2012年03月01日

ルルルルールルルー

いや、なにが驚いたって、高橋一生の熱愛報道ですよ。

高橋一生なんてそんなにメジャーな役者だとは思ってなかったので、よもや報道で名前を見かけるとは思いもよりませんでした。
「ミートボールマシーン」や、最近では「ウルトラゾーン」なんかでも顔を見かけた高橋一生ですが、なんといっても最初に憶えたのは「怪奇大家族」でした。
そしてつい海外盤を買ってしまっていた事をここに告白いたします。
作品自体は言ってしまえば割とベタなホラーパロディであり、メメント森とか10人居れば7人が思いついて、思いついても決して口には出さないレベルのネタがいけしゃあしゃあと出てきたりしますが、高橋一生はじめモロ師岡、室井滋、藤村俊二などの味のある実力派俳優のキャラクター性のお陰もあって、ベタさの良い面が引き立てられています。

赤線幽霊つやこがちょっと小向美奈子に見えて、エンドロールで確認したら大谷充保で納得。
まあ小向さんは芸能人としてリアルに赤線幽霊となってしまいましたが、ここに関連を見出すのは五島勉なみの後出し超解釈になってしまうので、人に話さないほうが良好な対人関係を維持できること請け合いです。

あと無粋を承知で言うと、タイトルは「怪奇大作戦」のパロディですが、本編ではまったくそんな素振りはありません。
ただ、オープニングだけは物凄く怪奇、物凄く円谷しているので、その辺は特オタ的にはやられてしまうでしょう。

1クールでさくっと観れるのでオススメ。
  

Posted by チェリー2000 at 22:36Comments(0)DVD