2012年11月30日

ハックしてぐう

ちょいと360の電源を入れる。

しばらくすると強制的にサインアウトしてしまう。


ときどき回線の調子とか相性とかで回線が切断されることは知っていましたが、ウチでそういう事が起こるのは珍しいのでどうした事かと思いつつ、サインインしなおす。

しばらくするとサインアウト。


こうした工程を何度か繰り返すうちに、よくよくメッセージを読んでみると〝他の場所で接続されています〟と書いてある。
最初、意味が飲み込めなかったが、これはひょっとしてヤバイ事になってるんじゃないかと気付く。
これは噂に聞くアカウントハックというヤツじゃなかろうか、と。

今回、有料メンバーの更新にクレジットカードを登録したので、事によっては不正利用される危険もあるので、早急に公式HPの指示に従って調査・対処したところ、サインアウト現象は収まりました。

具体的にはPCからLIVEのアカウントページに入って、そこですべての本体でパスワードが必要になるよう設定しパスワードを変更、その後、繋がらなくなった360本体側でアカウント情報のダウンロードを選び、アドレスと新しいパスワードを入力してダウンロードが出来たら保存。

悪戦苦闘しましたが、これでなんとかこれまで通りに使えるようになりました。

今わかる範囲では特におかしな事をされた形跡は見られないので、うまく対処できたのを祈るばかりです。


それにしてもまさか自分がサイバー攻撃を受けるとは思いませんでした。

先日の携帯電話紛失事件にしてもそうですが、うっかり悪意の人物の手に渡ってしまうと、とんでもない事態に陥るかもしれないような物が自分の周りにある事に、金田正太郎少年の憂鬱を想像してしまいます。

便利を優先しすぎて、十分なセキュリティを検証できないうちに引き返せない道を突き進んでしまう文明社会全体の問題でもありますな。  

Posted by チェリー2000 at 22:19Comments(0)XBOX360

2012年11月27日

劇的な瞬間

昨日は雨もひどくバイトも無かったので、ぼちぼち大物の洗濯のような家の雑事をやって、すこしかたして今後の活動に備える気持だけ高める日にしました。

しかしうっかり高め過ぎたようで、つい夜更かししてしまい、やっぱり明け方の方がノってくるなと思いつつ寝たらちょっと起きるのが辛い。

古書組合に行く途中に、以前あった喫茶店だかレストランだかが潰れてコンビニが入ったのですが、となりがイタリアンの店でコンビニがサークルKサンクスなため、店頭が赤・白・緑のイタリアンカラーで統一され一見ひとつの店に見える。

この統一には特に何の意味もありませんが、コンビニの近い距離に出店しまくる地域制圧戦略にはそれなりの効果があるのでしょうか。
中津にももう一件、普通の本を扱う店ができないものかと、ウチの領分を超えた本の相談を受けるたび思う。


バイトして急いで帰って店を開けるも今日も暇。

どり蔵も暇を持て余してか、掃除をしていて出てきたお気に入りのカエルに闘志を燃やしだす。
ボロ雑巾にされるのも嫌なので、定位置の壁掛け扇風機に貼り付けにすると、さらに闘志を燃やしたどり蔵があの手この手で狙いに行きます。

予想以上のパフォーマンスで二度ほど捕獲されたカエルちゃんでしたが、さすがにこの位置まで来ると無理のようで、あきらめたようです。  

Posted by チェリー2000 at 22:39Comments(2)よもやま!

2012年11月24日

ホット!ホット!

世は三連休真っ只中ということですが、皆さんどのようにお過ごしでございましょうか。

このところ寒くなってきて、そのうえ変に天気は荒れてるわで、店の中のほうが寒々しい光景となっております。

普段使っているジムの風呂が僕のプランでは休日は利用できない上、木曜はジムの定休日ときてるので、この週末は久しぶりに銭湯に行くことにしたのですが、近所に無いので帰りのことを考えるとあまり気乗りしないところです。

もう年末も間近だし、あまりゆっくり読書向けの時期でも無くなってきますが、今年は秋もあまり芳しくなかったので何だかなぁって感じですね。

ウチなんかは趣味寄りで若年寄りな傾向の店なので、客層はあまり羽振りの良くない層になるのでしょうが、それでも需要が無いとは思わないので、なんとか上手いことハマって行く方向を模索しつつ、近頃は店の暇にあかして、立て直し用の内職したり、積んでた本やDVDなんかを消化しています。

寒くなってひたすらどり蔵が乗っかってきたり、座椅子を占拠したりするので、ホットカーペットをつけてみたところ、現金なもので床にべったり張り付くようになりましたとさ。

ウチも客の張り付くホットな店にしたいものですな。
  

Posted by チェリー2000 at 21:50Comments(6)古本屋

2012年11月21日

恋はメキメキ

来店された男女二人組。
男性側の無理上げのテンションが、如何にもまだあまり深い関係でない事を示唆しています。

一生懸命、女の子の趣味に対して関心を示そうとしているさまは、ありがちですが微笑ましいと言えなくもない、そんな光景です。
が、正直ちょっと厳しいかなと感じたのは、その女の子が食いついてるのが石井輝男「猟奇女犯罪史」のDVDだったり、大越孝太郎の漫画だったりと、かなりの偏りを見せていた事で、正直こんな映画秘宝系サブカルガールまどかは兄ちゃんの手には負えんて、やめときって、と心の中でそっとアドバイスをする僕でした。

さて、世にときめきは多かれど、やはりその代表格としては男女の色恋沙汰があるのでなかろうかと思われます。
恋愛シミュレーションというジャンルを一躍流行らせたのも「ときめきメモリアル」でありました。

僕といえば、もはやそんな〝ときめき〟とは無縁であり、「ときめきメモリアル」どころか、せいぜい「ときどき屁も出やる」くらいのむくつけきオッサンとなってしまった訳ですが、しかし、そんな僕よりもより〝ときめき〟というものに対して、冒涜的で名状し難い禍々しさをもってアプローチする偉人の仕事がここにあります。

つのだじろう先生の「ときめきの墓」です。

〝ときめき〟という言葉の輝きに対して、これほどまでに泥臭く、不吉で薄暗い印象をかぶせる言葉をフュージョンさせてしまうその感性に脱帽です。

内容はやはり〝ときめき〟の象徴である男女からみのネタが多いのですが、例によってロクな終わり方をしません。

おそらく以前紹介した「真夜中のラブレター」同様、女性向けの本に掲載されていたものと思われますが、中にしばしば女性に対する説教のようなセリフや展開が散見され、もしやつのだ先生、女性不信に陥っていたのじゃないかしらんと疑ってしまうところもあります。

ちなみに巻末の解説に〝突入しま~す〟で突入された林葉直子という、色恋沙汰でゴタゴタした見事な「ときめきの墓」人選が良いオチになっています。
  

Posted by チェリー2000 at 00:31Comments(6)よもやま!

2012年11月17日

こころ雨天

ひどい雨です。
週末ですが、こういう日には部屋の中でラジオでも聴いてるのが最高な訳です。
まあ、雨も週末も関係なくラジオ聴いてるんですが。

週末モードにして雨天モードで営業しながらラジオを聴いていると、今日は恒例のジャパネットたかたが「ラジオのちから」と銘打って昼のTBS系列局をジャックしていました。

スポンサー難のつづく業界にとってジャパネットは大口のお客様ですから、ならではのお祭りといえます。

全国をつないでの放送という事で、もちろん大阪朝日放送も放送しており、むしろ高田社長と道上さんの対談が用意されてるくらいで、そこはさすがに日本第二の都市というヒエラルキーを意識したものになっていました。

対談はまずお互いの絶倫ぶりを讃え合う展開。
長寿番組「おはようパーソナリティー」を続ける道上洋三のタフネスの表現で〝この30年以上、一日も休んでない〟とのたまってました。
あれ?道上さん前に病気で長期欠席してなかったっけ。

メインはTBSというか、ほぼ「たまむすび」絡みの構成でしたが、どうやらジャパネットが東京スタジオを作ったかなんかがあったみたいなので、東京寄りの内容になるのも致し方ないところでしょうか。


最近でこそTBSをよく聞くものの、ながらくABCラジオをメイン局としてきた僕なんですが、ABCラジオではお馴染みでした牧野エミさんが亡くなられたそうです。

所々で近況を耳にするたびに、何か大変な事になってるなぁと思っていましたが、ついに残念な結末となってしまったようです。
長い闘病生活を終えて、安らかに永眠されることをお祈りします。


アオーキー(小枝)撮影の写真集と、CD「オヤジのタンバリン」があったら追悼の意味で店に並べたいところですが、さすがのジャパネットでも扱ってないでしょうね。  

Posted by チェリー2000 at 18:29Comments(0)ラジオ

2012年11月13日

ヒットチャートをかけぬけろ

皆さんお気づきでしょうか。

僕はちょっと前に気づきました。


きっかけはオタ電ブログのメイン画面に入った時。
何げにスクロールさせた時に、ふとあるべきでない文字があるべきでない所にあったのです。

そう。
オタ電ブログBEST30のリスト上、30位に当ブログの名前がリストアップされていたのです。
今は圏外です。

もちろん僕のブログが爆発的ブレイクスルーを達成したなどということはなく、アクセス数自体もさほど変わりませんし、本来なら100位以内に入ってれば上出来レベルのブログがこれほど上昇した原因は、周りが落ちていったからに相違ありません。

なぜ周りが落ちてるかという具体的な理由はわかりませんが、たぶん引退、もしくは極端に更新が滞っているブログが増えているのではないかと思われるのです。

正直気持ちはよくわかります。
猫も杓子もブログだツイッターだと、これといって発信すべき何物も持たない市井の人間が、人の鑑賞に耐えるレベルの物を書き続けるなんてそうそう出来る訳もないのです。
最初は書きたいことが自分の中に山程あるように思って始めたはいいけれど、実際書き出すとひと月もしないうちにネタ切れ起こしたり、頑張ってネタを探して、読み応えのあるよう工夫をして画像入れたり文章構成したりするも、思ったほどリアクションもないなんてなれば、普通に虚しくなってやめるのが当然。

そんな当然の顛末になってる人が多数ではないでしょうか。

けっきょく生き残っていくのは仕事でやってる人がほとんどで、このブログがこんなに浮上したのも、仕事の一環として、曲がりなりにも続けているからに違いありません。

新しく始める人も当然いるでしょうが、これは認知度が上がるまでに間がかかるので、今は入れ替わりのタイミングになるのかなと思われます。


まあアクセス数とかチャートとか、そんなあっても無くても同じ数が100増えるより、ひとりでも客を増やす事に役立ってもらわないと、このブログの存在意義は全くないのですが。

といいつつアクセス数稼ぎの画像を貼ってみます。
豆しばバリエーションのひとつ

「豆しぱみゅぱみゅ」。
  

Posted by チェリー2000 at 19:23Comments(0)よもやま!

2012年11月11日

望むまい

今日は朝から雨模様。
来客はさっぱり期待できないのですが、いちおう定時営業しております。

こういう日は多くを望まず、雨音を聞きながらぼちぼち内職の段取りをする、気だるくユルい一日への期待がむしろささやかな楽しみでさえあります。

そんな昼下がりの安穏を破り、空き巻ダンボール梱包からズリズリ出てくる謎の黒い物体!









どり蔵でした。


多くを望まない。  

Posted by チェリー2000 at 16:15Comments(6)よもやま!

2012年11月10日

答えをいそぐ事はない

振り返れば奴がいるように、ふと気付けば「ありがとう浜村淳です」のアシスタントがいつ聴いても大内真紀になっている。
桜井一枝や渡辺たかねはどこへ行ったのか。

思えば一時から大内真紀の返しが妙にシュートになっていたのですが、これはやはりいわゆる〝女は出世が早い〟というヤツでしょうか。


出世とか成長とか、なにかと早いと言われてますが、ウチに来るちびっこが置いていった「キャラぱふぇ」なる本から見るにどんなもんでしょうか。



やはり定番のファッション記事があり、男子が合体ロボではしゃいでるのに対してずっと先取ってる感もありますが、これは単に嗜好の問題のような気もします。
大人になっても女はファッションとか好きだし、男はロボとか好きですから。
けっきょく大人になっても子供じみた事を追っかけてるとも言えるかもしれません。


キャラ物好きもその証左でしょうか。
定番の「ハローキティ」ほか、けっこう昔からいる「リラックマ」とか「お茶犬」とか「まめゴマ」とか「たまごっち」がアレンジ加えながらぜんぜん現役で活躍中。
「豆しば」のバリエーションのスケルトンがなかなかとんがってて良いですね。
脳みそ丸出し。



まあようするに個人差ですかね。  

Posted by チェリー2000 at 20:51Comments(0)

2012年11月09日

印象に残る季節

印象に残ったこと。

漫画を何冊か買っていかれたこと。
買っていったのが本上まなみ風の美女だったからではありません。
売れていった本が、時々来てたキリスト風、もしくはちょっとだらしないロン毛の平井堅風の兄ちゃんから買い取った本だったから。

わりと独特な偏りがあるものの、ジャンルを飛び越えて狙ったようにチョイスされていたのが、なかなかツボにはまる人にはハマるんだなぁ、と。



デカイ蛾がいたこと。
都会人にありがちですが、あまり昆虫のたぐいは得意でなく、大抵はその容姿そのものよりサイズによって忌避感が強くなる傾向があります。
とはいえ、もう虫がじゃんじゃん湧いて出る感じでなく、道には街路樹の枯葉が落ちている季節です。
シリアルも牛乳が染み込む前に急いで食べるクリスプ感愛好者の僕は、この枯葉をあえて踏んだり、自転車で引いたりして楽しむのが季節の風物詩となっております。

ふと見かけた頃合の枯葉が歩道の段差にあり、一瞬踏みに行きそうになるも隅っこだったのでスルー。
通り過ぎる瞬間にそれが大きな蛾だったことに気付き、あわやクリスプどころか最悪にモイスチャーな事になるところでした。



ポイ捨てを見たこと。
信号待ちしていると、ヤニの臭いが。
非喫煙者にして嫌煙家の僕はタバコの煙に大変敏感なたちですが、まあ禁煙ゾーンでない以上、文句は言えません。
が、このおっちゃんが悪びれもせずに吸殻を投げ捨て、踏み消していたのを見ては〝もう一歩前に出てアンタも踏み消してもらえ〟と思わない訳でもありません。
すると対岸の歩道でビニール袋をもった、見るからに乞い食む人が何かを路上にまいている。

遠めに見る姿は鳩にパン屑あげてる光景に酷似していますが、いかんせん車通りの多い往来のなか、肝心の鳩もいなければ呼び寄せるに向いたシチュエーションとも考えられない。
信号が変わり、通り過ぎがてら見たそれは正しく吸殻でした。
たぶんどこかで灰皿の中身をごっそり頂戴して、シケモクとフィルターしか残ってないのとを選別していたのでしょう。
そりゃあ税金かけまくられるでしょうよ。
  

Posted by チェリー2000 at 21:03Comments(0)

2012年11月08日

蹴り上げろ!

大統領がオバマに決まったということで、町山智浩もアメリカルポライターとして忙しくて、映画の話が減ってそうです。

なんにしてもアメリカ様にはおこぼれを頂戴できるいい仕事を期待したい、というところで今日の僕の仕事は終了。
午前中の作業で今日ぶんの体力も使い切ったし、結果予算に到達したので終了。

しかし当然店は開けてますし、通常通りに日付変更線を超える頃に閉める予定です。
マニーが増える分には困らないのです。
減るって可能性もありますが。

それにしても10月から引き続き、売り上げが低迷しっぱなしです。
もともと低迷してるのが、更に低め安定してしまってます。
もう本当に、みんなポケットの中に250円しか持ってないんじゃないかと思うくらい渋い。

ディズニーがあちこち吸収してハリウッド乗っ取りみたいな事をやらかしてるのと比して、同じ地球で起こってる事が信じられなくなるほどに、本当にささやかな商いの成否に右往左往させられる荒海の木の葉船であります。
それぐらいメタな視点で見れば、街で評判の繁盛店あたりでもウチと大差ない気がしてくるから不思議ですが、もちろんそれは気のせいで、食えない店はやらないほうが賢いと痛感するばかりです。


まあなんの展望も無い愚痴を、場末のブログでこぼしててもらちがあきませんので、もうちょっとテコ入れ策を検討することにします。

そんなテコ入れとは直接関係ありませんが、ここしばらく今までネットで済ませてたような物を、なるべく店舗、なるべく近所で買うように心がけています。
風吹けば桶屋が儲かるというほど遠い話ではありませんが、近い範囲でお金を回すことを心がけることで、ちょっとは地域経済に勢いを取り戻していただきたいと願いを込めたお賽銭という訳です。

そんな訳で買いました「KICK-ASS」

アメコミは高いですが、市場の小ささ・翻訳費用・フルカラーといった条件を考えれば出してくれるだけでもありがたいと考えるべきでしょう。

〝おいおい、ただでさえ更新してない「ぷれこぐファイト」を差し置いてこっちで本の紹介かよ〟とツッコんだ奇特なぷれこぐ堂ファンの方も全次元に0・8人くらい居るかもしれませんが、ノンノンノン。
確かに店の棚に並ぶ可能性は否定しませんが、これはあくまで個人的に買ったものなのです。

実は映画の方は見てないのですが、評判が良いのでまず原点から押さえておこうという訳だったのですが、確かに面白かった。
最近割りとアメコミ見てたりするんですが、これはかなり日本漫画の影響が強く出ていて読みやすい。
アメコミは一ページあたりのセリフ量が多くて読み進めるのが遅くなり、ページをめくる疾走感が得難いため、漫画を読み慣れてる人にはちょっと敷居高いんですね。

内容はいわゆるヴィジランテ物で、ヒーローマニアが本当にご町内ヒーロー活動やったら大変な目にあう話。

面白いのは間違いないけど、漫画の影響が強いぶんこれくらいのクォリティなら日本の漫画でも出せるな、とも。
「ウォッチメン」とか「フロム・ヘル」に見たような、これは次元が違うなってほどのカルチャーショックは無かったです。

ちなみにこの本の帯推薦文を書いているのは町山智浩。
短いので全文を引用しておきましょう。

〝たしかにバイオレントだ。
血まみれ過ぎるかもしれない。
でもスーパーマンのような超能力もなく、
バットマンのような金持ちでもない男が、漫画じゃない現実でヒーローになるには、
誰よりも血を流すしかないんだ!〟


オバマが資本家どものケツを蹴り上げて溜め込んだ富を世にばら撒くには、昭和天皇崩御直前くらい輸血しまくって血を流しても足りないでしょうけどね。  

Posted by チェリー2000 at 23:33Comments(0)マンガ

2012年11月07日

準備不足を幕は待たない

携帯電話を一時紛失してから、自分の携帯がどういう契約下にあるかをちょっとだけ知ることとなりました。
一番驚いたのは、登録してある住所が三年前の住所だったこと。
興味無いにも程があるのですが、それもそのはず4年使ってて未だに電池に不安がないという使用率の低さなのです。

ちなみに4年というのも今回、契約関係を確認して判明したのでした。

あわや機種変更を余儀なくされる危機をやり過ごせたので、今後当分の間は現行品を使うことになるでしょうが、なんか色んな知らない契約条項がまだまだ存在しそうで、そこを把握してないと損することも確実にあるだろうと思いながらも、なにしろ興味ないのでなかなか調べる気になれません。

昔から平均的に勉強するといった事が苦手で、非常にデコボコの多い通知表をマークしていた僕ですが、三つ子の魂なんとやらです。

とはいえ、おっさんとなれば好き嫌いだけで生きてはいけませんので、最低限の譲歩・努力は必要です。
とりあえず明日はバイトの予定が無くなったので、やる気を起こしそびれて狂気山脈となりつつある処分在庫を崩しにかかろうかなと思っております。
  

Posted by チェリー2000 at 21:53Comments(0)よもやま!

2012年11月03日

波の数だけ抱きしめて

皆さん興味津々のラジオの話です。

このところのマイブームはキーホールTVでずっとTBSラジオをはじめとした関東圏のラジオを聞くこと。
特に「たまむすび」の火・木・金あたりがいい感じです。
東京一極集中が叫ばれて久しいですが、不況も極まって層の厚さを保てなくなったか、ここに来てずいぶん差がついて来てしまってる気がします。
まあ単に僕が関西ノリに食傷気味なのかもしれませんが。

さて、そんな僕の最新のラジオライフを支えてくれているそのキーホールTVが先ごろバージョンアップしましたが、これが大変不評のようで、多くの人が見放し始めてるような雰囲気もあるようです。

というか、現状見放すもなにも利用できなくなっているのですが。

原因はサーバーの維持費を捻出できないという問題が、いよいよのっぴきならないところまで来た事にあるようです。
しばらくは配信者がかなり不安定で、配信してたりしてなかったりだったので、半分くらいアテにしないで使ってたのですが、この間からTBS、文化放送、ニッポン放送あたりのメイン局が安定配信されてたため、平日昼間の帯番組までチェックするようになっていたのです。

その安定配信と引き換えに寄付を募るということだそうで、これまでも寄付を受け付けていたと思うんですが思うように集まらなかったのでしょう、そのようなギブ&テイクを持ちかけてきた訳です。

公共の電波で無償で放送されてるものを、お金を集める手段に使って良いのか。
もともとグレーなものが、より黒っぽい感じになって如何なものかとも思いましたが、個人的には月500円くらいの有料放送と考えても良い、という判断で、面倒をいとわずFC2に登録してポイントを購入。
とりあえず練習に100P払ってみて、11月以降の月々300~500のあいだくらいで寄付していく心づもりでした。

が、けっきょくそれもうまく寄付を集めれなかったのか、寄付の話は早々に消えて、プレミアムモジュールキーなるものを販売する方法で実質有料化の道へ。

こうなると事実上、公共の放送コンテンツを勝手に売ってる事になるので、たぶん方法としても黒。
しかもそんなヤバイ橋を渡りながら、肝心のプレミアムモジュールキーの販売ページが機能していないので、買いたくても買えない。
けど無いとちゃんと強制排除されてしまうので聞けないという、力入れるところが間違ってるだろう状態。

これじゃ存続する資金集めもできないし、やり方が極めて違法臭いし、いつ潰れてもおかしくないから購入をためらうし、最悪の手を打ってしまった感が強い。

ここから復活はかなり難しいと言わざるを得ない状況です。

日中の放送は、たとえミズホのウルトラループを使っても聞くことができませんから、ネットだけが頼り。
ラジコが地域制限解除してくれるのが最高なんですが、これはラジオのビジネスモデルを変えるくらいの折衝をクリアしないといけないから現実的じゃないんでしょう。

まだまだ言いたい事はありますが、字数が増えるのに反比例して読み手の忍耐力が激減してるのを、深夜の韓国放送並みに押しのけてヒシヒシと受信しておりますのでここいらで終了っと。  

Posted by チェリー2000 at 20:07Comments(0)ラジオ

2012年11月02日

還ってくる物がある…こんなに嬉しいことはない

携帯が発見されました!
警報解除です!
ご心配・ご心労をお掛けしたことを陳謝いたします。


発見場所は阪急の遺失物センターでした。
どう思い返しても可能性があるのは電車移動中だったので、まったく身に覚えはないものの藁にもすがる思いで行ってみたらちゃんと出てきた次第です。

まだまだ日本も捨てたもんじゃないと思うのと同時に、片道220円でここまでフォローしてくれる電鉄会社にも拍手を。

それにしても車中で携帯に触れた記憶がないし、ポケットに入れた携帯が簡単に押し出される事もないハズなんですが、結果的には間違いなく電車の中でなくしてしまっていたのだから、もう自分の記憶も感覚も信じられませんね。

完全におじいちゃん化が進んでますね。

  

Posted by チェリー2000 at 20:44Comments(2)

2012年11月01日

緊急事態警報発令

携帯電話を紛失してしまいました。

これにより、個人情報の漏洩の可能性があります。

こちらの携帯に電話番号及び、メールアドレスを登録している心当たりがある方は、大変申し訳ございませんが、なりすましや覚えのないサイトの登録といった悪用の可能性あるのでご注意ください。



そんな訳で現在連絡のつかない人がどっと出てしまい、もはや僕の力の及ばない問題もあり、あとはタチの悪い人間に拾得されていないことを祈るくらいしかできません。

とりあえず近日中になんとか善後策をこうじますのでよしなに。

  

Posted by チェリー2000 at 19:11Comments(0)