2014年04月21日

輝く日曜の朝

今週末より「四天王寺の古本まつり」が開催され、ありがたい事にバイトの口がまだあったので例によってバイト週間となりました。
バイト週間となると朝からの活動になりますから、宵っ張り全開の習慣を改めて調整していかねばなりませんので、なるべく早めに寝起きを心がけています。

昨夜も風呂はいってから寝ようかと思いましたが、せっかくの眠気が消えないうちに寝てしまって朝イチで行くことにしました。
しかしいざジムに着くと入り口に人だかりが。
現在僕の通っているジムは24時間営業ですがスタッフが常駐してる訳でなく、昼前までは無人状態ですが出入りに関してはオートロック式なので差し支えない訳です。

自転車飛ばしてベーターを上がるとなぜか入り口に人が立っていたので、何事かいぶかりながらもカードをかざそうとすると「カギ故障してるんですよ」と声をかけられる。
事実、カードは読み取るもののロックは解けず。
どうしたものかと思案するもスタッフが来るまでは一時間近くあるし、昼から営業で余裕もないときたので諦めて帰ることに。


帰り着いてとりあえずラジコを起動、「日曜出勤生ラジオ」でも聞こうかとMBSに合わせてみると、「茶屋町ヤマヒロ会議」なる番組がやってました。
どうやら四月からの新番組のようですが今回のテーマは「ハゲ」。 
始まったばかりでいきなり決め球を放ってくるあたりに本気度をうかがわせますが、はたして後が続くのかはわかりません。

僕は今のところ気に病むほど目立った薄毛の兆候はありませんが、男子たるもの、オッサンたるものいつ砂漠化が始まってもおかしくありません。
まあ個人的には薄毛もヘアスタイルの一種として特に違和感は無いんですが、やっぱりビフォア・アフターを比べて哀れまれる感じになると屈辱を覚えるかもしれません。

ちなみにヤマヒロ氏をはじめ薄毛男性を集めて語り合いった結論は〝覚悟を決めろ〟でした。
あきらめが肝心という事でしょうか。


その後、店を開けてぼちぼちやってますと、先程あきらめたジムから謝罪の電話が。
カードを通した履歴で確認できたんだろう事は想像に難くないものの、使用頻度とか利用時間とかもガッチリ把握されてるんだろうなという事のほうが、なにやら得体の知れない不気味さを感じなくもありません。

とはいえそこを気にし過ぎては、この管理社会では生きていき難いですから、いろいろ気付かないふりしながら流していかないとストレス溜まって禿げるってもんですね。  

Posted by チェリー2000 at 00:09Comments(0)ラジオ