2012年05月10日

境界線上のアリア

昼からちょこっとバイト。
ちょうどアマゾン塩漬け在庫処分期間中だったので、発送作業が無かった事と、同業の手伝いなのでかなり融通を聞いてもらえたおかげで、隙間を縫ってあまり営業に差し支えない範囲でバイトできたけれど、今後のネット再開を見据えるとやはり継続的な通い仕事は難しいかも知れない。

そんな事を思いつつも具体的に必要な売上増額の算段を立ててみる。
いつか奴らの足元に叩きつけてやるという程のビッグマネーは要りませんが、やはり月平均5~6万は押し上げないと食えるレベルには到らないようです。

経費を圧縮するにしても、すでにまあまあギリギリのラインですので、絞り込んでもせいぜい一万くらい。
店売りがそうそう伸びはしないとすると、ネットとバイトで4~5万の増収を図らねばいけません。
ネット販売に関しては、売るぶんを増やすには仕入れも増やさなければならないので、単純に数字通りとはならないから、やっぱり継続可能なバイトが一番手堅い。

改めて考えてみてもなかなか上手いこと手詰まりになっていて、流石これまで放置していた問題だけのことはあると変に納得しつつ開店作業に取り掛かるとスーツ姿のOLさんの自転車が停車。
生保レディかなんかの営業かしらと一瞬警戒するも普通にお客さんでした。

なんでも以前来て、ご近所のカバン屋「ZIZZ」さんで営業時間が確認できたから久しぶりに来てみたとの事。
せっかくなので新しく作ったショップカードをお渡ししてまたのお越しをお願いしました。
以前のハガキ大・ぺらぺらコピーのと違って、いまの名刺大・ケント紙のショップカードは結構お持ち帰り頂けるようになりました。
ごく普通の代物ですが、普通であるにはそれなりに理由があるという事なんですね。

ちなみにウチのショップカードではこのブログの事は一切触れていません。

このブログは当店のことを知らない人が、なんかの拍子に見つけて知っていただくことを期待して始めたものなので、店まで来た人に敢えて読んでもらうような意味も、読み物としての価値もないからです。
いわば大海に流したボトル・メッセージのような、恐ろしく効率の悪い代物です。

しかも普通、古本屋のブログというのは入荷情報とか、買取の依頼募集のような商売気をメインに、店の雰囲気を伝えるような感じで書かれるようなのが普通だと思うのですが、ここは見事に無意味な駄長文。

これをビジネス100%でやってるというのだから狙いが外れすぎ、普通を外しまくっています。
個性的といえば聞こえはいいけれど、やたらに個性的ならいいってもんじゃないんですね。

まあでもこんな店でも少しずつ人が来てくれるようになってきたので、なんとか今の窮状をしのいで、この世間外れな店と生き方を、ギリギリの境目ラインで成り立たせたいものだと願いつつ、今日は季節外れのお汁粉つくって食べましたとさ。
  

Posted by チェリー2000 at 00:17Comments(8)古本屋