2012年11月27日

劇的な瞬間

昨日は雨もひどくバイトも無かったので、ぼちぼち大物の洗濯のような家の雑事をやって、すこしかたして今後の活動に備える気持だけ高める日にしました。

しかしうっかり高め過ぎたようで、つい夜更かししてしまい、やっぱり明け方の方がノってくるなと思いつつ寝たらちょっと起きるのが辛い。

古書組合に行く途中に、以前あった喫茶店だかレストランだかが潰れてコンビニが入ったのですが、となりがイタリアンの店でコンビニがサークルKサンクスなため、店頭が赤・白・緑のイタリアンカラーで統一され一見ひとつの店に見える。

この統一には特に何の意味もありませんが、コンビニの近い距離に出店しまくる地域制圧戦略にはそれなりの効果があるのでしょうか。
中津にももう一件、普通の本を扱う店ができないものかと、ウチの領分を超えた本の相談を受けるたび思う。


バイトして急いで帰って店を開けるも今日も暇。

どり蔵も暇を持て余してか、掃除をしていて出てきたお気に入りのカエルに闘志を燃やしだす。
ボロ雑巾にされるのも嫌なので、定位置の壁掛け扇風機に貼り付けにすると、さらに闘志を燃やしたどり蔵があの手この手で狙いに行きます。

予想以上のパフォーマンスで二度ほど捕獲されたカエルちゃんでしたが、さすがにこの位置まで来ると無理のようで、あきらめたようです。  

Posted by チェリー2000 at 22:39Comments(2)よもやま!