2011年04月24日

自転・公転

震災の影響もあって自転車が注目されているそうです。

事態が事態だけに単なる移動手段だけでなく、運搬にも活躍するカーゴバイクに注目が集まってないかと思うのですがどうなんでしょうか。
詳しく知らないまでも、最近は宅配なんかにリアカー付きの自転車は良く見かけるので、〝こんな時、ああいうのがあれば便利なのに〟と感じてる人はかなりの数いると思うのですが。

BULLITTもちょっとずつ知名度が増してきてるようですが、まだまだ一部の自転車好きの間だけのようです。
たしかに今の自転車を取り巻く環境から考えると、大金払ってまで持とうと思う人が少ないのも仕方ないかも知れません。

その点、ここ大阪北区では中崎に輸入代理店らしきところがあるのと、なによりがっつり業務に活用しているウチがあるため、多分どこよりもBULLITTを見かけやすい、貴重な地域なんじゃないでしょうか。


そんなヘビーユーザーの僕は最近、BULLITTにリアカー付けて前後に荷物を積んだらかなりの積載量になるな、とひそかな野望を持っていたりいなかったり。

でもそれより先に屋根付きにしたい。
自転・公転検索してみるとこういうのがありました。
ハンドルに取り付ける形状で、よく見るとバックミラーも付いてるみたいで、とても便利そう。

が、これも海外製で、日本では発売されて無い模様。

いちおう日本でもそれっぽいのは出てるのですが、ちょっとブサイク。自転・公転





それ以前に前カゴに取り付けてるので、BULLITTに設置するのは難しそうです。

クリーンで省エネで、事故になってもそうそう人を死なさない移動・運搬手段として真剣に自転車に取り組むようになれば、もっと色んなアイデアグッズが出てきて便利になりそうな気がするんですが。

取り巻く環境がそっちに向って回ってくれないと難しいですね。



Posted by チェリー2000 at 16:20│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。