2013年09月16日

許されざる者

よほど原因になりうるような家庭環境があったならまだしも、30超えたおっさんに対する保護者責任を親に求めるのは酷な気がしますが、あるいはそれも虚業の宿命と言うものなのかもしれません。

さて、保護責任取り放題盛りのチビッコ連中で案の定のダブルブッキングに溢れる座敷を見かね、人数制限勧告で対応するとグッと空気が悪くなる。
さりとてここを僕が譲るのでは主客転倒、おかしな話になりますから成り行きにまかせることに。
結果的には一応の決着は見たものの、つくづく他に行くところ無いのかよと思わずにおれない漂うしぶしぶ感。

居間の平穏を守るためなら僕は悪にでもなる!
同情するなら金をくれ!

そんな空と雲の間テイストとはかけ離れた,酌量の余地無きクレイジーを100人載せたヨド物置的ナイスな映画秘宝ムック「冷酷!悪漢映画100」が面白い。
古今東西の映画に出てくる悪役を、あらすじ・時代背景・モデルなどを交えて解説しており、かつネタバレは控えめなので実は映画ガイドとして非常に優秀です。

ちなみのオススメもあって実質150くらいの作品を紹介してくれてますから、コストパフォーマンスも抜群。
入手困難な作品を避けてるのも良心的です。


物語の中では輝く悪党ですが、現実の世界においてはやはり鼻つまみ者。
疎んじられるのも因果応報というもので、許容されるも束縛されるも自分の行い次第という事、息子で無く本人のセクハラ行動に責任を負うべきだと言う事をチビッコ達には学んでいただきたい。

痴漢アカン!  

Posted by チェリー2000 at 00:55Comments(4)