2015年01月29日

今に見ていろでございますよ

まだまだ不具合の呪いが続いていたようで、店を開けようと100均棚を出してたらコロの付いた底板がベロンチョと剥がれ落ちる。

動くものは飾りじゃないので当然それなりの強度が必要な訳ですが、なにぶん素人大工が手探りでやった仕事ですので、設計の甘さやノウハウの無さに材料費をケチって安物で作った代物に期待できるような強度がある訳ありません。

後で思いついてもいったん形に仕上げてしまったものをやり直す気にもならず、騙し騙し使って来たツケがバッチリ回ってきた次第。

とはいえこの立て込んでる時期に本格的にやり直す気にもなりませんので、「堪忍してつかぁさい!」と本来なら補強である木工用ボンド塗ってベルトクランプで固定して終了!

だいたいその補強をやらんで、無理くり木ネジだけで止めてたのが元凶なのですが、やってる時は気が回らないのが素人の恐ろしさです。

設置場所の都合上、自作は避けられなかったとはいえ、まあそれでも部材さえちゃんとした物であればこんなに不具合を抱えなくて済んだんだろうなと思うと、マニーの無さが身にしみます。

デカイ図体を狭い店内に横たえて、こんな状態で店やってちゃ格好つかないなぁと思っていましたが、何の事はない客なんざ来やしませんで、格好もへったくれもない有様。

いつかもっとお金稼いで、立派な本棚作ってやるズラ!

東京でべこ飼うだ!  

Posted by チェリー2000 at 23:37Comments(0)古本屋

2015年01月29日

日暮れてしまう、催してしまう

今日はぶらりと梅田に出ました。

理由は催事でバーゲンブックがやってると聞いたから。

以前、かっぱ横丁に常設のバーゲンブックがあったんですが、いつの間にか無くなっていて残念に思ったものですが、じゃあそんな頻繁に使ってたのかといえばそうでもないので、時折やる催事くらいが丁度いいくらいなのかもしれません。

せどりが成立するほどではないものの概ね半額くらいになってたし、文具もいろいろ安くなっていました。
思わずハリナックスを買いかけたけど、使うアテがないので我慢。


帰ってきて店を開けて一息ついてると電話がなる。
2月に四天王寺で週末だけの催事をやるからバイトに来ないかとのお誘いでした。

いつからやりだしたのか知りませんが、野外の即売会はどちらかと言うと気候が穏やかな季節になりがちなところを、これまた寒さの厳しい時期にやるものです。

景況厳しい中、今まで通りの商売ではなかなか成り立たないという事なのか、どことも更なる商機を模索しているといった感じなのでしょう。


まあせっかくの小銭稼ぎなので乗らせていただくことにします。  

Posted by チェリー2000 at 00:06Comments(0)古本屋