2010年09月25日

ツバメが巣を作らない国

いやあ、びっくりしました。

真偽はともかく、領海侵犯した上に巡視船にたいして攻撃行動をした、と判じてお縄にかけた相手をちょっと嫌がらせされた途端、釈放する国があるとは思わなかった。

映画「日本沈没(73)」で、各分野の学者が集まって日本が沈没した場合の日本人がもっとも救われるシミュレートのシナリオを作成した際、全員一致した答えは〝国土と共に滅ぶべし〟でした。
島国という国土を心の拠り所として生きてきた日本人が、国境をはさんでやり合ってきた歴史を持つ諸外国に逃れて、海千山千の他民族の中に入ってもとてもまともに相手にされず、屈辱に耐えて生きることは難しい、ということです。

ディザスター・ストーリーに痛烈な日本人の国民性への批判を巧みに織り込んだ、すばらしいSF作品です。
実際には国土でなく、経済が沈没して弱体化したところに輸入頼みの足元を見られるようになって、映画で危惧したとおりの辛酸を舐めさせられる展開になってしまってるのかな、とか思ったり。

やっぱりSFはいいな、という事で、先日落札したSF文庫を回収してきました。

とりあえずハヤカワの青背のみ。
これだけでも100から150くらいはあるかな。

他に創元のがこの倍くらいはあるので、しばらく困ることは無いかと思われますが、出物があれば買っていってライブラリを充実させるつもりです。

同じカテゴリー(SF)の記事画像
空想より愛をこめて
それでも地球はまわってる
ソイレントグリーン
がんばれ、カウボーイ
《豚》もしくは《もぐら》
同じカテゴリー(SF)の記事
 あなただけの人生の物語 (2017-06-30 20:54)
 空想より愛をこめて (2012-09-02 21:07)
 それでも地球はまわってる (2011-03-30 22:07)
 ソイレントグリーン (2010-07-03 23:19)
 がんばれ、カウボーイ (2010-06-21 22:14)
 《豚》もしくは《もぐら》 (2010-06-13 18:11)

Posted by チェリー2000 at 00:12│Comments(0)SF
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。