2013年10月31日

地獄の釜の蓋が開く

あんまり実感無いんですがハロウィンはバレンタイン級の経済効果を持っており、すでに日本でも定着してるらしいです。

定着してるとはいいながら、街角に仮装ちびっこがお菓子強奪なまはげしてる光景なんてサッパリ見かけませんので正直眉唾なんですが、まあクリスマス同様に実質とは関係ない話ということなんでしょう。
なんでも金の多寡で測るのはいかがなものかと思わなくもありませんが、なにかしら楽しみがあるならそれはそれでいいじゃないとも思う、とりあえずオヤツを買い足しといたりしたけれど誰も来なかった僕こと泣いた赤鬼でした。

町を巡って回収に従事するといえば近頃厳しくなったゴミ出しですが、このほど連続して蛍光灯の類が切れたので買い替えたもののいつどのタイミングで捨てていいのかわからないので調べてみると、なんと収集はしてないというじゃないですか。
特定の回収場に持ち込まねばならないとのことで、電灯なんかは役所の方までいかないと受け付けてないもよう。

電池なんかは種類によって回収してたり、もう普通ゴミに出しとけよといったりで、それなりの理由はあるのかも知れないけれどなんだかなぁって感じの扱いになってるし、これじゃあ結局ばれない様に適当に処理して普通ゴミに出してしまう人が多いだろうなと確信してしまうくらい雑なシステムになってます。
まあ分別させてもほとんどまとめて燃やしちゃうって噂もありますしね。

ちなみに牛乳パックは一定数持ち込むとスタンプを押してもらえて、貯めた数に応じて賞品がもらえるシステムが人知れず存在するらしく、そういうのはもうちょっと広く知られるようにするべきなんじゃないかと思ったり。
やる気があるのか無いのか。

まあそんなには無いんでしょうけど。


秋の夜長に、という訳でもありませんが以前録音してあったラジオを懐かしく聞いたりして、懐かしついでにルー・リードとか聞いてたらお亡くなりになったんですね。
たまたまなタイミングでしたが、これもハロウィンのお導きというヤツでしょうか。

帰ってくんの早すぎですけどね。  

Posted by チェリー2000 at 22:20Comments(0)よもやま!