2015年01月30日

のろいの館

年始になると幽霊会員であるオンライン・レンタルビデオから無料チケットが付与されます。

これによって三枚までロハで借りれるので、お高い新作を三枚入れて送料の限界まで旧作をブッ込んでオーダー。
主に気になってた去年の話題作を中心に、その時々にリストに加えておいたタイトルを消化していく、年に一度の映画祭りシーズンに突入。

そんな中から「エスター」を観ました。
、孤児院から引き取られた9歳の少女、エスターが引き起こすサイコサスペンスです。

この作品、以前たまたまアマゾンのDVDをリンク踏みながら物色してたら目に入ったのがキッカケで知りました。
たぶんだいぶ古い、何だったらビデオスルー作品じゃないのかなくらいに思ってたのですが、「伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう」で紹介されたので、そこまでマイナーな作品でもないらしいこと、そしていざ観てみるといきなりiPhone出てきたので結構最近の作品だということに気付かされました。

しかし映画その物は典型的なショッカー演出を多用して意外に古臭く、二重に意表を突かれる。

ネタ自体、“無垢なイメージの裏をかいて残忍な本性を持つ小さなモンスターが日常に入り込んでくる”という、古くは「悪い種子」とか「オーメン」なんかと同様の、脂性の人が使ってるスマホのタッチパネルくらい手垢が付きまくったネタなので、良くも悪くも無難に進んでいきます。

主人公のお母ちゃんがエスターの正体に気づき始めながら、まわりに理解されず孤立していく定番の展開に、実の子供達が本性を知りながらも完全に制圧されてしまい、かといって子供故に逃げも対抗もままならない危うさがプラスされていて、それだけバリエーションを持たせられるので飽きずに観れるんですが、手を広げてるだけに

“いくら天才サイコ・キッズでも、ちょっと手際が良すぎないか”

と、ご都合主義スメルにトーンダウンし始めるころ、反則気味のネタばらしで“ああ、そっちね”と、いちおう納得で持ち直す。
そのまま典型的なショッカー映画展開で無難に終了。


ある意味、セオリーを手堅く踏襲しながら本作らしさのスパイスを効かせた、万人向けの佳作として仕上がっていました。

この手の裏表ある子ども役は大抵ルックスがかなり良いキャスティングになりがちですが、このエスターは可愛いっちゃ可愛いけど癖のある顔つきで、演技も良くなかなか存在感ありました。


5段階で3・5。  

Posted by チェリー2000 at 21:04Comments(0)映画

2015年01月29日

今に見ていろでございますよ

まだまだ不具合の呪いが続いていたようで、店を開けようと100均棚を出してたらコロの付いた底板がベロンチョと剥がれ落ちる。

動くものは飾りじゃないので当然それなりの強度が必要な訳ですが、なにぶん素人大工が手探りでやった仕事ですので、設計の甘さやノウハウの無さに材料費をケチって安物で作った代物に期待できるような強度がある訳ありません。

後で思いついてもいったん形に仕上げてしまったものをやり直す気にもならず、騙し騙し使って来たツケがバッチリ回ってきた次第。

とはいえこの立て込んでる時期に本格的にやり直す気にもなりませんので、「堪忍してつかぁさい!」と本来なら補強である木工用ボンド塗ってベルトクランプで固定して終了!

だいたいその補強をやらんで、無理くり木ネジだけで止めてたのが元凶なのですが、やってる時は気が回らないのが素人の恐ろしさです。

設置場所の都合上、自作は避けられなかったとはいえ、まあそれでも部材さえちゃんとした物であればこんなに不具合を抱えなくて済んだんだろうなと思うと、マニーの無さが身にしみます。

デカイ図体を狭い店内に横たえて、こんな状態で店やってちゃ格好つかないなぁと思っていましたが、何の事はない客なんざ来やしませんで、格好もへったくれもない有様。

いつかもっとお金稼いで、立派な本棚作ってやるズラ!

東京でべこ飼うだ!  

Posted by チェリー2000 at 23:37Comments(0)古本屋

2015年01月29日

日暮れてしまう、催してしまう

今日はぶらりと梅田に出ました。

理由は催事でバーゲンブックがやってると聞いたから。

以前、かっぱ横丁に常設のバーゲンブックがあったんですが、いつの間にか無くなっていて残念に思ったものですが、じゃあそんな頻繁に使ってたのかといえばそうでもないので、時折やる催事くらいが丁度いいくらいなのかもしれません。

せどりが成立するほどではないものの概ね半額くらいになってたし、文具もいろいろ安くなっていました。
思わずハリナックスを買いかけたけど、使うアテがないので我慢。


帰ってきて店を開けて一息ついてると電話がなる。
2月に四天王寺で週末だけの催事をやるからバイトに来ないかとのお誘いでした。

いつからやりだしたのか知りませんが、野外の即売会はどちらかと言うと気候が穏やかな季節になりがちなところを、これまた寒さの厳しい時期にやるものです。

景況厳しい中、今まで通りの商売ではなかなか成り立たないという事なのか、どことも更なる商機を模索しているといった感じなのでしょう。


まあせっかくの小銭稼ぎなので乗らせていただくことにします。  

Posted by チェリー2000 at 00:06Comments(0)古本屋

2015年01月27日

健康管理は自己責任

不調の温水便座はなんとか動いてくれるようにはなりました。
とはいえ、非常に不安定でちょっとしたコツというか、段取りを踏んでかろうじてといった感じです。
調べたところから何となく構造と問題が見えてきた気がするので、引き続き修繕を継続していきます。

機械というのは突然壊れたりしますが、動物もイマイチ良くわかりません。
どり蔵はいちおう猫なのでけっこう吐くこともあるのですが、だいたいは食べた直後が多い。

断続的に5回くらい吐かれると面倒くさいし、ちょっと心配にもなってくる。

まあ結局はすぐに空腹を訴え始めるので問題無さそうだと思えるのですが、なにせ調子いいとも悪いとも言う訳がないので、しばらくは様子を注意深く見ておくしかありません。


1月も末になりまして、寒さも最高潮の時期でございます。

年末に赤江珠緒がインフルエンザ、年明けに武田和歌子がヘルニア、先日は外山惠理がこれまたインフルエンザでダウンというのを耳にしておりますと、“こりゃあ無理は禁物、気をつけないと”と自分の体の声に耳を澄まして注意なんかしてましたら、以前使ってたフリーソフトを使う用事ができたので、ちゃちゃっとダウンロードしてインストールしたらばっちりウィルスに感染しました。

潜り込んだのはいわゆるアドウェアって奴で、ポップアップで広告を表示したりする面倒くさい奴。
“今すぐメディアプレイヤーを更新しろ!”と感染した途端に出られて“はい、そうですか”と踏むほど僕もウブじゃないさ、夏の女はまやかし!と華麗にスルーしてアドウェア名をネットで検索してみると、出てくる出てくる撃退法。

とりあえず上に出てきた奴をクリックすると、非常に整然とした構成のページで、アドウェアがいかに厄介で消し去ることが困難かをことさらにアピってくる。
コイツは…と読み進めていくとおもむろにリンクが貼っていて“このツールを使って駆除しよう!”と来ました。

こりゃあお前さん、マッチポンプって奴じゃないですかい?
こんなもの何が入ってるかわかったもんじゃない。

ということで、妙な薬に頼る前に毒を出す努力をすることに。

調べてみると同日に落とした覚えのないプログラムが幾つか発見できたので、そいつらを削除して、おそらくこの辺に格納されてるんだろうと決め打ちで捜索してこれまた怪しい奴を削除。

とりあえず鬱陶しい挙動は無くなりましたが、今どきのアドウェアは一筋縄ではいかないと聞きますから、しっかり復活してる可能性もあります。

セキュリティしてないのが悪いと言われればそれまでですが、セキュリティソフト自体がウィルスなんじゃないかと思うくらいPCの動作を悪くすることがあるからイマイチ積極的になれません。

世の中、気を使うことが多くて困ったもんです。  

Posted by チェリー2000 at 23:12Comments(0)よもやま!

2015年01月22日

猫を殺せば七代祟る

プリンターが届いたので設定&設置。
プリンターは前から安かったけど今はさらに安くなってて、なおかつ性能は基本的には向上しているし、そもそも前のプリンターはもうずいぶん前からゴム鳴りが酷かったり動作に不安定な面もあったので、買い直すにやぶさかでなかったのでした。

ちなみに無線に対応しており、たまさか先頃導入された無線LANがあるので使ってないラックに設置。
ちょっと空いたぶんスッキリしたかと思いきや、むしろ現在とっちらかったままだったりします。

プリンターの主な利用は値札やフライヤー類の印刷ですが、以前はアマゾンの納品書の印刷にも活躍していました。

在庫管理の難しさや、そもそもにアマゾン向けの商材が少ない事もあって、この頃ではあまり積極的にネット販売をやってないため、このプリンター不在の間に一件、納品書無しで宛名手書きのメール便を発送しただけでしたが。

ウチが食えない理由の一つにこのネット販売規模の小ささがありますが、今度クロネコメール便が無くなるそうで同業者を含めネットに売上を依存していた業者は戦々恐々なのではないでしょうか。

客としても他人事ではありません。
代替手段の筆頭であるゆうメールはメール便の倍くらいの値段になるので、これは商品価格に返ってくる事になるでしょう。
新しいサービスが出ない限り、送料との差額で小さい利ざやをあげていた一円出品なんかも消えて無くなるかもしれません。

あるいは大口向けサービスによって継続されるかもしれないけど、個人経営だとノルマがしんどくなりそうですね。


いろんな所に厳しい影響が出そうなこの撤退ですが、配送員の人はちょっとホッとしてるんじゃないでしょうか。  

Posted by チェリー2000 at 22:27Comments(0)よもやま!

2015年01月17日

蘇る貧狼

闇からの猫SOS問題は、一応まわりが認識している事を確認して、自分でアプローチできるかをチェックしてみた結果、僕のできる事は無さそうだというが分かっただけに終わりました。

実のところ、それ以前にすでに猫の声は聞こなくなっており、もはやどちらにしても僕の出る幕では無かったとも言えるのですが、まあ気休めって奴です。


昨年のPCの不調に始まり、どうもこのところトラブルに憑かれているらしく、年末に壊れたプリンターは回復の見込みもなく買い換えることに決定。
折良く回収業者のチラシが入ってたので日曜日に出しておこうと段取りしたところで、いきなり温水便座がヘソを曲げる。

便座の保温はできるし、自動脱臭も機能しているのですが、肝心の温水シャワーが出ない。
ビデも出ません。

温度調整は反応しているから通電は問題無さそうなんですが、とりあえず分解して基板を確認してみるも、基本的にはキレイなもので漏水などの問題も見られず。

モーターの音はしてるので、電気関係というよりはノズルとモーターの駆動系トラブルかなと思うのですが、それなら水は出そうなもんなんですけど、どうなんでしょうか。
こっちは買い換えるとまあまあなおゼゼがかかるので、なんとか修繕したいところ。

挙句の果てにはブログ更新しようと思ったら「オタ電」のトップページが大幅に変わってて何事かと思う。
まあこれは別にトラブルでは無いですが、全体にグラフィカルなってるのが前のに慣れてると逆にどれが何なのか一瞬戸惑いました。


年の始から実にインケツな話ですが、まあ震災に比べれば小さな事か、と20年前を思い起こすこの日、この時間。
ちょうどこれくらいの寝入りばなだったなぁ。
あの頃は今より貧しい暮らしで、ふんだり蹴ったりでしたが、なんだかんだとありながら生きてしまいました。


ちなみにこの当時に落っこちて、ちょっと歪んだ炊飯器は今も現役で日々の米を炊いてくれています。  

Posted by チェリー2000 at 04:19Comments(0)

2015年01月11日

影が行き止まる

「たまむすび」の箱番組「週末ツタヤに行ってコレ借りよ」に蛭子能収が登場。
伊集院光と蛭子能収の組み合わせは、釣り堀に松方弘樹が乗り込んだようなビッグヒットを約束するものがありましたが、個人的になにより衝撃的だったのは蛭子能収のオススメ映画が「遊星からの物体X」だったこと。

「遊星からの物体X」は僕的カーペンターの表のナンバーワン作品。
よもや日本で最も愛されているサイコパスの蛭子さんと被ってしまうなんて、正直ショックが隠せません。


いつか自分も闇からの誘い声にかどわかされて、善悪の彼岸へと旅立ってしまうのではないか、とワクワクしていると、どこからか本当に声が聞こえる。

悲しげでか細い…そう、紛れも無く猫の困り声が。

最初、どり蔵が鳴いてんのかと思ったのですが、どう考えても違う角度に音源があるように思えたので、耳を澄ませば猫が音返すを繰り返し、どうやら換気扇の向こう側あたり、隣りとの境界線、階段の裏手側に入り込んでるんじゃないかと推測。

しかしこの位置、どの様にアプローチしていいのかが良くわからない難所なのです。

脱走兵がとりあえず迷い込んだなら、まあいずれは意を決して出て行くでしょうが、野良猫が何らかの事情で出れなくなってた場合、最悪そこで餓死ということもありうる訳で、これはちょっと、いやかなり嫌な状況です。

暖かくなって来はじめたら、恐るべき物体Xが誕生することにもなります。


他の人はこの異常に気づいていないのか、あるいはどり蔵が鳴いてると思ってるのか、解決に動いてる様子はあまり感じないので、まあちょっと考えてみなければならないでしょう。

  

Posted by チェリー2000 at 19:11Comments(0)よもやま!

2015年01月08日

北海道じゃ一番だ!

ラジクール導入により格段に守備範囲を広げたことで、ラジオ番組表をフルスペックで利用できるようになりました。

そこで定番の番組を録音しながら、他番組、特に地方局のローカル番組を意識してチェックするのが最近の楽しみとなっています。

地方局の番組表を見ていると、あきらかに目立って大きく扱われている番組や何本も番組を持ってる、おそらく地元だけで有名なタレントが自然と目に入ってくるのですが、STV「日高晤郎ショー」がなんか凄い。
何が凄いって週一ながら8時から17時までの9時間ワイドというやり過ぎ感がすごい。

どこのどなたか存じ上げないが、これほどの枠をもらってる以上、地元では相当の人気タレントに違いない。

このインターネット時代、ちょっと興味を惹かれたならばサクッと調べてしまえばいいじゃない、ということでwikiって見ました。
どうやら俳優さんらしい。

経歴を読み進めていくと「必殺ハスラー」の名前が!

必殺ハスラーとは「快傑ズバット」で、およそ子供番組らしくないタイトルも相まってよく知られている「花売り少女と白い粉」の回に出てきたヤクザの用心棒の名前です。
←必殺ハスラー
奥は主役の宮内洋。

子供の頃に見た人が、よもやこんなところで、こんな形で生き残っているとは!

人生いろいろ男もいろいろやなぁ、と感慨深さもあっていっぺん聞いてみようかとは思ったけど、9時間はちょっと気後れするので、ちらっとつまみ食いくらいにしときます。  

Posted by チェリー2000 at 22:17Comments(0)ラジオ

2015年01月04日

お屠蘇気分か

やってしまいました。

普段通りに店を開けたつもりが、週末なのに気付かず平日営業時間に開店してしまいました。


正月気分なんてまるでないつもりでいましたが、意外な落とし穴。


ちなみに今日は日曜日、明日から仕事って人も多いと思いますが、皆さん大丈夫でしょうか?
まあふつう大丈夫ですよね。

どり蔵、平常運転。

猫には曜日も時間も関係ないのです。
  

Posted by チェリー2000 at 23:32Comments(0)古本屋

2015年01月02日

梅地下への道

ちょいと野暮用で梅田に繰り出すと、とんでもない人出にウンザリする。

何をするにも行列行列で、こいつら何考えてるんだと人の都合は無視して呆れ返りながら帰路についていると、なにやらアンケートのオバちゃんに遭遇。

営業職なんかもそうですが、こうした仕事はどちらかと言うと人にウザがられる。
しかしそれではその人の仕事がいつまでも捗らない。

お金のかかることはあまり出来ないけれど、チラシ配りとかテレアポとかの相手をちょっとしてやるくらいは場合によってはいいかな、と日頃考えていたりしますが、そんな甘さが顔に出てたか、オバちゃん迷わず声をかけてきた。

三番街のバーゲンに関するアンケートで、恐ろしく僕に関係ない。
全てにおいておぼろな印象でアンケートに答えていくが、変に生真面目な性格のせいで見当違いな回答をしているんじゃないかと妙な汗が出始める。

専門に考えるお偉い人たちの考えに、こんなデタラメなアンケートが反映されることはないと信じていますが、失笑を買ってるんじゃないかと思うと帰ってきて店を開けてからも時折ふと恥じ入る。

しょうがないじゃん、三番街なんてもとより通り道なんだもの。

5分位でアンケートの謝礼として500円の金券をくれるし、三番街を利用される方は利便性の向上にもなるから、損はないので答えてあげてはどうでしょうか。

とにかくこんなバーゲン時期に梅田なんて出るもんじゃない、自覚が大事だってブルース・リーも言ってたなあ。
そういやオバちゃんも考えこまずに印象で答えてって言ってたよなあ、と年頭に思いを新たにしました。

まあ、すぐ忘れるんですけど。  

Posted by チェリー2000 at 23:34Comments(0)よもやま!

2015年01月01日

ラララ無人くん

例によって新年といっても、昨日と何も違わない事にスーンとした気分になってしまう元日。

浮かれポンチが道頓堀川に飛び込んで死人が出る元日。

町並みはさすがに静かであるものの、いつも通りに開いてる店もそれなりにあって、僕の行ってるジムも年中無休のため余裕でシャワーを浴びに行ける。
この点はやっぱり便利でありがたい。

いつも通りではあるものの、まあ多少は年始に身を清める気持ちをオマケ程度に含みながら向かっていると、ツタヤの前を通りかかる。

ある意味ではここが稼ぎ時だし、そりゃあ開いてるよなと思いってると、そういえばこのツタヤにはセルフレジが導入されていたことを思い出す。

そんなに必要なものなのかと疑問に思っていましたが、最近ライフのセルフレジのお陰で、数十円の少額買い物に、おまけにマイバッグ持参でエコポイントまで貰っちゃう事に気後れすることなく挑める利点を大いに活用している今ならわかる。

個人の趣味まる見えのレンタルビデオ屋にこそセルフレジは必要だと!

世の中にはホラー映画好きさえも恥じて隠匿しているような人もいることを最近知ったので、これは結構な需要があったに違いない。
ネットレンタルもある今、そこまで独占的な物ではないかも知れませんが、意外にそのへん利用してないアナログご近所派の人もまだまだ多いし、既存店にとってはその辺の掘り起こしは重要な開拓市場だろうと確信しております。

ウチでも以前、布ナプキンの本を買うのに気後れしたという意見を聞いたことがありますが、本屋のセルフレジはまだ見たことないですね。

昼間のジムはスタッフが迎えてくれるのですが、僕は基本シャワー直行・直帰なので、ちょっと変に思われてるんじゃないかと気後れしてしまう所が正直あり、なるべくスタッフのいない深夜に行きたいと思ってたりします。

どうせ半分以上はスタッフいないんだから、いっそ全日スタッフレスにしてちょっと安くしてくれたら良いのになぁ、とシケた事を考える元日でした。


これは今年もあんまり期待できそうにねえな。  

Posted by チェリー2000 at 18:04Comments(0)よもやま!