2011年01月15日

古本屋再襲撃

先日訪れた白人女性が再び現れました。

3人に増えて。

細身で見事なブロンドに高くとがった鼻がいかにも〝外人〟な感じの人と、他の二人より年の離れた年配女性を加えた3人組は店内をしばらく見たあと、マンガと絵本を買って帰りました。
この辺に住んでるって感じではないし、そのわりにわざわざ再訪して来るほど本に興味を持ってるふうでもない。
一体どういう素性のグループなのかわからない一団です。

そして昨日。
古本屋再襲撃再び現れた3人組は本と共に一枚のリーフレットを差し出されました。
どうやら「ここでこういう事をやってる」と言いたいらしい。
「良かったら来いよ」って事なんでしょう。

どうやら近所にあるギャラリーの企画に招かれてる人だったみたいです。
僕は存在は知ってましたが行った事はない、というか「パンタロン」という名前も始めて知った次第で、あまり縁のあるとは言えないところでしたが、いい機会なので覗いてみようかと思いました。


しかし、よくよく見てみると、営業時間が思い切りかぶってる。
休業日もかぶってる。
ちょっと普通には行けそうに無いので、影響の小さいところで営業時間を調整してみようか。



Posted by チェリー2000 at 13:44│Comments(2)
この記事へのコメント
 躊躇せず店を休んで、白人女性と密なるコミニュケーションを計るべく
出動すべきです。
Posted by 業界人 at 2011年01月16日 00:33
じつは昨日、躊躇せず初日に特攻してきました。
顛末は本文にて。
Posted by チェリー2000チェリー2000 at 2011年01月16日 18:26
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。