2011年06月29日

Wエクストリーム

本日は廃棄、いわゆる〝潰し〟を行いました。

本だけならゴミ捨て場に置いといたら持ってってくれるんですが、今回は紙物だけでなかったのと荷物の回収があったので、組合まで持って行くプランを立案。

しかしながら現在、気象庁いわく〝梅雨の中休み〟なんだそうで、猛烈な暑さに見舞われ倒していて、遠乗りするには厳しい気候なのが難点です。
それにしても中休みって表現はすでに無理がないでしょうか。
まあ理屈としては気圧配置的に終わってないなら、たとえどんなに晴れ続きでも梅雨は終わってないんでしょうけど、なんか理屈バカな感じがします。

それはともかく暑い中での作業は汗みどろでたまらんので、午前中に荷物の用意を段取りし、いい感じにドロドロになったところでジムで風呂に入る。
その後、搬送・回収して帰り、荷物を入れてドロドロになったところで開店前にジムの風呂にいくプランに改案。

二回のリフレッシュで巧みに気持ちが折れるのを防ぎながら作業を完遂するというエクストリームスポーツです。

銭湯では入るたびに410円取られるので、なかなかこういう入り方は出来ませんが、定額制なので時間内なら何度でも出入りできるのは暑い季節に真価を発揮するだろうという、かねてからの目論見を実行することにしました。

時間的にちょっとタイトではありましたが、作戦自体は成功でさっぱりすっきりでした。

ただ予想以上に炎天下の活動はダメージが残るので、すでに回収した荷物を一ミリも動かす気力が湧きません。

本当なら夏までにもっと作業を進めるはずだったのですが、すでに巣篭もりモードが暴発しそうなこの頃です。  

Posted by チェリー2000 at 21:35Comments(2)古本屋

2011年06月28日

ついてるぞう!

昨夜の「深夜の馬鹿力」でも言っていたように、いったん仕分ける場所が無い状態で処分していくことは極めて困難であり、むしろ荷物を掘り返すために散らかってしまうのは避け難いことなのであります。

ウチもまさしくその真っ只中。

とは言え、いくぶん作業を進めてきた成果か、多少仕分けにも大鉈を振るえる余地が出来てきました。

特に最大の大鉈、〝廃棄〟候補がある程度まとめられて来たので、加速度的に整理が進むかもしれません。
まあたぶんそれが蓋になってたところから、再び大量の要整理在庫が出てきて渋滞起こしそうな予感がしますが。

むしろ確信に近いのですが。

特にこの暑い中で非エアコン環境では、作業そのものが困難なため、進まなくなる絵しか見えてきません。

それはともかく、二階の寝室が使えないのは難儀なので、ここだけでも使えるようにとヨドバシに窓用エアコンを下見に行きました。
しかし、窓用エアコンはヨドバシ的にあまり押してないようで、片隅に数モデル置いてあるだけ。
先客が店員を捕まえて質問攻めにしており、店員もさっさと別の用事に行きたそうでしたが、そこは最後までちゃんと対応してました。

あんまり参考にならなかったので、腹いせにカタログを頂いて家で検討することに。

そこでもうひとつ、衝撃のマシンを発見。

「どこでもクーラー」!

冷やしたい所へ持っていって冷やせるという夢のマシンです。
冷風扇とは違い、ちゃんと冷媒で空気を冷やし、ダクトで排熱するれっきとしたクーラーの仕様。

これはひょっとするとこの夏の救世主になるかも知れないしそうでもないかも知れない。
除湿乾燥機としても優秀らしいので、活躍の幅はかなり広そうです。



もうちょっと調べつつ、ヤフオクとかで安いのないか探して見ます。  

Posted by チェリー2000 at 23:46Comments(4)

2011年06月27日

負け犬の死

不要な本をまとめて市会に。

風が変に強くて、横風に煽られながら口をついてでるのは小林旭「赤いトラクター」。
調子に乗ってくると何故か川谷 拓三「負け犬のブルース」にシフトしたりして会館に到着。

例によって下札で落ちたらラッキー、上札で無理なら諦める、とごく当たり前の基準で冷やかし同然のヘナチョコ札を恥ずかしげも無く投入してきました。

こういう入れ方をしていると、意外に下の基準がブレて〝なんでコレに札を入れたんだろう?〟と言うのを、落札に至ってから気付いたりします。
しかもそんな時に限ってそれくらいしか落ちてなかったりして、落札価格に席料がそのまま乗っかる形になってなんか凄い勿体無い気になるので、その後の振りでいくらか分散させて自分の貧乏性を誤魔化すところなんですが、今回はやることが多いので開札を待たずさっさと撤退。

まあこれまた意外に〝なんで?〟の中に開いてみると面白いのがあったりするんですよね。

さて、果たして何機撃墜しているかは後のお楽しみ。


なんだかんだと朝から一日動いて落ち着いたら急激に眠くなって横になる。
こういう時は恒例でいつも「フランダースの犬」のラストシーンを思い出してしまうのですが、何故かワン公の代わりにどり蔵がバッタリ。

や、アンタはビタ一働いてないから。  

Posted by チェリー2000 at 23:58Comments(2)古本屋

2011年06月26日

あかずの間

まだまだ梅雨の真っ只中と思ってたら、ムエタイのエルボーばりにノーモーションで致命的な威力を持った暑さが襲って来ました。
暑い時期になると怪談をよく見聞きするもので、定番ネタのひとつに「あかずの間」モノがあります。

「あかずの間」といえば皆さんもちろん、ヴィジットから発売された脚本・竹内義和のプレイステーション用ソフト「あかずの間」を思い出すところと思います。
たしかノベルも出てた気がします。

そんな神出鬼没な「あかずの間」が、なんとウチにも出来てしまいました。
寝室兼軽作業所である二階の一室で、扉を開くこともはばかられる恐ろしい事がおきたのです。


二階のエアコンがさっぱり効かなくなりました。


実際には去年の夏後半くらいからそういう状態だったんですが、去年は暑すぎてエアコンの力がおっつかないという話もありましたし、ひょっとしたら調子を取り戻すかも、と様子を見てるうちに涼しくなっていったので、心に引っかかってはいたものの最近まで放置してました。

しかしこの数日の暑さに負けてつけてみてもビタ一冷風を吐き出してはくれません。

室外機は動いてるし、風量自体は十分ある。
最も疑わしいのは冷媒ガスが抜けたことですが、この辺になると素人では手が出ないし、修理するにも万単位のお金がかかるっぽい。

それならいっそ別の冷房器具は無いものかと、冷風扇をチェックしてみましたが、これは普通の扇風機よりちょっと冷たい風がでる程度みたいで、暑がりの僕にはあまり効果が期待できそうに無い。

やはり〝部屋の空気を冷やす〟という機能が必要だと思い、さらに調べてみると窓用エアコンに行き当たりました。

狭い部屋なら十分に機能するようで、取り付けも自分で出来るから、今からでも順番待ちせず買ってきてポン付けで使えるのはありがたい。
まあ、値段がエアコンの修理代ぶんくらいはしますが、修理代払うよりは物が残るし、いざとなれば持って行けるし。

もうちょっと調べてから、実際に物を見て検討してみようと思います。  

Posted by チェリー2000 at 17:23Comments(4)

2011年06月25日

発売決定

絶賛禁ゲー中な訳ですが、情報だけはチェックしていると、遂にGoW3の予約が開始したとの御触れが。

しかも限定商品類も欧米に準じてズラリとラインナップ。

予約だけで100万本を突破してるタイトルが、最終10万も売れないだろう日本市場だけに冷遇を覚悟するべきところを、ゴア表現の規制以外ほぼ世界基準通りの扱いと、大変な大盤振る舞いに日本人プレイヤーはゲイツ郡に向かって一斉に柏手打ってる状態だったりするでしょう。

限定商品類は多分買わない僕も、共通サーバーとか規制がちょっと緩そうだったりとかするらしい点はすごく喜ばしい。
しかし驚いたという点ではその上をいったのはTPSの「ウォーハンマー40000」が日本で発売されるらしいということ。

元がテーブルゲームをTPSにして、全くといって良いくらネームバリューの無い日本で出すとは、僕がFB専門である点を差し引いても、まさしく〝どん判金ドブ〟としか言い様が無い。

多種族を使ったコンクエストがあったらかなり面白そうな気もしますが、出る時期が悪すぎてダメでしょうね。
なにより40Kにはリザードマンが居ないのが致命的です。
それ以前にウチじゃミニチュア自体もう埃かぶってますし。

ちなみにFBのRTSも出てます。海外版だけですが。  

Posted by チェリー2000 at 17:29Comments(0)XBOX360

2011年06月24日

裏道

「テレビは見ません」
最近ではそういう人も増えて来ていると聞きます。

かく言う僕も視覚を占拠されるぶん、時間コストの高い映像メディアは避ける傾向が強く、だらだらテレビ見てるってことはほとんど無くなって久しい訳です。

しかし、そういう風潮があると聞くとあら不思議、どうにもテレビを再評価してみた方が良いような気がしてくるのがヒネクレ者の性であります。

とはいえ、物理的に時間が無いのであまり追求する感じにはならんワケなんですが、とりあえず興味湧きそうな所を録画して早送りで見る作戦でいくことに。

まあやっぱり離れるだけあってあまり面白くは無いんですが、チラチラと観測しております。
トルネで見てると、現在トルネで視聴されている番組でどれが一番見られてるかが「ミル」という単位で表示されるんですが、さすがにゲーム機ユーザー、圧倒的にアニメが強い。特に深夜。

残念ながら僕にはどれも同じように見えてしまって全く食指が動きません。

なのでお勧めは当てにせず自分で開拓してますが、しばらく離れてたのでとりあえずNHK縛りでチェックしてます。
「Jブンガク」は「文学ト云フモノ」くらいモロに狙った感じでやったほうが良くないかと思ったりします。

あとPS3の映像機能といえばブルーなレイですが、ブルーなレイでは日本のリージョンは北米と同じらしいので、ひょっとしたら北米版だと安くBD買えるかもしれないな、と思いました。  

Posted by チェリー2000 at 22:23Comments(0)テレビ

2011年06月23日

白黒つけるゼ!

今日も在庫処分活動。

ばっちり日焼け止めを塗って出撃。

帰りしなに薄手のベニヤ板を購入するためコーナンに。
これから暑くなると辛くなること請け合いの、けっこう力仕事な百均棚出しを少しでもスムーズにするため、下に敷いて足場をよくする用の板です。

ついでに日焼け止めも減ってきたので、スペアを買おうと売り場にいくとサンプルが並んでいたので、いくつか使ってみることに。

サンプルを塗るべく手袋を外すと…手袋の部分と露出部分でクッキリとセパレートに!

原因として考えられるのは「日焼け止めが汗で流れた」。
あるいは「マレーバクの呪い」ではないかと思われます。



マレーバク



とりあえず一番強力な日焼け止めを買って帰りましたとさ。


  

Posted by チェリー2000 at 17:22Comments(0)古本屋

2011年06月22日

今は食って寝たい

しっかり日焼け対策し、在庫処分用に昨日用意した荷物を積んで出撃。

そこから金クラ冷やかして一昨日の市会で買った荷物に積み替えて帰投。

書くとこれだけですが、なんだかんだで4~5時間自転車で駆けずり回るという仕事。
開店時間に間に合ったのは、天気予報を信じないで大胆に計画を立てたから。

とはいえ、降らないぶん暑さは本格的だったので、すっかりグロッキーに。
精のつく物でも食べて…と思ってたら、今日はまだビスケット2枚しか食べてない事を思い出しました。
つい油断すると食事を抜いてしまうのですが、金龍飛じゃあるまいし、もうちょっと食べないと持ちません。

「精力」といえば堀ちえみ。
子沢山で知られる堀ちえみが、バツ2に懲りずまた男をつくったとかなんとか。
まだまだお盛んなようです。

恐るべき繁殖力に、P・K・ディック「ゴールデンマン」を思い出します。
堀ちえみは新人類ミュータントなのかもしれません。

じゃあ堀 美矢子はどうなのかと思ってウィキペディって見たところ既に引退したとありました。
うーん、もう少し頭が回れば今頃うまいことやってラッセンの財産を食い潰せてたかも知れないのに、残念な人はやはり残念なものですね。

あとがんばって回収した大量の少女漫画に近所の女の子が早速食いついてた。
金額はともかく甲斐があったのでとても良かった。

女子は恋愛モノが本当に好きです。
その意味では男子より繁殖力が高いという事なのかも知れません。

なんか話をまとめるほど僕も頭が回らなくなってるので、この辺で切り上げて飯食います。  

Posted by チェリー2000 at 20:02Comments(2)古本屋

2011年06月21日

禁じられた遊び

意外とみんなキッチリやってるなぁ、と思った昨日の市会。
ダブルインカムで苦境をしのいでたり、はたまた結婚して収入を安定させるために就職してながら長期計画で店を発展させる計画したり、貯金のある人、売り方を工夫する人、様々です。

よそ様の事情を聞くにつけ、我が身を振り返り恐縮することしきりです。
しかも恐縮しつつ反省はしないってェんだから質が悪い。


さて、経済状態の改善につながる明確なヴィジョンがある訳では無いとはいえ、僕も僕なりにやる事は山積してます。

そしてかなり暑くなって、時間的な猶予が無くなって来ているのに、なんだか仕事が減らない。
むしろ掘り返すほどに増えていっている様な気がする。

そんな6月後半戦。


それでも二階の荷物置き場はちょっと床が見えてきてるから、進捗が無い訳ではない。
はず。

既に若干セーフモード気味ですが、パワープレイが出来ないなら運転時間を延ばして店内再編作業をすすめるつもりです。

という訳で禁ゲーを決定。

もともとゲームする時間は減らしてましたが、どうせ惰性でやってたし、9月にはGoW3が出るからちょうど夏の盛りを禁ゲーで過ごすといい感じ。
のはず。

とにかく今はやる事が多いので、店に集中する方向で。

あとは夏がビシっと終わってくれるといいんですが。  

Posted by チェリー2000 at 17:45Comments(0)古本屋

2011年06月20日

プランB

最近はぼちぼちヤフオクに復帰して、まあぽちぽちと売れたり売れなかったりなワケですが、やっぱりアマゾンと違って発送方法をお客さんの希望に合わせたり出来るので、久しぶりに郵便局を頻繁に使ってたりします。

そこで最近よく利用するのが「ゆうメール着払い」

ゆうメールは距離は関係なく重量によって料金が決まるので、メール便についで使いやすい方法なんですが、20円程度の手数料を足せば着払いがオプションで付けられる点でも優れています。

送料を入金してもらうに、あらかじめ重さを量ったりする手間が必要なくなるので楽ですし、手渡しなので郵便受けに入らないサイズでも安心して送れるし、不着等の事故がぐっと軽減される事も期待できて良いのです。

あえて難を言えば、領収証とか証明証とか問合せ番号の類が全く無く、もちろん支払いもないので、ただ

〝ゆうメール着払いで〟

といって渡して帰るだけというアッサリし過ぎなところで、なんとなく頼りない事でしょうか。

さあ、キミもメール便では厳しいサイズや重さの物を送る際には、ゆうメール着払いを利用してなんとなく頼りない気分を味わってみよう!  

Posted by チェリー2000 at 23:29Comments(0)古本屋

2011年06月19日

雨が小粒の真珠なら

〝梅雨とはこういうものだ!〟と低気圧のどや顔が雲間に浮かんで見えるくらい雨がよく降ります。

しばらくはずっと雨模様のようで、営業的にもサッパリです。
それは雨のせいばかりではないかも知れませんが。
むしろ雨はオプションメニューのような気がしてなりませんが。

営業がさっぱりままならない古本屋というのは惨めなもんで、いっけん気楽そうに振舞っていても、過酷な環境の中で知らぬまにネガティブな印象を与えてしまう特殊な負のフェロモンを発する臭腺を発達させているのです。

その威力たるや飲み会の時に事務員さんに「歯茎下がってきてんちゃう?大丈夫?」と真剣に心配されてしまう。
それほどに強力なものなのです。

ちなみに言われたのは僕ではありません。

このご時世、ネットバリバリ系は別として新参の古本屋は大抵そんなもんだと思って見ると中々オツなものです。

特に雨の日はいい感じに途方に暮れているところを観察できるので、実は雨天時こそ新参古本屋は味わい深いスポットとなっています。

まあしかし良く降りますね。  

Posted by チェリー2000 at 22:10Comments(0)古本屋

2011年06月18日

成長しないって約束ジャン

アホロートル 君だけのユニーク

玩具のように 振舞うネオテニー 

こんなにミクロな君だから

こんなに(こんなに) ミクロな(ミクロな) 君だから

不完全変態ロマンス

()内コーラス




そんなオリジナルソング、「こんなにミクロな君だから」を作ってしまうほどの幼形成熟マニアであまりお馴染みでない僕です。

なぜあまりお馴染みで無いかと言うと、〝生まれた時から大人と同じ形態の小さい生物〟もしくは〝その種族で通念上知られる大きさより極端に小さい種〟が好きなので、厳密な意味合いで幼形成熟に限定される訳でないからです。

あるいはもっと根本的なエラーがあるかもしれません。


この時期の不完全変態の昆虫を見かけると、忍び寄る夏の影に慄きながらも少しニヤリとします。


ちなみに人間も幼形成熟種とする説もあります。
〝人間の幼形成熟〟と聞くとどうしてもエマニエル坊やとか白木みのるを思い出しがちですが、この場合人類そのものが幼形成熟種としてサルと分岐したというお話。

まあ別の意味で大人になれない大人は確かにいますけどね。嫌ですね。

じゃあ子供は好きかと聞かれれば、子供にもよるけど嫌いではありません。
唾吐いてくるようなお子様はキックしたいですけどね。


最後に僕の好きなカメレオンの小さいヤツ。

これで立派に大人なのだそうです。
爬虫類+カメレオン+極小とツボを押さえまくりのニクイ奴です。

虫は梅雨が明けるころにはすっかり可愛くなくなるので、やっぱりナチュラルに小さいのが良いですね。  

Posted by チェリー2000 at 15:47Comments(0)

2011年06月17日

二転三転

降ると何もできないし、晴れると何かする気が失せる、そんな梅雨です。

しかしながら今週は巧みにその隙間をつき、降って暇な時に準備・晴れた時に最小の行動で処理と、我ながら上手くスケジュール通りの進行をこなせました。

それでいてなお仕事が片付かないのは、そもそも作業量が多すぎるのか、あるいは処理能力の問題か。

そして追い討ちをかけるが如く目の前で水道管の工事が始まってしまい、開店時間になっても100均棚を出すことが出来ず往生するはめに。

「こりゃ、日が暮れるまで商売にならんな」と油断してたら、意外と強引に工事現場に捻じ込んできて来店される人がチラホラ。
来ない時には無人島かと思うほど人が来ないのにわからない物です。

結局ふだんと変わらない程度の売り上げで終わりそうです。
まあ、普段と変わらないのではイカンのですけどね。  

Posted by チェリー2000 at 23:20Comments(0)古本屋

2011年06月16日

のんけ

ついにメインで使ってたセコハンPCがイカレはじめました。

なにしろ当のコンピューター自身から〝もうヤバイからそろそろバックアップとっとけよ〟と申告があったくらいですから間違いありません。

しかしこんな事もあろうかと、すでにヤフオクで次のセコハンPC調達を済ませておくイケメンぶりを発揮。

正直ここ二日くらいの急変だったので、ギリギリ間に合ったというか、むしろ昨日はPC無しで一日過ごすはめになってちょっと作業が滞っていましたが。

なにしろあと何回起動できるかわからない状態で、お釈迦になる前にデータ移行をさせるためにも余力を残す必要がありましたので。

そんなわけで現在データ移行中。
クロスケーブルの直繋ぎでぱぱっと済まそうかと思ったのですが、共有化が面倒くさかったので、主要部分をUSBメモリに入れてしまうことに。
USBメモリですが、ウチのストレージの中で最大容量680GBを誇る変態メモリーなので、やっぱり変態は信用できんと別にバックアップをとっておく事にしました。

やはりここ一番では保守で行くのが無難で後悔が少ないというものですね。  

Posted by チェリー2000 at 22:58Comments(0)

2011年06月14日

老人と小娘とポルカ

今朝、珍しく「おはようパーソナリティ」を聴きました。

普段は昼までMBSかラジ関なんですが、ゆうべ「深夜の馬鹿力」を聴いたまま寝てしまったため、そのままABCを聴きながら覚醒したという訳です。

しかしまどろみの中で、ともすれば「ありがとう」と勘違いそうになったのは、道上アナが映画「もしドラ」の紹介をしていたから。

以前、〝女性人気が高いというが、僕も少女時代の方がいい。日本の男はAKBとか子供みたいなのにばかり興味が行くのはいかがなものか〟と腐していた憶えがあるのですが、ネタが野球なら何でもいいのか、ここではAKBが出てる話題の映画という点も忘れずアピールしながら熱く解説しつつCMに。
あまつさえCMあけたら再び話の続きをし出したほどの熱の入れよう。

これはやはり野球がテーマだからか、あるいはこの短期間になんらかの宗旨替えが道上アナの心理に起こったのか…。

そういえばこの春から番組アシスタントが、秋吉英美から一気に若返って久野愛という一般人にかわりました。
老若男女問わず広く募られたオーデションを勝ち抜いた理由は果たしてなんだったのか。

そんな時、六車奈々の〝「ナイトスクープ」の秘書やりたかったけど、オーデションもなんも無しで早いうちにもう決まってた〟という言葉を思い出しました。

鶴のひとこえ、というヤツだったわけでしょうか。
まあそういうのはABCに限った話ではないんでしょうし、「おはパソ」において道上アナの意見が最も力を持つのは当然といえば当然です。

おそらく初鳴きの際にちゃんとした理由は語られていると思いますが、それには目をつぶって敢えて〝道上洋三覚醒説〟目線で聴いて行きたいと思います。  

Posted by チェリー2000 at 22:48Comments(0)ラジオ

2011年06月12日

黒い家

本のご紹介。

今回は「消された一家」

北九州で実際に起きた、一家三世代+αが犠牲となった驚異の大量殺人事件のルポルタージュです。

日本における大量殺人といえば、「八つ墓村」のモデルとなった事でも有名な津山30人殺しで、まるでFPSでもやってるが如く次々に〝クリア〟していく様はまるでゲーム的である種の疾走感があり、現実離れしています。

しかしこの北九州の事件では、そんな物は微塵もありません。
それどころか、この主犯とも言えるであろう松永太なる人物は、実際の殺人および遺体損壊・遺棄には一切手を下していなというから驚異的。

とにかく天才的に口八丁手八丁で人をコントロールしてしまうのですが、冷静に読んでる側としては〝なんでこんなんに簡単にはめられるんだろう〟と、まるで納得できず、されど現実に起こった事件で何人も無残に死んでるんだから納得するしかないという、奇妙な気分で読み進めることになります。

またこの松永、サディストであることは間違いなさそうですが、初期段階では殺人自体は望んでなかった感もあります。
とにかく拷問し、服従させる事に喜びを感じている、そんな感じ。

なので、最初の頃は回復、蘇生を試みたりしています。
が、もちろん発覚しないことを最優先させるので、異常を認めても医者に駆け込んだりはしないので、未必の殺意ってやつでしょうか。
そもそも本来の目的は金ヅルで、金がなくなれば単なる足手まといでしかなかったから、さっさと切り捨てたかったんだろうけれど、やり過ぎて抜き差しならなくなった感が強い。
松永にしてみれば、本当に〝迷惑をかけられている〟状態だと思ってたかもしれません。

この事件は10人くらいの人間が密室で、見事に隠蔽されながら行われた不可解なもので、状況によってはコントかと思うようなツッコミどころがあります。

例えば〝ちゃんと身内で始末付けといて〟とザックリした指示を与え、やむなく殺した所に来て〝なんてことをしたんだ!〟と慌ててみせ、死体を確認後もう一度〝なんてことをしたんだ!〟とまるで「カリオストロの城」ラストあたりの銭形警部なみに白々しく慌ててみせたそうです。

実際それを見て〝わざとらしいなあ〟ってツッ込んでたとか。

惨劇のさなかだけに、妙にコミカルに感じてしまうエピソードでした。

が。
そのツッコミも事態の改善に向くことはなく、あげく幼い子供に因果を含めて殺されることを認めさせる辺りになると、その悪魔的な所業に暗澹たる気分になります。

とにかくこの話のおっかないのは、あと一歩で完全犯罪になりそうだった事と、法廷で道化のように無実の演説をぶつ松永の心のからっぽさ加減。
僕がこの手の話が好きなのは、犯人の特殊な思考回路、心の闇を知る事への純粋な野次馬根性なんですが、この松永には嘘で固めた殻の中は何もないんじゃないかという気がします。

そしてそんなモンスターに出くわしたとき、果たして自分は正気を保てるのかという不安。

最高に嫌な気分になること請け合いの一冊ですが、危機管理意識を鍛える意味でお薦め。  

Posted by チェリー2000 at 19:41Comments(2)古本屋

2011年06月11日

ラストレイブン

ただいまオークの夜当番。やはり弁天町はじっとりと蒸します。

まあ今回は1日限定なので、少々寝てなくても大事ないでしょう。

とりあえずセッティングが完了してしまえば、後はメシ食って寝るだけ。

という訳で近くのスーパーにて買い出しに。

すでに半額タイムを熟知しておりますので、襲撃のチャンスは逃しません。

同じところに続けて行くと、同じように獲物を狙うメンツを覚えてきて、自分も覚えられてるんだと思うと気恥ずかしかったりするものですが、今回は久しぶりだし、単発なので安心。

そんな旅ガラスの成果がこちら。

ちょっと贅沢に寿司尽くし。

これで明日の朝飯まで準備万端です。



  

Posted by チェリー2000 at 22:29Comments(0)

2011年06月10日

涙は雨のせいよ

明日は夜警バイトのために早仕舞いになります。

正直、今日の営業だって休んでバイト行ったほうがよほどマニーになるんですが、それを言い出すと普通に働きに出たほうが良いって結論に行き着いてしまうので、なるべく店の営業時間を中心にする事を前提とせねばと考えております。


そんなこんなで営業しがいの無いなか、適当にラジオ聴きつつ店内作業をしておりますと、しばしば映画「星守る犬」のCMが流れてきます。
〝きっと暖かい希望がまっている〟とのキャッチコピーですが、この間「ありがとう映画サロン」で浜村淳が話してた内容には全然希望なかったと思うのですが、実際どうなんでしょうか?

なにしろあの浜公の事ですので、話盛ってないとも限りません。

前科があるだけに油断ならないところですが、喋りが乗りだすとそっちの話の方が変に面白く思えてくるから、もういいやって気になるのも確かです。


ところで声優の川上とも子が41才でお亡くなりになったそうです。
最近けっこう有名人死んでるんですが、自殺を除くと群を抜いてお若い。
川上さんはラジオで時々聴いていた方でした。
晩年の活躍をちょっと存じ上げないので、どのような状態であったのか想像も出来ませんが、川上さんの飼ってるウサギでは最後を看取るといったお涙頂戴は生まれなかったでしょうね。

まあ思うようにいかない世の無情だけで泣けますが。

時節柄か湿っぽい話題が多いな、という話。  

Posted by チェリー2000 at 22:31Comments(0)ラジオ

2011年06月09日

寝る考2

残念な事に、E3の話題についてすっごく面白い長文記事を書いていた途中で、PCがシャットダウンしてしまうという惨劇に見舞われ断念。
本当にありがとうございました。

どうも最近、古いわけでもないのに調子を悪くする電化製品が出ております。

いや、PCはもともとセコハンだったから結構古いか。
もうちょっとマシなPCを一つ調達しようか考え中。

そんなわけで一階避暑計画の続報でお茶を濁します。

今日は多少曇りがちだったとはいえ、結構気温が上がったため一階の方がぐっと涼しく、その点では好感触。
かつ、フィット感を重視して空気圧低めにしてたのをしっかり目にしてみたら、寝返りの時にサイドのボリュームが支えになることを発見しました。
何事もそれなりの理由があるもんです。

ただ、エアクッションに一体成型されてる枕はやはり良くありません。
普通の枕を使うと、ベッド部と枕部の境目に枕がはまりこんで効果が減衰させられる点では、むしろマイナスです。

ここをクリアできればかなり良くなる。はず。

そんな事を考えつつ、買い物ついでにダイソーに寄ってみると、エア枕を発見。

首に固定するこれなら、アンコが逃げて無効化されることは無いかもしれないと期待して購入。
しかしその隣に変なブツが。

尻・腰用のエアクッションらしいのですが、どこにどこを当てて使うとピッタリ来るのかさっぱり判らない怪しい形状。
わずかに逡巡するもどうせ100円。
時間がないから家帰ってから考えようとカゴに放り込みました。


今のところスイートスポットは発見できていません。  

Posted by チェリー2000 at 19:34Comments(0)

2011年06月07日

寝る考

二階が既に結構な暑さになってしまうこの頃。

例のオークの夜警バイトがあったけれど、店の事もあるし、この時期野外は勘弁してもらおうとお断りしました。

が、結局人手が確保しきれず、影響の少ない土曜日だけ穴埋めで出撃することに。


そんな事もあって、エアクッションの使い勝手の研究もかねてリハとして涼しい店側で寝てみることに。
まず普通にクッションとタオルケットで試してみるも、やっぱり寝心地がよろしくない。

若干の工夫をしてみるもイマイチ眠れず、約束があったのでかけていたアラームが鳴って実験終了。

その後、空気を入れたままエアクッションを持って、取りあえずベッドの上に置いとこうと二階に上がると涼しい。
どうも今日は朝から曇で気温が上がらなかった様です。
これは普通に寝てたらよく寝れただろうな、といささか臍を噛む。

そしてベッドの上にエアクッションを置くと…何ということでしょう!
驚くほどにジャスト・フィット!

この予想外のビフォアアフターについ横になったところ、瞬時にうたた寝してしまい約束に20分遅れることに。


快眠のために何かと思案を巡らす時期ですが、どり蔵は今だPCの排熱にまどろむ日々。

ただ、夏毛になって体型が良く分かるせいか妙に平べったい。

この夏のどり蔵ニューモデルは、薄型スリムで熱効率が向上。

ただし静音化はせず。

そういえばE3始まってますか。  

Posted by チェリー2000 at 23:07Comments(2)