2011年07月17日

夢ならさめて

最近、ちょっとした息抜きに見るサイトに、「発言小町」と「精神科Q&A」があります。

どちらもどっかからリンクを踏んで訪れたサイトですが、猟奇&大量殺人および未解決事件ネタ収集もある程度行き着いた感じなので、ある意味真逆の現在進行形の生きてる人の話に興味が湧いた訳です。

「発言小町」は女性中心のようで、人気の高いのはどうにも首をひねってしまう内容のトピックに対し、求められるアドバイスを逸脱したタコ殴りレスポンスが付くパターン。
実にネチこく、殺伐とした感情の坩堝と化していて、あまり多過ぎると当てられてしまいますが、ときどき摂取して毒素を補給しています。
坂本龍一が「エレファンティズム」だかで、母系社会は平和の必然みたいな事を言ってたのは、アレは大嘘ですね。

それに対して「精神科Q&A」は精神科の先生がメールで送られてきた質問から、いわば電脳問診をするような形態になっています。
精神病に犯されている人の話と言うのは、どこかオカルティズムを漂わせる文面になりがちで、そういう人の話という補正をかけててもなんとも怪しい気分になるのですが、その後の本文を引用しながらの明解で論理的な解析と説明により、不気味さはある種のカタルシスに変わります。

すべての悲劇はいずれ科学が放逐してくれると言ったのはアーサー・C・クラークだったでしょうか。

ところでウチの売り上げが予算に対して一桁少なく見えるとか、息抜きがやたら多くて長すぎる、といった声が聞こえるのは幻覚でしょうか。  

Posted by チェリー2000 at 20:47Comments(0)