2011年04月10日

スーパーギャップシステム

古今東西、老若男女、ギャップという物には魅了されるもののようです。
思いもかけない所から、心の鎧の隙間を抜いて、剥き出しの感情を刺激するギャップ。

多少乱暴な言い方をすれば、人間の文化は総じてこのギャップによって推し進められてきたといって過言では無いかも知れないことも無いかも知れません。
下田逸郎も「子供みたいに笑うあなたが急に黙ってセクシィ」とギャップ効果の著しさを歌っています。

歌といえば、このたびせっちゃんこと歌手・斉藤和義が、自身の曲を替え歌にして原発問題を訴えたそうです。
最近はあまり聴いてなかったけど、以前はアルバムごとにころころ変化していて、正しく〝転がる石〟な感じも気に入って良く聴いてました。
最近はまた元のほのぼのロックに戻った感じですね。

しかし僕が目を惹かれたのは俳優・西田敏行です。

関西ではもはや局長と言ったほうが通りがいいくらいであり、同時に涙もろさでも知られ親しまれる西田敏行氏が、福島産食品の安全性を体を張って証明せんとし、普段の彼のイメージからは想像できない激しさで「俺の故郷をこんなにしたのは誰だ!?」と、左とん平「ヘイユー・ブルース」の如くアジったというのは奇妙な符合といえましょう。

「それはお前のさじ加減ひとつじゃねえか」と言われれば否定できませんが。
むしろそれ以外ないんですが。

なんでも柔和なイメージのある西田氏にはストイックな演技人としての横顔があり、若手俳優などに時に厳しい「愛の鞭」が飛ぶこともある、と記事にありました。

これは僕が勝手に言ってるんじゃないですよ。

あの猪八戒からは想像も出来ない話ですが、そういう愛の表現もあるということです。
愛が深いからこそ厳しくもなる。
今回の西田氏の姿のギャップに、きっと誰もがその愛の深さを感じ、心を動かされた事でしょう。

一度まかれた負の感情を払拭するのはとても難しい。
特に今回のように、初めに嘘ありきで始まったとあれば尚更に長い戦いになるでしょうが、これからも西田氏にはひとつ骨を折っていただいて、風評被害に立ち向かっていただきたい!

風評被害とはそれほどに深刻なものなのです!



だから「西田敏行 骨を折る」でググったりするのはお勧めできません。



勧めてませんからね!


Posted by チェリー2000 at 13:40│Comments(4)
この記事へのコメント
偶然、テレビで激怒しておられる西田さんを観て、驚き同感し、「裏西田」または「西田ブラック?」または「(小枝)青木君」を観てしまった気がしましたね。
こうなった以上は、放射能の恐怖に備えて、RCサクセションの「サマータイム・ブルース」を聴き、映画「チャイナ・シンドローム」を観て、原発関連の本を読もうか…と考えていますが、いかんせん勇気が今一つ足りませんねぇ~。
Posted by この前のサイキッカー at 2011年04月10日 15:19
青木さんは必ずしも裏の顔を隠してはいないみたいですね。
「こえぴょんフー!」「こえぴょんフー!Z」「愛のコエーダ」…小枝バブルもはじけ、TVを見ない僕としては、今やラジオではさっぱり耳にしなくなり残念です。
Posted by チェリー2000チェリー2000 at 2011年04月12日 23:05
西田敏行は、昔ある女の人に、100万円払うから
「お願いだから腕の骨折らせて」と言って
許可を得てから実際に100万払って腕を折ったそうだ
実は病的なほどのドSらしい
腕を折られた女の人の友達だというスナックのホステスから直接聞いた
それ以来、あの顔見ると狂って見える。

↑本当の話でしょうか?
Posted by 上野 at 2011年05月23日 03:13
こういうのは本人が肯定する以外に確認することは難しいと思います。

どちらにしても都市伝説ですから、それなりに盛ってるんじゃないでしょうか。
Posted by チェリー2000チェリー2000 at 2011年05月23日 22:29
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。