2011年10月22日

かるた「わ」

昨日も今日も雨。
蒸し暑いし客来ないし、ありがたくない事この上ない。
まさか10月にもなってエアコンのスイッチを入れるとは。

仕方ないので知人からの頂き物である梨と村上もとか「JIN」を愉しむ。
初めて読むけど、村上もとかの実力は「龍」の頃に良く知っていたように、相変わらずの安定感。
先の展開も、伏線の回収も、完全に設計出来た上で粛々とコマを進めてる事が確信できます。

資料も「龍」のをかなり流用できそうなので、作画のハードルは低かったんじゃないかとなんとなく推察。
そのぶん時代と技術の考証に力を割けた、と考えれば実に職人的計画性だなと勝手に感心できます。

週末恒例となった感のあるちびっこ来訪も、雨で無いかと思ったら一人現れました。

件の疑問であった学年を越えた付き合いの謎を問いかけたところ、まったく要領を得ない回答を戴き断念。
それどころか、聴いてもいない込み入った家庭事情を話し始めてしまい無駄にヘヴィな感じに。
頑是無い年頃なので話半分としても、ちょっとどういう事なのか考えてしまう話でした。

かるた「わ」かるた「わ」は「わんぱくこぞう」。

これも気の利いたワードが出てこなくて、聖 咲奇「百万人の超現実」から引用する形で採用。
腕白小僧というのがサブカル趣味の原点である、というのはまあ、そうかもなとは思うのですが、それを言い出せばなんでもそんなような気もしてくるし、どちらかというと現代っ子のなかでは子供の時点ですでにそこそこ細分化が進んでて、いわゆる腕白小僧とは言えないタイプの子供がサブカル方面に特化してるようにも思います。

なんかいい言葉が思いついたら差し替えたいと思ってるひとつですが、いずれやるのかどうか自分でも疑わしい。

同じカテゴリー(古本屋)の記事画像
ゴールド・プラチナム
新春どり祭り
日暮れてしまう、催してしまう
お屠蘇気分か
アドマティック地獄
ビッグウェーブ、光る海につれだして!
同じカテゴリー(古本屋)の記事
 ミスターサマータイム (2019-07-01 21:26)
 短縮営業のお知らせ (2019-06-07 23:11)
 時代を跨ぐ一歩 (2019-04-28 00:55)
 ゴールド・プラチナム (2019-04-17 23:17)
 新春どり祭り (2019-02-14 22:14)
 臨時休業のお知らせ (2018-08-02 22:54)

Posted by チェリー2000 at 20:23│Comments(0)古本屋
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。