2011年03月19日

そうじゃないかえ 皆の衆

現在、野宿バイト期間中ですが、土日は昼からのため、早仕舞い営業の形で開店するタイトな時間配分となります。

いちおう店を開けるとはいえ、なにぶんタツタビル即売会に棚からもだいぶん出品したので、店内はスカスカのスカシカシパンマンです。

まあ良い機会だから、停滞気味の本を即売会に回して、棚の入れ替えをしてしまうというプランで、この土日はボチボチ在庫を整理して店出ししていこうという計画でいたのでした。

が。

弁天町から帰ってきて開店準備中に突如声をかけられ、なんでも〝キレイな勉強の本が一杯あんねんけどいらへん?〟との情報提供を受け、回収に向いました。

そうじゃないかえ 皆の衆情報提供者に手伝ってもらい回収したのがこちらの税関系の本でした。
どうも税理士試験を頑張ってた人の用済み品といったところでしょうか。
そこそこの年月にわたって続けていたことが伺われ、晴れて受かったのかどうかはわかりませんが、本自体はちょっと調べた感じアマゾンあたりではまあまあの値段で売れそうです。

ただ、これだけの量を長期間管理するのはウチでは難しいし、店頭に出せるタイプの本でもないので、市会に回して規模の大きな同業者にお任せしてしまうしかないでしょう。

問題は出品までの間にタツタビル即売の回収分が重なってしまう数日間、どこにどう置いておくか…。
出品にしても、無理をして2回、安全に行くなら3回に分けて持っていくことになるでしょう。
本はかさ張るし重いしで、動かすだけでけっこうな労力だったりお金だったりがかかったりするのが、多くの古本屋の頭痛の種だったりするのです。

明日から雨だと言うし、なかなか難儀ではあるけれど、週末の波を越えたら落ち着くと思っていましたが、これは来週一杯厳しい状態が続きそうな悪寒。
さっぱり計画通りにまいりません。

どうせこの世は そんなとこ。
  

同じカテゴリー(古本屋)の記事画像
ゴールド・プラチナム
新春どり祭り
日暮れてしまう、催してしまう
お屠蘇気分か
アドマティック地獄
ビッグウェーブ、光る海につれだして!
同じカテゴリー(古本屋)の記事
 ミスターサマータイム (2019-07-01 21:26)
 短縮営業のお知らせ (2019-06-07 23:11)
 時代を跨ぐ一歩 (2019-04-28 00:55)
 ゴールド・プラチナム (2019-04-17 23:17)
 新春どり祭り (2019-02-14 22:14)
 臨時休業のお知らせ (2018-08-02 22:54)

Posted by チェリー2000 at 15:55│Comments(0)古本屋
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。