2011年05月19日

リングを墓場と決めて

先ごろ出崎監督が亡くなったから、という訳ではありませんが、何度目かの「あしたのジョー2」を観ています。

「あしたのジョー2」は「あしたのジョー」が原作に追いついてしまって終了した後、完結した原作をアニメ化した作品で、原作に沿わせながらも可能な限り矛盾や問題点を解消、かつオリジナル要素で作品の世界観を見事に補完しており、非常に完成度の高い映像化作品です。

人によって感じ方は違うでしょうが、「あしたのジョー2」から作品に触れた僕としては、「あしたのジョー」は高森朝雄の原案から、ちばてつやの漫画、そして出崎統のアニメという形で完成した作品と認識しています。

その立場から言うと、あの有名な〝真っ白に燃え尽きた〟ラストシーン。
長年、死んでる生きてる論争が繰り広げられ、現在ちばてつやによって公式に生きてると、わざわざ絵つきで回答されているあのシーンですが、僕としては死んだ説を採っています。

なにしろアニメ版のラストの会場の絶句ぶりは、リング上で異常事態が起きてることが観客にもわかるレベルである事を表していますし、ゴロマキに到っては帽子脱いで完全に黙祷のポーズを取っていました。

あれで〝実は寝てただけでした〟ではあまりにも締まらない話じゃないですか。


ちなみにアニメでは漫画の良かった点はかなりキッチリ拾ってますが、個人的に好きな所をいくらか取りこぼしてる部分もあるにはあります。
なかでもカーロスを影で見送るシーン。
アニメのほうではボコられ方が緩かったのに対して、原作では容赦なく潰れてて戦いの激しさを感じさせます。

「がんばれやカーロス」  

Posted by チェリー2000 at 23:08Comments(19)アニメ