2013年12月22日

乾いて候

昨日は一日、偏頭痛にやられてダウン。
寝不足や、反対に寝すぎた後に起こりがちな左目の奥がズキズキ痛む定番の頭痛で、たぶん首の緊張から来てるんじゃないかと思しいのですが現状回避および治療法の確立までには至っておりません。

ややこしい事に、寝起きにちょっと種があるなと感じたあとケロっと直る時と、悪化して吐き気まで誘発するケースとがあり、症状が読めません。
けっきょく昨夜は30分ほど早く閉めてとっとと横になりました。
厳密に言うと夕方くらいから座敷で横になってました。
こういう時は店が暇なのもありがたい。

体調を崩して吐き気や下り腹が合わさって来ると、単身者らしい慎重さで〝ひょっとして風邪か?インフル?まさかノロ?〟と自己診察してみますが、鼻・喉・発熱などの症状はないのでだいたい杞憂に終わります。

12月入ったあたりはまだまだ大して冷えないなと思っていても、クリスマス近くなってくると不思議にちゃんと冷え込んでくる。
僕は昼夜逆転生活時代の名残で布団に潜って寝る癖があり、真冬でも加湿器いらず。
そのおかげでか風邪もあまりひきません。

しかし安物の羽根布団を導入してからは、潜ると熱くて気付くと顔を出している事があり、真冬の最中にシャ○中かと思うくらい汗でTシャツをビショビショにして目が覚めると、びっくりするぐらい脱水状態に陥ってる事があります。

そんな時は〝こういう拍子に風邪ひきそうだな〟とか〝年寄りはこれで枯死しそうだな〟などが頭をよぎります。
今回の頭痛に吐き気が伴ったことに風邪を疑ったのにもそうした近況があったからでしょう。


余談ですが、僕が布団に潜る癖を「自分の呼気を吸うというのがイヤだ」という理由で否定され、まあその気持ちはわからなくもないなと納得したのですが、直後にマスクを着用されて〝あ、それはいいんだ〟と思った事がありました。
  

Posted by チェリー2000 at 14:47Comments(0)よもやま!