2011年06月18日

成長しないって約束ジャン

アホロートル 君だけのユニーク

玩具のように 振舞うネオテニー 

こんなにミクロな君だから

こんなに(こんなに) ミクロな(ミクロな) 君だから

不完全変態ロマンス

()内コーラス




そんなオリジナルソング、「こんなにミクロな君だから」を作ってしまうほどの幼形成熟マニアであまりお馴染みでない僕です。

なぜあまりお馴染みで無いかと言うと、〝生まれた時から大人と同じ形態の小さい生物〟もしくは〝その種族で通念上知られる大きさより極端に小さい種〟が好きなので、厳密な意味合いで幼形成熟に限定される訳でないからです。

あるいはもっと根本的なエラーがあるかもしれません。


この時期の不完全変態の昆虫を見かけると、忍び寄る夏の影に慄きながらも少しニヤリとします。


ちなみに人間も幼形成熟種とする説もあります。
〝人間の幼形成熟〟と聞くとどうしてもエマニエル坊やとか白木みのるを思い出しがちですが、この場合人類そのものが幼形成熟種としてサルと分岐したというお話。

まあ別の意味で大人になれない大人は確かにいますけどね。嫌ですね。

じゃあ子供は好きかと聞かれれば、子供にもよるけど嫌いではありません。
唾吐いてくるようなお子様はキックしたいですけどね。


最後に僕の好きなカメレオンの小さいヤツ。

これで立派に大人なのだそうです。
爬虫類+カメレオン+極小とツボを押さえまくりのニクイ奴です。

虫は梅雨が明けるころにはすっかり可愛くなくなるので、やっぱりナチュラルに小さいのが良いですね。  

Posted by チェリー2000 at 15:47Comments(0)