2011年05月14日

スローなブギにしてくれ

昨日の「兵頭大樹のほわ~っとエエ感じ」で、母の日にかこつけた嫁のおねだりにより、兵頭家にXbox360がキネクト付で導入された、という話をしてました。

先日マイクロソフトがスカイプを買収し、ウインドウズ、XboxLIVE、キネクトとの連動を目論んでいるようなので、キネクトは必ずしもライトゲーマー動員のためだけの物ではないでしょうが、不調の日本においても少しはその存在を知られるようになった事は、いちユーザーとして悪いことではないかな、と思ったしだいです。


僕は総じて〝ゲーム〟と言われるものが好きで、ビデオゲームに限らず手を出したりするのですが、中で多少異質なのがサバゲー。
サバイバルゲーム、ようは戦争ごっこです。

先日もらった本にトイガンの本があって、久しぶりにメカボックスの内部とかを目にして大変懐かしい気分になりました。

といっても僕はゲームに使うのは無改造の箱出しベイビーちゃんだったので、この手のモノに関しては今は亡き「スーパーキッズランド日本橋店」のトイガンフロアで働いてた時に触れた程度なんですが。

ゲームで使われるトイガンは基本18歳未満禁止なので、もちろん大人向けの玩具なんですが、価格的にも中心価格帯が2~3万とお高い点も大人向け感満点です。
しかしその値段からすると、基幹部分であるメカボックス内が、3枚の歯車とピストン1つで構成されているシンプルさにボッタクリ感が否めません。
まあマイナーな世界なので、どうしても単価が上がってしまうんですね。

サバゲーマーには大きくスポーツゲーマーとコスプレゲーマー、そしてミリタリーマニアの3タイプがいますが、ミリタリー系の人は金属パーツに差し替えとかで物凄いお金をかける人がけっこうおられます。
そして、こういったお金をかけた代物は攻撃力自体はオモチャですが、大抵銃刀法に抵触する状態になってます。

ちなみにトイガンとエアガンは混同されがちですが、エアガンは空気銃のことでハンティングなんかに使われる実銃のことを指します。
当然エアガンには所持許可が必要で国の管理下に置かれますが、比較的取得がたやすいようで、とりあえず〝人を撃ち殺したいな〟と思う人は、下手にトイガンを改造するよりこっちの方が難易度低いと思われます。

個人的に人を撃ち殺すのが面白いことだとは思えないので、面白くないことからは極力逃げる派の僕としてはゲームのほうがずっと魅力的です。

むしろ人生もなるべくならゲーム的に割り切ってエンジョイプレイと行きたいものです。



同じカテゴリー(おもちゃ)の記事画像
これはガンプラです
ライク・ア・バージン
なりきり暗黒卿
ドラッグ警視K
ぼくたちの失敗
バサラ
同じカテゴリー(おもちゃ)の記事
 これはガンプラです (2012-03-18 20:31)
 ライク・ア・バージン (2012-01-29 19:06)
 なりきり暗黒卿 (2011-04-08 22:45)
 ドラッグ警視K (2011-01-27 21:23)
 ぼくたちの失敗 (2010-07-04 22:06)
 バサラ (2010-05-07 23:59)

Posted by チェリー2000 at 20:22│Comments(0)おもちゃ
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。