2013年02月23日

生々流転

土曜なので昼から店を開けていると、となりのガラス屋さんの軽トラがやって来る。

いつもならとっくに来ていておかしくない時間ですが、実は既にガラス屋を廃業されてて、二月は仕事場の撤去にかかっておられました。
軽トラから降りてきて中を見せてくれましたが既にがらんどうで、余裕を見て3月いっぱいの契約にしてるそうですが、実質明け渡し完了した状態になってるようです。
僕がここに来た当初からなにかとお世話になっていましたが、それどころか半世紀以上ガラス屋を営んでいたそうで、いろいろ昔話を話してくれました。

反対側の文房具屋さんが店をたたみましたが、ほどなく現在なにやら飲み屋っぽいものが出来ています。
ガラス屋跡に僕好みのマニアックな店ができたらいいのにな、と思わなくもないというか喉から手が出るほど欲しています。

去りゆくものがあれば来たるものがなくては世の中回っていきません。


夕暮れのころ、近所のちびっこがふらりと現れる。
見慣れないオマケがついてると思ったらちびっこの妹でした。

ウチにやって来るちびっこも学年が上がってくればいずれ足が遠のいていくだろうと思っていますが、こうしてネクストジェネレーションが現れることで歴史は連綿と紡がれていくのかもしれません。  

Posted by チェリー2000 at 21:18Comments(0)よもやま!

2013年02月22日

冬を選んで咲く花も

今年も既に二月。
しかもその二月ももう終わろうとしています。

そこで僕の冬の定番、甘酒を今年はまだ飲んでないことに気付いたのですが、乱暴な甘さで悪名高い僕の特濃甘酒は糖尿病リスクを高めてしまうので、パンチ力を砂糖でなく生姜に求める正統派の甘酒を作ろうかと考えました。

しかしいちいち生姜を用意するのも面倒くさいし、どうしたもんかと思った時に思い出したのが先日買った生姜茶。

名前は生姜茶ですが、ようはあめゆ(あるいは冷やしあめ)のもと。

これをそのまま混入してやると、全体に薄めに作っても満足感のある甘酒ができました。
やっぱり無駄に定番というのはある訳じゃないんだな、と納得したのですが、生姜がこれだけ強いんだったら実はもう甘酒である必要はないんじゃないかと気付いてしまいました。
あめゆ(あるいは冷やしあめ)で十分じゃないか、と。


新しいジムの利用にはまだ馴れず、設備のショボさと距離の遠さばかりを感じてしまう向きもありますが、やはり昼の時間に余裕ができるのは今後なにかとやりやすくなる事が期待できますので、そこに向けて調整をしていこうと計画中。
暖かくなってきたらより利便性を強く感じられるようになるのではないでしょうか。


最近は東京のラジオばかりを聞いているような状態ですが、「たまむすび」の他に同じくTBSラジオの「TOP5リターンズ」をわりと楽しみにしています。
曜日で言えば神田愛花とジェーン・スーが担当している火曜日が気に入っています。
ただ、この番組はいわゆるオフ・シーズン番組で、今度の改変で終わることが最初から決まっている番組で、もし帰ってくるとしたら野球が終わる時期になりますので、どこか別の時間帯に移るような事でもない限り当分聞けなくなるのは確実なのが残念です。
同じ枠で既に歴史にピリオドをうったABCラジオ「歌謡大全集」みたいに帰ってこないこともありえますが、大阪に比べてまだ予算がある東京の放送でなら人気があれば再びリターンする可能性は低くはないかもしれません。


最近、ちびっ子の帰る時間帯が遅くなってきました。
これはとりもなおさず日暮れの時間が遅くなったからに他なりません。
一番寒い二月が終われば、不況だ災害だと不穏な世の中でも日増しに春めいてくるのです。
ここ数年、冬になるとしもやけになるようになり、今年はついにひび割れまで出来てしまった訳ですが、それでも暑がりの僕としては冬の匂いが薄れていく事にいささか物憂いものを感じずもありません。
もっと自由な身になったら気候に合わせて渡らう流浪の民になるのが夢ですね。

いつか運転免許取ろうかな。  

Posted by チェリー2000 at 22:57Comments(0)よもやま!

2013年02月20日

ジムジプシー

これまで会員制格安銭湯として使ってきたジムをこの2月でやめて、あたらしく出来た別のジムに移ることにしました。

これまでのジムが使えない日や時間帯の縛りが多かったのに対して、今回のジムは24時間365日使えて会費がほとんど同じという点を高く評価しました。

場所的には多少離れますが、アクセスの良さを加味すれば大して変わらないだろうというのも理由と言えば言えましょうか。


さて、なんでもダンピングが当然のデフレな世情ですが、やはり安かろう悪かろうは宇宙の真理。
今回のジムは設備に関しては以前のを10とすれば1。

しかしもともとジムとしてのクオリティに関してはどっちでも良くて、あくまで風呂としてみた場合、最近じゃ昼の時間がとれなくて事実上シャワーしか使えなくなってた事情もあり、クオリティ比は10対7程度にまで補正できるかんじ。

諸々の利点を含めれば今回の移転は十分意義があるように思います。

なんといっても店閉めてからいけるので、忙しくなった昼の時間に余裕が出来たこと、それによりバイト収入を底上げできる可能性が出る事、さっぱりしてから寝れる事などの利点は決して小さくはありません。


まあ近所に銭湯があればそっちで済ます程度のレベルの瑣末な差を競う、みみっちい話であります。  

Posted by チェリー2000 at 23:32Comments(2)よもやま!

2013年02月16日

冬来りなばさ

確定申告の季節です。

うちの場合、申告しなくてはならないような程も売り上げが無いので、なんだったらしなくても怒られないどころか推奨されるくらいなんですが、やっとくと年金とか国保とかにいちいち弁明しなくて済むので、どうせだったらやっとくかって感じです。

白色申告はどうせなんのチェックもないんだから〝すんません、払うもんおまへんわ〟とだけ申告すればいいことにすればお互い楽だと思うのですが。
せめてもうちょっと平易な表現で記入事項を示していただけないものか。

とはいえあんまりギリギリまで放っておいてもアレなので、一念発起。
手をつけようと準備をしたこんな日に限ってお客さんが多くて、もともと乗り気でない作業はそれを理由にうっちゃってしまう。

今日のお客さんは数だけでなくバラエティにも富んでいて飽きない一日で、外の寒さとは裏腹になんだか好意的な人たちに満たされたぬくたい日でした。
棚のバラエティも負けじといきたいところですが、なかなか在庫整理がおっつかずに所々を入れ替えていくのが精一杯。

やっぱり、とりあえず確定申告済ましてしまわないとダメですね。  

Posted by チェリー2000 at 22:28Comments(0)古本屋

2013年02月15日

出せば出る

出ました。
どり蔵、便、出ました。

実に日曜以来です。
日曜のは調子が悪くなる前の在庫分だったから、それ以降に食べたものがちゃんと流れてるかイマイチ不安でしたが、今回のか細いウンチョスはあきらかに食事制限でちびちび食べさせてたペースト状のブツの成れの果てと見て間違いないでしょう。

これを持って終息宣言として良いと思います。
この喜びを皆様と共有したいと思わす写真を撮りそうになりましたが、ネットの海に汚物画像を流すのは如何なものかと、なけなしの常識を振り絞りブレーキをかけることができました。

そんなそばから今日ひと吐きあった訳ですが、まあこれは普通の範疇でしょう。


今回のアクシデントにより予想外の出費を余儀なくされましたが、今年決めたことに「月に5000円まで自由に使う予算を付けよう」があり、すでに今月分として踏み台を買ってしまっていました。

以前の踏み台が、小さくて半端なのと色目が床と似ててつまずきやすいのが気になっていたので、いっそ腰掛けとして使えるようなのがいいなと。
探してみるとまさしく椅子から脚立に変形するユニークなブツもあったのですが値段的に厳しく、予算と折り合った結果これにしました。








ジャキーン。

下の段が半回転して引き出せて二段踏み台になります。

難点はこれを腰掛け状態で置いておいても、パッと見で踏み台と思ってくれないところで、今のところ説明なしにこれを使ってくれたお客さんは現れてません。

説明書きをつけた方が良さそうです。  

Posted by チェリー2000 at 21:11Comments(2)よもやま!

2013年02月12日

メトセラの子ら

「長生きしたけりゃ肉は食べるな」という本が売れてるそう。
何がびっくりしたって、肉は良くないとか、牛乳は人間には合わないとか、甘いものはダメとか、こんな何番煎じかわからない出涸らしネタで、まだまだ本が売れることですね。

豚肉食いまくってご長寿No1のウチナーのじいじい&ばあばあはどう説明するんサぁー。
サーターアンダギーも食うサぁー。

しかもこれ書いてるという体のおばあちゃんが76だそうで、まだ平均寿命も超えてない長生き語るほどの歳でもないという点はツッコミ待ちなのかと疑ってしまうほど。

長生きできてもボケたら終いでっせ!


さて、異常を見せていたどり蔵ですが、薬の効果があったようで少しずつ給餌量を増やしながら経過を見ています。
しんどそうな様子もなく食欲もあるが食べると吐いてしまう、という症状だった訳ですが、それでもやっぱりそれなりに食欲は落ちてたんだなと思い知ったのは、改善し始めたどり蔵の貪欲さを目の当たりにしてです。

最初、薬に対していくらか抵抗を示していたどり蔵。
薄めてドライフードに混ぜてふやかして、ペーストにして摂らせるという手間をかけていた訳ですが、だんだん空腹に耐えかねてゴミ袋を漁ったり、食えもしないお茶のパックとか破りにかかる。
挙げ句の果てに薬を投与するためのスポイトの薬の匂いに、餌のイメージを嗅ぎとってスポイトをしがむ始末。

もともとトイレの砂を変えたり餌を変えたりしても全然気にしないと、あまり繊細なタイプでは無かったのですが、薬にさえ食欲を感じるようになるとはなかなかに雑な神経をしています。

現在、便通を一度確認しており、餌も少し硬い状態で量を増やしていってるので、安定が確認できたら外回りの仕事を再開して医療費を取り戻すべく頑張らなければ。

店が短命に終わらぬよう。
  

Posted by チェリー2000 at 19:55Comments(2)

2013年02月09日

小康状態?

どり蔵に薬を飲ませようとしましたが、やはり水に溶いた粉薬をスポイトで飲ませるというのは上手くいかないようなので、病院でもらった試供品のドライフードをひと粒砕いてふやかす水に、薬の水溶液使ってみることに。

昨夜試してみたところ、やはり薬の匂いが嫌なのか気乗りしない様子でしたが、なんとか半分位は舐めてくれて、吐くこともなかったので、とりあえず今回はこんなところで良しとしました。

開けて今日。

昨日の病院パニック後の虚脱状態から脱したか、いくらか平常通りの様子になりました。
そこで昨日の反省を受けて、昨日より薄い水溶液を作って、時間差をつけ様子を見ながら複数回に分けて与えることに。
けっこう手のかかる方法ですが、とりあえずこれが上手くいったようで普通に欲しがるようになりました。

どうも薬の臭いにも慣れてるんじゃないか、と思ったのと、雰囲気からしてふた粒くらいでも問題なさそうだ、と思ったので、昼より濃い目の溶液を作って、ふた粒のドライフードを砕いてとかしてあげたところ完食。

あとは便通があれば一安心というところじゃないかと。


そんな感じで経過を見つつ、この騒ぎでいろいろ滞ってた作業をぼちぼち進めていくことに。
とりあえず前に買った文庫の仕分けと、出品待ちのヤフオク在庫の処理をしました。
アニメ系のムック本を数点追加してるので良ければ冷やかしてやっていただきたい。


「ぷれこぐファイト」
http://precog.otaden.jp/e242049.html
「ぷれこぐ堂オークション出品リスト」
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/precogdo

入札されてない商品はお申し付け頂ければ、スタート価格で店頭販売可能なので目録としてもご活用ください。  

Posted by チェリー2000 at 22:06Comments(4)

2013年02月08日

ブレイブ・ブレイド

昨日に続いて様子を見るため、どり蔵を床に入れて寝たので寝不足。

当然のように目覚ましの時間よりはやく起きだし、空腹の声を上げるどり蔵に急かされて、5粒のドライフードをふやかして細かく砕いて与える。
ペロリと平らげる。

しかし20分もすると吐き出してしまいました。

これはいよいよ医者に連れて行くしかないか、と午前中にいろいろ用事を済ませつつ病院までの段取りを思案。

こんな時ドラマの登場人物なら、もう心配で頭の中いっぱいで他の事が目に入らない状態と思いがちですが、段取り中に「ありがとう浜村淳」をかけてて「雪の降る町を」を歌ってるのが高英男と聞き〝え、あれってゴケミドロだったんだ〟とか、意外とそんな中でもどうでも良いことに思考が向かったりする自分に日常のリアリズムを感じました。

さて、とりあえず一番ストレスの無い方法を検討して、やはり箱に囲んだほうが安定感あるか、と思ったので、運搬車の茶箱の中にキャリングケースを入れて行くことに決定。
が、その時点でもう物凄い勢いでヘルプ鳴き。
案の定ですが先が思いやられる。

もっと近くに病院があれば良いのですが、そこは陸の孤島・中津ですから、そんな痒いところに手が届くなんて訳も無く、比較的近くて地理に明るい天六あたりまで出る事に。

ようやく到着するも既にパニックを起こしており、病院内でもまったく落ち着く気配なし。

以前、ワクチンを打ちに行ったときはまだ小さかったから、あれから多少は肝が据わってないかと淡い期待も無くはなかったが、まったく変わらずでした。

これが災いして、思ったように診察が受けられず、なんとかガス麻酔で寝かしてからレントゲンと血液検査をしてもらいましたが、結局はっきりした原因はわからず。

正直のところ獣医ってもっと動物の扱いに長けてて、協力的でない動物でもうまく習性を利用してぱぱっとやっちゃうのかと思ってるフシがあったのですが、そんな訳ありませんでした。

かなり暴れたようで、もどってきた獣医さんの手には派手な生傷が。
そこまでやっても手に負えないので、最終的には僕がなだめて何とかするという状態でした。

いちおう点滴を打ってもらい、動きが鈍ってそうだという胃腸を活性化する薬を出してもらう。
食べても吐いてしまうから水に溶いてスポイトで飲ませるとの事ですが、聴くだに難易度高そうなんですけど。

そんなこんなで、25000円ほどになりました。

ここ最近のヤフオク売り上げがそれくらいなので、なんかまあ行って来いってところでしょうか。
世の中よく出来てるな、と。
しかしお金の事はさて置いといても、やっぱりどり蔵の性格上あまり病院に連れて行くのは考え物だなと思いました。

この薬で治ってくれるといいなぁ。  

Posted by チェリー2000 at 21:04Comments(1)

2013年02月07日

忍耐の夜

どうも昨日の晩からどり蔵の調子が悪い。

普通に歩き回ってるし、食欲もある。
けれど食べると吐いてしまう。

もれなく吐いてしまいます。

昨日の晩から今日の夕方まで絶食して様子を見てみましたが、これといった変化なし。
いつも食べてるドライフードを少量、水でふやかしてから細かく潰したものを与えてみるが、けっきょく吐いてしまいました。

吐くとケロっとしてまた餌を欲しがります。

食べなければ吐かないし、これといって苦しそうでもないので様子を見てましたが、かと言って実質2日食べれない状態になってしまうので、これはさすがに消耗してしまうし、脱水もこわい。

以前の経験から病院に連れて行くのは怖がるのがわかっているので、なるべく避けたかったけれど、あしたの朝にまた同様の物を与えてみて、それで吐くようなら病院に連れて行くことにします。

空腹に耐えることと、物欲しそうな顔で付きまとわれるのに耐えること。
いましばしの辛抱。

がんばれ、どり蔵。  

Posted by チェリー2000 at 23:00Comments(2)よもやま!

2013年02月05日

スペキュレイティブな昼

昨日準備したブツを組合に持っていったのですこし座敷がスッキリしました。

ようやくいくらか身動きが取れるようになってきたので、ちょっと整理しながらヤフオクの出品をぽつぽつ。

本来の目標は毎月50点ずつ上げながら徐々に増やしていく計画だったのですが、少量しか上げれず、その割りに意外と入札があるので結局20点以上に増えず、累計でも50は行ってないという体たらく。

比較的価格帯が高めなのが救いでしょうか。


なんだかんだと気忙しいなか自転車で走り回ってると突如、何者ともつかない怪鳥音が聞こえる。
なんか動物がいるのかと思うと同時に、わずかに言葉っぽさを聞き取り、どうやら人の声らしいと察する。
欲望渦巻く繁華街では昼間からこんなテンションの人もいるんだな、人間動物園とはこの事かと思ったらこの珍獣が東通りの交差点あたりまでやってきてなにやら叫んでいるじゃないですか。

どうも誰かを罵倒してるようなんですが、なにがあったのか、男なのか女なのか、泣いてるのか怒ってるのかもわからない。
しかも不思議な事に声はすれども姿は見えない。

まわりの人が反応してなかったら、怖ろしくて中岡俊哉先生をイタコに降ろしてもらって相談するケースです。

この世の者だとしても、この分じゃヤク(ルト)中かなんかかも知れないし、さっさとその場を去りました。


その後、我がカッチョイイ運搬車に対してどこからか「オッシャレー!カッコイイッスヨー!」などとケンカ売ってるのと紙一重の口調で呼びかける声が聞こえる。
実際にケンカ売ってる訳じゃないでしょうが、そういう声の出し方が板についてしまってる時点でまともじゃなさそうだ、ということで聞こえないフリして走り去りました。

梅田の中心ではなんか叫ぶのが流行ってるんでしょうか。  

Posted by チェリー2000 at 23:47Comments(0)よもやま!

2013年02月04日

虎の穴

コショタンずた袋Sが売り切れました。
サンプルとして出してた分は僕が個人的に引き取ってフィニッシュだった訳ですが、もともとそういうプランだったので予定通りです。

Lのほうはあと一つあり、買い物なんかにはこっちのほうが便利なのですが、引き取りフィニッシュまでもうしばし待たねばなりません。

ちなみにクリアファイルはまだまだあるし、売れそうな気配もありません。

ちょっとしたアホ臭い雑貨を少量扱えればと思ってカウンター前に設置した可変ラックですが、コショタングッズ以来モノが手に入らないので現状処理待ち在庫置き場と化しているのが口惜しい。


ちびっこがひとり、他に遊ぶところがなくてやって来る。

PCのヤフートピックを覗き込んで、AKBがどうたらみたいな事を言っているちびっ子。
そういえばこの子はAKBが好きだと言ってたな、と思うと共に、色恋沙汰で丸坊主謝罪とか子供に見せたくない話だなとも思う。
いろいろ意見が出てるようですが、ボクサーが有利に戦うために減量するのは当たり前で、たとえ全員それをやってるから結局有利ということは無くなってるとしても、そこの競争から降りて戦えるだけの自信がない限りは減量は避けられないだろうさ、とは思います。
自分で好き好んでガラス片付きサンドバッグ蹴るような集団に飛び込んだんだから、厳しい戒律もやむなしか、と。

が、そんな事より、これだけ流行ってれば小さな子供だって見てるんだから、もうちょっと配慮があってもいいんじゃないかと思うのですがいかがなものか。

この店においてる本もあまり子供に配慮してるとは言い難いかもしれませんが、もちろんこの店はもともと子供向けのつもりではないので、これで問題ないのです。
今日もまた限りあるスペースをいくらか確保すべく、処分すべき在庫を準備しておりました。
これで置き場所と仕入れ資金を準備して、さらにクセのある品揃えを目指したい。

まああまりかけ離れた品揃えになると、ノーマネーでフィニッシュってことになりかねませんが。  

Posted by チェリー2000 at 22:53Comments(0)よもやま!