2015年04月30日

4月の狂詩曲

件の百均棚の修繕。
なんだかんだ言って木工用ボンドの強度はアテになるものなので、今回はたっぷり使って貼っつけた上に隅金を打ちました。
横からの圧力に対して、薄い合板に打ち込んだネジ釘の点の保持力だけでは不足だったので、面の保持に主力を切り替えたという寸法。
薄さは変わらないので打てる釘の長さの限界が頼りない所ですが、だいぶマシになってるんじゃないかと期待しています。
ついでに壊れてない方のにも打っときました。

ラジクールのスリープ復帰に関しては調査を進めた結果、タスクスケジュールに異常があると思われたので確認したところ、ラジクールのスケジュールのトリガー有効期限が3月末で更新が止まっているのを発見。

たぶん自動的に更新していくべき有効期限が何らかのトラブルで更新されず、過ぎたとも知らず来ることのない次の更新タイミングを待っているハチ公状態だったのでないか、と僕ことリチャード・ギアはお尻でネズミを飼いつつ思うのです。

この設定を変更してやれば良いのですが、この調査のなかでラジクールのバージョンが結構進んでいることに気付いたので、いっその事いったん削除して最新バージョンを入れ直すことにしました。
結果としては今日の昼からちゃんと復帰してくれてたので一件落着。

ただ録音リストもやり直しで、こっちは正味の手作業になるのでちょっと面倒くさい。


さて、修復が上手くいったものもあればお手上げの物もありまして、自転車の内装ギアは開ける気も無かったけど、調べたらもっとやる気が無くなりました。
ただ内装式ギアは真ん中に「太陽ギア」が、まわりに「遊星ギア」という名前のギアが入ってるというのを知って、僕ことリチャード・ギアはお尻でネズミを飼いつつちょっとスペーシィな気分になりました。


直せないものは仕方ないとして、別のところで利便性を高めるのはやぶさかでない。
ということで、以前から気になってた自転車用方向指示器をゲット。

連動型のブレーキランプも付いてます。
五回点滅で「コロシタル」のサインです。

ハンドル部に設置するコントロールボックスで指示器を操作しますが、指示器側のランプが赤いのはいかがなものか。
バックランプと感違われたら怖いし、操作もしやすいのでとりあえず上向けてます。

車と違って決まったルールが無いから使いどころは自分次第なんですが、基本的には後続車がいて知らせたいなと思った時だけでもいい気がします。



4月ももうおわりで、今月はなんだかんだとバタバタしたりしなかったりと時間を取られる日々でした。
あるていど安定であれば自転車操業もむしろ歓迎ですが、実情は進捗なしで回し車の中を虚しく駆けまわっている営業状態に、なんとか方向を見出だせないものかとお尻でネズミを飼いつつ憂う僕ことリチャード・ギアなのでした。  

Posted by チェリー2000 at 22:27Comments(0)よもやま!

2015年04月26日

春のあゆみ

店仕舞いをしていたら、以前にやってしまった100均棚の底板が再びもぎれてしまいました。
やはりボンドでくっつけたやっつけ仕事ではそうは保たず、否、ボンドの名誉のために正確に言うなら合板のコンパネという安普請では土台が保たなかったようです。

とりあえずこのまましのいで、月曜に本格的な修繕をしようと思います。


思えばこの春にはブログに書いたり書かなかったりといった様々な不具合に悩まされる事がありました。
そんな諸々を僕ことジェームス三木が、現在の具合までを加えて記していってみます。

アドウェアに感染 
クロームごと削除して再インストールで対処。
複数感染したようでどうもIEにはまだ憑いてるみたいなんですが、基本的に使わないのでまあ大丈夫な感じです。
具合よし!


ラジクール動作不良
スリープモードからの復帰が出来なくなって未だ解決策なし。しかもときどき強制終了までしてしまう。
具合悪し!


自転車のギアがうまく噛まない
なぜか変速ギアの2速目だけ噛み合ってなくて、そもそもめったに使わない3速なんか加速なしで使うわけもなく実質1速オンリーに。 
具合悪し!


サドルのワイヤー錠の鍵が無くなってた
いざという時不便そうなのでペンチで切った。ちょっとしんどかった。
具合よし!


寝床に使ってたボンボンベッドの底が抜けたのを補強してた板をつないでたワイヤーが切れた
デコボコになってちょっと寝にくい。
具合悪し!


新調したプリンターで値札を印刷したらなぜかサイズも違うし色も薄い
サイズは調整できたけど色は薄いままで、なんだかんだ弄ってみたけど戻らず。
でもプリンタードライバーの印刷ガイド使わずフォトショップから直接印刷したらサイズも色も元通り。
骨折り損感満点ですが一応解決。
具合よし!


思いついただけでもこんなにトラブルがあったのだと、箇条書きにしてみてはじめて気付きましたが、たぶん普段からこれくらいの事は起こってるんでしょうね。

なるべく小さな幸せはともかく、小さくても不幸せはなるべく集めたくないと思う僕です。  

Posted by チェリー2000 at 23:26Comments(0)よもやま!

2015年04月24日

春・迷宮

すっかり春めいて眠気が後を引く季節になりました。
「春眠暁を覚えず」という言葉は、春は気候がよくていつまでも眠いという事ではなく、季節が進んで日の出が早くなるので気付いたら夜が明けてる、という意味らしいですが、実際いつまでも眠いんだからその解釈でもありじゃないかとも思う。

ラジコプレミアムで選局幅が増えたお陰で、野球の間には録音した放送を聴けるし、ラジクールのお陰で全時間に対応できるようにもなったのですが、どういう訳か最近ラジクールのスリープ復帰が上手くいかない。

たしかに今までも時々復帰してないことは合ったけれど、完全に復帰しないとはどういう訳だ!

昼寝をすれば夜中に眠れないのはどういう訳だ!


しかしよくよく見てみると、どうもスリープモードからいつの間にか休止状態に切り替わってる事に気づく。
これは電源設定に何か不具合があるに違いないと調べてみると、5時間くらいで休止に入る設定になってるのが原因と判明。

以前はちゃんと復帰してたし、変えたつもりはないのだけれど、なぜか今になってこんな設定ミスが判明したのか考えてみると、ひょっとして僕が5時間以上PCを休ませていなかったのではないか、と思い至る。

なるほど、そういえば確かにここしばらくかなり小刻みな寝方をしていたように思います。
春になって眠気が後を引いた結果、PCのスリープ設定を超えて起こるべくして起こった動作不良だったのだと納得。
僕こと等々力警部は「よし!分かった」を繰り出し、「春ゆえに起こったまさに“春眠暁を覚えず”事件といったところですな」とトレード・マークの口ひげを撫でながら得意満面で休止設定を絶対大丈夫なくらいの時間に合わせて、これにて一件落着。

と思ったのも虚しく、スリープモードはちゃんと継続できているのにもかかわらず復帰しないラジクール。

原因を求めていじったどこかで何か変な事になってしまったのでしょうか。
ツイッターの見方も未だにわからないPCをアナログ感覚で使う僕にとっては、これといって思い当たるところがないだけに、ちょっと迷宮入り気味です。

スプリングにラビリンスなお話でした。  

Posted by チェリー2000 at 21:55Comments(0)

2015年04月18日

ライトスタッフ

かねてから気になってた座敷の電灯を変更。
人生の見通しは暗いままですが、座敷は明るくなりました。

なにしろ昭和の人間ですから、電球だと何ワットでどれくらい明るいか察しがつくのですが、LED全盛の今、明るさの基準単位はルーメンとなっているのですが、これがピンと来ない。
売り場でディスプレイされてるものを見ても、そもそもに明るい店内では何となく頼りない輝度に見えてしまうから、やっぱり数値を頼りたいので今使ってる奴の型番から仕様をググってなんとかアテに出来る数字を導き出せました。

部屋が明るくなる弊害として汚れが目立つようになるというのがあり、ちょうど毛の生え変わりのタイミングである事もあって丹念にブラッシング、そして粘着ローラーでネチネチネチネチする日々。
掃除機かけたほうが簡単に綺麗になるんですが、まんまでやるとすぐにゴミパックが毛で満タンになってしまうのでなるべくホウキで掃除した後に粘着ローラー作戦。

暑くなる前に平行してちょっとずつ整理もしていかないと。

この歳にもなれば自分の能力やら性質やらについては熟知していますから、目の前の作業に限らず腰の重さを考慮して計画はなるべく具体的に早くしておく必要があるのですが、それでもなかなか足踏みから抜け出せずにいます。

いまから何かを変えたり加えたりは難しい訳で、いまある資質をどう活かしてこの難局を乗り越えるか、その舵取りを思案する日々。
この先、何ルーメンくらいあれば見通せるくらいに明るくなるでしょうか。  

Posted by チェリー2000 at 21:37Comments(0)よもやま!

2015年04月14日

クローム襲撃

雨が多くてなかなか在庫整理を進められず難儀しております。
まあその気になればやれなくはないんですが、そんなに差し迫ってる訳でもないので後回しにしてるわけですが。

それに比べ、ちょっと差し迫って嫌なことになったのが、謎のアドウェアによってブラウジングに極めて困難な状態にされたこと。
近頃のアドウェアはなかなかにしつこい代物が多くて、妙な関連付けされて削除できないように工作してたりするのです。

こういう時は怪しいプログラムを削除していくのですが、いかんせん何者なのかわからない奴も結構いるので、いちいちネットで検索して首実験してから無難そうな奴を消していくのですが、これで治ることが意外に少ない。

とはいえ対処法や情報がネット上にあることで余計にトラブルを拡大しなくて済むだけでも助かるには違いありません。

そんな訳で備忘録的意味も込めて、とりあえず今回の症状とその解決法を一応記載しておきます。

ひとつは「superman coupon」。
こいつはブラウザに被る変なポップアップを出してくるアドウェアみたいです。
がっちりコントロールパネルの「プログラムと機能」にリストアップされているので簡単に削除できそうなんですが、これがアンインストールをしようとすると

“使ってるからブラウザを閉じてからやってくれ”

といった感じのメッセージがでてきて削除できません、しかもブラウザ閉じても同じ。
ちなみにクロームです。

拡張機能のアプリを全部とめてもダメで、どうもなんか別のネットワーク機能とも絡んでるような気がしたので、こうなった元から断ったらどうやと一旦ネット接続を切った状態でやると削除出来ました。

もうひとつはもっと厄介で、宣伝が出てウザいレベルでなく、ヤフオクのマイオク機能を使おうとするとポップアップがブロックされましたと出て進めません。
これではヤフオクが使えないので、じゃあとポップアップを許可してやると「警告/警」とか妙な警告画面が出て

“やばい事になってるからここに電話しろ”

と03ナンバーの番号が出てきます。
どうみても詐欺です。
しかもけっきょくマイオクには進めません。

散々調べたもののけっきょく原因は特定できず、しかしIEではマイオクに進めるのが確認できたので、クロームのどっかに潜んでるらしいと見たので、ここは一発クローム本体を削除してインストールし直してやったら症状が改善。
設定や履歴等は残しといて問題ありませんでした。

今回の方法はある程度原因になる部分を絞ったらバッサリやっちまえ式の実にワイルドな方法でしたが、細かい事を素人がやるのも厳しいし、検索して出てくる“コレを使えば削除できるよ”という得体のしれない代物を導入すること自体がウィルスを呼びそう、というか絶対なんか付いてくるから、この方がシンプルで良いと思います。

これでダメだったら復元、それでも無理なら初期化前提で前述のようなややこしそうな方法を試してみてもいいかな、というのが今の気持ち。

こんなええ加減な方法でも、中には環境にビンゴなケースもあるかも知れないし、なんぞの役に立つかもしれない、ということで記しておきましたとさ。  

Posted by チェリー2000 at 23:59Comments(0)よもやま!

2015年04月12日

選ばれシ者達

朝起きて飲水の備蓄に不安があったので、ライフに水ドロしにいく。
一応なんか買い物ないかとぐるり回って、けっきょく水だけ汲んで返る。

道すがら、立ち止まって何かを凝視しているお兄ちゃんがいたので、何を見てるのかと思ったら選挙ポスターだった。
すっかり今日が投票日だということを忘れていたので、危うく棄権してしまうところでした。

サンキューお兄ちゃん

水をおいて中津小に向かうと、まあ案の定パラパラで今回も投票率は低そう。
特に支持政党も候補者もいないけど、適当にさっさと投票すませた帰り道、曲がり角を行き過ぎてうっかり中津商店街を通って帰ることに。

日曜午前中ということもあって、否、無くてもいつも通りの寂れっぷりに抜群の安定感を見せていますが、見慣れないお店もあってちょっと目新しい商店街スケープに、変貌する中津がよくある下町とサブカル横丁のどちらに向かおうとするのか拮抗しているようにも見えなくもありません。

そういえば首都方面では等身大ゴジラの生首が出現したとかで、あたかもビル街に現れたかに見えて楽しいらしいです。
これは来年の夏に公開予定の東宝制作ゴジラへ向けての導線なんでしょう。

去年のハリウッドゴジラが結構ヒットしてしまったのを背景に、ついに庵野&樋口という日本映画界最高のオタク監督が出馬した新作ゴジラ。
なかなか難しいネタだと思いますが、どう仕上げてくるか楽しみには違いありません。

これくらいの期待感があればもうちょっと投票率も上がるだろうになと、今もって選挙結果を知らないくらい興味が湧かないまま、汲んできた水で沸かしたお茶をすする日曜夜でした。  

Posted by チェリー2000 at 21:43Comments(0)よもやま!

2015年04月09日

マイ☆ドク マイ☆ヒーロー

まいど!

そんな柄にない挨拶ではじめたい気分にさせられる映画、「マイドク」を鑑賞。


ずいぶん古い作品で、当時ちょっとだけ話題になってたので記憶にあるのですが、まず意味不明なこのタイトルに目を引かれます。
というのもタイトルロゴの下に

「いかにしてマイケルはドクター・ハウエルと改造人間軍団に頭蓋骨病院で戦いを挑んだか」

が併記してあり、これが本来のタイトルで「マイ」と「ドク」を取って縮めたものだとわかるからです。


なんだそりゃな感じですが、この珍奇なタイトルはやっぱり邦題で、原題は「DEATH WARMED UP」とクレジットされてました。
意味は“だいぶ具合悪い”ということなので、まあ作ってる側も自覚してるレベルなんだろうと察するも、そこはクズ映画観ることには慣れてますから、むしろどれくらいダメか逆に期待が膨らむというもの。

そんな事を思って見てると、ザラついた映像で兄ちゃんがだだっ広い芝生の中を走ってくる光景に既視感を覚える。
なんかに似てると思ったら「バッドテイスト」のロケーションと非常によく似ている。
それもその筈で、この作品もおなじニュージーランドの映画でした。

たぶん当時の向こうの一般的な町並みなんじゃないかと思われますが、正直かなり田舎っぽい。

この兄ちゃんがマイケルなんですが、いそいで病院に入っていくと、マイケルの親父とハウエル博士の口論を目撃。
どうやら不老不死の研究を一緒にやってたっぽいのですが、ハウエル博士のマッドぶりについて行けずにモメてる模様。

ただこの際、親父は“これ以上息子を実験台にしないでくれ!”と叫んでいて、この親父もだいぶアカンところまで踏み込んでるのに、今さら何に引っかかって協力を拒むようになったのか気になりますが特に説明はありません。

そんな不気味な話を聞いてパニックに陥ったマイケルくん、その場から一目散に逃走。
しかしどうしてか逃走失敗し、博士に追い詰められる。
パニックで大汗かいてるマイケルくんに“ひどい汗じゃないか、シャワーを浴びたまえ”と、状況考えない提案になんとまんまと乗ってしまうマイケルくん。

それどころか先程までのパニック状態が嘘のように全力でシャワーを堪能するマイケルくん。

ついさっき自分の父親に殺害予告をしていた人間に、全裸で背中を向けられる神経の太さにこっちが戸惑っていると、まんまと注射で昏倒させられるマイケルくん。
件の研究の成果なのか怪奇大作戦「狂鬼人間」状態にされて両親をショットガンアタックで殲滅すると、心神耗弱ということで角に無理やり作ったような窄まった三角部屋の精神病院に放り込まれる羽目に。

冒頭だけでこれほどカオスな展開。
その後、タイトル通りドクター・ハウエルに復讐すべくハウエル博士の病院島みたいなところに、彼女となぜか友達のカップルまで連れて戦いを挑みにかかり、なんかよくわからないけどハウエル博士を殺害。

友達のカップルは死んじゃったけど復讐を果たしたマイケルくん、車で逃走中なぜか下車してそこに切断した高圧線が降ってきて感電死して完。

なんじゃこりゃ。
当時「宇宙船」かなんかの広告で見て以来、記憶の片隅に残り続けていたカルト作品でどこかで少し期待していた自分がいた事を、いざ観終わったあとの感情の揺り戻しから知るという、これもまたダメ映画を観る醍醐味かもしれません。

敢えてオチまで書いたのは、まかり間違って何か期待して観てしまう人が出ないようにという仏心からです。

しかし貴方も、そんな時間をドブに捨てるような行為にエモーションを感じてしまう因業者であるなら、ネタバレなんか気にするような繊細なタチではないでしょうから、勇気を奮って手を出してみるのもいいかも。

まあ当時の僕がなけなしの小遣いでビデオ借りて観てたらブチギレてショットガンアタックかましたくなったでしょうけどね。  

Posted by チェリー2000 at 22:26Comments(0)映画

2015年04月05日

飛び出し注意

急激に暖かくなってきて、あまり歓迎ではない僕ですが、自転車で走るには気持ちいい季節であることは認めざるを得ません。

だからといって僕もオッサンですので、若気の至りでついついスピードを出してしまうなんて事はなく安全第一で行くわけなんですが、意識すればするほど“ここだと何処をどう走るのが理想的なのかな?”と迷うことしきり。

たぶん道交法上に照らし合わせれば、いちおうの正解が出ることも多いんでしょうけど、そもそも免許もなければ講習を受ける義務も、冊子を配られるわけでもない現状、自転車の正しい乗り方は裏ワザみたいなものです。

まあ結局、インフラ整備ができてない実情から矛盾が生じてしまうことが多いので、あまり厳しく言いたくない。
自転車事故が増えてる憤懣が、そのうち当たり前になってなあなあになるまでのガス抜き追求逃れルールというのが実態でしょう。
歩行者と自転車と自動車がそれぞれにツバ吐きあってる現状は思う壺なわけであります。


個人的には道路事情を鑑みると、自転車は歩道の道路よりを一方通行で走らせるのが一番マシなんじゃないかと思ってます。
だってこの春中学に入った近所のちびっこや、何年か前のウチの親とかが車道走行を強いられるのは、正直かなり怖いし嫌な気持ちしますから。
警視庁のHPによると都内の歩道の6割は歩行者自転車共有らしいので、いっそ10割にしてきちんと整理したほうが良いんじゃないか。

あと交通量が多いとか大きな道路以外は基本点滅信号にしたら良いと思う。
相手が守るかどうかわからん信号に頼るより、各自の注意喚起したほうがマシだと思うので。



このところは選挙直前ということで町中を街宣車でがなりまわってるのを見かけますが、政治オンチの僕には結局のところ何が本当にいい事で実際にやれる事なのかがピンときませんで、こういう日常的な問題をちゃんと解決に動くよ、と言ってくれると選ぶ気になるんですけどね。

なんかゴチャゴチャゆうとるなぁ、と思ってたら結果として “なんでそんな話が急に出てきたのん?” ってなるパターンもそろそろいい加減にしてほしいなぁと、なんとなく「太陽の牙ダグラム」を観返してて思いましたとさ。  

Posted by チェリー2000 at 21:00Comments(0)よもやま!