2011年11月30日

ブタ声はwebにのって

昨日、一昨日とひさしぶりにアクセス数が伸びていて何事かと思う。

いろいろ原因を考えていて、ふと思いついたのが月曜日から病欠の武田和歌子アナに代わって「ぴたっと」に再登板したマコーマックでした。
やっぱり、突然〝マコーマック〟とかラジオから聞こえてきたら、何者かと思うのも無理は無いわけで、春くらいより以前を知らない人が検索に掛けたために過去記事にヒットしたのではないか、と推理したしだいです。

しかし、体調不良とはいっても一週間休むとなるとちょっとやそっとの事ではないのでないか、と変に勘ぐってしまうのは、これも春くらいの毛利千代子パターンが記憶に新しいせいでしょうか。
そんな思いも失せるほどに相変わらずマコーが自由すぎて、せっかく和歌子色が定着してきたのを遠慮なくぶち壊すなと、ある意味感心してしまう。
まあ、「ぴたっと」降板後の「徒然なるママに」がひっそり終わってたことを思えば、フリーなんてやり切ったほうが後悔なくて良いかもなと思います。



先日のオークのバイトきっかけで買った格安MP3プレーヤー。

出先ではもちろん、最近では持ち歩きの際にはこれメインで、トークマスターで録音してある奴は充電ついでにPCにつないで聴くように使い分けが明確になってしまいました。

現在、MP3プレーヤーで聴いてるのが「深夜の馬鹿力」のポッドキャストなんですが、過去ぶん全て入れてあるので聴いても聴いても尽きません。
オークで一日中流しっぱなしで聴いてた続きで、最近多かった運搬作業中などにもガンガンかけ流してたにもかかわらず、ようやく今年ぶんに突入したところです。

このポッドキャストは当初、番組終了後に録りおろしで数十分、若手芸人を入れて話す長尺ものだったのですが、たぶん有料配信の絡みからか、途中から並びの番組と同様に本編内から十分程度を抜き出したダイジェスト版を流すようになっており、この辺に入ってからはサクサク進んで行きました。

しかし事情が変わったのか、今年の春くらいからまた若手入れての録りおろしスタイルになっており、一回はそんなに長くないけど毎日の用に更新されるようになっています。

まあさすがにそのうち追いつくでしょうけど、寝ながら聴き流すとかしてるからなので、ちゃんと聴いて行こうなんて事は考えないことにします。


現在、ラジコのエリア制限の解除に向けて、ビジネスモデルを検討中という噂があります。
具体的なところは解りませんが、エリア外放送に月額課金という案も出てるとか。
〝NHKの受信料も払わない奴が多いのに、ラジオなんか金払って聴く奴がいるか〟と、お思いの方も居られるでしょうが、全国の放送が聴けてラジコガジェットにエアチェック機能とか付けてくれて月額500円くらいなら僕は全然払えます。

ネットの力でまさかラジオがここまで可能性を広げて来るとは。
こりゃあ「ラジオ番組表」がコンビニに並ぶ日も近いかも知れません。

投資家は今のうちに三才ブックスの株を買っておいてはいかがでしょう。  

Posted by チェリー2000 at 21:38Comments(0)ラジオ