2010年10月29日

ホームゲーム

在庫整理続行中。
今日は寄り出しておいた市会に出品していい本を、しこたま積み込んで組合に向けて出発。
中津を出る前に立ちゴケしてしまう。
大量の荷物を積んでいるだけに、いったんコケてしまうと普通にはもう起こせません。
道端に本を下ろしてから起こし、再び積み直しーの出発しなおしーの。

スーパーカーと言われるような車は日本のような道路事情だと、そのスーパーな部分があまり発揮できないと聞いたことがありますが、ウチの運搬車に関しても同様な部分があり、運搬用でありながら二輪で、抵抗の小さいぶん速度が出せるようになっているのですが、日本の道路事情では自転車は車線も無い歩道を、歩行者とひとまとめで端に追いやられてるような状態なので、とてもじゃありませんがスピードなんて出せません。

スピードが出せないと、二輪ゆえに安定感を欠いてしまうし、なにより信号に引っかかりまくるので、一番リスキーなストップ&ゴーを何度も繰り返すことになるのです。

ちなみに通算三回こかしてるうち、漕ぎ出しが二回。
こけると言うよりは、不意のことに支えきれなくて横倒しにしてしまう感じなので、僕自身はこけてもないし怪我もありません。

これが本国デンマークであれば、一方通行の自転車専用レーンがあり、信号も自転車基準で時速20㌔で走るとほとんど引っかからないらしく、スピードの出せる二輪運搬車はその力を遺憾なく発揮できるんでしょうが…。


店を開けると夕方頃に近所の未就学児童が遊びに来ました。
ゲームがしたいというので、360を起動してデモを探してみましたが、超チビッコが好むようなカワイイのはほとんどありません。
しかも操作が若干わかりにくい。

確かに日本における360はコアゲーマーにしか支持されていませんから、超チビッコ向けのゲーム何か出す意味は無いのかもしれませんし、ごく個人的には変な規制を入れられたり、発売自体見送られることもあるのが残念に感じているのも確かです。

しかしこれが本国アメリカであれば、子供用のタイトルもWiiなみに充実しているという話ですし、ゲーマー向きにはとことんハードコアなものが、それはもう汲めど尽きぬ泉の如く湧いて出ているとかで、どんなシーンにも対応できるんでしょうが…。

ここはやはり日本におけるファミリーゲームの最終兵器、キネクトを「重鉄騎」発売を待たずに買ってしまおうか。

と思ってアマゾンで見てみると、キネクト関係でちょこちょこ予約ストップの商品がありました。
案外、売れるのかしら。

同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事画像
存在の耐えられない軽さ
足元注意で
見えない重が欲しくて、見えない重を撃ちまくる
羊頭狗肉
作ることの恍惚と不安
「こいつは楽しめそうだ」
同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事
 バーチャファイター (2016-11-23 21:02)
 存在の耐えられない軽さ (2014-02-22 22:00)
 ドイツ電撃作戦 (2012-07-15 21:57)
 ポーランド侵攻 (2012-07-12 22:31)
 足元注意で (2012-07-08 19:41)
 見えない重が欲しくて、見えない重を撃ちまくる (2012-06-21 23:31)

Posted by チェリー2000 at 19:42│Comments(0)ビデオゲーム
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。