2014年05月23日

穴開きズム

ときどき現れるおじいちゃん。

大抵は宗教と左翼を腐すばかりですが、今日は加えて芸能界の薬物汚染と珍しく時事ネタで攻めてきました。

いつも通り、否、いつも以上に饒舌なおじいちゃん、それまでの評判が良かろうが、それは良い人に見えるように嘘ついてる卑怯モンてだけで悪いことするヤツは悪人と、善悪二元論でバッサリ。
更には踊りながら歌える訳ない、あんなん全部口パクやと薬物関係ないところまで非難が及びます。
僕はあまり良く知らないんですが、たぶん彼はそんなに踊るタイプの歌手では無いんじゃないかなぁ、と思いつつ〝踊って歌うシャブシンガー〟と言えば岡村ちゃんがいたかと妙に納得する。
ついでに虎舞竜が一発屋で20億稼いだと、もはや理由も意味も無く只ただ腐す


その後、例の如く「変な意味や無いけど」「人種差別する訳や無いけど」と前置きしつつ「天の神は見てる」と福島や客船転覆に宿業説を唱え始め、「やっぱり教育。東大・京大いってる人は違う」と学歴主義になったかと思えば、とつぜん「勉強ばっかりしてきた人間は世間を知らんから理想主義の左巻きになる」と高学歴を切って捨てる迷走ぶり。

挙句、「兄ちゃんには悪いけどな」と前置きしながら「中国とかロシアとかみんな戦争して世の中いっぺん終わりにしたほうがエエ!」との大暴論。

おじいちゃんどうやら単身者のようだし、自分ではあと5年もすれば死ぬと言ってるくらいなので、もはや未練も無いといった気持ちもあるのかもしれませんが、無政府主義なんて左翼の典型じゃない。

考えるに、思いついた限りの不満を論理の整合性など無視して手当たり次第に投げつけているのでしょう。
そんな見え見えだけど突っ込んじゃいけない穴だらけの論説をうかがう事20分ほど、いつも通り何度目かの「しょうも無いこと言うて堪忍な」と帽子を脱いでお茶目ポーズで会釈すると帰って行かれました。

うーん、おじいちゃんきっと100まで生きるよ。  

Posted by チェリー2000 at 01:14Comments(0)よもやま!