2011年04月21日

リッスントゥザレディオ

今日は大した決まった用事がなかったので、支部市に行こうか迷いつつラジオを聴きながらぼちぼちブラブラ。

「粋も甘いも」を聴いてると、昨日の野球でずるいプレイがあったとかで、まして巨人が阪神に対してやったからもう大層な騒ぎになってるらしいのですが、そこは世渡り=ズルぐらいの発想の持ち主、桑原 征平。
〝スポーツは審判を誤魔化すものなんです!これも技術なんです!〟と断言。たしかにその通りです。
さすがに連帯保証人になって背負った借金を完済しただけあって、ズルでもまかり通る世間の酸いも甘いも知り尽くしてはるなあ、と感心して聴いてたら森山中・黒沢の話題が。

ラジオマニアの黒沢は地方地方でも好きな番組をチェックするために、6つの携帯ラジオを持ってるそうです。

なんでもラジオによって得手不得手があるから、ということだからだそうですが、果たしてそんなもんなんだろうか?
アンテナやバリコンにそういう性向があるとは聴いたことがありません。
フェライトバーアンテナやプリント基板アンテナの違いでそういう差が出るとかでしょうか??

ダイヤルチューニングにこだわりがあるという話でしたが、宝くじを一枚ずつチェックする的な楽しみとしてならわかりますが、精度を考えればデジタルチューニングのほうが肝心の入感レベルを期待できると思うのですがどうか。
あといくつも持って行くぐらいなら、程度の良いやつ一つと中型ループを持ってたほうが良いと思うのですがどうか。

まあ個人的なロマンとかもあるでしょうが、それを外しても地方での聴取に関してはこれはかなり膨大なサンプルデータとなりうると思うので、ラジオ関連メーカーは是非とも森山中・黒沢かずこをモニターにすると、製品の向上になると思いますがどうか。


あと、野口五郎がライターのガスを必ず使い切るこだわりに関しては、こだわりと言うより野口五郎が大変な倹約家だからかもしれない、と思いますがどうか。


そんなこんなで、けっきょく支部市には行きませんでしたとさ。  

Posted by チェリー2000 at 18:10Comments(0)ラジオ