2014年10月29日

超兵器を見よう!


巨匠・小松崎茂の「機械化 小松崎茂の超兵器図解」の刊行記念展示会がなんと中津であります。

最近あやしげな店が増えている中津商店街で、あやしげな店の先駆けともいえるシカクさんで、しかも明日からという超緊急開催。

緊急すぎてフライヤーが今日出来たところと、告知不足が否めないとのことなので、興味ありそうな人に知らせるなり誘ったりして足を運ぶよう仕向けちゃってください。

詳しいことはこちらで↓
http://uguilab.com/schedule.html

  

Posted by チェリー2000 at 22:17Comments(0)中津

2014年10月29日

俺たちの戦いはこれからだプレミアム

買って来ました「ラジオ番組表2014秋」


この春からラジコプレミアムが始まって、全国のラジオを聴き放題になりながらも、野球シーズンのなかこのお高い雑誌を買うのに気がすすまず、肝心の番組表が無い状態が続いていましたが、これからがラジコプレミアムの本領発揮となるのです。

こうしていざ聞ける状態で紙面を見てみると、まあ我ながら怖ろしいほどに湧きあがるエアチェック欲。

とりあえず関西圏の番組をチェックして、こちらはトークマスターの予約録音でフォローするとして、あとは面白そうな番組を色々ながしながら選んでいくことにしましょう。

問題は聴く時間をいかにして捻出するかなのですが、果たして皆さんどのようにラジコプレミアムを楽しんでおられますのでしょうか。  

Posted by チェリー2000 at 00:50Comments(0)ラジオ

2014年10月24日

漂流~スカイハリケーン~

このところの早起きは、ただサイクルがひとつズレただけ。
そんなたまさか拾ったチャンスもうっかり捨てる訳にはいかない生活困窮者の僕は、ながらく機を逸していた在庫処分を急遽やってしまうことに。
ひさしぶりに辿った道程は確かに見覚えはあるものの、微妙な変化と記憶の霞に目くらまされて、気付けばよくわからないところに流れ着いてしまい危うく迷子になるところでしたが、なんとか目的地にたどり着き用事を済まし、帰りはさすがに道を思い出してすんなりルートに乗る。

帰り道、ふと気付くとピエロハーバーにユンボが突入するところを目撃。
厳密にいうとすでにピエロハーバーという痕跡は見えず、完全に撤去完了した跡地という佇まい。
そういえば高架下は立ち退きの話がすすんでるとかいう話を聴いた事がありましたが、どうやらその結果の模様。

その後の行く先などは特に決まってないようで、中に浮いた状態らしいです。


店を開け、たまたまネットを漂流してて久しぶりに辿り着いたヨドバシ.com。
あれ?ヨドバシだったよな?と目を疑ったのはあまりにもアマゾンそっくり、いやさ、もうほぼアマゾンそのものだったから。

あまりにもあからさまなパクリっぷりではあるものの、この割り切り方はむしろアッパレ。
以前からなるべく内需に貢献するべくアマゾンをなるべく最後の手段にしてきた僕は、国内最大手のネットショップ楽天のレイアウトがスーパー玉出のチラシレベルに見づらくて判り辛い代物であることにかねてから不満を感じながらも我慢して来ました。

そして誰もが思っていたはずです。
〝アマゾンが使いやすくて一人勝ちなんだったら、アマゾンをパクッたらええのに〟と。

出来もしないのにオリジナリティにこだわるくらいなら、無能を認め優れたものを取り入れる謙虚さも必要ではないか、と。

そんな英断を下したのが、よもやデッカイ店舗を持ったヨドバシだったとは!
送料無料だしせっかくだから何か買ってやるかと検索してみると、思ったより取扱商品の幅もある。

しかし前に使ったのはかなり前になるので、いざログインしようと思ったらIDもパスワードもさっぱりわかりません。
ポイントカードの番号から行けなかったかなと思うもサービス終了してました。
最初のフォーマット作りでとっちらかった失敗を挽回するなら、ここのところはもっと融通きかさないといけないんじゃないかと思うのですが。


品揃えに勝るアマゾンでいったんアカウントを作ってしまえば、新たに別にアカウントを作るのはけっこう面倒でハードルの高いものです。
今回はかなり惜しいところまでいってるので是非もうちょっとユーザーフレンドリーを意識していただきたい。

混迷の時代に流されながらも、いつかどこかに根を張ることを信じ、コツコツ頑張りたいものですね。


ちなみに日曜日は野暮用でちょっと早仕舞いします。
迷走してますなぁ。  

Posted by チェリー2000 at 22:47Comments(0)よもやま!

2014年10月19日

すべての寂しい夜のために

みなさん「北区民カーニバル」が今日あったのをご存知でしょうか?

〝知る訳ねえよ〟

ご尤もです。

まず何の肉に感謝を捧げているのかも多少疑問ではありますが、それはたぶん雰囲気で言ってみただけで大した意味は無いだろう事は察しがつきます。
しかし曲がりなりにも北区民である僕の元に何の報せも無いこの「北区民カーニバル」なるものが、いったい誰向けに開催されているのかは大いに疑問です。

ちなみに僕は近所のチビッコが中津代表選手に選ばれたという報せで知りました。

そんな経緯もあって一回チラ見してみようかという気持ちと、ジムでシャワー浴びるついでに行けるという地理的条件の良さも手伝って行ってまいりました。

詳しい案内は見て無いので定かではありませんが、基本的には扇町公園を使った各町内会対抗の運動会的なイベントみたいです。

お役所が企画したであろうと思われる、テキヤなどが介在しない非常に健全なムードですが、運動会なんてついこの間やってたじゃん、なんであらためて同じような事やってんだろうか、と更なる疑問が湧いてくる。

とりあえず、とチビッコに遠巻きの挨拶をすると、なんとなく微妙な表情をされてこちらもなんとなく微妙に不愉快に。
まあ思春期ってヤツだろうとマトモに取り合わないことを決め込んで会場内を眺めてみることに。

会場内は意外に盛況で、進行していた競技は風船割り競争。
参加してるのはバラつきはあるものの、だいたい学校の運動会に居る父兄あたりの年齢層。
しかし子供は各地域から代表で選ばれてるのでそんなに数は居ないし、当然その父兄の数も少なくなる。
スタッフを除けば若年層なんかはむしろ皆無に近い。

じゃあこの盛況はどの層かといえば、圧倒的にお年寄り層。

おそらく近所のイベントに参加する機会が少ない孤立気味な方を含むご老人を中心にファミリー層を巻き込んで地域活性を目論んだイベントではなかろうかと推察。
こんなところでも多数派に向いたお上のゴマすり臭を感じてしまいます。

そういえばたまに徴収されてる町内会費とかも、まったく生活に還元されてる感じしないんですが、たぶんあれも老人会のお茶代とかに消えてるんだろうなぁ。
まあ、それはそれで先達への敬意のしるしとしてやぶさかではありませんが。

なんとなく納得したところで帰宅して昼から店を開ける。
週末は通勤客もいないから、いつも以上に暇な事が多いのですが、今日は以外に若い物見遊山まるだしの見かけない人たちがちょこちょこ来店。
これまた割といい金額を落としていってくれました。

はっきり言って中津という町は現状わざわざ遊びに来るようなところでは無いので、こういった客層は普通では来ないので、たぶんこの辺のどっかの店で客を呼べるような催しがあったんじゃないかと思われます。

こういうイベントを持ち回りで毎週やってくれれば非常にありがたい。

自分ではようやりませんけどね。  

Posted by チェリー2000 at 21:20Comments(0)中津

2014年10月12日

気をつけろ!ぷれこぐの牙

相変わらずの喉に血反吐見せて狂い鳴く閑古鳥が名物となりつつある我がぷれこぐ堂ですが、〝人なんて大して来ないし…〟といっていつまでも同じ棚では尚更人が来なくなりますので、仕入れをしないと言う訳にもいきません。

買い取りもいくらかあるものの、やはりそれだけではなかなか棚に見合った本は手に入りません。

日頃から仕入れ先に腐心している僕ですが、天神さんの古本祭りがやってるので月曜あたり覗きに行こうかな、なんて思ってたら台風接近にともない天神さんの古本祭りが今日で終了するらしい。

今日は日曜で昼から営業ですが、午前中に起きれれば何とかなるかと心積もりしてました。

が、無理!
起きれません!

このところサイクルが完全に夜型なのと、折りしも秋模様で午前中の寝心地良さ、さらには季節変わり恒例のヨガの眠りの襲撃をうけてはひとたまりもありませんでした。


気を取り直して店を開け、ラジコを起動すると道上さんの声。
ああこれがTBSで始まったヤツか、と思ったけどあまりにも番組のテイストが違ったので調べてみると別にTBSとかじゃなく、ABC制作の全国ネット番組という事でした。

という事はこの枠でやってた由紀さおりの番組は終わったのか?


仕入れチャンスをひとつ逃しましたが、実はすでに良い本が入ってたりします。
ということで実に一年数か月ぶりにぷれこぐファイト。

今回ご紹介するのは戦争劇画のナンバーワンにしてオンリーワン、小林源文の単行本が画像以外にも多数入荷。


コアなファンが多いゲンブンだけに、なかなか古本屋でこれだけの品揃えを目にする機会は少ないのではないでしょうか。
  

Posted by チェリー2000 at 21:00Comments(4)ぷれこぐファイト

2014年10月04日

成田発

今日、10月4日は古書の日です。

そして何気に僕の誕生日でもある、という事はあまり関係ないのですが、気になっていた本を買ってしまいました。
といっても古書でなく新刊本です。

「成田亨作品集」


ご…ごせんよんひゃくえん(税込)…。

経済的困窮に瀕している僕が普通に買える値段ではないのですが、この手の画集は大抵その時を逃すと買えなくなるし、その後値崩れし難い&やたらなプレミア価格になる事が多いので、ある意味これもせどりの一種と考えれば、必ずしも散財とも言えないので無いかと自分を言いくるめることに成功。

値段が値段ですがそのぶんボリュームがあって、初見のもの、見たことあったけど素性を知らなかったものなど色々あって楽しい。
個人的にはペン画のMJ号がカッコよくてお気に入りなんですが、もうちょっとMJ関係が多く欲しかったかな、とも思う。


とりあえず絶版になってプレミアつくまでは私物として眺めながら保管するしかありませんね。  

Posted by チェリー2000 at 20:19Comments(0)特撮

2014年10月03日

ビッグウェーブ、光る海につれだして!

いつのまにやら10月になりました。
涼しいような、でも結局エアコンつけてるような、そんな微妙な陽気。
僕にとってはそんな微妙な暑さも、猫にとっては丁度良い感じみたいで、非常に良い感じに長々と寝とります。


涼しくなれば売り上げも良くなるかと思いきや、増税以来の客足の鈍りはなかなか戻らず、こちらの眠りも覚めるそぶりはおろか寝返りさえうたない、おじいちゃんだったらちょっと不安になるレベルです。

景気は回復してきてると聞くのですが、実感としてはむしろ悪くなってるのではなかろうか。
そんなことを思いながらちょいと本屋でも行ってみようと、紀伊国屋グランフロント店があることを知って歩いて梅田方向に向かっていると、実は思いのほかグランフロント大阪が近い事を発見。

はじめて入ったGFOは、お金使いそうな感じの人たちが沢山ひしめいてきらびやかでした。

これまでも中津は意外なほど梅田まで程近いのに、不思議なくらい寂れた町だと思ってましたが、中心地から考えればそれなりに繁華にもグラデーションがあったのですが、GOFは淵いっぱいまで人波が打ち寄せてる感じで、これは本当に貨物線跡地に商業施設なりできたら中津付近まで人が流れて来そうな雰囲気があります。

果報は寝て待て、待てば海路の日和あり、意外と客足の目覚めは近いのかもしれないし、ここはひとつどり蔵に習って良い波来るのをのんびり待つのもありかも知れません。

もうちょっとここで踏ん張ってみましょうか。

  

Posted by チェリー2000 at 22:49Comments(0)古本屋