2012年05月31日

香考

当初、毎日更新を基本としていた当ブログですが、現在では二日に一回の更新となっています。

そんなわけで今月分はノルマ達成してるので、今回はオマケのぶんと割り切っていつも以上にしょうむない話なんですが、ダイソーで買った線香が全く香らない。
前身である伽羅さんの頃からの店内にお香を炊くというコンセプトを踏襲していて、一応続けているのですが、そこまでこだわりがある訳でもないので、お金のかかる伽羅香とか沈香とかには手を出してないのですが、安物はそれと判るくらいに香りが薄かったり、妙に鼻につく甘ったるさがあったりするんですが、ここまで香りがないのも珍しい。

〝煙少なめ〟とは書いてありますが、香りまで無いのは如何なものか。

どうせダメなら思い切った事したろうと、いつもの極端な性格が出てきたので、墓参りよろしく一束にして一気に火を付けてみました。
うっすら見える煙と共に香ってくるのは、線香というよりジャスト火の匂い。

いっそ清々しいまでの無臭ぶりに、これはこういう気分転換アイテムなんじゃないかと錯覚するほどです。

とりあえずもうちょっとマシなのを探すとして、意外に線香ってもらって持て余してるケースも多いので、一度実家に問い合わせてみようかと思っています。  

Posted by チェリー2000 at 23:49Comments(0)よもやま!

2012年05月29日

プレデターズ

画面がうるさいからアマゾンのアフィリエイトを消しました。
もうずっと触ってないし、まったくと言って良いくらい変化もないので。

僕の手抜きまくり蜘蛛の巣にはほとんど獲物がかからなかった訳ですが、夕べ小さいアシダカグモが紙魚を捕食しているところを目撃してしまいました。

アシダカグモは網を張らずに狩りを行う蜘蛛で、不快害虫の王・GKBRをその家から根絶やしにしてしまうと言われるほどのキラーマシーンです。
大変頼もしいのですが、アシダカ自体が手のひら大の大きな蜘蛛なのでけっこうビビらされます。
実に悩ましい二者択一ですが、現状ではアシダカの方がエンカウント率の問題も含めマシと考えております。


ドリ蔵の餌が底をつきかけて、補充せんといつもの店に買いに行くもキレイに売り切れてました。
アテにしていた所に無いとなると、他に置いてある店を知りませんので、別の餌を買うかどうかを検討したのですが、やはり価格面と機能面で他のものは見劣ります。
そこでアマゾンで検索してみるとありました。
しかも店頭価格よりも安いし、送料無料。

なるべく店舗で買い物をしようと思っている僕でありますが、ここまで好条件でそもそも近所で買えないとなっては致し方ありません。
ちょっと残量的に時間の猶予がないけど注文しました。
そうこうして遂に餌が切れてしまいましたが、まだ届かず。

けっきょく給餌時間を二回ぶん超過したあたりで到着。

どり蔵にはいつも少なめの分量を2~3時間おきにあげてるので、量自体はさほどではないもののいつもの3倍くらいの量を皿に投入して食べっぷりを見ていると、さすがにがっついていました。
食べる量を自分で調整できるなら、手間がないのでいっぺんにやれて面倒がないなと思ってると食い過ぎで吐きました。

肉食動物はその力ゆえ、本能的に必要以上は捕食しないという定説がありますが、生まれついての家猫であるどり蔵には肉食獣としての矜持は縁のないものなのかも知れませんね。  

Posted by チェリー2000 at 23:41Comments(4)

2012年05月26日

昔の名前で出てました

「どこねっと」では未だに〝古本喫茶〟で出ているのを発見。
しかも定休日が水曜日のままです。
まるきり嘘情報です。ひどい話です。

訂正の仕方もわからないし、まあほっときますけど。


土曜なので昼から営業です。
どうせ暇なんじゃないのと思っていたらそれ程でもありませんで、ちびっこの襲撃もありぼちぼちにぎやか、売上も最近ではマシな方です。

明日も昼から営業してるのでお暇ならお立ち寄りください。
古本喫茶ではありませんが、所望すればお茶が出る可能性もゼロではありませんよ。  

Posted by チェリー2000 at 22:21Comments(6)古本屋

2012年05月25日

信頼が絆

今月末、〝大阪・中津から世界を撃つ〟の僕が勝手に付けたキャッチコピーがまったくお馴染みでないプラチナゲームズ制作の「MAX ANARCHY」の体験デモが配信されるようで、とりあえず触ってみたい。
発売時期的に「重鉄騎」とかぶるのでちょっとどうかと思うのですが、プラチナ初の本格的なオンライン対応タイトルなので、ここは同じ中津移民として見逃すわけにはいかないでしょう。
この初夏は、ひと足先に熱くなってくれるでしょうか。


店を開けてぼちぼちやってると、いつものちびっこが深刻な表情で入店。
「えらい事になってん…」というので行ってみると、自転車の変速機あたりにネクタイが噛み付いてました。
脅かすない、しょうむない。

でまあチェーンを逆回転させてネクタイを引き抜いて行くわけなんですが、最近のチャリンコはファッション性という事なのか、片側スタンドなのでメンテナンスしにくい。
普段の生活においても、ちょっと荷物を積んでると安定しないので、製品として半端な感じが否めません。

実は半年くらい前に安物のチャイナ自転車がダメになったので、セコハンでブリジストン「アルベルト」を購入しました。
雨ざらし10年落ちとは思えないくらいしっかりててそこは満足なんですが、リアキャリアがないのと片足スタンドなのがちょっといただけません。
まあアルベルトはもともと通学用というニッチな用途なので、そのへんは見た目重視なんでしょうか。
リアキャリアは前の自転車からパーツ取りして装備してやりましたが、そのうち両足スタンドに変えたろうかしら、と思っています。

後付けで何とかなることもあるでしょうが、やはり最初にしっかりした物があればこそだと思うので、オプションとかタイトルアップデートとかに頼らずズバッといい球投げてもらえれば、ちょっと無理してでも取りに行きましょうとも。

あと子供向けの自転車は内装変速機にしたほうがいい気がしました。  

Posted by チェリー2000 at 23:28Comments(0)ビデオゲーム

2012年05月24日

いつものやつ

クロームを使っています。

前のPCが調子悪くなったときに、比較的安定して動いてくれてたので、そのまま使っています。
その前は狐を使ってましたが、別に凝った使い方するわけじゃないので、けっきょく馴染んでる事が一番重要ですね。

早いものでこの中津に住んで三年が過ぎたわけで、そろそろ慣れたと言えば慣れましたが、相変わらず不便を感じるのは、その前に住んでた三国界隈が便利で、かつ三年どころじゃないくらい住んでたからなのかも知れません。

そんな中津で新しいお店を発見。
〝ヘブライ雑貨と文房具の店〟「エフロノット」さん

というかこっちが発見されたことで知り及んだだけで、実際にはまだ見てはいないんですが。

すでにはじめて1年半くらいやってるそうですが、まったく存じませんでした。
場所をうかがってると、御堂筋線沿いの人通りの多そうな通りで良さそうだなと思ったのですが、場所を特定できてみると、そら気づかんわと思ってしまう立地でした。

ただショップカードの裏にくわしい地図があるので、これを見ればチョロイものです。
むしろ問題はものすごい不定休だという話なので、フラッと立ち寄る感じの店ではないという事でしょうか。
面白そうなお店ですが、なかなか安定して店を開けることが難しい状況なのかもしれません。
ウチも変則的な営業時間なので、勝手に気持ちを良くわかったような感じになります。

そういえばこの間「シカク」さんも、半予約制の店になってきてるとか言ってました。


文房具はたぶん僕みたいなガジェットマニアが好きな類の変態文具とは違いそうですが、ヘブライ雑貨っていうのがどういう感じのものなのかまったく想像つかないので、ぜひ一度この目で確かめに行きたいと思います。
こちらのショップカードは当店にも置かせてもらってますので、ウチに来れて興味のある方はご自由にお持ちください。

いつか街の風景にすっかり馴染む、その日が来るまで続くことを願いましょう。

ウチが。  

Posted by チェリー2000 at 21:45Comments(0)中津

2012年05月22日

変人も濡れる街角

昨日は定休日でバイト。
今日は在庫処分でお出かけ。

日中は外回り系の用事で、せこせこ小銭を作ることに腐心しておるわけです。
最近は暑くなってきて、自転車こぐのも底力が出ませんで、ちょっと速度上げていこうかと一瞬思ってやっぱりいいやってなります。

そんなダラダラ激安全運転で帰宅途中、新聞営業所っぽいところで後輪の空気を入れてる奥様風が。
こういう所でも空気入れ使わせてくれるんだ、とか思ってると、どこかぶつけたかのか自転車がバランスを崩して、奥様風あわてて後輪を抱くような姿勢に。
しかし自転車の重心は結構高いうえ、車輪は回るので力を込めにくく如何にも苦しい体制だな、ちょっと微妙な状態だぞ、と思いつつその横をすり抜けるルートで進入。
追い抜きかけるその瞬間、傾いてくる自転車の前用チャイルドシートに埋もれるように座っている赤ん坊がいるじゃない!?

通り過ぎた途端に転倒音。
急ブレーキで振り返ると、慌てふためく奥様ことママンと、シートに埋もれた姿勢のままスローモーションで泣き顔になっていくベイビーちゃんを目撃してしまいました。

ママンは「ごめんねーっ!ごめんねーっ!」と叫びながらベイビーちゃんを抱きかかえています。
僕はといえば、瞬間を見たわけでは無いものの、直後の姿勢からして頭を強く打ったようには見えなかったので、とりあえず状況確認だけしておこうかとスタンドを立てて降車。

しかし、すぐにおっちゃんが現れて声をかけながら自転車を立て直してあげていて、さらに営業所の中からもうひとりおっちゃんが出てきて手を貸してあげていました。

こうなるともう出る幕ありませんので、ちょっと間抜けですがこの場は任せて立ち去ることに。
あらためて発車し、先ほどの光景を反芻しながら、通り抜ける瞬間にブレーキかけてれば倒れるのを阻止できたかも知れないな、とか一人反省会をしていると
あることに気付く。

あのシチュエーションでの僕の立ち位置は、如何にも危険運転で引っ掛けて自転車を倒してしまった加害者然としてなかったかという事に。

そういえば後から来たおっちゃんが一瞬、刺すように一瞥したけれど、あれはそう言う意味だったのではありますまいか。
ちくしょう!ウェッティなドレスを着せやがって!
まあ何ごとも無かったならそれでいいけど。


その後、時間が差し迫ってきて、こんな事もあろうかとお風呂セットを持参していたので、そのままジムへ直行。
エレベーターに乗った途端に、ここでまたあることに気付く。
シャツすごいしっとり。すごい汗臭い。
下着の替えはあるけれど、シャワー後にこのシャツ着て帰るのかと思うとちょっと、いやけっこう嫌な感じに。

けっきょくしっとり汗濡れたシャツ着て帰りました。

二重の意味で〝濡れ衣を着たクサイ奴〟だった、と上手いこと言ったところでハイおしまい。  

Posted by チェリー2000 at 22:07Comments(0)よもやま!

2012年05月19日

見知らぬ国のトリッパー

残念ながら、今回の風邪は芽のうちに潰しきれずに、鼻水・咳まで侵攻を許してしまいました。

熱がとか、関節痛とか、倦怠感とか、食欲不振とかの重いダメージは無いものの、結構鬱陶しい。
体調自体は問題無いだけに、より嫌な感じです。

そこでこんな時こそ総合感冒薬の出番やないか!と指摘されたので飲んでみたらスゴイ効く。

なにが効くって、眠くて頭がボーっとします。
これは例のピースフルな植物を吸引した時のダウナーなトリップ感に近いのでないでしょうか。
ちびっこが遊びに来たのも、買取があったのも、プレミア価格をつけてた巨人獣がまさかのジャケ買いされたのも、すべて幻覚だったのではないかと思うほどの

そんなグダグダな中、ラジコの選局をラジ関に合わせていると「パラレルボックス」をうっかり初聴取。
〝ねえ、デートしようよ〟の番宣通り、中野涼子とバーチャルデートする5分という、どこに需要があるのか理解に苦しむラジ関らしいクレイジーな番組でした。

インナートリップの霊友会以上にバッド・トリップするドラッグを、聴覚からも流し込まれてもう仕事になりません。
なにげに風邪ひきが多いようですが、予期せぬオーバードーズにはご用心を。  

Posted by チェリー2000 at 19:50Comments(8)ラジオ

2012年05月18日

フィーバー!

ふと耳にして、どういう訳か妙に郷愁に駆られることのある音楽があります。
たとえば 「鶴光のDJ天国」で下ネタだらけの30分の後にかかるEDテーマ「 Eye In The Sky 」を聞くと、急に昔の学生時分にラジオを聴いていた気分が蘇ると同時に、それがもう終わろうとしている、というシチュエーションが想起されて妙に郷愁。

そして最近ではパチンコ123のCMソング。
郷ひろみのデカイ顔を合成しまくった、あの能天気な歌か映像だかに、なぜそんな郷愁を感じるのか。
〝郷〟つながりとかサイコーに面白いオチがあるわけではありません。
恐らくあのあまりに嘘臭いパラダイス感が、あんなふうに〝みんなみんな幸せになれればいいのに 悲しみなんて全て無くなればいいのに〟という思いを募らせるからではないかと思います。
素直にさだまさし「しあわせについて」を聞いてればいいだろうという話です。

ところであのCM、ラジオ版もあり決めに郷ひろみがゾロ目数字に遭遇してラッキー!てな一言が入ります。
現実には恐るべき鉄火場博打の符丁でありながら、いまや日常的に吉兆として扱われているゾロ目。
なんと今日の買い物で二度もゾロ目が出ました。
ギャンブルは人生だけで十分という僕でも、これは一瞬ラッキーな気がしてしまいます。
まあ実際には何もありゃしないんですけど。
あと666はむしろ凶兆と言えなくもないかも知れません。

ヤフオクに少しずつ復帰。
この際だから、このブログと連動する形にしたらいいんじゃないかと思ったりはしています。
数が増えてからだと面倒になること請け合いなので、やるなら早いうちに始めたほうがいいかなとも思ってはいます。

とりあえずしばらく塩漬けにしてあった以外で、投下した新ネタの落札が始まったのですが、今日その最初の評価が入ってました。
222!
フィーバー!  

Posted by チェリー2000 at 19:12Comments(2)よもやま!

2012年05月17日

男と女

近頃ちびっ子たちが咳ばかりしてると思ったら、どうもうつされたようで夕べからやや風邪気味です。
例によって、悪くなってからだと大変なので食事療法で療養中。

水分補給が肝要なので、ちょうど切らしたビタミン剤と併せて薬局に買出しに。
普段は気にしないから目に入らないのでしょうが、お得な粉末タイプのポカリを発見。
400円で5リットルぶん。
こりゃ日持ちもして安上がり、かさ張らないし良いことずくめです。

消耗と時節柄もあって眠たくなりますが、もちろん休む程では全くないので開店。

若い男女が来店する。
若さ故か、妙にはしゃいでいる感じです。
入店時の〝いい匂い〟に始まり、女の子はやたらに〝カワイイ〟を連発。
男の子もそれに揃えて楽しげなテンションで応じています。
うーん、この二人はまだあまり関係が進んでいないのかも知れませんね。

そして女の子は時々くしゃみ。
どうも場所柄か、埃っぽいせいだと思ったようですが、猫の毛アレルギーだと思います。
いくらか落ち着いたとはいえ、まだ抜け毛の季節ですから。
もうちょっと掃除をこまめにするべきなのは知っています。

結局なんとなく予期していた通り冷やかしで帰られました。
まあ今日はのんびり在庫処理することにして、棚強化して次回に期待しましょう。  

Posted by チェリー2000 at 20:59Comments(0)古本屋

2012年05月15日

この雨を見くびるな

街の灯が水に滲んでいく。
「夜中にはやむ」どころか、予報によれば日中でも、もうまとまった雨にはならないだろうと行っていたのにも関わらず、昼間はしっかり降ったし、今現在雨はしとしと降り続いております。

16時営業開始の当店としてはジャストタイミングと、雨模様にもひるまず通常営業体制で開店したにもかかわらずこの有様。

しかし、さすがに雨足自体は弱まったようで、100均棚もとりあえずシート無しで大丈夫なので、出したこと自体は問題なし。

雨が降ったら開店休業状態になるのが古からの習わし。
実際、来客数は少なめなんですが、少ないながらも冷かし率低く、単価の高いお客さんもいたりで、とりあえずの売り上げは出来てくれました。
むしろ低かったこの数日の売上をぜんぜん上回り、まさに地獄に仏です。

とはいえ、これから紙モノ商売には辛い季節になること間違いなく、さらにその先には僕的に辛すぎる季節がやってまいります。
節電が叫ばれるこの夏に向けて、果たして僕に何ができるというのでしょうか。

どり蔵の抜け毛も落ち着いてきて、先取り夏モードです。  

Posted by チェリー2000 at 23:47Comments(2)古本屋

2012年05月14日

お座敷小唄

本日は新興会で同人として参加。
〝あわよくば、安ければ〟の思いで入れた札は、期待の淡さに違わず不発に終わる。
最終的に振りで安い口を買って終了。
でも今月は頭に予算を一気に消化してしまうレベルの買いがあったので、おとなしくこっちの在庫で商売できるよう算段していくことにします。

そんな良くある月曜日でしたが、昨日はちょっといつもと違う展開がありました。
ありがちなちびっこ来襲を経て、夕方近くになって突如現れたのは、この店の居抜き情報を知らせてくれた元・光國屋書店Kさんと、ウチの前身である『古本喫茶 伽羅』で働いていたUさんでした。
さらには『伽羅』の店長であったFさんも後で来るとのことで、奇しくも『伽羅』創設メンバーが揃うことに。

いちおう僕も一通り面識のある人たちだし、今現在は僕がオーナーではありますが、居抜きで入ってきた僕に比べ立ち上げの頃を知る三人が揃うと、不思議とこの場所まで含めて若干のアウェイ感を感じなくも無くもない。

結局ここに、さらに三人の知人(この人も会った事はある)が加わって、ちょっとした同窓会場の体をなしてました。

こうなると更にアウェイ感が増し、僕は多少話に加わることもあるも基本、場所を提供するポジションを取ることに。
これが意外と満更でもない居心地。

実は先日も、ちょっとした会合にこの座敷を使ってもらい、この時は更に場所提供に徹したのですが、けっこう悪くない感じでした。
たぶん座敷休憩所をやったらこんな感じになるのでしょう。

ただ、いかに店内の本やDVDを座敷でお茶しながら楽しめるとしても、果たして銭取れるレベルかどうか。
ネカフェと張り合う気は無いですが、利用がなくても今のままで特にデメリットは無いから、とりあえずでやってみても良いのかもしれません。  

Posted by チェリー2000 at 22:29Comments(0)古本屋

2012年05月12日

デイドリーム・ビリーバー

「悪人」を見ました。
日曜洋画劇場の録画です。

純朴だけど雑な妻夫木くんが、地味に悶々と暮らす深津さんを巻き込んで、みんな残念な感じになっていく話なんですが、最大の難点は〝事件の発端部分にリアリティがない〟に尽きます。
登場人物にあまり感情移入できるところがなく、冷静に見てしまったのも拍車をかけているかもしれません。

この映画は出会い系サイトで、二回ほいほいと出会えなければ成立しないのです。
トーストくわえた転校生に曲がり角でぶつかるくらい無いシチュエーションだと思うのですがどうでしょうか。

もっとも僕の出会い系イメージは、半年に一回くらい迷惑メールの中から適当にピックアップしたサクラメールをおちょくって遊ぶところぐらいしかソースがないので、全くないことはないのかも。
でもまあ〝理論上、不可能というわけではない〟レベルでしょう。

それにしても、あの下手くそなサクラに釣られてお金払う人なんているのかしら、と思ってちょっと調べてみると意外といるみたいです。
胴元が必ず儲かる仕組みがあるから、基本的に稼げないという理屈を知りながらもギャンブルをやめられない人がいるように、射幸心というものは人の判断力をこうも鈍らせるものなのですね。

出会いはうたかたの夢、味気なさに目覚めるだけなのです。
どうも、松崎しげるです。

そんな欲望の坩堝とは無縁の、凪いだ海のごとき当店ですが、女性三人連れのお客さんに店名のことについて突如質問を受けました。
なんでもディックのファンだそうで、看板を見て思わず入ってしまったのだとか。
店をはじめて三年目にして作った看板が、これほど早いタイミングで集客効果を発揮するとは、よもや思いもしませんでした。

というか、開店からあったとしてもこの日まで効果を発揮することは無かったんじゃないかと思いますが。

まあ時にはこんな出会いもあるという事で、夢を信じてぼつぼつ努力するのは良いのじゃないかとか言ってみました。  

Posted by チェリー2000 at 21:42Comments(0)映画

2012年05月11日

アスファルトに咲く真冬のバラ

ジム風呂に行く時の難点として、周辺に駐輪場が無いことがあります。

なにしろあの界隈全体が駐輪禁止区域になっているので、回収車が回ってくると問答無用で持っていかれてしまいます。
以前、ジムの前に止めてたら、ワイヤー切られて担ぎ込まれた現場に遭遇、間一髪助け出した事があったので、区域外になる新御堂を越えた東通商店街側にいつも自転車をとめています。

特定の駐輪場などでなく、複数の店舗のゴミ捨て場のようなところで、人妻パブの向いというディープ東通なスポットですが、ここは野良猫たちの溜まり場でもあります。
生ゴミと厨房の熱のおかげで居心地が良いものと思われます。

ここの猫は絵に書いたような野良猫で、たくましく、かつあまり長生きできなさそうなライフ・スタイルのため、一期一会な存在なのです。
先日、足を引きずっていたこのトラ猫は、しばらく姿を見せませんでしたが無事だったようです。
珍しくリラックスして寝ているのは、自転車のバリケードの中だからでしょうか。

いつも思うのは、猫はトイレを決める生き物なので、こうした都市型野良猫はどこでどのように用を足してるのかがとても不思議です。

この界隈に最近できたミックスジュース屋さんは、立地の良さに反してウチにひけを取らないくらい暇そうで、ちょっと立ち上げ時期が早かったのじゃないかと思うのと、こんな設計ミスで出来た隙間みたいな、それこそトイレどうしてんのか心配になるほどの場所でも商売しようという貪欲さにエールを送りたい。

お互い命があったらまた会おうとココロに誓うのでありました。


そんな息殺す都会の獣たちとは裏腹にいっぽう、どり蔵師匠はのびのび万歳スタイルでご就寝されておりましたとさ。
  

Posted by チェリー2000 at 21:46Comments(8)

2012年05月10日

境界線上のアリア

昼からちょこっとバイト。
ちょうどアマゾン塩漬け在庫処分期間中だったので、発送作業が無かった事と、同業の手伝いなのでかなり融通を聞いてもらえたおかげで、隙間を縫ってあまり営業に差し支えない範囲でバイトできたけれど、今後のネット再開を見据えるとやはり継続的な通い仕事は難しいかも知れない。

そんな事を思いつつも具体的に必要な売上増額の算段を立ててみる。
いつか奴らの足元に叩きつけてやるという程のビッグマネーは要りませんが、やはり月平均5~6万は押し上げないと食えるレベルには到らないようです。

経費を圧縮するにしても、すでにまあまあギリギリのラインですので、絞り込んでもせいぜい一万くらい。
店売りがそうそう伸びはしないとすると、ネットとバイトで4~5万の増収を図らねばいけません。
ネット販売に関しては、売るぶんを増やすには仕入れも増やさなければならないので、単純に数字通りとはならないから、やっぱり継続可能なバイトが一番手堅い。

改めて考えてみてもなかなか上手いこと手詰まりになっていて、流石これまで放置していた問題だけのことはあると変に納得しつつ開店作業に取り掛かるとスーツ姿のOLさんの自転車が停車。
生保レディかなんかの営業かしらと一瞬警戒するも普通にお客さんでした。

なんでも以前来て、ご近所のカバン屋「ZIZZ」さんで営業時間が確認できたから久しぶりに来てみたとの事。
せっかくなので新しく作ったショップカードをお渡ししてまたのお越しをお願いしました。
以前のハガキ大・ぺらぺらコピーのと違って、いまの名刺大・ケント紙のショップカードは結構お持ち帰り頂けるようになりました。
ごく普通の代物ですが、普通であるにはそれなりに理由があるという事なんですね。

ちなみにウチのショップカードではこのブログの事は一切触れていません。

このブログは当店のことを知らない人が、なんかの拍子に見つけて知っていただくことを期待して始めたものなので、店まで来た人に敢えて読んでもらうような意味も、読み物としての価値もないからです。
いわば大海に流したボトル・メッセージのような、恐ろしく効率の悪い代物です。

しかも普通、古本屋のブログというのは入荷情報とか、買取の依頼募集のような商売気をメインに、店の雰囲気を伝えるような感じで書かれるようなのが普通だと思うのですが、ここは見事に無意味な駄長文。

これをビジネス100%でやってるというのだから狙いが外れすぎ、普通を外しまくっています。
個性的といえば聞こえはいいけれど、やたらに個性的ならいいってもんじゃないんですね。

まあでもこんな店でも少しずつ人が来てくれるようになってきたので、なんとか今の窮状をしのいで、この世間外れな店と生き方を、ギリギリの境目ラインで成り立たせたいものだと願いつつ、今日は季節外れのお汁粉つくって食べましたとさ。
  

Posted by チェリー2000 at 00:17Comments(8)古本屋

2012年05月08日

熱いうちに

ホットケーキを焼きました。

〝こんなものを食った〟記事なんていうと、いかにも流行りだしかけの頃のブログの定番ネタですが、あれはカワイコちゃんアイドルちゃんがやってこそまだ需要もあった訳で、どの要素もからんでいないオッサンが、もはやツイッターだフェイスブックだかに主流を持っていかれている現状で書くブログで、このネタは著しく適当でないようにも思えます。

まあそんなのはどうでもいい事です。

一人暮らしの食生活は、美味くて安くて簡単で腹が膨らむこと、その次に栄養のバランスです。
ホットケーキは卵も牛乳も入ってるので、食物繊維が不足するものの意外と栄養価もバカにできません。
アントワネットもまんざらいい加減な事を言って断頭台の露と消えた訳ではないのです。
ちなみにシロップは、メープルがお高いので黒蜜を使用しています。

いざという時の常備食としてパスタと共に重宝しております。


さて、先月は忙しい中、常備を通り越して塩漬けになっていたアマゾンの在庫を一旦処分して、物置の許容量がだいぶん広がりました。
時同じくして、大量に買い取ったブツが大判中心だったので、これからはヤフオクにメインを移して定期的に在庫を動かせるインフラを整えていこうか、と考えています。
まだ考えてるだけです。

文庫棚にクロスを貼ったりとか、絵本コーナーの棚を大判対応にいじったり、座敷を休憩所として活用したりと、改善案を考えて続けて、ちょっとずつ準備してるのもあります。
やりたい事はいろいろあるんですが、なかなかやる気の湧く時期が短くて完走に至るまでにかなりの息継ぎ期間ができてしまいます。
やる気の消費期限が長ければ汲み置きしとくんですが、そうもいかないので湧いた時にやり切るのが一番なんでしょうね。  

Posted by チェリー2000 at 20:00Comments(0)よもやま!

2012年05月03日

生き散らかす

今日で決まってるバイトの予定は一応終了しました。
最後の仕事が何か二転三点した結果、中之島まつりの店番という素晴らしい配置に。

時折霧雨がある程度で、暑くもなく寒くもない店番日和のなか、ピクニック感覚でぼちぼち店番。
場所も近いので、終わってからラクラク買い物して帰れる優雅な昼下がりでした。

この祭りは障害者支援の色合いが強いみたいで、それ系のバザーとかが沢山出ていて、見物客にも障害者が多く見られました。

天皇と障害者への生っぽい物言いは日本ではタブー視されがちな要素ですが、僕はわりとリベラルな方なので王室は英国みたいに弄っても構わないし、障害者に対してアメリカぐらい遠慮が無くてもいいんじゃないかと思ったりします。
そんな僕はもちろんNHK「バリバラ」を録画しています。
〝障害者は頑張ってるから感動的な存在なんだ〟というお為ごかしで飾られた臭いものの蓋の地金をあえて見せる素敵な番組で、良くも悪くもNHKの世俗とかけ離れた理屈バカセンスをビンビン感じさせてくれるのがいいです。
NHKだからそこまで生臭い話は無いですが、わりとぶっちゃけた発言を楽しんでいます。

などと言いつつも、せどりと称して感動系身障者漫画「どんぐりの家」を一気買いしてたりしますが。
〝どっちなんだよ!〟と思われそうですが、泣こうが笑おうが心が動かされたならそれは感動であり、そこに上も下も違いはないのです。

〝みんないっしょで、みんないい〟でお馴染みの金子銀子みすずです。
金第一耕介です。

脳内がバリアフリー過ぎてまとまりが無くなったので今日はおしまい。  

Posted by チェリー2000 at 23:26Comments(2)よもやま!

2012年05月02日

正しい街

フロムに押井と、いちいち不安要素を重ねてくる。
もはや「MAX ANARCHY」が安牌に見えるほどです。

最近はなかなか落ち着いてゲームもできない有様ですが、仕事があるのは良い事だと言い聞かして、今日もバイトしたり雨の中甲斐もない店を開けたりと眠い目こすってやってますと、最近来てなかったちびっこが一人でやって来る。

雨が降り出したから荷物を入れるビニール袋をくれという御用の向きでした。
しばらく遊びまわってから出て行ったと思ったら、聞きなれない音を立てて携帯が着信を知らせます。
着信を見てみると、これまた別のちびっこ。
聞きなれない着信音の理由は、TVコールだったせいでした。

けっきょくTVコールは一瞬で切れ、続いて通常着信でコール。
〝あした行くかも知れんから店開けといて、あとお菓子用意しといて〟と一方的な要求を受ける。
GWだから店が開いてないかもと考えてのアポだったようですが、ウチは完全曜日基準なので心配には及びません。

明日もバイト入ってるけど、帰りの時間には余裕があるのでお菓子買い足して置こうかと思います。
出来るうちはこういうのもええんじゃないか、と。
これで当日すっぽかされる事も良くあるんですがね。

まあゲームとは訳が違うという事で、期待はずれを責めはしますまいよ。  

Posted by チェリー2000 at 22:59Comments(2)よもやま!