2010年10月30日

時の異邦人

引き続き在庫整理中。

本を処分して、いくらか換金も出来てはいるものの、中継場所の賃貸料と仕入れた金額を差し引いた場合、果たしてプラスが出てるかどうかもちょっと怪しいかもしれません。
プラスであったとしても、手間隙を考えると、わりとバカらしい事になってるのは間違いないと思われます。

それでも今後のために、負の遺産の清算はやっておかねばなりますまい。

難点は一人作業のため、荷造りと処分のタイムタグの間の一時キャッシュを確保しながらになってしまうので、あまりまとまった作業をし難い点で、これは作業が進めば進むほど解消されるでしょうが、現状はなかなか思うように行きません。

時間がかかればかかるほどコストが上がってしまうので、ちょっとあせり始めています。


そんな状態ですので、現在、大阪古書組合で行われている近畿ブロック大市にも、まったく関われそうにありません。
まあ、現状では仕入れてる場合じゃないのも確かですが、ひょっとして欲しい本が出てるかも、と思うと気にはなります。

金クラに出てたオン・スイピンの写真集、落ちてたらちょっと笑えたのになぁ、みたいな洒落で買うときも結構あります。

売り買いのバランスと販路拡大、この辺の商売の要の部分については、まだこれから構築していかないといけないと考えると、我ながら素人だなぁと思い知ります。

時間に追われつつ、まだまだ旅の途中、といったところでしょうか。


ぜんぜん関係ないけど首藤剛志氏のご冥福をお祈りします。


同じカテゴリー(古本屋)の記事画像
ゴールド・プラチナム
新春どり祭り
日暮れてしまう、催してしまう
お屠蘇気分か
アドマティック地獄
ビッグウェーブ、光る海につれだして!
同じカテゴリー(古本屋)の記事
 ミスターサマータイム (2019-07-01 21:26)
 短縮営業のお知らせ (2019-06-07 23:11)
 時代を跨ぐ一歩 (2019-04-28 00:55)
 ゴールド・プラチナム (2019-04-17 23:17)
 新春どり祭り (2019-02-14 22:14)
 臨時休業のお知らせ (2018-08-02 22:54)

Posted by チェリー2000 at 16:38│Comments(0)古本屋
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。