2010年06月28日

悪癖発症

暑さも本格的になってまいりました。
すでにセーフモードでも限界に達しており、主に忍耐力・持久力系統に不具合が出始めてます。

常にうっすらイラついている状態になってしまい、そんな時に出てくるのが「リセット癖」です。

もういらない、しばらく必要ない、といったものを一回無しにしてしまうという癖で

人に会う仕事をしてない時は〝髪の毛いらんやん!〟となって丸坊主にしてしまったり

衣装ケースが冬服をしまうことでキツくなってると〝もうこんなん着ぃひんわ!〟となって捨ててしまったり

携帯のアドレスリストを見て〝一年以上連絡とってへんやん!〟といってバンバン消去してしまったりします。

最近は増えるばかりで、フラストレーションが溜まってきてるので、ここはいっちょう何かゴソっと廃棄してやろうと画策しています。


さて、そんな豪放ぶってカタルシスを得ようとするのとは真逆に、コソっとお楽しみになる卑劣漢にスポットを当てた、ちょっと珍しい本をご紹介。
悪癖発症
悪癖発症悪癖発症
「痴漢の百科」であります。

この本は〝痴漢〟という行為をする側、される側の弁といった感情論、行為に及ぶ技術や環境といった方法論、そして歴史に見る痴漢行為の変遷などといった方面からもアプローチしており、単なる俗悪本で済ますには惜しい、まあ俗悪な本なんですけども。

痴漢という物が代償行為でなく、痴漢行為であることこそが重要なのであり、そこに精神的情動の愉悦を見るのであって、直接的な強姦なんぞのような物とは違うのでしょうか。

まあ何にしても病気ですわ。


とりあえず、暑くなりますと何かとタガの外れた手合いが出てまいります。

自戒も込めて、お気をつけあれ。


Posted by チェリー2000 at 23:41│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。