2011年10月28日

かるた「た」

視界の中に毛が一本。
抜け毛が顔についてるのかと思い、取ろうとしてつまむと抵抗がある。
しかも引っ張られたのは鼻。

なんと視界に入るほどの鼻毛が、まるで象牙のように反り上がって出ているらしい。
妙にしなやかで艶やかな、髪の毛としか思えない、むしろ僕の髪よりずっと綺麗な質感。
しかも何故か1mm程度の小さなゴム管がひとつはまっている。

とりあえず意味の無さそうなゴム管を抜き取り、毛をつまんで鼻の内側が引かれる感触を愉しむ。
鼻と、鼻の下は湿度が高く、雑菌が繁殖しやすい環境のため、傷が出来ないようにしなくてはならない。
以前、鼻毛を抜いた際に毛穴を傷つけてしまい、そこから感染症を起こして死んだ人がいるという話を聴いた事があるので、抜けるほどの力は加えない。
それで抜ける程度なら傷は出来ないのでまず問題ないだろう、とたかをくくりつつツンツンする。

という夢を見ましたが、これはどういう意味が隠されていますか?


夢の意味もわからないものですが、先端機器も良くわからんヤツでして、調子が悪かったネットでしたが、ためしにモデムの電源を落として再起動させてみたらもとに戻りました。
PC関係ではけっこうこの〝電源落とし〟は有効な手段として出てきますが、理屈で対処しきれなくなった時のある種の呪い事のようで、〝45度の角度でチョップ〟伝説に近いものを感じなくもありません。
まあチョップ修理術は、衝撃で埃が落ちて接点が復活するからじゃないか、という噂を聞いた事があるので、突き詰めればなんかしらの理由は解明できるんでしょうが。

かるた「た」は「たいあっぷ」。

商業芸術の世界では特にスポンサーとの関係は蜜月な物で、いま時で言うところの〝WIN-WINの関係〟というヤツが欠かせません。
その中でも、もう作品と宣伝が混然一体となった形態がタイアップ。

画像は「メタルギアソリッド」と「リゲイン」のコラボ。

アーティストと言ってはみても霞食って生きれるわけじゃなし、資本と寝るのも仕事のうちと、かつて小向美奈子が暴露してました通りです。
ただ、いつしか手段が目的になってしまう事もあり、しかし残念な姿もまたある種のメッセージを伝えてくれたりして味わいがあるようなないような。

「コアなファン 捨てても欲しい タイアップ」(大槻ケンヂ)  

Posted by チェリー2000 at 18:14Comments(2)古本屋