2013年04月25日

迷わず行けよ

今日は朝から大忙し。
昨日の段階でアマゾンの注文がひとつ入ってるのは判ってたので、ヤフオクの入金確認と半端に置いてた現金の預金を兼ねて、まずは巡回。
と、予定してメールを確認したらアマゾンからさらに受注が。
余裕こいてホット麦茶をすすりながら準備してたので、「探偵物語」のOPよろしく吹きそうになりましたが、即座に切り替えてもうひと荷物こさえて改めて出撃。

昼からは四天王寺のバイトがあるので、少し早目に出て途中シャワー浴びてから向かうつもりでしたが、ちょっと予定を押したので諦めてそのまま現場へ。

おかげでゆっくり行っても余裕で到着。
主な業務はのぼり立て。
経費削減のためか、本来なら2~3班体制でやってた作業を二人でしみじみやることに。
結果的にちょっと予定の時間を超えましたが、正直ほぼ二人でやったにしてはできた方だと思います。

作業中、たぶん四天王寺学園の中高生の群れに遭遇。
というか群れの中を縫うように移動しながらの作業といったほうが正確でしょうか、とにかく〝よくもまあ女子ばっかりこんなに集めたもんだ〟と思うような光景。

世間知らずを絵に描いたような、利発そうな、なまっ白い顔をした中高生が回遊魚のように群れなして、こればっかりは変わり映えない感じでピーチクパーチクさえずって家路をゆく。
と、一団が突然くるりと向き合うと「さようなら」とお辞儀して別れていきました。

よく調教されてるなぁと、ひとしきり感心。
箱入り娘とはこういうのを言うんだろうと得心しつつ、同じ空間を共有していてもバイト仕事もらって口に糊してる僕とは確かな隔絶があるんだなぁと、ヒエラルキーって奴を目の当たりにした思いでした。

まあ向こうも同じように感じてるか、長じてそう信じるようになるでしょうが、僕は間違ってもあっち側に行きたいとは思わないけれど。
それぞれの道にそれなりの幸せは落ちてるもので、無理やり「アイゼンボーグ」観て身悶える、そんな人生も素敵やん。


明日は四天王寺の古本まつり初日です。
バイト行くので、たぶん6時頃からの営業になります。  

Posted by チェリー2000 at 23:34Comments(4)よもやま!