2011年11月05日

ジャングルぐるぐる

風邪気味のところを無理やり抑えることには成功したものの、横になってる事が多かったのでなんだか軽いめまいと頭痛が出たり引っ込んだりしてあまり気分はすぐれません。

本格的に風邪なんかひいた日にはかなりしんどい事になるので、多少弊害があってもこの辺で手を打っておく方が良策なのは確かですが、まあちょっとしんどい。
ちょうど季節外れの夏日続きだった事も、暖かくして過ごすのには辛かった。

そんな訳で布亀のおっちゃんには悪いけど今回も薬無しでしのげそうです。
たまには赤玉はら薬くらい使ってやろうかしら。

とりあえずいつもの様にほとんどモニターの前に居る様な状態では気分が悪くなりそうなので、なるべく体を使った作業をして復調を目指します。
幸か不幸か雨模様だし、片付けと掃除に関してはいくらでもやる事があるので、月曜のゴミ収集に合わせて作業を進めたい。

整理ついでに先日の買取品からピックアップ。
「隔月刊テレビジョンドラマ」より「ジャングル」特集号。
僕は刑事ドラマというと「特捜最前線」なんですが、「太陽にほえろ!」の後番であるこの「ジャングル」はリアリティという点でけっこう気に入っていました。
残念ながら地味すぎて長くは続かなかったし、ほとんどの人の記憶に無い作品かもしれません。

僕の記憶に強く残っている理由としては、なんとなく気に入って観ていたところで、当時いろいろ影響を受けていた友達も〝リアルさが良い〟と意見が合ったこともあると思います。

しかしその友達の〝胸キュン刑事も良い〟の言葉には影響されませんでしたが。
まあ本当に面白かったのかも知れませんが。

他に同じく「隔月刊テレビジョンドラマ」より「ザ・ハングマン」と「あぶない刑事」の特集号。
〝「あぶない刑事」がほとんど写ってねぇ〟と思われたかも知れませんが、たんに僕が見てないからです。

「ハングマン」も好きな作品でした。
ここにも火野正平が出てますが、全体にまぁ~濃いキャストです。
特にシスター姿の三島ゆり子がもういろんな意味で濃すぎる。
三島ゆり子は日本フルハップの町の社長さんシリーズで目にする程度ですが、タージンも出ていたABCラジオ「木曜ねばーランド」もなつかしい。

特集以外も当時を偲ばせる濃厚な記事で、80年代のコテコテぶりがいささか弱った体に毒のようにも感じるので、あっさりと卵粥でも炊こうかと思います。


  

Posted by チェリー2000 at 15:36Comments(0)テレビ