2013年06月30日

納涼ホラー大会「クリスティーン」

徳永英明の代表曲「壊れかけのRadio」によると、〝何も聞こえない、何も聞かせてくれない〟ラジオは僕的には完全に壊れたラジオなんですが、レイディオ的にはまだ持ちこたえていると解釈するようでモヤモヤします。

さて、納涼ホラー大会第二回は壊れても壊れても蘇るゾンビのような車、しかも女、しかも殺人鬼という意外性のデパート映画「クリスティーン」です。

監督は好きになって追いかけても捕まらない方のJCことジョン・カーペンター。

機械好き・車好きの気弱ないじめられっ子が、たまたま見かけたボロ車に惚れ込んで周囲の反対を押し切って入手。
丹念な改修によりもとの輝きを取り戻した愛車にぞっこん、そのうえ自分にまで自信を持つようになりハッキリ物を言えるようになったり、彼女が出来たりとブルーワーカーの広告みたいなサクセスぶり。
しかし実はいじめられっ子の変化は魔性の車〝クリスティーン〟に取り憑かれたせいだった…というのが導入。

この映画の主人公はクリスティーンに魅入られたオタク少年なんですが、物語を進行させるもうひとりの主人公にオタク少年の親友であるアメフト選手がいて、取り憑かれた友達を引き戻そうと奔走します。

だいたい映画監督なんかになるような奴はオタクで、かつて学園ヒエラルキーの底辺をさまよってきたが故に、その恨みを晴らさんと映画の中では低脳で下衆な人間として描かれ、引き立て役として犬死させられがちなのがアメフト選手なんですが、この「クリスティーン」では〝正しいジョックス〟という〝きれいなジャイアン〟みたいなのが設定されている点がちょっと珍しい。

他に主人公の両親、イジメ現場に乗り込んだ教師、クリスティーンの売主、工場のオーナーなど、大人が堂々としていて強いのも最近では見られないもので、こういう点もいかにも男気監督カーペンターらしい。
〝子供は子供、半人前に遠慮する必要はねえよ〟という(妄想の)声が聞こえてくるようです。

原作はお馴染みスティーブン・キング御大。
大筋はウブなボウヤをたぶらかした性悪女が、邪魔な周りの人間に危害を加えて回る話なので、御大も似たような経験があったのかもしれませんね。

基本的にはいじめっ子に対する報復がメインになっているため、ハラハラとか恐怖感を煽るよりも〝がんばれ!クリスティーン〟となってしまい、このへんは同じくキング原作「キャリー」とも通じるところですが、「キャリー」はイジメと母親とシシー・スペイセクの顔が怖いのでホラーとして成立してましたが、「クリスティーン」はそういう病的な要素が無く、わりとカラっとしてるのでホラーとしてではなくカーペンター映画としてみるべきかもしれません。


ちなみに僕は今回見直すまでクリスティーンを間違ってオープンカーだと記憶していました。
こういう事はしばしばあり、〝思い出せそうで思い出せなくてやっと思い出せたけどちょっと違ってる〟というジャスト壊れかけのおっさんな感じでモヤモヤします。  

Posted by チェリー2000 at 16:50Comments(4)映画

2013年06月27日

納涼ホラー大会「ハウス」

この時期ラジオなんか聞いてますと、しばしば大黒摩季の「夏が来る」がかかったりしますが、歌詞は超シケた内容でタイトルから期待されるような盛り上げ感はまったくありません。
まあ、夏嫌いの僕としてはむしろエンジョイ夏で来られる方がウザイので、これくらいで勘弁してもらいたいところではありますが。

さて、夏なんか来る前にホラー映画でもみてさっさと送り出してしまえという事で、ひとりひっそり納涼ホラー大会を開催。

今回は先ごろ輸入で手に入れた大林宣彦監督作品「ハウス」。

女学生グループが夏休みの合宿にメンバーの祖母宅に行ったさきで、ひとり、またひとりと姿を消していく。
実はその家は先の戦で死んだ亡夫を待ち続けるため、未婚の女を食らって永遠の命を保つ祖母と一体化した〝人食い家〟だったのです!!!

あまりに単純なシナプスだったので感嘆符を三つ付けてみました。

加えてブルーバックを多用したチャチな合成、稚拙なまでにわかり易すぎるキャラクター付けなど、当時との時代差を鑑みても、というか当時の時点でもあまりにショッパイ要素がてんこ盛りながら、この映画は僕的に忘れがたいトラウマ作品なのです。
どれくらい忘れがたいかといえば、店の看板のロゴ意匠に織り込んでしまうくらいです。

30年前の少女漫画ノリのセリフ回しのリアリティの無さと、ホラーコメディという性格上からくるリアクションのリアリティの無さが夢遊感を醸し出し、そこはかとなく全員正気じゃない感じがして、感情移入の寄るべきところない不安感を掻き立てられながら、少女たちが前述の合成でオモチャのようにバラバラにされながら、どこか他人ごとのように食われていく映像はサイケでイカレてます。

女の子がたくさん出てくる映画ということで健康的なお色気が散りばめられていますが、個人的に最初の犠牲者が井戸に食われてスイカになって出てくるくだりで、洗い物をしているポンプの水が赤く濁ったのをコップに汲んで飲むシーンが印象に残っていて、大林監督の〝何も知らない無垢な少女に少女を食わせる〟というフェチズムを感じさせます。

さんざんシュールで狂った映像を見せつけられたあとのエンディングでは、主演の池上季実子のオフショットをたんまり見せ付けられるという大林汁あふれるカルト作品「ハウス」でございました。

ところでこちらはドイツ版のようなんですがタイトル表記の「HAUSU」は如何なものかと…。  

Posted by チェリー2000 at 21:40Comments(2)映画

2013年06月26日

エントロピー収束計画

本日、オークバイト全行程終了いたしました。

今回は気温は低いがベタ凪で蒸し暑いと思ったら、最終日になって風雨に見舞われたりと、まったくもって予測の難しい現場でした。
戻って汗を流してから月曜のレイアウト変更で増設した本棚をまとめていこうと考えていたのですが、飯食ったら超眠くなってそのままダウン。

ちびっこの声で目を覚まされると3時半。
当面の営業開始に向けて、まとめるのは諦めてとりあえず荷物を端に寄せるだけの片付け作業をはじめるが、ちびっこが邪魔ではかどらない。

このごろ四年生軍団が勢力を伸ばしてきて、集まり出すとすぐ3~4人に増えるのでウチのキャパにはちょっと厳しい感じになっています。
注意したりするのは自分の自由をも拘束する気がして嫌いなので、放置しがちな僕の事を寛容な子供好きだと勘違ってか、数が多いとわりと勝手放題な態度になりがちです。
無法地帯になってお客さんが逃げかねないレベルなので、ある程度の制限を設けないとダメですかね。

いまはガサガサな棚がまとまるように、色々な事が良いようにまとまっていただきたいものです。
  

Posted by チェリー2000 at 22:28Comments(6)よもやま!

2013年06月21日

ぷれこぐNOマネー

今日から店を休んでオークバイトに入ります。
いま話題の小金稼ぎです。
個人的には小金稼ぎ続けたいのですが、都合により泣く泣く降板を予定しています。

バイト中休みの月曜日に本棚設置して、7月からはぼちぼち新体制でいけるかと思います。

それにしても今回は雨で気温は低め湿度は高めなので、装備の正解が見えにくいです。
明日以降も気候が変わるだろうし難儀ですな。  

Posted by チェリー2000 at 18:08Comments(0)よもやま!

2013年06月21日

休業のお知らせ

今日も雨です。
明日から25日までは休業になります。
土日は微妙に開けれるんですが、時間的にタイトで半端なので一応開けない前提でいきます。

久しぶりだから装備の点検をしといた方がいいでしょう。
あとどり蔵の給餌マシーンも電池入れ替えて動作確認をせねばなりません。

ここのところ諸々の用事で物理的にも精神的にも忙しなかったから、強制的に何もできない状況に置かれるのは、割り切って久し振りにのんびり出来てちょっとしたキャンプ気分もなくもない。

  

Posted by チェリー2000 at 00:57Comments(0)古本屋

2013年06月19日

ショートカット

ここに来て急に梅雨らしい雲行きになっているのかと思いきや、すでに台風だったりするようで。

あまりの蒸し暑さと不快感、くせ毛の大暴走に業を煮やしてバッサリいこうとひさしぶりに床屋へ。
普段はセルフカット派ですが、長いのをすくぐらいは出来ても短くするのはさすがにリスキーなので。

僕は短髪はあまり似合わないと思っていたのですが、雨の中やってきたちびっこの〝前のほうがいい。キモイ〟の言葉に確信をもちました。
最近のちびっこは気に入らないことは全部〝キモイ〟で表現します。

今日はまとまった雨で、雨とくれば開店休業状態なので、ぼちぼち適当に店開けてからはちびっ子たちとDSで脳トレ系のゲームをやらせてもらい、その後はオークション用の商品ピッキングと画像の撮影とかしながら適当に過ごしています。

今週末からはオークのバイトなので金曜から火曜までは臨時休業となりますが、どうも週間予報によれば会期中はあまり天気が良くないようなので丁度いいといえば丁度いい。

まあどちらにしても商売に集中していく為には余分な用事は切っていかねばならないので、このバイトもこれを最後にできるよう頑張って雨にも風にも負けない新体制を作っていかねばなりません。  

Posted by チェリー2000 at 23:09Comments(0)古本屋

2013年06月16日

冷めたハートじゃ愛せやしない

すでにちょっと動くと熱放出に時間がかかってダレダレになるこの頃。
今週末からオークのバイトに入るんですが、やたら暑そうなのでちょっと不安です。

寒暖の問題以外に時間的に拘束時間の長い用件は今後難しくなるだろうと整理作業に予感しながら、この計画の成否に店の存続がかかっている事を感じます。

そんな軽い焦燥感にヒリヒリしながら、日曜らしく客足の少ない一日を過ごしていると、なにやら持ち込みがありました。
といっても買取とかじゃなく、ご自分で作った本です。

最初よくあるチラシ設置かと思って二つ返事で了解してしまってからの解説という妙な順番を経て、あらためて了解。
ただしこの手は中津商店街に専門のシカクさんがあるので、取り扱いはせずにサンプルだけにしました。

この本作るのだって相当の熱量と作業量があり、その点は掛け値なしに敬服してますが、こういうミニコミ誌を見て思うのは、やっぱりちゃんと流通して出版されてる本はよく出来てるわってことですね。

確かにコンビニの棚あたりでみかけるいかにも読み捨てる用の駄本なんかみると〝安易な企画で小銭稼ぎのしょうむない本つくっとるなぁ〟なんて思っちゃう事もあるんですが、いやいやどうして、あんなんでも大変な労力や研鑽が込められているのだと思い直します。
読まないですけどね。

いろいろな物が足りないまでも、やりたい事があるからとりあえず体裁を取ることから始めるという点で、人のふんどしで相撲とってるとは言え、我がぷれこぐ堂もミニコミ的な店と言えるかもしれません。

フィジカル面では熱暴走気味ですが、もうちょっと熱量を込めて頑張ろうと思います。  

Posted by チェリー2000 at 20:45Comments(0)

2013年06月14日

積み在庫

カウンター縮小計画により一時は混沌とした様相を呈していた店内も、とりあえず営業はできるくらいにどうにか格好だけは付いた感じです。
座敷側で常勤する事になるので、それに合わせて座敷のレイアウト変更をせねばなりませんが、こちらはイメージトライアルに大きく違わずわりとサクサク整いつつあります。

大きな変更点といえるのはキャビネットの移動と座敷カウンター内での着座設備。
そう、先日ナイスなタイミングで拾ったいい感じサイズの椅子。
名づけて「社長の椅子」です。
座ればこれで君も社長だ!(CV:石川英郎)














本棚が届くまで10日ほどあるので、それまで空きスペースに在庫をとっ散らかしながら処理をすすめてやるしかないでしょう。

  

Posted by チェリー2000 at 22:20Comments(4)古本屋

2013年06月12日

一回休み

ふ、と思い立ってカウンターの縮小作業だけやってしまう事に。

今あるやつを切るだけだし、これをやって本棚を月曜日に来るように段取っておけば、最短で完成させられるぞと思ったわけです。
いざ切ろうと内側を見てみると、けっこう執拗なまでに隅金が打ってあり切断ルートを入念に確認してから切断開始。

狭さゆえに快調とは言えないまでも、大きな問題もなく切断完了。
いらない方は一応屋根裏部屋にぶち込んどこうか、と店内の階段からは無理だからアパート側の階段を使うべく、店頭から外に出そうとしたのですが、これが通らない。

思案の末に天板をはがす。
更に運び上げる事を考慮した結果、やっぱりバラバラにしてしまう事になりました。

この段階で既に営業時間突入が避けられない事を認識。
そこにちびっ子が先日の「いただきストリート」の続きをやりに来たのですが、放置してひとりで進めてもらうことに。

なんとか形だけでも営業状態に持っていこうとするのですが、これまで収まってた物が溢れ出し、本来一気にやった際には入れ替わりで店頭に商品を出して収納スペースができる見通しだったことを失念していたことに気づく。
〝…無理だ〟ということで臨時休業を決断。

現在ある程度の設置位置が確定して、整理と移動を物に囲まれながら思案中。
本日、一発目の食事を取りながらコーナンに本棚を発注したところ、なんと18日以降しか配送できない事が発覚。

6月中にやるならオークバイト只中のエアポケットとなる月曜日しかありません。
逡巡した結果、まわりにもっと大変な羽目に陥ってる人がいることに勇気を得て発注しました。

もうちょっと調整しながら完成に近づけていくことになるでしょうが、それはまあいいとしてカウンターの残骸の処分をどうすればいいものかが悩みの種です。  

Posted by チェリー2000 at 23:06Comments(0)古本屋

2013年06月11日

エヴォリューション

PS4は39800ですか。
各社の新ハードがようやく具体的な形を見せ始めました。
どちらにせよ僕はとうぶん様子見になるでしょうが、とにかく今は自分の構想を具体的にすることに腐心しております。

いろいろ調べて、採寸して、大体の構想がかたまった店頭&搬入出路リニューアル案。
段取りは固まってピタゴラ装置のイメージトライアルは既に何度も繰り返しているものの、肝心の部材がありません。

より詳しく言うと、〝部材がないが部材を置いとく場所もなく、始めたら一気呵成にやってしまわないといけないけれど、部材を調達してかつ設置までをやり遂げられるだけの時間的余裕がない〟ということになります。

結局今日も日中は在庫整理。
これも〝後であっちにやるから仮にこっち置いとこう〟的な、結果的に二度手間っぽい作業になっていてどうしたものかって感じ。

本格的に暑くなる前に形にしてしまいたいものです。

動けないなら通信販売を利用しようと、コーナンeショップのIDを過去メールから探してたら懐かしい画像を見つけたので掲載します。
まだウチに来る前のちびどり蔵。

当時は淡路島の保護宅でピーちゃんと呼ばれていたそうです。  

Posted by チェリー2000 at 23:38Comments(2)古本屋

2013年06月08日

幻の湖

例によってインフラ整備中でようやく階段のクリーンアップが完了した昨日、段ボール5箱分くらいの持ち込みがありました。

片付け中のうえ、ほぼ時代小説だったのでそのまま週明けの市に流してしまう判断をするも、土曜は昼から営業。
早めに起きて運搬するしかないかと思いつつ、昨今の夜型シフトのおかげで10時起きになってしまったので、量を減らして速度重視にし、残りはなんとか収めて週明けに持っていく段取りに決定。

梅雨だというのにすでに陽炎が立っている陽気の中、こんな時のためにと用意したメガネの上からかけれるオーバーサングラスを着用して出発。
メガネ族の僕にとってサングラスはこれまで縁遠かったのですが、夏休みの宿題が友ならこれは生き別れのお母さんレベルのマストアイテムです。

どうにか古書会館に着き、積み込みを終えて急いで帰る途中、廃棄された低めの椅子を発見。

現在、裏のインフラ整備に手を取られていますが、実は店内も改装予定しておりそのメインは店舗面積に対してちょっと立派すぎるレジカウンターを縮小して棚面積を増やそうというのがあり、改革の二本柱であるのですが、その際に座敷側で座る用の低めの椅子が欲しかった、それにジャストな感じの素敵な椅子でした。

しかもちょうど荷物を下ろした運搬車に乗っているとなれば、渡りに船とはこの事です。

いちおう最近はゴミといっても勝手に持って行ってはいけないそうなので、ゴミ主をうまいこと探し当てて断ってから回収して帰りました。
結局30分くらい開店時間を押しましたが、いい拾い物ができてゴキゲン。

モノは良くてもいらない物はいらないという事はよくあるもので、こんな感じで本棚も調達できたら助かるんですが、いい感じに落ちでないですかね。
いやむしろもう手っ取り早く3億円の当たりくじとか落ちてたほうがイイわけですが、あれ自体が砂漠の蜃気楼みたいな物を陽炎の中に追うというのもアレな話ですから。

ちなみにウチのお母ちゃんも〝そろそろサマージャンボが〟とか言ってましたけど、宝くじって6~7億枚刷ってるそうです…コンパネ切って棚作りましょうかね。  

Posted by チェリー2000 at 22:07Comments(0)古本屋

2013年06月06日

ウルトラリラックス

カモン、オスプレイ!
必要なリスクは分担するべきだから、訓練と言わず配備しちゃえばいいと思います。
脱原発派です。

さて、お隣にはついにタコ焼き屋が配備されたのですが、何故か人手不足を理由にオープンが遅れるのだとか。
ただここ数日のあいだ試験運転とおぼしき鉄板の焼ける匂いを嗅いでおります。

これがけっこう匂いがこもるので本屋としてはどうにかしたいところ。
消臭剤くらいでは効果なさそうなので、空気清浄機でも導入するべきでしょうか。

しかし、この不況下にあって人手不足なんてことがあるもんなんだなぁ、と意外に思ったりしたのですが、さりとで自分に置き換えてみると、六月とは思えないエア梅雨ぶりに呼応するかのように暑くなってきてるいま、焼ける鉄板の前に立つ仕事は願い下げ間違いない訳です。

そんな訳で暑さにとんと弱い僕は最近明け方まで作業して、日中なるべく外出しないで済むようにしてます。
寝てる途中でサウナになるのがわかってるので、しっかりエアコンかけて寝ます。

まあウチも含めてこのご時勢にせっかく始めた商売なんだから、お互い譲るところは譲り合って上手いことやれれば良いな、などと全力全身ぬるま湯加減な事を思う僕なのでした。  

Posted by チェリー2000 at 23:23Comments(0)よもやま!

2013年06月04日

梅雨のどり祭り

忙しいので恒例の手抜き企画・どり祭り
画像もバリエーションなくてやっつけ感満点ですが。  

Posted by チェリー2000 at 23:02Comments(2)