2012年03月30日

Planet of the Abe

座敷のAV環境の盲点であったコンポジット、いわゆる普通のAV入力が出来ないという難点を、リーフリDVDデッキをつなぐためにクリアしようとあの手この手。
「できるだけお金をかけない」を目標に思案の結果、昔使ってたアップスキャンコンバータを引っ張り出し、Dsubに変換して接続に成功。
そのままだと360をつなぐところが無くなるので、DVIマルチタップをかましてDVDと360をスイッチャーで切り替え仕様にしました。

結局、タップとケーブルで2千円ほどかかってしまいましたが、単純に買って増設すると1万はしただろう事と、ありものを活用できた事とでとりあえず満足。

下でも海外DVDが見れるようになったので、店をやりながら見ることにしたのがこちら。

「勅使河原宏BOX」
「おとし穴」「他人の顔」「砂の女」の三本にサプリメントと題されたボーナスディスクとブックレットのオマケが付き。

〝勅使河原の評価は安部公房ありき〟と評されることもあるようですが、どうして映像作品としても良く出来ています。
しかし3作通して昔の役者は顔が濃いなというのがいちいち感じられるところで、そんなによく知らない役者の、しかも若い頃とくればわからなくても普通なんですが、田中邦衛はもちろん仲代達矢とか佐藤慶とか市原悦子とか平幹二朗とかパッと見てわかるのがスゴイ。

中でも若い頃の岸田今日子はギョロ目にタラコ唇という独特の容貌ながらけっこう色気のあって、口元のフガフガ感がなければもっと美人女優で通ったんじゃないかと思います。

まあなんだかんだ言っても、脚本が安部公房だからっていうのが仕入れた大きな動機だったワケなんですが、なかなかに安部ワールドを巧みに表現してる秀作映像。
一気見で安部宇宙を浮遊するのもオススメです。  

Posted by チェリー2000 at 21:41Comments(0)DVD

2012年03月28日

病み上がる辛労

今日はまた一段と暖かい。

例によって昨日からはじめたドロンスタイルで金曜クラブに行ってみて、振りが始まるころにはいそいそドロンする流れ。
荷物が多かったから残って振りに参加すれば、なにか良い物も出そうなもんですが時間的に無理。
もう金クラはいったん目録でふるった方が良いかもしれません。

ジム寄って風呂入ってサクサク帰投して開店。
ちょうどその頃、ネットで買った本が届いたので、まあ今日の仕入れはこれで良し。

お客さんはあまり来ないけど、最近とんとご無沙汰だった並びの中華屋のおばちゃんがひさしぶりに来店。
正直、かなり前に長期休業してた頃から見かけなくなって、生存してるかどうかも知れないくらいに思ってたら、どうやらけっこう重い病気だったみたいです。
たしかに以前と比べ見るからにガクっと衰えた感じで、こんな様でもいつまでも寝てるって訳にもいかんのも辛い話だなぁと思ったり。
とりあえず復帰されたようでなにより。

僕も昨日からの腹具合なので、今日はお粥炊いたりしてお腹に優しい食事と、こまめな水分補給でおとなしくしながら仕入れた本の処理をやってます。

在庫が出来てきたから、まとまったら暑くなる前に一回即売会とかも考えてみようかしら。  

Posted by チェリー2000 at 22:42Comments(2)古本屋

2012年03月27日

はてしなく遠い男坂

未明に急激なさし込みがあり、お腹ゴロゴロ急降下。
応じて僕も階下のトイレへ急降下。
しかし同時にかるい貧血を併発してしまい、大変往生することに。
なにしろ船酔いは船を下りなきゃ収まらないと車田正美「男坂」で言っていたのと同様に、貧血は横にならねば収まりません。
しかし便座縛りが解けない。

軽いとはいえ貧血、徐々に血の気が引いてきて体が急激に冷えてきて、吐き気を覚えるまでになってくるとさすがにマズイ。
なんとかキリを付けトイレを出て、ホットカーペットのスイッチを入れるとそのまま一階の座敷にダウン。
単純に気温も下がってきてて、かなりガクブル震えが出てきたけれど、カーペットのお陰で徐々に体が温まってきたので、もう一度トイレに行って、しばらく座敷で横になって様子見。
明け方になってようやく寝床に戻れるといった孤独な戦いの夜でした。

明けて昼前。
かけっぱなしのラジオでは「ありがとう浜村淳」から「ええなあ」に流れていく。
正午回って「アカペラお喉自慢」がはじまるといつもはチューニングを変えるのですが、春休みなのでちびっこ登場、いつもと違う展開を聞き届けようとステイしてたら「宇宙刑事ギャバン」を歌ってた。
先頃の劇場版「ゴーカイジャー」の影響で、こんな未就学児童が、しかも女の子が

〝若さってなんだ?愛ってなんだ?〟

などと歌ってるという奇妙な現象が起こっていました。
あらためて聴くと、かなり暑苦しい歌詞に串田アキラの暑苦しい歌声の実に脂っこい主題歌です。

その後、なにげにラジオのチューニングを変えると、ラジオ関西の「Sanae's Cafe」が終わるらしい事を知る。
そういえば改変期だったことに気付きつつ、確か田中さなえは松竹だったから今後は小川恵理子の枠あたりに押し込んで行けば良い感じに世代交代できるな、と思ったりします。

体調も戻ったので、外回りの用事に出るべく着替えようとするも、意外に暖かいので着る服を迷う。
風はあるので薄手で目の詰まった物をひとつ引っ掛けようと目にとまったのが、だいぶ前にお母ちゃんがくれたアランドロンのブルゾン。
このブランド名の元であるフランス人俳優アラン・ドロンといえば、十代でフランス外人部隊に身を投じ、パラシュート降下兵として過酷で生々しい流血の中を戦い抜いてきたほんまもんです。

そんなドロンのブルゾンを、お腹急降下で貧血と戦った僕が着ても当然ほんまもんには程遠く、ただの散歩してるオッチャンみたいな着こなしにしかなりませんでした。

そういえば「宇宙刑事ギャバン」にはアランっていう同僚も出てきます。

なんとなく色んなことが繋がったようでいてまったく繋がらない、いつもの一日でした。  

Posted by チェリー2000 at 23:07Comments(2)よもやま!

2012年03月24日

「□」と書く

今日は土曜日で昼から営業なので、朝のうちにアマゾンの出荷を済ませに近所のコンビニへ行くと、ときどき来るちびっこと遭遇。
なぜか途中まで一緒に帰りながらベイブレードの話をされる。

ちびっこと別れ、このあと水汲みに行こうかどうか考えていたら、ちょうど先日、水汲み場であるライフが近くにある事を教えてくれた「シカク」さんがある通りなのを思い出す。

「シカク」は中津の珍スポットの中でもレアな部類の店で、土日しかあいてないし、具体的に何屋とカテゴライズもしにくい、しかもごく普通の民家で、これといった目立つ目印もないため発見が困難という店。
営利目的というよりは、ほぼ純粋に趣味でやってるプレイスポットといった感じでしょうか。

実は僕もだいたいの場所を知りながらも、今まで何度か探して挫折していたのですが、明るいうちに行ってみたらすぐ見つかりました。

また今度開いてる時間に行ってみようと思いながら中津商店街を通り抜けて家路につくと、なぜか妙に本格的な一眼のカメラを首から下げた20人くらいの団体に遭遇。
そんなもん撮ってどうすんだってモノに向けて寄ってたかってシャッターを切っていて、何かの儀式みたいな異様な光景になっていました。
バブルの頃の日本人観光客はちょうどあんな感じだったんでしょうね。

戻ってから開店の準備をダラダラやって、シャッターを開けたら一転雨模様。
微妙な雨で前を出そうかどうか迷った挙句にやめておくと、しばらくして強烈な豪雨になったのでやめておいて正解だったワケなんですが、むしろ今日は休んで「シカク」覗きに行っててもいいくらいかも知れません。

ちなみにHPによると今日は〝今さら聞けない、ヒットチャートで見る60年代前半のロック〟というイベントをやってるそうです。  

Posted by チェリー2000 at 17:12Comments(0)中津

2012年03月23日

昔の名前で出ています

しばらく前に閉店された「ナノギャラリー」。
特に交流があった訳ではないものの、同じ並びでやってる店として寂しい思いが無くもありませんでした。

最近、そのまま置いてあった看板や内装が、ウチの看板と入れ替わりのようなタイミングで取り壊されてました。
〝ありゃ、まあしょうがないけどなぁ〟とか思ってたら、なんか復活するらしいです。

同じところではなくなって、阪急中津駅の反対側になるみたいですが、だいぶ大きくなるらしいです。

ウチも頑張って存在感を示して行こうということで、今までよりもうちょっとだけカッコつけたフライヤーを作成しました。
ハガキ大のコピー紙だったのを名刺サイズでちょっと良い紙に変えました。
営業開始時間を〝ごろ~〟に変えてアバウト感を出しつつ、以前の変換ミス、大阪氏を大阪市に修正し、より実態に近づいています。

今年はどんどんアピっていく予定で、他にもいろいろ企画しております。
目に留まることがありましたら、ひとつよしなに。  

Posted by チェリー2000 at 23:16Comments(0)中津

2012年03月22日

この街は戦場だから

帽子を無くしてしまいました。

なんと西条八十もビックリの無くしっぷり、今月に入って3つめです。
原因がはっきりしてるのもあれば、いつの間にか消えてるものもあります。

僕にとっては帽子はオシャレアイテムでなく機能性アイテムのため、室内では脱帽が基本なのでうっかりすると無くしてしまいがちなのは確かなんですが、それにしても多すぎます。

今週の「川中美幸 人・うた・心」のゲストは喋り方が独特の戦場カメラマンさんですが、あの人は年中ベレー帽をかぶっています。
僕は実用本位のミリタリーアイテムがお気に入りで、今日無くしたのも実物の米軍デッキキャップだったのですが、戦場で行動する人がなぜ故に汚れた手で扱いやすいだけの帽子なんかかぶってるのかと思ったら、あれは妹からのプレゼントで、かぶってると無事に仕事を終えて帰れるというジンクスをかついでいるのだと言ってました。

というか、お飾り的ですけど軍用にもベレー帽ありますね。

ちなみに取材中の戦カメさんの喋りはごく普通のテンポで、小倉優子の古い動画を見た時のようなギャップを感じますが、活動資金の確保という志の高さが焼肉屋に名前を売る宇宙人とは違うので、たとえキャラづくりだとしても嫌な気持ちにはなりませんね。

とりあえず自転車移動中心生活者としては、ジンクスは無くとも新しい帽子を用意せねばなりません。  

Posted by チェリー2000 at 20:22Comments(0)よもやま!

2012年03月18日

これはガンプラです

先日、「狼男アメリカン」のDVDと引き換えにと持ち込まれた、PL法が無かった時代ならではの〝とにかく尖らせとけ!〟とばかりのスパルタンなデザインが素晴らしい超合金魂「大空魔竜ガイキング」。

そんなに高いわけでも無いのだから、普通に買ってくれても良さそうなものなのですが、まあよく来る人なのでいいや、と交換ゲットしたまま置いといたのが、来訪したちびっこの目に留まる。

以前から似たような事はありましたが、今時のちびっこはロボット(らしきもの)を見るとガンダム、そのおもちゃはガンプラになるらしいです。

ガンダムでもプラモでもないそれを、〝ガンプラか?〟と聞かれると、どこから説明していいのか途方に暮れます。

しかし考えてみれば子供たちが見るような時間帯にやってるロボットアニメなんてガンダムくらいしか無い、そんな時代が長く続いているのかも知れない。
かつてあったロボットアニメブームも、最盛期を支えたのは原動力はガンプラブームだったように思うので、その頃の子供が親になって、伝説という形でアバウトに継承された結果という事なのでしょうか。

いずれ〝すべからく〟とか〝役不足〟みたいに「常識化した誤用」として定着するんだろうなぁ、と最近ではそんなことに細かくこだわるのは大人気無いなと思い始めてる僕なのでした。  

Posted by チェリー2000 at 20:31Comments(0)おもちゃ

2012年03月17日

バブルへGO!!

お隣さんの引越しで、去年の夏に付けた窓用エアコンを今度は外してあげることになり、今度もお駄賃を頂いてしまいました。

泡銭だし、たまには近くで外食か買い食いかしようかなと思い、ジムに向かいつつ自転車でフラフラしていると、挙動不審に思われたのか警官に止められてしまう。

別に後暗い所のある訳じゃないから調べられても良いのだけれど、はっきりいって無駄なことをしてる気がして仕方がない。
僕が自転車ドロやるなら、自分で登録したシールを持っておいて盗んだ自転車に張り替えて足がつかない様にします。

まあ自転車ドロやるような刹那的な小悪党は無計画だろう、という目算があるのかも知れないし、実際そういう手合いもいて成果が上がってるのかも知れませんけど、それにしてもどんなもんかなぁ。
そんなことを思いながら、警官の一人が無線で照合してるあいだ、もう一方の警官に間つなぎの会話をしかけられていっそう気分が萎える。

そこに追い討ちで前カゴにカバンを入れてるとダメだよ、と注意されて、ぞんざいに上から物を言われた気がしてちょっとヘソを曲げる。

我ながらこうなると面倒臭いヤツで、もうテッテ的にシカト。
空気を察してダメな理由を解説しはじめる言い訳モードの警官をガン無視で、照会が終わるまでマイナスイオンなんか一切含まない気まずい空気を作り続けてやりました。

泡銭もった浮かれ気分もすっかり静まって、ジムで風呂入って帰って冷蔵庫の掃除という名の飯食って開店。

少し寒さが落ち着いたからかお客さんはの流れがちょっと回復。
時節柄か相変わらず買取がちょこちょこあり、また変にいい本持ってこられるので高く付けないわけにもいかず、売り上げが追いつかないという恍惚と不安ふたつ我にあり状態。

むしろエブリデイ生まれてすいません状態ですが、こんな時でも勝負は下駄を履くまで分かりません。
閉店間際に来店したパンク風のお姉ちゃんが、風変わりな本をいろいろ買ってくれて最終的にはかろうじてプラス収支で終われました。

にわかに浮かれ気分が復活したものの、さすがに午前様なのでその気分で出かけるような場所もなく、明日は土曜で昼から営業だし、ということで店閉めて冷蔵庫の掃除と言うなの飯食って寝ることにします。  

Posted by チェリー2000 at 01:29Comments(0)古本屋

2012年03月14日

グリーンジャンボ星人対グリーンジャイアント仮面

中継ちょばーんが中津に。
しかし訪れたのは中津でもっともベタな選択、カンテグランデでした。
さすが現状維持が今年の目標の桂ちょうば、保守的にも程がある。

ちなみに僕は一度も行ったことはありません。

お母ちゃんからグリーンジャンボ宝くじの購入を依頼されました。
大抵のダイスロール判定に失敗する僕は、自分が強運の持ち主でないことを知っているので、賭け事には基本手を出さない事にしてるのですが、今回のジャンボ宝くじは復興支援という大儀があるので、間接募金としてどうかと考えました。
しかし、良く見ると売上に対するパーセンテージ募金でなく額は決まっているみたいなので関係ないっぽい。

大儀が無いならやめとこう。
そう思ってスルー決定していたのですが、今回の依頼により宝くじを人生初購入しました。
もちろんわざわざ僕に依頼するくらいなので、目当てはジンクスを信じて駅前第四ビルの特設売り場に決まっています。

根本的に買い手のツキの無さが致命的なことはこの際置いといて、ささやかな親孝行としてお祭り騒ぎに付き合ってあげようと当選祈願スタンプまで押しておくことに。

最後に気は心、僕も買って本人に選ばせます。
僕の引きが弱くてハズレを掴むなら、もう一方は当たりやすくなるはず、というジンクスを逆手にとった運気上昇策です。

まあ全部ハズレると思いますけどね。  

Posted by チェリー2000 at 19:32Comments(4)

2012年03月13日

春はまだ遠く

時期的に引越しが重なってか、わりとまとまった量の買取が週末に固まってきたりして、せまい店舗で大わらわになります。

先の週末に大量に持ち込まれた写真系の本を、ほとんどそっくりそのまま市会に。

わりと高めで買わされてしまったので、正直回収は困難かと思われましたが、結果としてはだいたいトントンの売上と言っていいレベルで、かつ毛色のいい絵本の口を売上トントン程度で買えたので、組合に入ってこのかた未だかつても、やまだかつてもない理想的な在庫ロンダリングができた感じでした。

そこには実はちょいブッチギリ気味で買ってしまったことへの誤魔化し要素が無くもありませんが。

ともかく雪に見舞われたうえ、ギリギリの搬入に朝から食事を取らずにいたので、自分を慰労せんと夜は打ち上げの流れに加わったその道中、うちのお客さんに遭遇。
少し前に、ノックアウト退職した人です。

遭遇したのは純然たる偶然でしたが、なんでも会社都合であと数ヶ月後には失職予定だそうです。
そういえば隣の住人も似たような事を言ってて、最近は昼間でも自転車が置いてある気がします。
うわぁ、寒い寒い。
そりゃあ雪も降るわけだ。

今夜はまた一段と寒の戻りが厳しくて、客足もまったく伸びないのでボチボチと在庫整理をしながら、昨日聞いたゼロショップなるヤツを調べてみることにします。
  

Posted by チェリー2000 at 22:50Comments(0)古本屋

2012年03月12日

もしドラ

確定申告が滞りなく完了。

多少、不手際が無くもなかったのですが、あまりにもプアーなその数字に同情したかどうでもいいと思ったか、大目にみてくれました。

なかなか上向かない売上に、まったくもって頭が痛い思いです。

いや本当に頭が痛い。

むしろ目の奥が痛い。

ああ、これはいつものちゃんと寝れなかった時になりがちな頭痛だ。

ということで普通の頭痛です。
普段だと首のマッサージとか寝直すとかで凌ぐのですが、布亀の置き薬があったのを思い出したので、ちょっと覗いてみるとありました、鎮痛剤。

さすがにたまに使う薬はよく効きます。
経営状況に由来する頭痛をどうにかできる薬はないものだろうか。

勘のいい人は既にタイトル詐欺に気付いたかもしれませんが、〝もしおっさんが普段頼らないドラッグを服用したら〟という話でした。  

Posted by チェリー2000 at 01:19Comments(0)よもやま!

2012年03月10日

いま、万感の思いを込めて

ついに看板をロールアウト。

こうして出来たものを見ると、シンプルながらそれっぽく仕上がったじゃないかという思いと、なんでこの程度のものを3年も手を付けずに来たのかという疑問が湧き上がってきます。

実際には営業時間を入れる予定だったのですが、平日と週末で時間帯が変わるので字数が意外に多くて面倒な感じがしたのと、あと開店時間をもう一つ守れる自信が無く、前面に表記するのを尻込みしてしまうから。

まあ一番の理由は全部を用意してから作業をしようとすると、準備段階で飽きるか萎えるかして、けっきょく何もない状態が長くなってしまうであろう自分の性格を知っているからこその見切り発車なわけです。

結果的には二度手間になるし、書き加える可能性を保留している以上、トップコートをかけてやれないから、やや中途半端でもあるのですが、こうやって非効率的なやり方しか出来ないのが能力の限界と割り切って、また別の作業に手を出していきます。

ちなみに反対側は青です。

内蔵の蛍光灯で光りますが、スタート時に石原慎太郎のまばたき並みにフリッカーします。
最初、爆発するんじゃないかと肝を冷やしましたが大丈夫そうです。

そんな看板のデビュー当日でしたが、さっそくお客さんに〝ここは古本屋ですか〟と聞かれました。

クサクサするで!  

Posted by チェリー2000 at 19:59Comments(6)古本屋

2012年03月06日

女の敵は女

とても眠い。
昨日今日と、馴れない早朝からの用事でとにかく眠い。

子供のように眠りに就きたい気持ちでいっぱいであります。

かの天才、ピカソは子供の様に描きたい、と言って例の落書き画法を編み出したとのことですが、いささか言い訳がましい気がしなくもないのは、リアル子供の絵を見たときに天才の言ってるようなアーチィな感じからかけ離れた俗っぽさにそこそこ染まった感じを受けるためでしょう。

てなことをしたり顔で考えつつ近所の小学校低学年の落書きを見てると、下手くそな字で書かれたテキストに目が止まります。

〝バカ女はのうみそがバカ〟


これがキュビズムか。



いよいよ眠く、すでに落ちそうな感じなのですが、これだけは記しておかねばなりません。


明日は臨時休業です。

今週は仕事がしにくい。

  

Posted by チェリー2000 at 22:04Comments(0)古本屋

2012年03月04日

誘う女

小ぜわしい。

作業自体はそれなりに進んでいるものの、どうにも気が散るというか、飽きっぽい性格のために、梅沢富美男かと思うほど準備不足を幕は待たないとばかりにあちこちに中途半端に手を出してしまい、当然のごとくミスしてフォローして、ちょいちょいやり直して、などとかえって時間がかかるわ散らかるわといった事態を引き起こしてしまい、小ぜわしい感を更に増します。

昨日は桃の節句であり、うちに来るちびっこのほとんどが女の子である事から襲撃は無いものと予想されたので、看板の作成に取り掛かることに。
作成と言っても一から作る訳でなく、以前あったものを名前だけ書き換えるだけなので、元のを消して屋号を入れたスプレー台紙を切り出す作業です。

このためと、他の工作に使えそうだからという事で買った安いエアブラシを試験的に使ってみることに。

しかし準備が済んだところでちびっこが来店。
珍しいおもちゃを見つけたちびっこにイジり倒されて台紙も台無しになってしまいました。
その後はちびっこが借りてきた「スパイキッズ2」のDVDを一緒に見るというシュールな展開に。
作業はご破産になってしまいましたが、ちびっこが来てくれるのは楽しいのも事実だし、マチェーテが「スパイキッズ」から来たキャラクターだという事がわかったという収穫もあったのでまあ良しとしましょう。

そして今日。
雨だしちびっこどころか客も来ないだろうと、昨日のリターンマッチを挑んだら、新しく買ってもらった長靴を履いてきたと、得意顔でちびっこが出現。
客が来ないのは予想通りビンゴ。

まあまあいいさ。
なんだかんだでレイアウト変更も進んでるし、春頃にはもうちょっと客を呼べる状況を作れているはず。

たぶん。  

Posted by チェリー2000 at 21:29Comments(2)古本屋

2012年03月01日

ルルルルールルルー

いや、なにが驚いたって、高橋一生の熱愛報道ですよ。

高橋一生なんてそんなにメジャーな役者だとは思ってなかったので、よもや報道で名前を見かけるとは思いもよりませんでした。
「ミートボールマシーン」や、最近では「ウルトラゾーン」なんかでも顔を見かけた高橋一生ですが、なんといっても最初に憶えたのは「怪奇大家族」でした。
そしてつい海外盤を買ってしまっていた事をここに告白いたします。
作品自体は言ってしまえば割とベタなホラーパロディであり、メメント森とか10人居れば7人が思いついて、思いついても決して口には出さないレベルのネタがいけしゃあしゃあと出てきたりしますが、高橋一生はじめモロ師岡、室井滋、藤村俊二などの味のある実力派俳優のキャラクター性のお陰もあって、ベタさの良い面が引き立てられています。

赤線幽霊つやこがちょっと小向美奈子に見えて、エンドロールで確認したら大谷充保で納得。
まあ小向さんは芸能人としてリアルに赤線幽霊となってしまいましたが、ここに関連を見出すのは五島勉なみの後出し超解釈になってしまうので、人に話さないほうが良好な対人関係を維持できること請け合いです。

あと無粋を承知で言うと、タイトルは「怪奇大作戦」のパロディですが、本編ではまったくそんな素振りはありません。
ただ、オープニングだけは物凄く怪奇、物凄く円谷しているので、その辺は特オタ的にはやられてしまうでしょう。

1クールでさくっと観れるのでオススメ。
  

Posted by チェリー2000 at 22:36Comments(0)DVD