2017年07月26日

アニキ

いろんな分野においてある種、独特のカリスマ性を持つ人に“アニキ”と呼ばれる存在があります。
そして関西ラジオ界のアンダーグラウンドなアニキといえば、やはり“たけうっさん”こと竹内義和じゃないでしょうか。

「サイキック」終了後、トークイベントなんかを続けていたことは知ってましたが、メディアでは見かけなくなっていた竹内氏。
たまたま第七藝術劇場を検索したら、シアター7で「コードレスでいこか」なるトーク番組を公開収録(?)していて、動画配信してたことを知りました。
しかも、もう3年くらいやってるっぽい。

ありがたい事にYouTubeで過去分が上げられているので、最近ちびちび聴いています。

難点はタブレットだとYouTubeのバックグラウンド再生がやりにくくてアレな感じなことでしょうか。  

Posted by チェリー2000 at 23:08Comments(0)ラジオ

2017年07月07日

存在の耐えられない軽さ

今年から隣に出来たビリヤニ屋。
このところカレーづいてた中津メインストリート(?)に、ここに来て変化球。
まあ、同じインド料理なのであんまり変わらんといえば変わりませんが。
ちなみにインド料理屋ですが、お店をやってるのはネパール人らしい。

換気が貧弱なのか臭いが建物内にこもるので、紙もの商売の身としては臭いが染み付きそうで気になります。
まあ、このへん食べ物屋が増えてるんで、今に始まった話ではありませんが。

あと最近はお客さんも増えたようで、だいたいウチと同じ間取りで狭いため、週末は行列になりがち。
遠い異国で頑張ってらっしゃるので何よりなんですが、行列がウチの方向に並ぶのが閉めてる時は構わんのですが、週末はウチも昼から営業なので玄関をブロックされてチト困る。

“反対方向なら余裕があるのになぁ”と思いつつ、これも存在感の無さゆえかと思わんでもない。
飯に並ぶ人の気持ちは全く理解できませんが、これも世の流れという事でしょう。

なるようになりゃいいサ。
  

Posted by チェリー2000 at 17:57Comments(0)古本屋

2017年07月05日

ルーフトップ7月号



ロフトプラスワンウエスト今月のチラシが届きました。

ざっと見た感じでは、やっぱり「VーZONE 廃盤、絶版ビデオ祭り」が興味をひきます。

あと飛車角落ちで来シーズン復活の目がなくなった「夜はこれから」を偲ぶ意味でも「あいはら・正男のざらつく金曜日」は気になります。

「レトロゲームファンミーティング」や「誰も知らないエロ本自販機とエロ本小屋の話をしよう」も面白そうです。
っていうかエロ本小屋って何だ?

他にも興味深いイベントが盛り沢山。
当店でもチラシ設置してますので、ぜひ手に取って確認して見てください。  

Posted by チェリー2000 at 17:50Comments(0)