2010年10月17日

トイレット博士

どり蔵のトイレはシリカゲルと吸水シートを使う、いわゆるシステムトイレというヤツです。

最近、この消耗品を安価なコーナンブランドのものに変更しました。
しかし、どり蔵は「トイレを掘る」タイプで、この肉球にちょうど挟まるサイズのシリカゲルの粒は、よりどり蔵の「掘り掘り魂」に火をつけてしまったようで、掘ってはトイレの外に散らかしてしまいます。


そこで、園芸用のソフトビニール製のすのこをトイレ内に設置して、途中でシリカゲルが落ちるように改造してみました。

これが、そこそこ巧く機能してるようで、外に落ちる粒はかなり少なくなりました。

しかし、根絶は出来ていません。

実際に掘ってるところを見て研究しないと、これ以上の成果を上げるのは難しいのですが、見られるとやめよるんですよね。
えい、めんどうなやっちゃ。

舌を出しておちょくってくるどり蔵。

ウソです。

寝起きで舌をしまい忘れているどり蔵です。  

Posted by チェリー2000 at 21:51Comments(2)