2010年11月10日

ヘルボーイ

「悪魔くん」というと、個人的に思い出すのは実写版でした。
といってもさすがにリアルタイムで見てたわけではなく、後々に本や再放送なんかで見かけたのが最初の出会いであった、という事情です。

アニメ版を見たりもして、その後いろんなバージョンの漫画がある事を知り、二年位前に単行本の一巻を読んで、興味を持ったのがそれまで見知ってた山田真吾でない「悪魔くん」、松下一郎バージョンでした。

人知を超えた超知性を持ち、そのあまりにも人間離れした知能と感性ゆえに「悪魔くん」と異名をとる少年。
「悪魔くん」はその知能で、古代の神秘の謎を解き、悪魔を召喚し、その力を以って世界を貧困も苦痛も無い楽園に変える大目標を掲げる。

ボクが馴染みの山田真吾くんが、鬼太郎よろしく妖怪退治業に勤しんでいたのに対し、社会派な理想のために命を賭けるの革命児が

この子です。

はじめてみた時は、山田真吾くんが水木漫画に珍しく美少年だっただけに思わずのけぞりました。
しかも頭が良すぎるので、何事にも達観しており、かつ凡人を完全にナメきってて態度が悪い。

とはいえその本質は、人類の平和に献身する覚悟の少年なので、たとえ危険な戦いに身を投じる時も

「やるだけやって死のう」とサラリと言ってのける。
やるべき事がやれないのは、死ぬことより深い絶望だ、という覚悟が感じられます。
アクは強いが実はかなり芯の通ったナイスガイです

カッコいいゼ!松下くん!

物語後半、そんな松下くんが艱難辛苦を乗り越えてついに悪魔召喚の秘密を解き明かします。
で、召喚した悪魔が

こいつ。

どう見ても笑い飯の片割れにしか見えないこの悪魔。
なんとガメツいだけで、なんの力も無いそうな。

が、「最後は悪いやつが勝つ」ということで、悪魔くん(=水木さん)が放逐せんとしたこの世の不平等のてっぺんに登りつめてしまうという皮肉な展開。
わずかに希望を残して物語は終わります。

ちなみに今回読んで判ったんですが、以前僕が読んだのは本作のリメイクにあたる「悪魔くん 千年王国」でありました。
「千年王国」はちゃんと完結してるみたいなので、そっちも読みたいこの頃です。  

Posted by チェリー2000 at 22:53Comments(0)マンガ