2011年11月29日

かるた「や」

いやあ、驚きます。

今日、いつもネット販売分の発送に使うファミマに行くと、肉まんケースにドラクエのスライムを模した「スライムまん」がありました。
いつもオマケで安く受けてくれるので、ときどきお菓子なんか買って行くのですが、今日は珍しさでスライムまんをチョイス。
これがなかなか造形的にしっかりしていて、食べてしまうのが勿体無いくらいなのですが、むしろ暖かいうちに食べてしまわないといけない物なので、店の前で食べてしまいました。

色は食欲減退色の青。
これがスライム・ベスなら赤で食欲増進色なのですが、若干マニアックな感じになってしまうのは、軽いひとネタとして買って貰うというつもりであろうこの企画意図から外れるのだと思われるので仕方が無いところでしょうか。

色はアレですが味はソーダ味とかブルーハワイ味とかトロピカルな感じでは一切無く、ごく普通の肉まんの皮です。
具も普通の肉まんで普通に美味しかったのですが、値段は普通じゃない170円という点が引っかかると言えば引っかかる。

しかし普通の肉まんと違って、食紅練りこんだ皮に目と口のパーツ皮を貼り付けて、という手間がかかっている事を思えば、数量限定という事なので手作業でしょうからそんなものかも知れません。
本当に形以外ネタ要素ゼロなので、ファミマ的にも売り逃げ上等というか、客寄せになんか変わった事をやろうくらいの事だと思います。

まあしかし、何が驚くって造型だけが見所と言ってるのに画像がない事ですね。
気が付いたら肝心の顔が無くなってたのは、本当に〝どうかしてるぜ〟って感じでした。

かるた「や」かるた「や」は「やし」。

カリスマ・フーテンの寅さんで一躍人気の商売になったかどうかは知りませんが、叩き売り系は実際に見たことは無いけど、どういう物かは知ってる職業の香具師。
テキヤ全体としてはもちろん良く見かけますが、やはり香具師といえば「バナナの叩き売り」とか「ガマの油売り」あたりの口上付きでなくてはと思います。

現在のネット世界では、〝香具師=奴〟として良く使われます。
これは字で書いたときの〝ヤシ〟と〝ヤツ〟が似ているので、ワザと誤記する冗談をさらに一段ひねって、タイプではありえない間違いで誤記をしたうえに漢字変換したというネットユーモアな訳です。

しかし悲しいかなこの冗談も、前後の文から単なる〝人を馬鹿にする特有のネットスラング〟と受け取ってしまい、はっきり「こうぐし」と発音した人がいて、一瞬なにを言ってるのか理解できず、その後すごい残念な気分になった事がありました。
ネットの普及で、下手したら僕の学生時分なんかより文字を読んでるかもしれないヤングの皆さんが、不思議なくらい漢字読めないし、調べようとも思わないというのはジェネレーションギャップという香具師でしょうか。

ちなみに一段ひねらないミスタイプにありがちなのをワザとやるパターンもあります。


同じカテゴリー(よもやま!)の記事画像
ようこそここへ、遊ぼうよパラダイス
シェリー
夏なんていらねえよ、夏
繋がれざる者
悲しい知恵がまたひとつ
マンマミーヤ、マルミーヤ
同じカテゴリー(よもやま!)の記事
 ようこそここへ、遊ぼうよパラダイス (2019-05-04 00:03)
 牛を忘れた牛小屋 (2018-12-18 22:30)
 2025年の挑戦 (2018-11-30 19:22)
 ブルースは加速していく (2018-09-19 21:44)
 シェリー (2018-08-07 16:15)
 夏なんていらねえよ、夏 (2018-07-22 06:39)

Posted by チェリー2000 at 21:04│Comments(4)よもやま!
この記事へのコメント
スライムまん、すごく人気ですね!
ちょうど発売日の昼から某コンビニ(家族市場)に出勤だったんですが、お客さんの女子高生から「無いんですか?」と聞かれて、
ドラクエのキャラとか全く知らない私は「そ、それは、どういったものでしょうか?」と聞き返すという店員にあるまじき対応をしてました。
その後本部の社員さんから電話で「作って売りましょうネ。」と指導があり、同僚と「青い!青い!」と言いながら作ったら飛ぶように売れてビックリしました。
予約で8個頼まれたり、まだ蒸せてないやつを売って欲しいと言われたり、冷凍のまま袋ごと売って欲しいとの要望ありで。

ネットで話題になってるのかしら、と昨日見てみたら、デコッてクリスマス仕様とかにして画像UPされたりしてるとか。
いやはや、ネット時代ですなあ。

スライムまん、何個かに1個赤いのがいても面白いですね(^^)
Posted by Q at 2011年12月04日 16:46
スライムまんはファミリーマー島にしか出現しないので、ボカシてもあんまり意味無いかも知れんぐらい、かなり追い立て厳しくハンティングされてるんですね。
聴いたところでは店舗ごとに4ケースの分配とかって話だったので、絶滅間近でしょうか。
僕が買った時は初日の昼前だったからか、店長かるく苦笑いでしたけど。

これゃ、迂闊に赤を混ぜたら〝赤出せコラァ!〟ってゴネる客が絶対出てくるから、やめといた方がいいでしょう。
Posted by チェリー2000チェリー2000 at 2011年12月04日 21:59
激しいハンティングだった模様ですね。
5日にはもう、店からも発注画面からも完全に姿を消していて、アレッ夢だったかな…という感じで。

あああ、たしかに「赤出せコール」されそうです!
またいつの日か現れるかな…
Posted by Q at 2011年12月08日 21:16
ファミマ的にも意外だったかも知れませんね。
たぶん各店舗は〝こんな気色悪いもん売れへんやろ〟って感じだったと思いますが、売れたら売れたで〝調子乗ってまた変な企画押し付けられたら…〟とか思ってそうです。
まあでも、考えてみればキャラ弁の一種だから割と定番ネタとして今後いろいろ出てくるかもですな。
Posted by チェリー2000チェリー2000 at 2011年12月10日 22:57
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。