2011年10月08日

かるた「へ」

土曜日
「ありがとう浜村淳です」の、いつも週末の昼前に暗澹とした気分にさせてくれる「私の好きな歌」のコーナーを聴いていると、妙な話に。
なんでもインフルの予防接種を受けたら強烈な頭痛がはじまって、もう一度医者に言ったら風邪の診断。
しかし処方された薬を飲んだ時からトランス状態になり、まったく記憶が無くなる。
その後、異変を察して病院に担ぎ込まれるも突如倒れ、激しい絶叫&痙攣でストレッチャーから転落、その際に肩を複雑骨折。
肩の激痛に気が付くと、病院で親族に見守られていたと言う。

つのだじろう先生に描かせたら確実に体の周りに黒いモヤが出てるレベルの、うわー腑に落ちんわうわー、という気分にさせられる話でした。
ちなみにこの人のリクエストは杉良太郎「すきま風」。

昼過ぎごろにはやけに景気の良い話するおばちゃんの、億千万レベルの問わず語りを聴かされながら、会計時には250円勉強させられる事に。
規模の落差が面白い。
お金持ちほど細かいとはよく言いますが、そういう事なんでしょうか。

そんなスタートでしたが、今日は通常の土曜営業より試験的に遅くまで店を開けてみようと思います。
9時以降でもそこそこ人が入るようなら営業時間の変更する事になるでしょう。

かるた「へ」は「へるたーすけるたー」。

塔型の滑り台みたいな遊具らしいのですが、これ自体にはあまりなじみの無い代物です。

サブカル的にはビートルズが作った「ヘルタースケルター」という曲を、チャールズ・マンソンが自分に使命を伝えるメッセージだと受け取ったとかなんとかで、変なカルトを作ってそれっぽい悪さをやったとかなんとか。

そんなあたりでちょっとブラックなイメージと、語感の面白さでそこそこ定着したワードです。

読むと精神に異常をきたすの惹句でおなじみの夢野久作「ドグラマグラ」と近いかもしれません。
言葉の意味もちょっと似てますし。  

Posted by チェリー2000 at 20:08Comments(0)古本屋