2011年07月31日

子供たちを責めないで。

ちびっこ二人組みが来襲。

お金がないちびっこ達にとって夏休みはムダに長くて、持て余すこと請け合いなので半分くらいにすればいいのにと昔から思ってましたが、今も変わらず持て余してるようです。

まあ気持ちはわかるので、なるべく放置してあげるのですが、だんだん度が超えていくのが難であります。

本を見たり、猫と遊んでるくらいならまだしも、おもちゃ持込みはじめられると、それはちょっと違うだろうと思うのです。
この辺の〝ウザいと思われない加減〟というのをわきまえられないのが、結果的により活動範囲を狭くしてしまうことになるのを気付けないちびっこの浅はかさ。

どこまで許容するか、半端に態度を決めきれないのも良くないかなぁ、とムダに気を使って叱れない大人になってしまう僕なのです。

まあ、子供が飽きずに遊び続けられるほどの場所でもないので、せいぜい30分もすれば帰っていくのですが。
また来そうな感じではありますが、じきに飽きるでしょう。


他には古本は買う気がしないけど、本屋に行くには足が悪くて遠いから、という理由でお使いしてあげてる近所のお婆ちゃんに本の受け渡し。

なんかこの店は…なんていうか…〝店〟だろうか?

と疑問を感じてたところに捨てる本を持ってきた、いらなかったら捨てて、と廃棄に来られたお客さん。
さすがに捨てようと思うだけあってそれなりの本だったんですが、お金要らないって言われたけど仕事らしい事したいと思って100円渡しました。

地元で愛されながら潰れる店って、こういう店なんだなと納得。  

Posted by チェリー2000 at 16:54Comments(2)古本屋

2011年07月30日

おこめをもらう

丸美屋の麻婆豆腐の抽選で、みごと特撰米が当たったねーん!

20口くらい送った甲斐があったというものです。






内容は米3キロに特製豆腐型ストラップ。
ストラップはちょっとデカイのと軟質素材なので強度的に不安があるため、実際の使用にはあまり向いてないような気もします。



まあそもそもに豆腐なんてあまりにも没個性的なモチーフでストラップ作るその発想がクレイジーなので、携帯にぶら下げて喜ぶ人は少ないようにも思いますが。



あとアンケート用紙とかが入ってて、今後の品質向上の参考にすると書いてましたが、これは箱のマークを貼って応募するクローズド懸賞ですから、応募者は少なからずヘビーユーザーであると予測されますので、このアンケートの回答は相当バイアスのかかった物であることは想像に難くありません。

とりあえず褒めてほしいとかなら話は別ですが。


丸美屋は定期的に懸賞を行っているので、またいつかの為に普段からマークを切り集めていこうと思います。  

Posted by チェリー2000 at 21:23Comments(0)

2011年07月29日

よもやま

朝から強行軍スケジュールを敢行。
移動に次ぐ移動で暑さにかすむ意識を刈られまいと、ムダに流し込まれた情報を反芻し思いを巡らす由なし事。


韓流ブームの仕掛けっぷりが目に余る、とつぶやいた人が解雇になったとかで、ネット上ではちょっとした騒動になってるみたいです。
テレビ・ラジオではまったく話題にならないこの温度差というか、触らぬ神に感がいい感じです。
しかし、ブームなんて基本どっかの誰かが仕掛けてるものだし、目に余るくらい仕掛けてこそ成功するものでしょう。
一個当たったらかぶせて囲い込むことでブームを仕掛ける、いつものパターンに過ぎないと思うのですがどうでしょうか。
韓流ブームはたまたまの成功例でしょう。
「ムトゥ 踊るマハラジャ」のヒットにかぶせて、見苦しいくらい仕掛けてダダ滑りしたマサラブームとかもあったじゃないですか。

だいたい「ロスト」とか「ER」とか「プリズンブレイク」とか「SATC」とか米ドラマだってメチャメチャ仕掛けられてヒットしましたやん。
ハリウッド映画、テレビでも劇場でもかかりまくってますやん。
こっちスルーで韓流ブーム叩きなんてもはやナショナリズムでさえない。単なる個人の嫌韓の言い訳に民族持ち出して大儀ぶるのはいかがなものか。
日本の伝統番組が求められてるなら、商売になるんだから当然作るでしょうに。
ま、個人的にはどうでもいいんですけどね。


さて、日本の伝統番組が求められてない証左というわけでもないですが、長寿番組「水戸黄門」が視聴率低迷のため終了するそうです。
どうも若返りキャストが上手く定着せずに客離れを止められなかったそうな。

「水戸黄門」といえば思い出す、長門博之と高橋英樹が大嫌いでホラー漫画と由美かおると雛形あきこが大好きなおっちゃん。
おっちゃんは雛形あきこがポスト由美かおるになる事を予見したほどの「黄門」愛にあふれる方でした。
これは雛形のキャスティングが悪かったのでなく、入浴シーンが売りのポスト由美かおるとしてはあまりに出し渋りが過ぎた結果のようで、ようは演出が失敗だったとのこと。

製作陣もあのおっちゃんにお伺いをたててたら、きっとV字回復したに違いないと思うのですがどうでしょうか。


さて、由美かおるというと僕の記憶に鮮明なのは、藤岡弘、主演の映画「エスパイ」。
由美かおるは藤岡弘、の恋人役で、映画的にはここでもやっぱりお色気要員でした。
「エスパイ」はこのほど亡くなった小松左京原作で、同じく小松左京原作・藤岡弘、主演の「日本沈没」に比べるとずっと荒唐無稽かつ安っぽい娯楽作品ですが、また違った味わいがあって良い映画でした。



そんなこんなを思う内に、予定の時間より早く作業を完了。
ジムでゆっくりジャグジーに浸かって英気を養うも、開店後もなかなか体のほてりが治まらず、この時期の熱波によるダメージの深さをあらためて感じながらしばらく安静にしてましたとさ。  

Posted by チェリー2000 at 20:34Comments(0)よもやま!

2011年07月28日

明日はどっちだ

ちょっと前の市会で落札物があった事が判明。

メインの札の全滅を見届けて帰ったので、てっきり今回もボウズだと決め込んで、目の前の仕事に頭を切り替えてしまっていました。
幸か不幸か、金額的にみて量は無いはずなので、極端に場所を作る必要は無さそうです。

近日中に取りに行くと言ったけど、土日月は無理だからなんだかんだで明日しか時間が無いのが難点ですが、とりあえず雨が降ってない事を祈祷して、早めに行動できるようにします。

ついでにちょっと足延ばして、気になってた運搬車のディスクブレーキの鳴きを調整してもらいに、買った店まで行こうかどうか悩み中。
その前にアマゾンの出荷に反対方面にも向かうので、けっこうウロウロさせられそうな感じに今から疲れ気味です。  

Posted by チェリー2000 at 20:08Comments(0)

2011年07月27日

はかどらず

夏篭り中。
とにかくなるべく外に出ない、とにかくなるべく暑さに晒さない、を念頭に日々を送っています。

しかし、棚が痩せることは断じて許されないので、仕入れは行わねばなりません。

そこで夏の仕入れの本丸となるのが「ネットせどり」。
ネットで安く出品されているものを見つけて、商品の仕入れとする訳なんですが、上手くいけば市会で買うより安くあがることもあるし、むしろ良い本ほど、看板代わりに無理買いされて市場価格と差がなくなってたりするので、隙を突いて安めで買えたら市会より旨味があったりすることもしばしば。
また、ピンポイントで欲しい物を買えるので、処理が楽だったりするのも悪くありません。

デメリットは送料がもれなくかかる事も手伝って、極端に安価な買い物は難しい事と、意外なお宝発見みたいなのはまず無いこと。

とにかく仕入れを切らすまい、と頑張ってやってたりするのですが、どういうわけかココのところ予想外に買取が続いていて、持込分とせどり分でなんか凄い片付かない事になっています。

とりあえず手っ取り早く段取りできるヤツからやって行こうと、来月の新興会に向けて出品の荷物を作り分けしつつ、アマゾンで即売れしそうなヤツはどんどん出品していったん荷物置き場送りに。

なんか避暑のための施策のつもりが、しっかり肉体労働ですぐに汗だくになりながら、チャゲ&飛鳥「PRIDE」ばりに思うようにはいかないもんだな、つぶやきながら階段を上る日々です。

ちなみに「ネットせどり」はアマゾンでも出来るけど、アラートのあるヤフオクのほうが使い勝手は良いので、ヤフオクがメインになります。
おかげで今月はスタークラブがゴールドランクになってしまいましたとさ。  

Posted by チェリー2000 at 23:01Comments(0)古本屋

2011年07月26日

狼は生きろ豚は死ね

うっかりしてたら既に地デジ完全移行が済んでたみたいですね。

僕は普段あまり見ないくせに、物のついでに地デジ化した人間ですが、見てるくせにうっかりしてたとか、見てるし判ってたくせに意地か何かで地デジ化しなかった人達が苦情を入れまくってると聴きます。
まあ頼んでも無い事されてテレビ見れなくなってるんだから、腹立つのもわかりますけど…アクションの起こし方が違うような気もしない事もないです。

地域によっては地デジ化したら見れなくなった&見れる局が減ったという苦情もあるようで、こっちは純粋にお気の毒です。
ちなみに確認したところ、ウチでは完全移行までは入らなかったKBS京都が入ってました。

こういう死角が後から出るような半端な計画なので、まあクレーマーの餌食になるのはある程度折込済みとして、けっきょくそのストレスに晒されるのは下っ端のコールセンター員なので、ほんと泣くのは弱いものばかりですね。


外回りの用事をせんとコーナン方面に向かうと夏休みだけあって、ちびっ子が町の隅っことかに生えています。
角々で周囲を確認するため視線を廻らせると、そんな蛍光色の服を着たちびっ子が意外なタイミングで一瞬目に入り

〝こんな所にちびっ子が居たか〟
〝ちびっ子らしい派手なフリフリだ〟
〝視線を留めるとわざわざ見たっぽく怪しまれるから知らんふりしよう〟

と漸次に思考が走ります。
言わば電車の中でつり革を両手でつかんでアリバイ工作する心理ですが、しかし、みんながこの様に考えて視界からはずしたた場合、これは白昼の死角と言えましょう。

かえって危ない状況を作ってしまう事もないでしょうか。
なんというか良かれと思ったことが裏目裏目でダメな感じになっちゃうことってあるよな、と思ったとさ。  

Posted by チェリー2000 at 17:04Comments(0)

2011年07月23日

すこし ふじこ

最近買い取った藤子F不二雄の短編集。

僕はそんなに、この辺のレジェンド漫画家に思い入れが無いので、これまで読んでこなかったのですが、児童漫画で知られる藤子先生も短編ではブラックな作風を発揮していたことで有名なので、良い機会だから読んでみました。

短編SFにはありがちな価値観の逆転をあつかった〝視点を変えてみた〟系作品が多く、また思ったよりカニバリズムが沢山出てきました。

もちろんドラマとして進める以上、主人公は大変パニックに陥る訳なんで、食うものが食われる側になった時の心理を描く展開になるんですが、これはいかにも倫理派ベジタリアンが喜んで取り上げてそうだな、と思って〝藤子F 菜食主義〟でググったら、おおむね予想通りなのが出てきました。

僕が読んだ印象では、菜食主義を主張するような物とは感じなかったし、必ずしも肉食を倫理的に否定してるとも感じません。
どちらかと言うと、牛豚食うなら人が食われる事も本質的に矛盾が無いでしょ?っていう印象です。

まあ根本的に意思疎通が可能な知的生命を食用にする事に疑問を持たない、という点に無理があるので、そこまで深く突っ込む所じゃないとは思いますが。

だいたいF先生といえば「ハムサラダくん」のハムの方ですから。
肉食批判的立場から描いてると考えるのは、やや苦しいのではないでしょうか。
ちなみにA先生は偏食系菜食主義らしいです。

むしろカニバルねたを肯定的とも見れる視点から描き重ねているF先生に、別の意味の不気味さを感じましたとさ。  

Posted by チェリー2000 at 20:17Comments(0)マンガ

2011年07月22日

配分がよくない

眠れなければ寝ない主義の僕は、しばしば半端な時間に寝て半端に起きて、そのあと寝たら起きる時間が遅くなるし眠たいし、あんまり良い事がないんですが、覚醒状態を寝床でゴロゴロして過ごすのもイヤなので、結局やってしまう。

というのを今日もやってしまいました。
このところ連日そんな感じです。

アマゾンの注文がひとつあったので、いくつかまとまって注文が入れば安いところへ、これきりなら割高でも近所で済まそうと考えて深夜まで待ってたけれど無しのつぶて。

だったのに、昼に起きたら二件注文が。

慌てて梱包して発送しに三国へ行ったり、ヤフオクでせどった振込み行ったり、つり銭用の小銭を両替しに行ったりして、予想外の強行軍だけど涼しいのが救いか、と思いつつジムでシャワー浴びて帰ると近所のおばあちゃんに

「いま出勤でっか」

って言われたよ!
小さいことは気にするな!それ、ワカチコワカチコ!

傍から見る分には、夕方からのんびり始めるてるようにしか見えないでしょうが、昼の間に外回りの用事を済まさないといけないから、実は開店前のほうが断然いそがしいのです。

まあ店開けてからが暇っていうのが一番堪えるんですけどね…。  

Posted by チェリー2000 at 18:26Comments(0)古本屋

2011年07月21日

都会で車はただの趣味

早ければ年内にも自転車の一方通行が適用されるようになるとの事。

コレ自体は大変よろしいことだと思います。
ただ、十分な罰則がなければ有名無実ってことになってしまうので、自転車周りの法整備をしっかりやらないといけないのですが、どうも片手落ちになりそうな予感もあります。

自家用乗用車不要論者の僕的には、都市部では車道を減らしてでも、自転車道と駐輪場を確保すべきだと思います。
その上で自転車の免許制導入、罰則の強化を。

あと自転車は他の交通手段にくらべて停まるのがもっとも忌避されるので、時速20キロで走行すれば信号に引っかからないよう、自転車に合わせたタイミング調整も必須要項です。
なにしろ自転車の弱点のひとつは漕ぎ出しのしんどさ。
せっかく速度に乗って楽に漕げるようになったところを、いちいち信号で止められるのは石を積んでは崩される賽の河原状態。
罰則だけで縛るやり方は現実的でないのです。

むしろ自家用車が減って全体の交通量が減れば、車道の大部分を幹線道路化して車にとっても効率よく出来るかもしれない。
いやまあ、この辺のことは全然詳しくないので、至って無責任&いい加減な話ですが。

ナチュラルボーン都会っ子の僕には、はたらく車は好きなんですが、乗用車ってぜんぜんスマートじゃないんですよね。

ただこの季節に関してだけは車に惹かれる気持ちもわからなくは無いですが…。  

Posted by チェリー2000 at 17:05Comments(0)

2011年07月20日

パーム・ターナー

昨夜は遅くに持ち込みがあり、漫画や自然科学系や美術系の良いところがいろいろ入荷しました。

処理がしこたまあって忙しいので、駄ブログはいつものクズネタでサクッといっときます。

先頃、女子サッカーがなんか凄かったらしくて、僕はまったくノーマークで、リアルタイムに「朝からてんコモリ」で小森さんの実況を聞いてたにもかかわらず、凄かった感は一切感じてなかったのですが、僕と同じくまったくノーマークだった筈の世間の皆様はあざやかに手のひら返されて大フィーバー。
国民栄誉賞も大バーゲンで振舞おうかと言うほどの勢いと聞き及んでおります。

その祭りに先んじて、レディーガガが被災地支援・親日発言によって日本のメディアに大きく取り上げられました。
それ以前までは〝俗っぽく奇抜さで目を集めるだけでセンスの無いマドンナモドキ〟くらいにコキ下ろされてたのを目にした事があったので、いきなりの〝実力人柄ともに最高の本物のアーティスト・ガガさま〟扱いに、もはやイリュージョンかと思うほどの手のひら返しを見ました。

職業不器用ニストの健さんと違って、命にかかわるほどの深刻な不器用症である僕はこういった流れに目を白黒させるばかりなのですが、手のひら返しはとても素晴らしい事なので、どんどんやっていただきたい。

手のひら返しはそれまでの知識興味不足からくる不当評価を、自らの謝った言質に囚われず謙虚に態度を改める賢人の振る舞いなのです。
手のひら返しのオーソリティーである「一休さん」の桔梗屋さんは、その機を見るにつけ敏な手のひら返し術にて、あれだけの成功を収めたのです。
手のひら返しはある意味勝者への賞賛でありご褒美なので、せっかくの成功への評価は大きいほど心地いいもの。
だから桔梗屋さんは見る人にチャーミングでさえあり、どこか憎めないどころか居ないと寂しいくらいに人心を掌握してしまうのです。

さて、そんな生き上手になれない僕は、久しぶりのアマゾンの注文品を発送しに朝から三国のコンビニに行ってきました。
首尾良く出荷して帰ろうとした時、ロックイベントの宣伝ビラに書かれた惹句が目に入る。

「ロックロックこんにちは」



ロック・キッズたちが、このいい感じにはずしたネタの本当のおかし味を知ることはないでしょうが、やらずには居れなかった野良犬のいとしさと切なさと心強さを見ました。

ロックンロール。  

Posted by チェリー2000 at 19:07Comments(0)古本屋

2011年07月19日

アングラ放送

今日も雨だったので、歩いて地下街からジムへ。

ふと見ると、上がり口付近にいつからあったのかこんな表示が。



「地下ワンセグラジオOK!」とはどういうことか。
ワンセグでテレビが見れて、かつラジオも聞けると言うことなのか、それとも僕の知らないワンセグラジオなる規格が存在するのか。

手元にラジオを持ってなかったので確認できなかったんですが、今度確認してみたい。
地下でもラジオが聴けるとあれば、梅田地下街の利便性はさらに高まります。

まあ最近はスマホでラジコが聴けるから、ラジオが入感すること自体を有難がる人は少ないかもしれません。
が、サイマル放送のラジコではKBSもラジ関も入らないので、ラジオ好きにはこの差は大きいですね。  

Posted by チェリー2000 at 21:04Comments(2)ラジオ

2011年07月18日

商売人の資質

今日は雨。

市会には行かないつもりでしたが、天候が良いのでちょっと無理して行ってみて、入札だけして帰る。
まあ、これといった収穫は無さそうです。

夏の怪獣研祭りの話はどうせ後日メールでも来るんだろうし。

帰りしなに業務用スーパーで買い物し、汗だか雨だかで湿ってる人になって帰宅後。
まだ何も食べてないので空腹を覚えるも、先にジムでさっぱりするかと、先刻買ったバナナを一本だけ食べて出かける事に。

〝雨が降っても道を選べば傘をささずに歩ける〟とはKANの「東京ライフ」の一節ですが、我らが梅田においても結構そんな芸当が出来るもので、中津から梅田までのあいだにずぶ濡れになる程の降りでなければ、傘を持たずに出かけます。

しかし存外に地下街が混んでいて、違う意味で面倒な感じに。
雨だから仕方ないのかと思いつつ、なんとかジムまでたどり着くが受付でなんと入店NGが出ました。
皆さん知ってましたか?今日は祝日らしいです。
そういえば3連休とか耳にした気もします。

僕のプランでは休日は利用できないので、肩を落として帰りました。

帰り際、エスカレーターから大変恰幅の良い女性がどすこいと降りてこられるところに遭遇。

体型を隠すつもりが微塵も無い、ぴったりしたシャツ&パンツの潔いコーデにいっそ好感が持てます。
そのままエスカ脇の洋服店に土俵入り入店して行かれました。

僕は入れ違いにエスカで上がっていく途中、その洋服店の立ちんぼ店員が、大変恰幅の良い女性をじっと目で追っていたのをガラス越しに目撃。
無表情で冷ややかに見つめるその眼差しは、あれが捕食者の目というものでしょうか。

良いものを見せていただきました。ごっつぁんです。

その後は帰って寝て、飯食って今。
どうも僕には商才が無いな、と今日一日を思い返しつつ、明け方くらいまでぼちぼち内職でもする予定です。  

Posted by チェリー2000 at 22:58Comments(0)古本屋

2011年07月17日

夢ならさめて

最近、ちょっとした息抜きに見るサイトに、「発言小町」と「精神科Q&A」があります。

どちらもどっかからリンクを踏んで訪れたサイトですが、猟奇&大量殺人および未解決事件ネタ収集もある程度行き着いた感じなので、ある意味真逆の現在進行形の生きてる人の話に興味が湧いた訳です。

「発言小町」は女性中心のようで、人気の高いのはどうにも首をひねってしまう内容のトピックに対し、求められるアドバイスを逸脱したタコ殴りレスポンスが付くパターン。
実にネチこく、殺伐とした感情の坩堝と化していて、あまり多過ぎると当てられてしまいますが、ときどき摂取して毒素を補給しています。
坂本龍一が「エレファンティズム」だかで、母系社会は平和の必然みたいな事を言ってたのは、アレは大嘘ですね。

それに対して「精神科Q&A」は精神科の先生がメールで送られてきた質問から、いわば電脳問診をするような形態になっています。
精神病に犯されている人の話と言うのは、どこかオカルティズムを漂わせる文面になりがちで、そういう人の話という補正をかけててもなんとも怪しい気分になるのですが、その後の本文を引用しながらの明解で論理的な解析と説明により、不気味さはある種のカタルシスに変わります。

すべての悲劇はいずれ科学が放逐してくれると言ったのはアーサー・C・クラークだったでしょうか。

ところでウチの売り上げが予算に対して一桁少なく見えるとか、息抜きがやたら多くて長すぎる、といった声が聞こえるのは幻覚でしょうか。  

Posted by チェリー2000 at 20:47Comments(0)

2011年07月15日

アハ体験

先日ジムに行ったとき、ロッカー室に入ったら細身に赤いボクサーブリーフの人が着替えていました。
もちろん気にも留めずに後ろを通り過ぎて、着替え始めたんですが、その赤パンの人におっちゃんが話しかけています。

どうも桂三枝の襲名が話題のようで、赤パンさんはなんか薀蓄を傾けてはり、話の閉めにおっちゃんが〝アンタも目指さなな〟的なオチになってたので、はて、そっち系の人なのか?と見直したのですがどうもわからない。

まあパっと見で判らないならそれくらいの人なんだろうな、とサラっと忘れたのですが、何の脈絡も無く今日になって赤パンさんの風貌にぴったりの名前が突然はまり込みました。

〝あ、銀瓶ちゃん〟と。

確証はまったくないので、たぶんそうなんじゃないかな位の話なんですが、だとしたらピンと来なくてもしかたないかも知れません。
なんせ普段の視聴習慣にないところに出てはる人なので。
それでも気付けたんだから、それなりの人なのかも知れないな、と思いました。
まあ確証は無いんですけどね。

ちなみに銀瓶風赤パンさんはその後、洗面所で歯を磨いてはりました。
やっぱり芸能人は歯が命なんですかね。  

Posted by チェリー2000 at 19:57Comments(0)

2011年07月14日

野獣捜査線

暑くなり、例年通りの能力低下に陥っているので、例年通りにダラダラ仕事して、点でなく面で進捗を図る作戦に。

店に出てる間は在庫処理やらをぼちぼち、DVDなんか観ながらダラダラやります。

閉店後はさっさと二階に上がってさらに深く篭城。
僕のような人間にはワンルームのほうが何かと都合が良いんですが、なるべく部屋から出ないでいいように準備して上がります。

引きこもって翌朝。

というか昼。

一階に下りたらGKBRの死骸を発見。
どうやら昨夜、どり蔵が死闘を演じた模様。

ちょっと微妙な気分ではありますが、まあ自分がエンカウントするのに比べれば、死体処理で済むのはありがたい。

ウチは天井裏ではネズミ防衛線、下にはネズミとGKBRに対するどり蔵防衛線が引かれているのです。

まあとにかく嫌な季節になったな、というお話。  

Posted by チェリー2000 at 18:37Comments(0)

2011年07月13日

科学の勝利

二階を除霊したことで「あかずの間」を開放した青のエクソシストこと僕は、さらに二階でネットができるようにしたら、より二階に閉じこもれるのではなかろうか、そうすればエアコンの効いた環境を無理なく維持できるのではと、仁鶴もビックリの革命的大発見をしました。

まあすでに先住人より二階に向けて長いLANケーブルが引いてあったので、別段目新しいアイデアでは無いのですが、これまですっかり無視してきたこのケーブルを活かしてみる事を決心。

しかし実際に今の環境に合わせようとしてみると、ちょっとばかり長さが足りないことが判明。

そこで延長アダプターを検討してみたのですが、安くカテゴリー5で済ますか、先のことを考えてカテゴリー6くらいまでは対応しておくべきかで逡巡。
否、むしろ今あるケーブルが5だか6だか知らないから、どっちがいいとも言い難い。
この際、長いケーブルを一本買ってつないだ方が確実でないか?
長さによっては延長アダプターと継ぎ足しようのケーブルを買うのと大差ないけど、もっと長いヤツだと数千円するから気楽には買えないよなぁ。

と、ここまでをヨドバシのPCサプライコナーで考えてから、結局いったん状況を精査してみようと帰投。

でまあ色々確かめてみたところ、モデムの位置と配線の流れを工夫したら届きました。

ムダ金を使わずに済んで本当に良かったと、自分の慎重さと位相幾何学的配線構成を探り出した観察眼を心中で称えることで、見当違いの無駄な考えに時間と労力を割いた事と、思い切って良いケーブルをポンと買うことが出来ない経済力の無さに由来する虚脱感を対消滅させる事にも成功。

「これぞまさしく等価交換」と、鋼の錬金術師こと僕は、今日も核心を避けながらなんとなく過ごしましたとさ。  

Posted by チェリー2000 at 20:35Comments(0)

2011年07月10日

ローリングストーン

例によってトルネで録画したものでも見るかと、PS3を起動したらアップデートが来てました。

どうもけっこう大型アプデだったようで、主にトルネ周りの機能拡充だったみたいなんですが、さらっと見た限り僕の環境にはあまり影響なさそうなのでスルー。

以前から好きなNHK教育を中心に見ていて、ドキュメントや医療系がほとんど。
定番の「きょうの健康」に「ここが聞きたい!名医にQ」というスピンアウトが出来ていました。
反面、「きょうの健康Q&A」が無くなったみたいです。
以前のアシスタント中岡・岩田コンビはどうなったのか、「きょうの健康」はダブルキャスター体制っぽく、「名医にQ」には唐橋ユミさんというちょっとお姉さんな感じの人がアシスタントに。

誰かに似てるなぁ、と思ったらABCの加藤明子アナにちょっと印象が。

「武田和歌子のぴたっと」でマコーと共にピンチヒッターをしていた加藤アナの声も、もうすっかり耳から遠ざかって、たまにニュース読みで聞く程度、マコーに至っては「つれづれなるママに」をたまたま聞いたら〝ああ、高野あさおこんなトコにも出てんねや〟と思ってしまうくらい遠ざかってしまっています。

そんな訳で今日は加藤アナがアシストしてる「山中つよしの美ハッピー」を聞いてみることに。
「美ハッピー」は白塗り妖怪こと、故鈴木その子さんが創業した「SONOKO」一社提供の美容番組なので、僕には一切関わりの無い類の番組です。
が、今日聞いてると山名つよし氏との〝タコが好き〟という意外な共通点を見つけました。

僕は食品としてのタコも好きですが、生物としてのタコも結構好きなのです。

擬態&保護色の代名詞といえばカメレオンですが、タコのそれは桁違いの速度とクオリティであり、さらにイザとなれば墨煙幕。
頭足類特有のユーモラスな外観でありながら、強力な吸盤と足の筋力でサイズがあればホオジロザメさえ捕食する程の生粋のプレデターというタコ。
海の忍者と言われるタコは、海の無冠の帝王でもあるのです。

またタコは知能が意外に高くて、単体では多分ネズミあたりより賢い。
しかも近年、海洋生物の常として子育ての習性が無く、かつ単独で生息するので進歩が無かったタコが、コミュニティを形成しているケースが発見されたりして、今後のタコの動向は要注目なのです。

あと暗黒神クトゥルフのモデルもタコ。

あまりに話題が転がり過ぎて収拾がつかなくなってますが、「きょうの健康」のアシスタントにタコを使ったら僕は確実に見ますって事で。
  

Posted by チェリー2000 at 15:30Comments(2)テレビ

2011年07月09日

オーバースペック

梅雨もあけたようなので、ぼちぼち巣篭もりモードになります。

活動する時は基本、日が暮れてから。

なるべく暑さから逃げる方向で行くようにします。


さて、「あかずの間」の開放に成功したのと同時に、もうひとつ解決に向けて動いていた事がありました。
店頭の路面が何気にキャスター移動には荒く、100均棚を出すのが困難であり、毎回ちょっと気合の居る作業になっていたというもの。

汗だくになるのも問題ですが、当初は悪路に耐えかねてキャスターが破損するほどだったので、ベニヤ板を敷いて凌いでいたのですが、段差や溝カバーのあたりでバリバリ割れてすぐにダメになってしまいお手上げ。

〝これは鉄板しかない〟と思うも、これが鉄板ってどこで買って良いのかわからんのです。

ネットで探してみるとけっこう本格的な何万円もするようなヤツしかヒットしなかったのですが、先日しつこにヤフオクで鉄板および流用可能そうな物を探していると、そのもの鉄板の出物が!
しかも一枚100円!安い!

いざ足りないと嫌だから一ミリ厚を6枚買いました。

いや、いざ届いたら合計6ミリの鉄板が見た目に反してズッシリ重い。
質量の高さは剛性の高さの証明と、期待に胸膨らませてサビ止めオイルをアルコールで落としてビニールテープでジョイント。

適当なサイズになったところで実地試験したところ、さすがに鉄板、3ミリのベニヤが悲鳴を上げた棚を乗せても余裕しゃくしゃくです。
難点は路面に対して摩擦係数が低いので、ズレやすい事。
まあこの辺はなんとでもなるでしょ。


結論。
2枚で十分ですよ!  

Posted by チェリー2000 at 21:11Comments(2)

2011年07月08日

太陽に背いて

<前回までのあらすじ>
エアコンが効かなくなってしまい「あかずの間」と化した二階の部屋。
やむなく一階に非難するも、毎回寝起きするために物を移動させる手間を負うことに。
ただでさえ面積不足で荷物が渋滞を起こしているなか、使えない部屋を放置しておく訳には行かないと、再び二階を開放するべく空調回復作戦を立案。
時期的に時間がかかりそうで、かつ費用もけして安くなさそうと思われる修理以外の方法を調べる行く手を、謎の「窓用エアコン」や「どこでもエアコン」の情報に惑わされる。



買いました。
窓用エアコン。

実際使ってみた感想は、ネットの意見を総合した印象そのまま。

効き目は壁用より劣るけど、狭い部屋ならそれなりに冷える。
暑がりな僕としてはまあOKのライン。

音はそこそこうるさい。
神経質な人、音に敏感なタイプの人は駆動音、振動音、風音のミックスで眠れなくなること請け合いなので避けたほうが無難。

ただし一番耳に立つのはビリビリした振動音なので、振動対策に緩衝材を咬ませて設置するとか、防音材で本体側面を包んでやれば静穏性向上が期待できるかもしれません。
僕はそんなに気にしないタイプなので、とりあえず今シーズンはこのまま使うつもりです。


設置はとても簡単でした。
中古で買ったので、ある程度の細工がすでにされていたというのもありますが、基本上二本、下一本のネジで窓枠にかしめるだけなので、説明書でイメージトライアルを済ませておけば、ものの10分程度で出来ると思われます。
隙間のパテ埋めとかの細かい作業は、暑かったからかっちりはやってないんですけどね。

なんにしてもエアコンの設置作業は気候の緩やかな時期にやるべきですね。
そう考えると、この時期にまず確実に非空調環境下で作業させられるであろう、エアコン関係で駆り出される業者の方には同情を禁じえません。


昨夜はいつも通り28度運転で扇風機と併用。
快適に過ごせました。
節電が叫ばれるこの頃ですが、実際のところ一般家庭においては電気代の問題は大きいので、節電できるところは普通にずっとやってるから、大きな施設でどれくらい節電できるかだけのような気がします。  

Posted by チェリー2000 at 20:59Comments(0)

2011年07月06日

作家としては長命かも

和田慎二が亡くなったそうです。

皆さん「シンジ」と言えばLDゲーム「ドラゴンズレア」のボスドラゴンのシンジくらいしか思い出すことはないでしょうが、実は僕もです。

「スケバン刑事」で一世風靡した和田先生。
60そこそこでお亡くなりと、早いといえば早いけれど、それだけ濃く生きたということなんでしょう。
いわゆる太く長くというヤツですか。
確かに太めだったし。

そういえば「コブラ」が本格的に米映画になる動きがあるらしいですが、ブイチ先生も体調芳しくないという噂があるとか無いとか。

画像は訃報に嘆くどり蔵。

ではなく、顔をうずめて寝るどり。

羽虫が出てきてハイテンションが持続するため、寝ている時以外なかなかまともに写真が撮れません。  

Posted by チェリー2000 at 22:34Comments(0)マンガ