2010年10月22日

いろいろ売れろ!

本日より「天三プチ」が開催されています。

ウチも出店しております。お近くの方は是非お立ち寄りくださいませ。

即売会用にかなり棚から抜いてしまったので、朝、補充に行ったその足で組合に向かい、在庫をいくつか回収。
いまはそれを処理しております。

けっこう疲れました。

今月はまじめに古本屋業に精を出した感がありましたが、一応これでひと段落。
この後は噴出した問題点の解決を図ることに注力して、なんとか年内にワンステップの目処を立てたいと思います。


ここしばらくほとんどゲームしてません。

ご近所であり、個人的にひいきのメーカーであるカプコンの遺伝子を持つ点でも注目のプラチナゲームズの期待の新作「ヴァンキッシュ」が発売しております。
が、お察しのことかと思いますが買ってません。

理由は
●デモやった感じがちょっと好みと違った。
人と遊んで楽しいのは当たり前で、ビデオゲームは機械が遊んでくれるのが肝なんだ、という話を聞いたことがあり、「なるほどそうだね」と思ったものですが、個人的経験から、もう一人でやるゲーム(特にアクション)に関してはやり切った感が強く、ハードルが高いところなのです。
率直な印象は「速いんはエエけど、全体にチャカチャカし過ぎてあんまりカッコイイ気がしない。あと操作感軽い。」

●オン要素がないので急ぐ必要が無い。
ただし、発売日に買うほどでなかったゲームは、後日買う可能性はあまり高くないですが。
「ゲームは生鮮品だ」とゲーム屋店員時代に学びました。
まあもともと賞味期限が長いものもあるし、熟成、あるいは干物になってから、また旨くなるのもありますけどね。

キネクト貯金。
正直、まったく眼中に無かったんですが、「重鉄騎」が来ちゃったもので。
「重鉄騎」の価格はおろか仕様も判らないと不明な事が多すぎるので、余裕も持って構えたい。
キネクトセットが出るかもしれないし。

結果的に僕が「ヴァンキッシュ」を買うかどうかは判りませんが、ゲーマーの評価はまあまあ芳しいようですし、果敢にオリジナルタイトルを出し続けるプラチナゲームズを応援する気持ちは確かなので、ぜひ今作が商業的成功につながることを期待しています。

「ストライダー飛竜」とかで、カッコイイ攻略パターンを作るのが好きだった人なら、かなりハマるんじゃないでしょうか。
オッサンなので例えが古くて申し訳ない。

とりあえず今の僕の思いは「先の展開のためにも、なんとか売れてくれ!」なのであります。

同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事画像
存在の耐えられない軽さ
足元注意で
見えない重が欲しくて、見えない重を撃ちまくる
羊頭狗肉
作ることの恍惚と不安
「こいつは楽しめそうだ」
同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事
 バーチャファイター (2016-11-23 21:02)
 存在の耐えられない軽さ (2014-02-22 22:00)
 ドイツ電撃作戦 (2012-07-15 21:57)
 ポーランド侵攻 (2012-07-12 22:31)
 足元注意で (2012-07-08 19:41)
 見えない重が欲しくて、見えない重を撃ちまくる (2012-06-21 23:31)

Posted by チェリー2000 at 20:06│Comments(0)ビデオゲーム
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。