何のことは無い、問題の箇所と、その隣の歯に樹脂を足しただけで、あとは歯石を取って終了。

意外に肩透かしだった訳ですが、ただ最後にしてくれたブラッシング。
ブラッシングとは言うものの、歯ブラシの毛先を立ててガンガン歯と歯の間に押し込んでくるというハードなものでした。

確かにこのやり方でなければ、歯間に対して十分なブラッシングはできない!
しかし結構痛い!

〝こんなに激しくやるもんなんだなぁ〟と思ってたら、衛生士の〝てじな~にゃ!〟の掛け声と共に口から抜かれた最初は白かった歯ブラシは、不思議な事もあるものでやや黒ずんだ赤に染まっていました。

んー、綺麗にした感はあるんで、悪くない気分ではあるんですけどね。

最後にサービスなのか料金に勝手に含まれてるのか解らない歯ブラシを一本くれましたとさ。
  

Posted by チェリー2000 at 19:21Comments(0)